シーン別。人気ブランドで作るパパと子供のお出かけ服

家族でトータルファッションが楽しめるファミリーブランドの中から、この冬パパ&子供がしたいコーディネートをシチュエーションつきでご提案します。

Asami Kitsukawa

2016.11.04

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

人気ファミリーブランドの新作で冬のおしゃれを楽しもう!

WEAR

だんだんと肌寒くなってきて、冬のおしゃれはこれからが本番! 家族でスタイリッシュにに当たり、Freeamericanidolがおすすめしたいのがファミリーブランド。それぞれのアイテムが揃うのはもちろんシーズンテーマも統一されているので、家族のトータルコーディネートの完成度が高まるのがその理由です。

今回取り上げるのはZOZOTOWNでも人気上位を誇る、厳選ファミリーブランド。”パパと子供が○○へ出かけたら……”というシチュエーション別に、新作アイテムを使ったおすすめコーディネートを考えてみました。

ブランド1:普段使いのカジュアルを探すなら『グローバルワーク』

新しさのあるベーシックとシーズントレンドをミックスした商品展開が人気のブランド。メンズ、レディースに加え2~8歳まで(一部12歳まで)のキッズを展開しており、アイテム数も豊富。着回しの利くアイテムが多いので、スタメンブランドとしてチェックしておいて間違いなしです。

■シーン:娘と2人でシネコンへ映画デートスタイル
「今日は妻が女子会ということで娘と2人きり。娘が『映画が見たい』なんて、まるで彼女みたいなことを言うので、ちょっと照れながらコーディネート。娘と一緒ならキャラアイテムもアリかな??」

パパ用アイテム1ピーナッツ プリントスウェット

ZOZOTOWN

スヌーピーのプリントスウェットは『グローバルワーク』のオリジナルデザイン。同色のプリントにすることで、大人の男性が着てもOKな仕上がりに。

パパ用アイテム2ストレッチミリタリー カーゴパンツ

ZOZOTOWN

ボトムスにはグレーのスウェットと相性の良いカーゴパンツをチョイス。ストレッチがきいているので、座っていても楽なはき心地。映画鑑賞にはぴったりです。裾をロールアップしてラフに着こなして。

パパ用アイテム3ローカットスリッポン

ZOZOTOWN

クッション性があるソールで疲れにくく歩きやすいスリッポンは休日スタイルにうってつけ。簡単に休日のラフさを演出できるのでおすすめです。

娘用アイテム1キャミ&ワイドパンツセットアップ

ZOZOTOWN

まるで大人モノのようなセットアップ。パンツは今季トレンドのワイドシルエットで、おしゃれながら動きやすさもばっちり。重ね着も楽しめるアイテムです。

娘用アイテム2アラエルクルーカーディガン

ZOZOTOWN

セットアップと同じ、ネイビーのカーディガンでワントーンコーディネートに。ベーシックな色ですが、ポケットがハートになっているので乙女ゴコロも満足。家庭で洗えるというのも高ポイントです。

娘用アイテム3フラップショルダーバッグ

ZOZOTOWN

ピンクのショルダーバッグは、女の子の秋冬ファッションのアクセントに最適なアイテム。子供でも扱いやすいフラップタイプで、ストラップ調整も自由自在。内側が水玉なのも喜びそう。

ブランド2:有名ブランドのコラボを狙え『チャオパニックティピー』

少しのこだわりと、肩肘はらないリラックス感を併せ持ったスタイルを提案するブランド。そのセンスで展開する老舗メーカーとのコラボアイテムも見逃せません。キッズウェアも大人顔負けで、特に男の子に似合うアイテムが充実しています。

■シーン:息子と外で遊ぼう! 秋の行楽スタイル
「『パパ、遊ぼうよ?!』と元気ありあまる息子を連れて、今日はちょっと広めの公園へ遠征。寒そうだからアウターは必要だけど、あいつはきっと脱いじゃうだろうな」

パパ用アイテム1『ダントン』×『チャオパニックティピー』ウールモッサフーデッドコート

ZOZOTOWN

フランスのワークウェアブランド『ダントン』とのコラボアイテム。ワークウェアらしい実直さと、フランスならではの洗練さを兼ね備えたデザインで、長く愛せる一着です。

パパ用アイテム2ミラノリブパネルボーダーニット

ZOZOTOWN

程良い温かさとフィット感が特徴のミラノリブのニット。ピッチを変えたボーダーは、1枚で着てもサマになるので、持っていて損はないアイテム。紺のアウターに合わせて同色をセレクト。

パパ用アイテム3『ピーピーピー』コラボOREGON ストレッチジョガーパンツ

ZOZOTOWN

30代の男性を最もカッコよく見せるといわれる『ピーピーピー』とのコラボパンツ。ポケットの位置や前後のシルエットを調整することで脚を長く見せてくれます。

パパ用アイテム4『コロンビア』24Lバックパック

アイテム詳細を見る

コンパクトサイズのパックパックは子供と出かける休日にぴったりのサイズ。にじんだような迷彩柄が、周りの人との差を付けてくれます。「パパはここだよ」と目印にもなりそう。

息子用アイテム1『コロンビア』キッズフリースベスト

ZOZOTOWN

パパのバッグと同じ『コロンビア』のフリースベストは、暑がりな子供のアウター代わりにちょうど良いアイテム。迷彩柄をチョイスして、パパとリンクさせたのがポイント。

息子用アイテム2ボーダーボートネックTシャツ

ZOZOTOWN

ボートネックのボーダーシャツは、キッズにやさしいコットンストレッチ生地を採用。裾口にもスリットがあり、ストレスフリーな着心地です。スリット内側のアクセントカラーがかわいい。

息子用アイテム3ドリームストレッチリブパンツ

ZOZOTOWN

パパのコーデと色の上下を反転させるため、ボトムスはネイビーをチョイス。高ストレッチで動きやすさ抜群なのはもちろん、ロールアップももたつかない細めの裾幅がさすがです。

ブランド3:フレンチカジュアルなら『アニエスベー』

エスプリのあふれるファッションを届けるフランスのブランド。ボーダーなど多くの名作定番や、トレンドを独自の解釈で取り入れたアイテムには長年のファンも多く、近年また人気が高まっています。ベビー&キッズも着せるだけでどこか外国人っぽくこなれて見えるのがうれしい。

■シーン:おしゃれをしてお姉ちゃんの発表会へ
「今日は長女のバレエ発表会。きらびやかな衣装で踊るお姉ちゃんを応援しに、男たちもおしゃれをして会場へ。正装気味だからか、いつもは落ち着かない息子もおとなしくしているのが面白い」

パパ用アイテム1ジャージー素材テーラードジャケット

ZOZOTOWN

ジャージー素材のノッチドカラーテーラードジャケット。伸縮性があり、着心地は楽ながらシルエットが美しいので、カジュアルはもちろんビジネスシーンでも使える一着。

パパ用アイテム2ジャージー素材フルレングスパンツ

ZOZOTOWN

ジャケットと同素材のパンツでセットアップスタイルに。もも回りには程良いゆとりを持たせつつ、膝下がすっきりとした美シルエットです。表情のある素材感もすてき。

パパ用アイテム3リバティプリントシャツ

ZOZOTOWN

発表会というシーンに合わせ、思いきって花柄のシャツをチョイス。華やかさと上品さを併せ持つリバティ柄なら、花柄ビギナーでもおしゃれにまとまります。

息子用アイテム1ネクタイプリントカットソー

ZOZOTOWN

着心地の良いカットソーに水玉のネクタイ柄をプリントした一枚。正装は難しい男の子でも、これなら簡単におしゃまボーイになっちゃいます。ネクタイの先に入ったさり気ない「b」のロゴも◎。

息子用アイテム2ジャージー素材ハーフパンツ

ZOZOTOWN

横伸びが少なく、しっかりしたジャージー素材のハーフパンツ。スパッツ感覚ではけるので、普段使いにもガンガン行そうです。ポケットにレザール(とかげ)の刺しゅう付け。

息子用アイテム3サスペンダー

ZOZOTOWN

サスペンダーは、付けるだけでなぜか正装感が増すアイテム。もちろん大きめサイズのパンツのずり落ち防止にも役立ちます。『アニエスベー』らしく、バックに付けいた星マークがおしゃれ。

ブランド4:親子でデニムマスターを目指すなら『リー』

1889年創業の老舗デニムブランド。現在もカウボーイをはじめとするワークウェアを原点としながら、機能性と質実剛健をベースに現代的なデニムを提案しています。近年はキッズアイテムも充実し、ファミリーブランドとしての認知も高まっています。

■シーン:パパと娘のリンクコーデでフォトスポットへ
「ファッションSNSにハマっている我が家。テーマを決めたリンクコーデを作ってから、それに合う行き先を決めるなんてことも日常茶飯事。今日はどんなハッシュタグを付けようかな」

パパ用アイテム1コーデュロイボアジャケット

ZOZOTOWN

『リー』の定番型ジャケットも、今季はコーデュロイで取り入れるのが吉。薄いグレーに白ボアの組み合わせは、落ち着いた印象を与えてくれるのでFreeamericanidol世代にぴったり。

パパ用アイテム2ポケットロゴクルーネックTシャツ

ZOZOTOWN

ボアが暖かいので、インナーはカットソー。短すぎない丈感、ちょうど良いサイズ感が今年らしい一枚です。お馴染みのロゴもポケットにさり気なく配置しているのがニクいところ。

パパ用アイテム3テーパードブラックデニム

ZOZOTOWN

デニムは色落ちブラックのテーパードタイプをチョイス。やや深めの股上なので、トップスをインしてはいてもサマになりそう。

パパ用アイテム4ハリスツイード クラッチバッグ

ZOZOTOWN

コーディネートのスパイスに選んだのは、ハリスツイードのクラッチバッグ。おしゃれさはもちろん、素材で季節感を出せるのでSNSでもアピールしやすそうです。男女兼用。

娘用アイテム1オーバーオール デニムスカート

ZOZOTOWN

娘は『リー』定番のデニムのオーバーオールスカートをチョイス。台形型に広がるスカートがとってもキュート。カラータイツと合わせておしゃれに着こなしてみては。

娘用アイテム2ポケットロングTシャツ

ZOZOTOWN

パパとのリンクを考えてロンTはグレーに。ベーシックな形ながらポケットが付けいていることで1枚でも着てもサマになります。冬場のインナーとしても大活躍間違いなし。

娘用アイテム3ライダースジャケット

ZOZOTOWN

アウターは白のデニムライダース。暗くなりがちな冬ファッションの中に明るい色を投入することで、SNSでのお目立ち度も抜群! 春先まで使えてお財布にもやさしい。

娘用アイテム4イヤーマフ

ZOZOTOWN

コーディネートの仕上げには、こんなキュートなイヤーマフをオン。かわいさいだけじゃなく、耳が冷えがちなキッズの防寒という、実用的な側面からもおすすめのアイテムです。

ブランド5:クールカジュアルなパパ娘に『アズールバイマウジー』

ジーンズを中心としたファッションはもとより、音楽やアートなどのカルチャーまでを提案するメンズ&レディースブランド。クールでスタイリッシュなアイテムは『マウジー』ファンだったママはもちろん、おしゃまなキッズにも支持されています。

■シーン:家族そろって音楽フェスティバルへ
「嫁と結婚する前からずっと行っていた音楽フェス。最近は娘も大きくなって、みんなで行けるのが楽しい。ファッショニスタが集まるから、娘もコーディネートに気合いが入る」

パパ用アイテム1ナイロンスタジアムジャンパー

ZOZOTOWN

ツヤ感のあるナイロンのスタジャンは、防寒&動きやすさも抜群のアイテム。ブラックベースなので、派手すぎす悪目立ちしないバランスもグッドです。

パパ用アイテム2ボックスロゴロングTシャツ

ZOZOTOWN

「TOKYO」のボックスロゴTは遊び心が感じられる一枚。肩とうしろの襟口に入った白のステッチがアクセントになっています。細めの袖で重ね着もしやすそう。

パパ用アイテム3ミックススラブ起毛イージーパンツ

ZOZOTOWN

子供もいるし、踊りたいし……ということで、ボトムスはイージーパンツをチョイス。ミックススラブの素材感なら、部屋着っぽくならずにおしゃれさが出ます。

パパ用アイテム4サングラス

ZOZOTOWN

サングラスはフェスのマストアイテム。屋外での紫外線はもちろん、屋内でもギラギラの照明から目を守ります。

娘用アイテム1ニットワンピース

ZOZOTOWN

ぱっと目を引くイエローのニットワンピースは、フェスで目立つこと間違いなしのアイテム。ニット素材なので動きやすさも申し分ありません。

娘用アイテム2ロングライダースジャケット

ZOZOTOWN

今季流行中のビッグシルエットを取り入れた、大人顔負けのクールなライダースジャケット。ツヤのある質感がパパのブルゾンともリンクして、一気におしゃれ度アップ!

娘用アイテム3ストーンウォッシュボーダーニット

ZOZOTOWN

コーディネートのアクセントにはボーダーキャップ。かわいさはもちろん、フェスで迷子にならないように目印としての役割も果たします。

娘用アイテム4コンチョリボンチョーカー

ZOZOTOWN

とっておきのおしゃれのためにママのアイテムを借りるのは、女の子の憧れ。レディースラインのリボンチョーカーなら、長さ調整が自由自在なのでキッズでも付けられます。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
ペア・お揃い
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

Freeamericanidol編集部

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮