1万円でおつりがくる!コスパで選ぶワイドパンツ

流行りものは安く買ってワンシーズン賢く着るのが正解。そこで、最旬アイテムであるワイドパンツにフォーカスし、1万円未満のお得な逸品を選びのコツとともにご紹介!

山崎 サトシ

2016.11.04

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

トレンドのワイドパンツは9,999円以下で買うのが◎

ZOZOTOWN

今季、男女問わず大ブレイク中のワイドパンツ。ですが一方で、そのアクの強さゆえに比較的早い段階でトレンドが終わってしまう可能性も否定できません。ゆえに、大枚をはたいて購入するのはコストパフォーマンス的に少しリスキー。1万円未満のリーズナブルなプライスで手に入れて、気軽に楽しむのがベターな選択といえるでしょう。バリュー価格でも、探せば良いものはたくさんあります!

最初に確認しておきたい。ワイドパンツの選び方

いくらトレンドアイテムといっても、節操なしに選ぶのはNG! あくまで“大人っぽくはけること”を念頭に置いてセレクトしたいところです。ここからは、具体的にワイドパンツの選び方を解説していきましょう。

ポイント1ワイドパンツとはいえどルーズすぎは厳禁!

ZOZOTOWN

ゆるっとしたリラックスシルエットを持ち味とするワイドパンツ。ですが、極端に太すぎるシルエットだと子供っぽく見えてしまう恐れアリ! もちろん全体のバランスにもよるのですが、写真で着用しているモデルぐらいの“程良くゆったりめ”が大人の着用目安となります。幅が25㎝より幅があると確実にごん太なので要注意!

ポイント2カラー・素材はあくまでもシンプルに

ZOZOTOWN

大人っぽくはくためには、色&素材も非常に重要なファクターとなります。どちらも共通してキーワードとなるのは“シンプル”。なぜなら、そもそもシルエットに十分なインパクトがあるので、色や素材にまで主張があるとコーデがうるさく映ってしまうからです。

ポイント3着こなすイメージに合わせて着丈を選ぶ

ZOZOTOWN

きれいめに着こなしたいならジャスト丈を、ストリートっぽく着こなしたいならやや長めを、今っぽく着こなしたいならくるぶし丈を。丈感もいろいろあるので、イメージに合わせて選ぶとよいでしょう。

賢くおしゃれに。1万円でおつりがくるワイドパンツ

大人の求めるデザイン性や品質を満たしながらもロープライスを実現した、“よくデキ”なワイドパンツ15点をお披露目。いずれも秋冬スタイルの主役となってくれること請け合いです!

『レイジブルー』TWワイドパンツ/6,210円(税込)

ZOZOTOWN

上品にはけるトラウザータイプのワイドパンツ。レーヨン混紡によるほんのりとした光沢感やセンタープレスも大人度を高めます。ただし、ゴムウエストなのではき心地はコンフォートそのもの。気負わずに着用できます。

『ディッキーズ』プリーツワイドパンツ/9,720円(税込)

ZOZOTOWN

人気セレクトショップの『グリーンレーベル リラクシング』が型から別注した渾身の一本。ウエストに配されたプリーツがポイントとなっています。生地は楽ちんで耐久性も高いコットン×ポリエステルで、ヘビロテも苦にしません。

『ジュンレッド』ワイドデニムパンツ/7,452円(税込)

ZOZOTOWN

ベーシックなライトブルーデニムも、ワイドシルエットだと俄然今季らしいニュアンスに! 厚みと柔らかさを両立させた、タッチの良い生地でも魅了します。スウェットやパーカーとゆる~く合わせたいアイテムですね。

『グリーンレーベル リラクシング』×『ディッキーズ』ワイドパンツ/9,720円(税込)

ZOZOTOWN

男らしいタフな着こなしにうってつけなカーキのワイドパンツ。裾に向かってテーパードがかかっているためルーズになりすぎずすっきり着こなせる一本です。コットン×ナイロンのピーチ起毛させた素材を使用した軽いはき心地も◎。

『ベースコントロール』ストレッチチノワイドパンツ/6,501円(税込)

ZOZOTOWN

こちらのタックワイドパンツは、運動性の高いストレッチチノを素材に採用しており軽快なはき心地を約束。旬なアースカラーをまとっているのも印象的で、スタイリングを秋っぽく仕上げたいときに重宝するはずです。

『ジャーナルスタンダード レリューム』馬布クロスタックワイドパンツ/9,720円(税込)

ZOZOTOWN

本来は乗馬時に鞍の下に敷かれる、“馬布”と呼ばれる非常に強度の高い布地を使い仕立てた今作。ウエストのタックやアンクルカットなど、美シルエットを演出する各所のディテールも見逃せません。バリエでネイビーも展開。

『トランスコンチネンツ』ストレッチストライプワイドパンツ/7,452円(税込)

ZOZOTOWN

ウエスト回りにゆとりをもたせたデザインでリラックスしてはけます。バランスが取りづらいワイドパンツですが、きれいなシルエットにくわえ、ピンストライプ柄がスタイル良く見せてくれます。

『ディスコートパリシアン』ボックスプリーツワイドパンツ/6,372円(税込)

ZOZOTOWN

ボックスプリーツをあしらうことにより、スラックスのような端正さをプラスした意欲作。奇をてらわないプレーンデザインなので、多彩なコーデと好相性を見せてくれます。バックウエストがゴム仕様ではきやすさも申し分なし。

『アップスタート』TR先染めワイドパンツ/4,212円(税込)

ZOZOTOWN

スーツ用のポリエステル×レーヨン生地を使ってデザインされたモデルだけあって、風合いはとてもしなやかで上質。しかも、テーパードになっているのでワイドパンツでありながら美脚効果も期待できるんです。

『センス オブ プレイス by アーバンリサーチドアーズ』ボリュームワイドスラックス/6,372円(税込)

ZOZOTOWN

ゆったりばきのワイドパンツ。ウール約50%で保温性もあり冬にぴったりの一本です。かなり幅広めのワイドシルエットですが、すっきりしたシルエットで大人っぽく着られます。

『A.S.M』T/Cストレッチワイドパンツ/4,212円(税込)

ZOZOTOWN

クラシックな趣のウインドウペンパンツを、ワイドなシルエットで今季らしくブラッシュアップ。ジャケットコーデとのコンビネーションも良さそうな一本です。ストレッチ素材で着用感にも配慮しています。

『セブンデイズサンデイ』ワイドパンツ/5,389円(税込)

ZOZOTOWN

ウエストにツータック入れたワイドシルエットのパンツ。リラックスムード漂うデザインで、はくだけで今っぽい着こなしに仕上げてくれます。ベーシックなデザインなのできれいめにもカジュアルにも着回し可能!

『コロニー2139』綿PUワイドパンツ/6,475円(税込)

ZOZOTOWN

このワイドパンツはほのかにツヤ感のあるコットン生地で、品行方正なスタイルにもすんなりとフィット。しかも、ポリウレタンをミックスしているので伸縮性もハイレベル。頼もしい日常着となってくれそうです。

『ブルートルネード』T/Rツイル2タックワイドパンツ/9,720円(税込)

ZOZOTOWN

シャイニーかつソフトな生地感はポリエステル×レーヨンのブレンド素材ならでは。簡潔なコーディネートも、これ1本投入すれば都会的なムードに。レッグラインが美しく見えるように計算されたシルエットにも注目を。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
ボトムス
ワイドパンツ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ワイドパンツでコーデがこなれる。パンツの種類別着こなしサンプル

ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

平 格彦

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮