【特集】今年の腕時計は、カラー文字盤で差を付ける!

やさしく温まる。世界に誇る日本のニットブランド4選

秋冬物のマストアイテム「ニット」を、今回はジャパニーズブランドにしぼってご紹介。防寒性だけでなく着心地やシルエットにこだわりたい方、必見です!

カツマタ トシヒコ

2016.11.07

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

秋冬の必需品! これから揃えたい国産ニット商品

確かなニッティング技術と品質の高さで、日本のニットブランドが近年注目されています。その人気の理由は、原料選びから製品の仕上げの工程まで国内で連携を取りながら、徹底した生産管理をされているからです。これから寒くなる季節、長く着るニットは着心地とデザインのいいアイテムを選びたい。今回ご紹介する4つのジャパニーズニットブランドは、それぞれにこだわりが詰まった秀逸なアイテムを提供しています。

『バトナー』(BATONER)ーレトロとモダンを融合させたニットブランドー

半世紀以上続く、山形県にある老舗ニットファクトリーから派生した『バトナー』は、2013SSからブランドとして展開スタート。日本では、ほぼ皆無になりつつある手法でニットを製作しています。伝統的な作り方と新しいニットの解釈が融合されており、着心地だけでなく現代的なデザインでファンが増えているブランドです。

幾何学模様が編みこまれたデザインが目を引く、『バトナー』のフェアアイルニット。秋冬に映えるカラーで、温かみと清潔感のあるコーディネートにマッチします。

ボリュームのある首元が特徴のタートルネックニット。モノトーンでシンプルながらもちゃんと存在感を出したいコーディネートで使えるアイテムです。ここまで肉厚な首元ならマフラーを巻かずともしっかり防寒。

『コム・アーチ』(comm. arch.)ーバランスのいい配色とプリントデザインー

『コム・アーチ』は2014AWからジョーマック氏のディレクションによりスタートしたメンズニットウェアブランドです。日本国内紡績の糸を厳選し、現存する貴重なニットデザイナーや職人の連携によりニットが製作されています。ブランド名の由来は、「Communication Architecture」の略語、日本の美しい女性、小町(KOMACHI)に基づいたもの。

5色の糸とステッチを何度も切り替えて編んだ、パッチワークデザインのニット。一見インパクトの強そうなアイテムに見えますが、秋冬らしい落ち着いた色の組み合わせとスッキリしたシルエットでコーディネートがしやすいです。

このカーディガンは、生後6か月以内に、一番最初に刈り取られた原毛を使用しているため、毛足が長く軽い仕上がり。糸を2色ずつ使用し、表編みと裏編みを混ぜた柄で編みあげ、ボタン部分はタグワヤシの実を使ったこだわりよう。ゆったり着れるのに、ほどよい高級感が漂っています。

『サイド・スロープ』(SIDE SLOPE)ー遊び心ある大人のニットー

2005年、黒子として数々のブランドの企画に携わってきたデザイナー・ワキサカ氏が立ち上げたニットファクトリーブランド『サイド・スロープ』。工場の技術力、素材の特徴、それらを熟知したテクニックで編みパターンや色を表現。シンプルながら細部までこだわっただけでなく「遊び心のある大人を満たすニット」としていま、日本国内だけでなく、世界への発信も強めています。

フィット感のあるシルエットで野暮ったくならず、スッキリとした印象を与えるカーディガン。秋冬だけでなく春先の羽織りものとしても使えて重宝します。背面は細めのボーダー柄デザインに切り替えされていて、表情の変化を楽しめます。

ベーシックなデザインで着回ししやすいカーディガン。大人っぽいコーディネートをするなら薄手でブラックカラーがおすすめです。カシミヤ混なので肌触りも気持ちいい。デニム以外にも細身のパンツと合わせれば、より上品で清潔感のあるコーディネートになりビジネスシーンでも使えます。

『アイランドニットワークス』(Island knit works)ー新しいスタンダードニットー

古き良きもの、古き悪しきもの、新たな技術、残ってゆく技術、それらを統括したニュースタンダードニットの提案をしている『アイランドニットワークス』。2010年ファクトリーブランドとしてスタートしたブランドです。使用糸を厳選し糸と規格に合わせ編みこみ機種も厳選。100%JAPAN MADEにこだわり、職人の手編みによる”郷愁感”を匂わせるもの作りを心がけています。

凹凸がはっきりしているケーブル編みのニットベスト。落ち着きのあるダークグレーならどんな装いにも合わせやすく、シャツやパンツはスリムタイプを選ぶと全身のシルエットにまとまりがでます。

毛足の長いフワフワ感、エッジの効いたジャガード編み地のタイガーカモフラージュ柄のニット。素材にはウール、ナイロン、アクリルを混合させ、ゴムジャガードで編み立てているので、保温性・伸縮性はバッチリ。シンプルなコーディネートになりがちな秋冬に、1着持っておくと印象に差がつきます。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
トップス
ニット・セーター
MADE IN JAPAN・国産
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

山崎 サトシ

半袖サマーニットが上品な夏の大人コーデを約束する

Tシャツのように気軽に取り入れられ、それでいて着こなしが上品かつ大人っぽく仕上がる。そんな半袖サマーニットの魅力からおすすめ、着こなし方までをご紹介します。

近間 恭子

温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

Freeamericanidol編集部

もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

Freeamericanidol編集部

黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

ai sato

財布だって、ニュートラル。アー・ペー・セーの小物がやっぱりおしゃれ

シンプルで自然体なデザインを得意とする『アー・ペー・セー』。上質なジーンズが人気ですが、財布も隠れた売れ筋品。どれも毎日持ち歩くに相応しいスマートな顔立ちです。

山崎 サトシ