”実用的な暖か小物”で冬らしさをプラスしてみない?

冬はアウターではカバーしきれない手の先や首回りなどの防寒用にマフラーや手袋が必要不可欠。せっかく取り入れるなら見た目にもこだわって、季節感のアップを図りたい。

大中 志摩

2016.11.30

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

冬に取り入れたい。“実用的かつおしゃれな”小物たち

ZOZOTOWN

手の先や首回りなどアウターではカバーしきれない部分の防寒をクリアするためにも取り入れたい小物たちを紹介。マフラーやニット帽、スヌード、手袋、耳当てなど防寒だけでなく、見た目にも温かみを演出し、おしゃれも楽しめる一石二鳥のアイテムを集めてみた。

小物1:首を温め、コーデのアクセントにもなる“マフラー”や“スヌード”

首を温めるだけで体感温度が上がるってご存じ? マフラーやスヌードは防寒効果は高いので、アウターと一緒に取り入れるのがおすすめ。また、首周りにボリュームを加えたり、色を差したりと、着こなしにメリハリをつけてくれる点も魅力だ。

合わせて読みたい:
防寒性もおしゃれも両得。スヌードのおすすめはこの10点

チェック柄のマフラーでアクセントをプラス

WEAR

上品なカーキのコートを、黒のキャップやリュックなどでストリートスタイルに味付け。カーキ×モノトーンの落ち着いた色合わせに、チェック柄マフラーでアクセントをプラスしたのがポイント。

今選ぶならコレ!『ラウンジリザード』ブロック チェック マフラー

ZOZOTOWN

イタリア産の上質なニットを使用したブロックチェック柄のマフラー。大きめのチェックと鮮やかかつ美しい発色で着こなしのアクセントとしても活躍してくれる。ふんわりとした柔らかな素材感が高い保温性を発揮してくれるので防寒性も抜群。

ボリュームたっぷりなスヌードでウォーム感を加える

ZOZOTOWN

今季らしいガウンコートには、スキニーパンツを合わせてVラインで着こなすのがポイント。首周りがすっきり開くので、スヌードをぐるぐる巻きにしてボリュームを出すとバランスよく仕上がる。

今選ぶならコレ!『レイジブルー』ストレッチニットスヌード

ZOZOTOWN

きれいめにもカジュアルにも合わせられる、シンプルなデザインのスヌード。素材にはイタリアの老舗製糸メーカーの糸を、さらに着やすく開発したAGATA10を使用している。伸縮性に優れているので着脱が容易に行え、ウールならではの保温性の高さも魅力的だ。

シックな大判マフラーで上品な着こなしに

WEAR

シンプルなセットアップスタイルにハットをプラスして上品な装いに。ボーダー柄のソックスでアクセントと遊び心を取り入れた。句を基調とした着こなしに、カーキの大判ストールを組み合わせて首元にボリューム感を出している。

今選ぶならコレ!『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』パネル カシミヤ ストール

ZOZOTOWN

肌触りの良いカシミヤを使用した大判ストール。大判仕様なので肩がけでカーディガンのように使用したり、膝かけにしたりさまざまな使い方が楽しめる。パネル配色なので巻き方ひとつで色の出方や柄に変化をつけられるのが注目すべきポイントだ。

コンパクトなネックウォーマーはサラッと取りれたい

WEAR

ミリタリーな雰囲気を醸すカーキのコートを黒のスラックスで引き締めて大人っぽく。足元はローファーでカジュアルさとシックな雰囲気に。ネックウォーマーとバックパックも黒でまとめ、コートの存在感を引き立てている。

今選ぶならコレ!『ビームス』ハリスツイード ネックウォーマー

ZOZOTOWN

カジュアルなアイテムであるネックウォーマーにハリスツイードを使用し、上品な印象に昇華させた。裏地はフリース素材を採用し、肌触りと保温性を向上させている。ドローコードを採用しているのでよりフィット感が増し、風の侵入を防ぐ。

合わせて読みたい:
バッグも手袋も。ハリスツイードの小物で季節感を取り入れる

小物2:冬の短髪は寒い……。防寒とおしゃれをかなえてくれる“帽子”

さっぱりとした短髪は爽やかで好印象だけど、冬はやっぱり寒い。そこで活躍するのが帽子。ニットやウール素材、ボア付きなどあったか素材の帽子でおしゃれも防寒もゲットしたい。

ニット帽でこなれた雰囲気を演出して

ZOZOTOWN

カモフラ柄パンツとショートモッズでミリタリーテイストを加えたストリートスタイル。コーデのアクセントにニット帽でバーガンディを取り入れたのがポイント。旬な色が1点入るだけでコーデがぐっとこなれて見える。

今選ぶならコレ!『オーバーライド』ワッチキャップ ユーティリティ

ZOZOTOWN

薄すぎず、深すぎずの絶妙なシルエットで毎シーズン高い人気を博す、『オーバーライド』のニットワッチをメリノウール100%にアップデートした注目作。製品仕様をあえて面面にプリントすることでデザインアクセントに。スタイリングを選ばないシンプルなデザイン性と豊富なカラバリが魅力的だ。

キャップ派におすすめしたい、イヤーフラップキャップ

WEAR

ブラックでまとめたクールなストリートスタイルを赤の差し色でアクセントをつけた。ストリートキャップではなく、イヤーフラップキャップを取り入れているのでよりウォーム感のあるスタイルに仕上がっている。

今選ぶならコレ!『ニューエラ』59FIFTY キャップ MLBニューヨークヤンキース トラッパー シンセティックヌバック ブラウン

ZOZOTOWN

ボディーにシンセティックヌバックレザーを使用した59FIFTYトラッパーキャップ。アイレットやフロントにはヤンキースのチームロゴがアクセントとして主張する。ボア仕様のイヤーフラップはクラウン部に固定できるので、シーンに合わせて使い分けが可能。

今季らしさ満点のベレー帽で旬な装いに

WEAR

ハリ感のあるチェスターコートにグリーンのニット、ワイド気味のスラックを合わせたシンプルな着こなし。スヌードとベレーをアクセントに取り入れて旬なスタイルに。足元は白スニーカーでアクセントをつけた。

今選ぶならコレ!『キジマ タカユキ』BERET

ZOZOTOWN

『キジマ タカユキ』に『ユナイテッドアローズ』が別注したベレー帽。ぬくもり感たっぷりのウールフェルトを使用した、程良く丸みをもたせた楕円型のシェイプが印象的だ。無駄を省いたミニマルなデザインでどんなコーディネートにもマッチしてくれる。

ベースボースキャップは冬素材にチェンジして

WEAR

デニムシャツとインナーダウンでカジュアルに仕上げたスタイルにグレーのベースボールキャップがぬけ感を与える。黒スキニーでスタイリッシュにまとめ、『ニューバランス』のスニーカーの色を帽子と合わせて統一感のあるスタイルに。

今選ぶならコレ!『ラカル』×『ミスターオリーブ』ハリスツイード ベースボールキャップ

ZOZOTOWN

ハリスツイードらしいダークトーンのクラシックな印象のチェック柄を落とし込んだ。やや浅めのベースボールキャップに『ラカル』のマークをフェルトで配置させた。サイズを調整できるアジャスター付き。ネイビーのラインがアクセントとして主張している。

ウールハットで季節感と上品さを投入

WEAR

赤チェックシャツにスタジャンを合わせたストリートスタイルはスウェットパンツを合わせてリラックス感漂うスタイルに。足元はジャックパーセルでラフな雰囲気にまとめた。カジュアルすぎないようにハットで上品にアレンジ。

今選ぶならコレ!『マイティーシャイン』ロバートフェドラハット

ZOZOTOWN

ウール100%を使用し、すべてアトリエメイドの職人が1つひとつ手がけている。ロングブリムの上品な表情を残しつつ、広すぎず、狭すぎない7cmのブリムに仕上げた。リボンレス仕上げでモダンなコーディネートにも合わせやすい。かぶり心地、機能性にバランスのとれたアイテム。

小物3:手足の防寒も超重要! アクセントになる“グローブ”&“靴下”

冷え性=女性に多いというイメージだが、最近では男性でも冷え性の人が増えているよう。となると、やっぱり指先や足元の冷えは厳禁! とくに外回りの多い営業マンにはグローブは必須であろう。

カジュアルすぎないグローブが、きれいめコーデとマッチ

ZOZOTOWN

『ウールリッチ』のアークティックパーカーをホワイトのタートルニットとウールスラックスで品良くコーディネート。上質な素材を使用したグローブなら、コーデにミスマッチすることなくすんなりと馴染む。

今選ぶならコレ!『シップス』ムーン グローブ"ソリッド"

ZOZOTOWN

ブリティッシュウールメーカーであるムーンの上質な素材を使用している。手のひらには柔らかなレザーを使用しているので、使い込むことでしっかりと手になじんでいく。スマートフォンにも対応しているので使い勝手も抜群。さまざまなブルーの色みでシックな雰囲気に。

スマートに仕上げたいなら、レザーグローブを選んで

WEAR

袖で切り替えが施されたチェスターコートをメインに黒スキニーでスタイリッシュにコーディネート。ブラックレザーのグローブでとことんクールに仕上げた。赤のスエードブーツが大人の色気を演出。

今選ぶならコレ!『ビームス』レザー バックル グローブ

ZOZOTOWN

落ち着いたカラーとマットなレザーの素材感で、シックなスタイルにもマッチする。手首からの冷たい風の侵入を防ぐリブ仕様で、ライニングがフリース仕様になり保温性にも優れている。ベーシックなデザインながらもバックルがさりげないポイントに。オン・オフ問わずさまざまなスタイルで活躍してくれる。

流行のアンクル丈やロールアップと合わせたい、柄ソックス

WEAR

ライダースのハードな着こなしを赤のマフラーとゼブラ柄のソックスで遊びを足した。ライダースの下から顔をのぞかせるカットソーが差し色として効果的に映る。モノトーンベースの着こなしでシャープな印象に仕上がった。

今選ぶならコレ!『ビームスライツ メンズ』ネイティブジャガードソックス

ZOZOTOWN

ツイード風パッチワーク柄が目を引くカラフルなデザイン。ボトムスの裾からチラみせさせることでしゃれ感のあるスタイルが手軽に楽しめる。インパクト抜群ながらもパッチワークデザインで大人のスタイルにも取り入れやすい。豊富なカラーバリエーションもうれしいポイント。

小物4:自転車に乗る人はぜひ! かなり使える“イヤーマフ”

冬の自転車通勤は、かなり防寒が必要なこと間違いなし。風を切るため、とくに耳が痛くなる人も多いのでは。そんなとき使えるのがイヤーマフ。子供っぽいのではと思われるかもしれないが、大人仕様のアイテムも多くリリースされれている。

ニット帽+イヤーマフで防寒完璧!

WEAR

ネイビーのピーコートに色褪せデニムを組み合わせてカジュアルにコーディネート。表情のあるソックスにネイビーのスニーカーで大人っぽい足元を演出している。グレーのニット帽でぬけ感を与えつつ、イヤーマフで個性を表現。

今選ぶならコレ!『エーグル』ニットフリースイヤーマフ

ZOZOTOWN

アウトドアウェアを中心にデザイン性にこだわったアイテムを展開するフランスの老舗ブランドの『エーグル』。こちらのイヤーマフにはニットライクフリースを使用し、高い保温性を実現。耳あて部分が折れ曲がり、伸縮性もあるので携行性にも優れている。うしろのトリコロールテープがアクセント。

合わせて読みたい: 才色兼備なエーグルならおしゃれアウトドアアイテムが揃う

無駄のないデザインを選べば、シックにキマる

ZOZOTOWN

ボアブルゾン×ジョガーパンツのスポーティなスタイリングに、イヤーマフがマッチした好例。モノトーンでシンプルなデザインなので、主張することなく、さりげないアクセントにうってつけだ。

今選ぶならコレ!『ベースステーション』ハリスツイード別注イヤーマフ

ZOZOTOWN

上質なハリスツイードの生地を使用した大人な面持ちのイヤーマフ。温かみのあるツイードと肌触り抜群のボアの最強コンビで、防寒はもちろん見た目もおしゃれにキマる。一度、この温かさを感じたら手放せなくなること間違いなし。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
冬の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

Tシャツ1枚は少し早いけど、上着を着るほど寒くもない……。気温が曖昧な時期にさらりと羽織れるカーディガンは必携です。人気ブランドを、しっかり把握しておきましょう。

山崎 サトシ

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカーが、大人に愛される3つの理由

『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカーといえば、外遊びのみならず街でも使える最強アイテム。魅力や注目作、着こなしから大人に愛される理由を読み解きます。

山崎 サトシ