着脱が楽で抜け感も十分。ヒモなしスニーカーに夢中

スリッポンに代表されるヒモなしスニーカー。春夏だけではなく、秋冬の着こなしにもいかがでしょうか? 今っぽい着こなしと最新ヒモなしスニーカーをご紹介します。

まつお ありさ

2016.11.11

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

“ヒモなし”スニーカーのメリットと注意点

ZOZOTOWN

ヒモなしスニーカーの魅力はなんといってもその履きやすさ。ヒモを結ぶわずらわしさがなく、脱ぎ履きが楽ちんなのが特徴です。また、着こなしに投入するだけで、おしゃれ感とストリート感を演出できるのも◎。

ZOZOTOWN

楽な履き心地こそ、ヒモなしスニーカーの長所。とはいえ、その“ユルさ”が着こなしに影響しないわけではありません。というのも、あまりにもラフなファッションにヒモなしスニーカーを合わせると、ダラしなく見える可能性もあるから。逆に、きれいめなファッションに取り入れることで、足元で抜け感を演出することが可能。スタイリングに影響を与える足元だけに、組み合わせるアイテムには配慮しましょう。

冬でも履ける。ヒモなしスニーカーのコーデサンプル集

ラフな履き心地と見た目が特徴のヒモなしスニーカー。その“ユルさ”を悪目立ちさせることなく、おしゃれに見せるためにはやはりスタイリングが肝心です。そこで、ヒモなしスニーカーを取り入れたコーデサンプルを公開。トレンドも加味した合わせ方をチェックしていきましょう。

ZOZOTOWN

シンプルなモノトーンの着こなし。トップスは今季トレンドのワイドシルエットをチョイスすることで、個性を演出。くるぶしがのぞくくらいの丈のパンツには、スリッポンが相性抜群。ぬけ感も演出できる。

ZOZOTOWN

ゆったりしたオーバーサイズのトップス×スキニーデニム×スリッポンのカジュアルな着こなし。軽快な印象のスリッポンですが、黒を選べば落ち着いた雰囲気に仕上がります。

ZOZOTOWN

アウトドアにも使えるアウターに、ジョガーパンツを合わせたトレンド感のある着こなし。白のスリッポンを合わせることで都会感のある洗練された装いに。インナーに使ったボーダーがアクセント。

WEAR

スタジャンやキャップを合わせたストリート感のある冬の着こなし。きれいめなグレーのパンツには黒のスリッポンを合わせて、落ち着きをプラス。キャップやメガネの小物使いがクール。

WEAR

ハードな印象のライダースジャケットと、ハイテクスニーカーを合わせた点が上級者。ホワイトとブラックのありがちなモノトーンコーデとは一線を画したアイテム使いは手本にしたい。

ZOZOTOWN

流行のジョガーパンツとの相性がいいヒモなしスニーカー。ボリュームのあるボアパーカーに、足をすっきりと見せるジョガーパンツを合わせて、下にいくごとにすっきり感を演出すれば、バランスが良くなる。

ZOZOTOWN

スニーカーやインナーダウンでカジュアル感をプラス。インナーダウンのスポーティ感と、スニーカーのスポーツ感をミックスしている点がお見事。

ZOZOTOWN

ハイカットのヒモなしスニーカーは、冬らしいスエード素材のものをチョイス。ウールパンツと合わせて、足元まで防寒を。難易度の高そうなハイカットでもサンプルのようなパンツを選べば怖くない。

ZOZOTOWN

ミリタリー感のあるモッズコートのインナーには白シャツを着込んでさわやかに。ボトムスはブラウンのパンツで、冬らしさをプラス。革靴のかわりに、ヒモなしスニーカーを添えて全体をカジュアルに。

ZOZOTOWN

きれいめなジャケパンスタイルをスリッポンでハズした新鮮なスタイリング。デニムの裾をロールアップをして、くるぶしを少しのぞかせるとヌケ感が出て好バランスに仕上がる。

“ヒモなし”スニーカー。これから狙いたいアイテム10選

定番はもちろん、変り種も押さえておきたい! こちらから狙うべきヒモなしスニーカーを厳選してみた。

『ナイキ』エアモック

ZOZOTOWN

コッペパンのような丸みを帯びたシルエットが特徴的の『ナイキ』のエアモック。ソールのフィット感がなんとも履き心地抜群だ。今季も引き続き人気のジョガーパンツやスウェットパンツとの相性が良いので着こなしのスパイスとして◎。

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』スエード バックジップ スニーカー

ZOZOTOWN

スエード使いが大人っぽく、バックジップで履き心地の良さも抜群。フルレングスのパンツに合わせればスリッポンのようにも見えるし、短め丈のパンツに合わせればブーツのように使える。

『ナイキ』ソックダート

ZOZOTOWN

スマートなシルエットがスポーツ感を引き立ててくれる一足。きれいめコーデのハズしとして使うのはもちろん、ストリートやカジュアルコーデのサポーターとして使うのもアリ!

『Amb』レザースリッポン

ZOZOTOWN

程良い起毛が季節感を添えてくれるスエードのスリッポンは、いつもの着こなしに1点投入するだけでOK。使いやすいライトグレーはおしゃれ感も作ってくれる。

『アース』ベルクロスニーカー

ZOZOTOWN

スケートシューズのような、ころんとしたボリューム感がかわいい一足。落ち着いたグリーンとスエードが着こなしのアクセントにも。シンプルにデニムやチノパンに合わせるのが◎

『コーエン』キャンバススリッポン

ZOZOTOWN

ベーシックなスリッポンですが、切りっぱなしの加工がこなれた雰囲気の一足。九分丈のパンツと合わせて、足元を引き立たせるスタイリングがおすすめ。

『トモ&シーオー』×『ビームス』別注 モンクシューズ

ZOZOTOWN

メッシュ素材をアッパーに使用した、スポーティなスニーカー。見た目にも面白い個性派デザインは、シンプルな着こなしにもぴったり。合わせやすいネイビーをチョイスしてワントーンで攻めてみては?

『ナイキ』エアリフト ブリーズ

ZOZOTOWN

カジュアルだけではなく、モードにもシフトしてくれる『ナイキ』のエアリフト ブリーズ。ビビッドなブルーと色み、圧倒的存在感のあるデザインが魅力。スラックスやウールパンツとあわせて対比をつけたコーデを作ってみて。

『スペルガ』別注 イタリー ミリタリー スリッポン

ZOZOTOWN

白スニーカーのイメージが強い『スペルガ』から、カーキのスリッポンが登場。ワントーンで構築されたボディーが、いつもの着こなしを格上げしてくれること間違いなし。スポーツ感を抑えたい方にはおすすめ。

『アディダスオリジナルス』ファスト

ZOZOTOWN

季節を問わず、年中使える一足。ヒモではなくベルクロ仕様になっているため、それだけで周りと差がつきます。柔らかなレザーで履き心地も良く、どんなコーデにもハマる汎用性の高さが◎。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
スニーカー
秋の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ナイキSBのおすすめモデルを厳選。メンズコーデに馴染む1足とは?

スケーターに支持される『ナイキSB』のスケシューは、同ブランドならではのスマートなデザインと履き心地が魅力。大人のメンズコーデにも馴染むモデルを紹介します。

伊藤 千尋