こだわりがキラリ。おしゃれな大人のMY定番バッグ

デザイン、機能性、汎用性の高さなど、バッグ選びのこだわりは人それぞれ。おしゃれな大人3人に、オンとオフで愛用しているバッグを披露してもらいました。

Freeamericanidol編集部

2016.12.03

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

おしゃれな大人はどう選ぶ? どう合わせる? MY定番バッグを大公開

大人のこだわりが見られるバッグ。あなたは、定番のブランドで選ぶ? 素材やデザインにこだわる? それとも使い勝手重視? きっと人によって、こだわりはさまざまなハズ。

今回は、Freeamericanidol編集部が、“リアル”で”おしゃれ”な大人としてピックアップしたおしゃれニスタたちのオンとオフのバッグをリサーチ! おしゃれな大人3人のバッグ選びのこだわり、コーディネートとの合わせ方は必見です。

ケント氏は、デザイン性とサイズ感を重視

普段から荷物を多く持たないというケント氏。そのためバッグは、機能性よりもデザイン性やサイズ感を重視して選ぶのがこだわりという。お気に入りのバッグブランドは『トーチカ』。「流行りに左右されない一生物のデザインに憧れます」

オン用バッグ:『トーチカ』のブリーフケース

帽子職人のケント氏は、きちんと感のあるきれいめカジュアルな着こなしが基本。そんな着こなしに合わせて、バッグも上品できれいめデザインの『トーチカ』のブリーフケースをチョイス。「約4年愛用していますが、黒のエメ革で作られた透明感ある色合いの変化を楽しんでいます。オン・オフどちらでも使えるデザイン性も気に入っているポイント」

▽Item
ブリーフケース/『トーチカ』。88,000円位

WEAR

ダブルジャケットにタイドアップしたきちんと感ある着こなし。使い込むことで風合いが増した『トーチカ』のバッグが、コーデをぐっとこなれた雰囲気に仕上げています。「ブラック×ネイビーで色みを統一させて、落ち着きのある大人のコーデを意識しています」

▽Item
キャスケット/『アンドエー』。5,900円位
ダブルジャケット/『ハバーサック』。33,600円位
シャツ/『アメリカン ラグ シー』。14,000円位
ネクタイ/ユーズド。古着屋で3,500円位
デニムパンツ/『フリーマンズ スポーティング クラブ』。19,400円位
ローファー/『グレンソン』。63,700円位

編集部おすすめ『シナイ』ウォッシュレザー ブリーフケース

ZOZOTOWN

革のエイジングを楽しみたい人におすすめ。イタリア製の洗いのかかったウォッシュレザーとハリのあるブッテロレザーを使用し、革本来の風合いを味わえる逸品です。日本国内で縫製された丁寧な作りも特徴。(幅40cm×高さ30cm×マチ6cm)

オフ用バッグ:『イソラ』ジップポーチ

綿100%のジップポーチは、耐水性に優れた逸品。「オフのときは荷物を極力持ちたくないので、財布とスマホが入るぐらいのモノを使っています。これは本来はポーチやペンケースなど用途に作られているようなのですが、イカリモチーフのデザインに引かれ、クラッチバッグの感覚で使用しています」

▽Item
ジップポーチ/『イソラ』。4,800円位

WEAR

アースカラーでまとめたクラシカルな着こなしがケント氏らしい。ポップなイカリプリントもコーデにすんなりとなじんでいます。「普段はポーチがアクセントになるように使うことが多いのですが、今回は秋色の中に馴染むようにさり気なく取り入れてみました」

▽Item
ハット/『ジュウゴ』。7,000円位
ノーカラージャケット/『コートナンバーエイト』。45,400円位
ベスト/『サンカ』。25,000円位
ノーカラーシャツ/『無印良品』。5,000円位
ウールパンツ/『コードナンバーエイト』。28,000円位
パッチワークソックス/『ビームス』。1,500円位
レザーシューズ/『パラブーツ』×『ビームス』。28,600円位

編集部おすすめ『クラインツールズ』5539 ジッパーバッグ

ZOZOTOWN

コンパクトなジッパーバッグは、財布とスマホを入れるのにちょうど良いサイズ感。しっかりとしたキャンバス素材、シンプルなデザインで使い勝手の良いアイテムです。(幅25.4cm×高さ20.3cm×マチ8.8cm)

今気になるバッグは『オーシバル』のトートバッグ(小)

ZOZOTOWN

ベーシックなデザインで汎用性の高い人気アイテム。ハリのある丈夫な24オンスのキャンバス素材を使用しており、使い込むほど風合いが増すのも魅力です。「以前から、ラフに使える小さいサイズの黒のトートバッグが欲しくてZOZOTOWNでもお気に入り登録しているアイテムなのですが、とにかく人気が高く再入荷してもすぐに売り切れてしまうという……。いつか購入できたらと思ってます」(幅32cm×高さ25cm×マチ11cm)

ケント氏のWEARはこちら

WEAR

■年齢/34歳
■職業/帽子職人(デザイナー)
■家族構成/独身
■趣味/映画館での映画鑑賞。映画情報収集(SF、アメコミ、ファンタジー系) 
■出没エリア/代官山、恵比寿、渋谷、表参道
■WEARフォロワー/10,099(2016/11/28現在)

ワタル氏は、素材や質感にこだわりあり!

お気に入りの一点を見つけたら、それを長く愛用したいというワタル氏。そのため、素材や質感、丈夫な作りかどうかに注意してバッグを選んでいるそう。自身のワードローブにマッチする、べーシックで使い勝手のいいアイテムが好み。

オン用バッグ:『ポーター』の3wayバッグ

会社勤めのワタル氏は、ビジネススーツとも相性バッチリの『ポーター』の3wayバッグを愛用中。「とにかく機能性に優れている点が気に入っています。財布や携帯をすぐに取り出せるポケットや折りたたみ傘やペットボトルを収納できる場所があり、コンパクトでスタイリッシュなデザインながら収納力があるので非常に重宝しています。生地も「強度」「軽さ」「防水性」を兼ね備えた独特の生地を使用していて、形崩れしないしっかりとした作りの鞄です」

▽Item
3wayバッグ/『ポーター』。45,000円位

WEAR

ワタル氏の通勤スタイル初登場。3wayバッグのスタイリッシュなデザインがスーツスタイルとよく似合っています。「どんなスーツにも合うので、バッグを合わせるのに特に何も意識していません。コーデはネイビーのキルティングジャケットとグレーのスラックスを合わせて上下の色のメリハリを意識しました」

▽Item
キルティングコート/『ナノ・ユニバース』。24,000円位
ジャケット、シャツ、ネクタイ、スラックス/すべて『ザ スーツカンパニー』
ローファー/『ジャランスリワヤ』。20,000円位

編集部おすすめ『ローワーケース』×『ポーター』×『エディフィス』シャンブレー3wayブリーフ

ZOZOTOWN

豪華3ブランドによるスペシャルコラボバッグ。光沢感のあるジャガード素材を使用した上品な見た目はスーツスタイルにぴったり。パッと見、無地ですが、実はうっすらとカモフラ柄があしらわれており、カジュアルシーンにも活躍すること間違いなし。(幅42cm×高さ30cm×マチ12.5cm)

オフ用バッグ:『ナノ・ユニバース』レザートートバッグ

ベーシックな黒のレザートートバッグは、大人の着こなしにうってつけ。きれいめカジュアルにキマリます。「やわらかく高級感のある革と質感がたまりません。好みでショルダーバッグとしても使えるのもポイント。きれいめなコーデやリラックス感のある大人カジュアルなコーデに合わせています」

▽Item
レザートートバッグ/『ナノ・ユニバース』。10,000円位

WEAR

ステンカラーコート+パーカーのきれいめカジュアルな着こなしに、レザートートをプラスして大人らしさを加えています。「全身カジュアルになりすぎるとレザートートは合わない気がするので、足元にローファーを合わせてかっちり感を演出しました」

▽Item
ステンカラーコート/『シップス』。15,000円位
パーカー/『417 by エディフィス』。10,000円位
スキニーパンツ/『エープリル77』。16,000円位
ローファー/『ジャランスリワヤ』。20,000円位

編集部おすすめ『キング メダル』プレーンレザートート

ZOZOTOWN

柔らかで高級感のある牛革を使用した上品でシックなトートバッグ。シンプルなデザインなので、どんなコーディネートとも合わせやすいアイテムです。付属の肩掛けベルトをつければショルダーとしても使えます。(幅51cm×高さ30cm×マチ12cm)

今気になるのは、『グレゴリー』×『ビームスプラス』

ZOZOTOWN

なんといっても、超レアな『グレゴリー』の旧ロゴに注目。中でも人気の高い「茶タグ」と「紫タグ」のデザインを復活させた別注。「コラボアイテムに目がないため、別注コレクションの旧ロゴの特別感に引かれています。デザインもすごくシンプルで作りもしっかりしていそうなので、コーデに合わせやすく長く愛用できそうだなと。あと、高校時代にグレゴリーの鞄が流行っていて愛用していたので思い入れがあります」(幅40cm×高さ45.5cm×マチ16.5cm)

ワタル氏のWEARはこちら

WEAR

■年齢/30歳
■職業/会社員
■家族構成/独身
■趣味/野球、ロードバイク
■出没エリア/三宮、梅田
■WEARフォロワー/56,499(2016/11/29現在)

Nissy氏は、スポーツブランドを愛用中

オン・オフともに『ナイキ』のバッグを愛用中のNissy氏。機能性かつ、シンプルな着こなしのアクセントになるデザインを好んでいます。「大好きな『ナイキ』のバッグをヘビロテしています。基本的にはバックパックを選びがち」

オン用バッグ:『ナイキ』のリバーシブルトート

バスケットボール選手のNissy氏らしく、『ナイキ』のトートバッグを愛用中。インパクト大のロゴがコーディネートのアクセントにぴったり。「たくさん荷物が入るところがお気に入りです。リバーシブルなので、気分に合わせて変えられるところもいいですね」

▽Item
リバーシブルトート/『ナイキ』。3,800円位

WEAR

バイク通勤のため、防寒とファッション性を兼ね備えたコーディネート。この時期の通勤には、『ザ・ノース・フェイス』のダウンが大活躍すること間違いなし。バッグのロゴがコーデのアクセントになっています。「機能性を重視しています。基本的にスポーティな着こなしなので、『ナイキ』のトートはよく合います」

▽Item
ダウンジャケット/『ザ・ノース・フェイス』。58,000円位
スウェットパンツ/『ユニクロ』。2,900円位
シューズ/『ザ・ノース・フェイス』。12,000円位

編集部おすすめ『ナイキ』グラフィック リバーシブル トレーニングトート

ZOZOTOWN

気分に合わせてデザインを選べるリバーシブルタイプ。片面は大胆なロゴプリント、もう片面は全面グラフィックプリントが施されたインパクトのあるデザインがポイントです。またストラップは肩掛けにも斜め掛けにも対応可能。(幅46cm×高さ37cm×マチ9cm)

オフ用バッグ:『ナイキ』のナップサック

ビビッドな赤が目を引く『ナイキ』のナップサック。リュックよりも軽量かつコンパクトで身軽になれます。「カメラ、財布、小物等が入るちょうどいいサイズなので、オフの日に愛用しています。赤というところも気に入ってます」

▽Item
ナップサック/『ナイキ』。2,200円位

WEAR

うしろ姿がポイントのこちらのコーデ。ブラックのMA-1にデニムパンツの着こなしに、ナップサックのビビッドな赤の差し色を効かせて。「インパクトのある赤のナップサックですが、大きすぎないサイズ感なのでコーデといい感じにマッチします。自身のカジュアルな服とは相性抜群」

MA-1/『シックスティエイトアンドブラザーズ』。27,000円位
デニムパンツ/『ジャーナルスタンダード』。アウトレットで5,000円位
スニーカー/『コンバース』。4,900円位
キャップ/『ナイキ』。4,000円位

編集部おすすめ『ナイキ』ヘリテイジ ジムサック

ZOZOTOWN

ドローコードで簡単に荷物の取り入れができるナップサック。たっぷり収納もできるので、ジム用や旅行用などあらゆるシーンで活躍します。(幅32.5cm×高さ43cm)

今気になるのは、『Y-3』のカーサスモールバックパック

エラスタン/ネオプレン混紡ファブリックを使用したミニマルで近未来的なデザインが特徴です。シンプルな着こなしにひとさじスパイスを注入。「形にひとめぼれしました。ブラックで何にでも合わせやすそうなところも気に入ってます」(幅27cm×高さ38cm×厚み17cm)

N i s s y 氏のWEARはこちら

WEAR

■年齢/28歳
■職業/プロバスケットボールプレイヤー
■家族構成/妻子あり
■趣味/一眼レフカメラ、漫画
■出没エリア/東京、神奈川
■WEARフォロワー/9,397(2016/11/29現在)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
おしゃれニスタ
バッグ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

Freeamericanidol編集部

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカーが、大人に愛される3つの理由

『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカーといえば、外遊びのみならず街でも使える最強アイテム。魅力や注目作、着こなしから大人に愛される理由を読み解きます。

山崎 サトシ