今の季節にぴったり。オーシバルのステンカラーコート

フランス発のマリンウェアをベースにした『オーシバル』のステンカラーコートは、生地やシルエットの上品さと機能性が魅力。その活用術を、コートのカラー別にご紹介。

田坂 タケシ

2016.11.20

フランス発ブランドの『オーシバル』とは?

『オーシバル』は、1939年にチャールズ・バルト氏がフランスのリヨンでスタートしたマリンウェアの歴史あるブランド。かつてはフランス軍の制服に採用されていたほどのしっかりとした機能性と、フランス発ブランドならではの洗練されたデザイン性や上品さが魅力で、とくにボーダーカットソーは男女問わず世界で広く人気を博しています。

カットソーだけじゃない『オーシバル』のステンカラーコートの魅力

ボーダー柄のカットソーに見られるように、美しいシルエットと上質なイメージは『オーシバル』が得意とするところ。その特徴は、コートにも表れています。『オーシバル』のコートは、シンプルで着回しやすく、大人らしい表情に仕上げてくれるため、Freeamericanidol読者の皆さまは要チェックですよ。

おしゃれな大人に学ぶ。色別『オーシバル』ステンカラーコートの着こなし

ここではステンカラーコートのバリエーション別に、『オーシバル』を活用した着こなしサンプルをご紹介。ご自身が好む色みのコーデは、今季そのまま実践するのが正解です。

カラバリ1ネイビー編

ネイビーは、カジュアルも、きれいめも演出してくれる大人の万能色。『オーシバル』ならば色みのトーンでも差をつけることが可能です。さっそく着こなしをチェックしましょう。

シャンブレー生地の明るいネイビーが爽やかな『オーシバル』のステンカラーコートを、ネイビー×ホワイトのカラーコーデでスタイリング。インナーのボーダー柄と白スニーカーがアクセントとなって、大人の余裕と若々しさを両立しています。

『オーシバル』のステンカラーコートの第一印象は、何といっても育ちの良さそうに見える上質さ。ホワイトデニムやネイビーのスニーカー、トートバッグとコーデすることで、カジュアルスタイルの中にもその上品さがひと際光ります。

ジャケットなどオンのスタイルにも活躍する『オーシバル』のコートを、カジュアルアイテムであるスウェットパーカーやペインターパンツとコーディネート。ハリのあるコートのきちんと感と足元の革靴が、着こなし全体を大人メンズらしく格上げしてくれます。

上質さがオンスタイルにもハマる『オーシバル』のステンカラーコートを、フード付きスウェットパーカーのようにカジュアルなアイテムとコーデすることが、おしゃれ上級者の間でも人気継続中。ぐっと清潔感のあるカジュアルスタイルが完成します。

『オーシバル』のステンカラーコートから濃ネイビーのアイテムをチョイスし、ボトムスにはロールアップしたイージーパンツをコーデ。コートの上品さが、ボーダー柄やスリッポンなどのカジュアルスタイルを大人の休日スタイルに格上げしてくれます。

カラバリ2ベージュ編

ここ数年のトレンドカラーとして秋冬の人気色となったベージュ。やぼったくないよう、洗練されたコーディネートを目指しましょう。

上品なベージュ系のステンカラーコートを、白シャツや黒スキニーのボトムスとコーディネート。足元はスニーカーでもコートのきちんと感やラウンド型のアイウェアのクラシカルな印象があるので、清潔感のあるスタイルに仕上がります。

生地のハリ感が品の良さを生む『オーシバル』のステンカラーコートは、ボーダー柄インナーやスニーカーなどクラシカルな印象のカジュアルアイテムとの相性も抜群。大人ならではの余裕と若々しさを両方演出してくれる優秀アウターです。

ネイビーのニットと明るめブルーデニムという青系のコーディネートに、ベージュのステンカラーコートをオン。コートの明るいカラーが、カジュアルな印象が強くなりがちなブルーデニムを、ぐっと大人っぽいスタイルにランクアップしてくれます。

ボーダー柄インナーとの組み合わせが人気の『オーシバル』コートのインに、フード付きスウェットをコーデ。アウターは薄手ながらもボンディング加工によってハリ感がシルエットをキープしてくれるので、重ね着をしても印象がもたつくことがありません。

ベースボールキャップやチェックシャツなど王道カジュアルアイテムと組み合わせても、上品さを損なわないのが『オーシバル』のステンカラーコートの魅力。印象の異なる愛用アイテムを組み合わせることで、オリジナリティーのある大人スタイルが仕上がります。

カラバリ3オリーブ編

ミリタリーが気分の今シーズンは、オリーブという色みをセレクトするのもアリ。どんな色みにも馴染むカラーリングだけあって、個性の演出方法もさまざまです。

明るいオリーブグリーンが美しい『オーシバル』のステンカラーコートに、ホワイトデニムをコーデ。ボーダー柄インナーやスニーカーの軽い足元がアクセントとなって、大人の休日にふさわしい清潔感のあるカジュアルスタイルを完成させています。

インナーとボトムスをブラックで統一し、オリーブグリーンのステンカラーコートをプラスしたコーデ。ハードなミリタリーテイストが強くなりがちなオリーブ×ブラックの組み合わせも、コートの上質感と白スニーカーが爽やかなものにまとめてくれます。

白インナー+黒ボトムス+白スニーカーのモノトーンコーデに、『オーシバル』のオリーブグリーンのステンカラーコートを羽織るだけで、ぐっとこなれたカジュアルスタイルに。コートはボタンの隠れるフライフロントなので、開閉でイメージも変化します。

スウェットパーカー+ブルーデニム+ニットキャップ+スニーカーといったカジュアルアイテムのオールスターに、『オーシバル』のステンカラーコートをオンして大人っぽさをプラス。コートのAラインと細身のボトムスがつくるシルエット脚長効果も。

生地のハリ感や落ち着いたカラーに上質さがにじみ出る『オーシバル』のステンカラーコートは、つば広ハットなどのようにクラシカルな印象のアイテムとの相性も抜群。ニットパンツやスニーカーなどのリラックス感あるアイテムとのコーデもきれいにまとまります。

KEYWORD関連キーワード
ステンカラーコート
オーシバル(ORCIVAL)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

冬のコーデを大人っぽく彩るなら、ウールコートに手を伸ばすのが近道。とくにここ数年のトレンドとして、着こなしが柔らかくなるベージュの注目度が高まっているんです。

Freeamericanidol編集部

マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

編集カツラガワ

ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

Freeamericanidol編集部

スーツに好相性。ビジネスで着たいコート30選

ビジネスシーンで着用するコートにフィーチャー。ビジネス向けコートの選び方のポイントから、カテゴリー別おすすめのモデルまでを徹底的にご紹介。

大中 志摩

6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

秋冬のおしゃれに取り入れたいニット帽。でも合わせ方がわからない……という人も案外多いのでは? ニット帽のかぶり方、選び方、取り入れ方をまとめてご紹介します!

Freeamericanidol編集部

ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

山崎 サトシ