大人コーデにハマる。セレクトショップ発のリュック

セレクトショップの商品ラインアップは衣類だけにとどまらない。中でもリュックはトップクラスのデザイン性と機能性を誇る。きっと掘り出し物に出会えるはずだ。

NAKAYAMA

2016.11.02

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

セレクトショップオリジナル&別注のリュック。その魅力とは?

ZOZOTOWN

世界中からさまざまなアイテムを集めて展開するセレクトショップ。だからこそ、アイテム自体の良さや引き立たせるディテールなど、本質を追求できるのだ。そのノウハウが生かされ具現化されたリュックは、衣類同様におしゃれな装い、かつ機能面にすぐれている。

セレクトショップオリジナル&別注のリュック。冬服との相性は?

アウターがメインにコーディネートされる冬服は、取り入れるリュックに苦戦するのでは? まずは、実際にセレクトショップオリジナルのリュックを使った冬コーデを見ていこう。

WEAR

モッズコートを主役にした、都会的な印象の冬コーデ。丈の長いアウターと収まりがいいサイズのリュックが融合し、メリハリの利いたバランス感を演出。今風なスタイルにも注目したい。リュックは『シップス』×『エムアイエス』。

ZOZOTOWN

白シャツにジョガーパンツの大人シンプルな着こなしには、無駄な装飾のないシンプルな『ビームス』オリジナルのリュックが好相性。色みもシックなものを選んで落ち着いた着こなしに。

WEAR

主張しすぎない大人カジュアルなスタイルに高機能な『シップス』×『ドルティ』のリュックがハマった。ラフなデニムパンツとスニーカーで抜け感を出しつつ、ダークトーンのトップスで全体を引き締めたお手本コーデ。

WEAR

冬素材のアイテムを駆使したラフコーデ。落ち着いたカラーリングでスタイリングされた全身からやさしさと温もりを感じる。そっと添えられた『バディー』×『ビーミング by ビームス』のリュックがさり気ないアクセントに。

ZOZOTOWN

きれいなセットアップスタイルに、『ロウワーケース』×『ポーター』×『エディフィス』ブラックのリュックが違和感なくなじんだ好例。足元の白スニーカーで抜け感を出しつつ、大人の余裕を感じさせる印象に仕上げた。

見た目も機能も大人仕様。セレクトショップオリジナル&別注のリュック15選

アイテム1『アーバンリサーチ ドアーズ』ドアーズ URD バックパック

ZOZOTOWN

『アーバンリサーチ ドアーズ』のオリジナルリュック。大口のメインポケットとフロントポケットの3口の仕様やホールドストラップによる安定感など、実用性に富んだ仕上がりになっている。

アイテム2『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』コーデュラ 3way ブリーフバック

ZOZOTOWN

デザインと機能性にこだわった使い勝手抜群の3wayリュック。使い方は3通りあり、手持ち、リュックとして背負う、ショルダーベルトで肩から掛けると、その日の気分次第で仕様を変えられる。

アイテム3『シップス』×『ドルディ』ストーン バックパック

ZOZOTOWN

正面に配したデイジーチェーンがポイント。クライミングのロープバッグとして開発されたため、背面から開封できる“バックスライドジッパー”を採用。アウトドアシーンはもちろん、タウンユースでも活躍する。

アイテム4『センス オブ プレイス by アーバンリサーチ』2way バックパック

ZOZOTOWN

シンプルなデザイン性の中に機能性を兼ね備えたスタイリッシュなバックパック。取り外し可能のクラッチバッグが付随しており、場面に応じて使い分けが可能だ。1泊程度の旅行の荷物も収納可能な容量もうれしい。

アイテム5『ロウワーケース』×『ポーター』×『エディフィス』フラップ付きバックパック

ZOZOTOWN

吉田カバンのメインブランド『ポーター』と『ロウワーケース』のクリエティブディレクター梶原由景氏監修のスペシャルコラボ。高密度なナイロン素材を使用し、取り出しやすさと収納性を加味した逸品。光沢感のあるソリッドなボディーが都会的な印象を放つ。

アイテム6『ビームス』オリジナル デイパック

ZOZOTOWN

シンプルかつ普遍的にデザインされたボディーに、使い勝手のいい優れた収納力を誇る『ビームス』オリジナルデイパック。飽きのこない装いは、冬スタイルを自然に引き立ててくれるだろう。

アイテム7『アーバンリサーチ』ベーシック ディパック

ZOZOTOWN

男女問わず使用できる、タウンユースに特化したベーシックなデザインが魅力的。無駄な装飾をそぎ落としたシンプルなデザインなのでコーディネートを選びません。カラーはグレー、ブラック、ネイビー、キャメルの4色展開。

アイテム8『ハーシェル』×『ビームス』アンダーソン 2 アーミー

ZOZOTOWN

ミリタリーのエッセンスを注入し、男らしい存在感に仕上げた『ビームス』エクスクルシーブモデル。日本国内で『ハーシェル』のネームタグを仕様変更できる『ビームス』だからこそできる珠玉作。

アイテム9『アメリカン ラグ シー』ラップトップフェイクレザーバックパック(WEB限定)

ZOZOTOWN

パッと見はベーシックな今作は、電子マネーが使えるカードケースや取り外し可能なミニポーチなど、多機能にデザインされている。体に馴染みやすいフェイクレザーを使用しているため着用感も◎。

アイテム10『ブリーフィング』×『ビームスプラス』3wayバッグ

ZOZOTOWN

通常の手持ちとショルダーの2way仕様にくわえて、収納可能なバックパック用ストラップをプラスして3wayで使用できるようになった逸品。シンプルでありながらも高機能に仕上がったすぐれもの。

アイテム11『イーストパック』×『ビームスライツ』バテッドパッカー

ZOZOTOWN

深みのあるワインレッドのこちらのリュックは『イーストパック』と『ビームスライツ』のコラボアイテム。本体底面にレザー、ブタ鼻が2か所に付く特殊なモデルにも注目したいところ! コーディネートのアクセントにもってこい。

アイテム12『センス オブ プレイス by アーバンリサーチ』コーデュラ バックパック

ZOZOTOWN

抜群の強度を誇るコーデュラナイロンを採用しており、普段使いはもちろん、厳しい環境下のアウトドアシーンでも力を発揮する。A4サイズ収納可能で、通勤にも使える使い勝手の良い一品。

アイテム13『シップス』×『エムアイエス』ナイロンバックパック

ZOZOTOWN

アメリカの軍用規格に対応したミリタリーファクトリーで作られている『エムアイエス』のとのコラボリュック。カラー展開は5色で、中でもオリーブとデザートカモはインラインにはない『シップス』の別注カラー。ファブリックは安心のコーデュラナイロンだ。

アイテム14『ビームス』×『アークテリクス』40th アロー22

ZOZOTOWN

『ビームス』の40周年記念に製作された今作は、アウトドアブランド『アークテリクス』の代表的バックパックであるアロー22をモデルに採用。特別カラーとして2トーン配色で仕上げられた。本格的アウトドア仕様のスペックとスタイリッシュなデザインに注目。

アイテム15『センス オブ プレイス by アーバンリサーチ』2ストラップバックパック

ZOZOTOWN

大人の冬スタイルにハマる都会的な印象で、サイドファスナーが付いているフラップタイプ。背面は厚みがありクッション性は申し分ない。そのうえ、7,000円以下で購入できるコスパの良さも魅力的。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
バッグ
バックパック・リュック
セレクトショップ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

Freeamericanidol編集部

目的別に紹介。ザ・ノース・フェイスの人気リュック19選

本格派のアウトドアから街使いまで、種類豊富な『ザ・ノース・フェイス』のリュック。3つの需要別に、適切なシーンにハマる一品をレコメンドします。

Freeamericanidol編集部

大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

普段なにげなくつけているシルバーリング。実はつける指には、各々意味があるって知ってました? ここではその意味とともに、おすすめブランドのシルバーリングをご紹介!

近間 恭子

もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

近間 恭子

ハーフパンツの最盛期到来。人気ブランドの別注品で周囲と差をつけよう

今や大人カジュアルの必需品、ハーフパンツ。今夏も大活躍してくれること間違いなしです。定番とはひと味違う、こだわり満載の別注アイテムも続々登場しています!

Freeamericanidol編集部

ナイロンパンツが着こなしを変える。大人のカジュアルダウンに適した選び方とは

快適な着用感に加え、旬なスポーツ感を併せ持つナイロンパンツ。いつもの着こなしに取り入れれば、即スタイルが見違えます。大人目線での着こなし方を覚えておきましょう。

山崎 サトシ