どっちのコーデを目指す?CoolネイビーとWarmベージュ

都会的なネイビーとほっこりとした雰囲気のあるベージュ。イメージが異なるカラーですが、どちらも冬のコーディネートに欠かせません。ぜひ取り入れてみましょう。

桐田 政隆

2016.10.30

冬カラーでマストのネイビーとベージュ。どっちを選ぶ?

ネイビーはシーズンやトレンド、ドレスとカジュアルを問わずメンズコーデの基本のカラー。男の着こなしはネイビーとグレーと白の3色、これがあれば成り立ちます。冬はとくに、ダークトーンを必ず入れておくことを意識すべきでしょう。クールな印象を狙うのもありですが、寒そうに見えるのはいただけません。

また、ウォーム感のあるベージュも冬の定番カラーです。今季はベージュやキャメルなどの暖かみのあるブラウン系カラーがトレンドにもなっているのでぜひ取り入れてみましょう。またどっちかで統一するのもいいですが、ともに相性がいいので、併用するのもおすすめです。

洗練されたスタイリングを目指すならネイビー

ネイビーは紳士的でスマート、洗練された印象がある色みです。またブラックと違って柔らかみがあるのもポイント。ネイビーをメインにした着こなしならおのずと、スマートな雰囲気が漂うはず。

ロープ染色のインディゴ糸を使ったスウェットとデニムによるネイビートーンコーデ。スウェットはラグランスリーブ、切りっぱなしの裾と袖でリラックス感もあります。

『ラングラー』のバンドカラーシャツを着用。第1、2ボタンのみを留めて、インナーのグレーTをのぞかせてレイヤード感を出しているのもおしゃれです。秋は薄めのインディゴでもありでしょう。

『セントジェームス』の定番カットソー、ウェッソンのソリッドタイプを着用しています。濃紺のネイビーがクールでスマート。海つながりだからか、帆布のキャンバストートとも親しみを感じさせます。

今季注目が高まっている変化球的なカーディガン。こちらはノーカラーのコート感覚でザクッと羽織れるロングシルエットです。羽織るだけでリラックス感とおしゃれな印象が増す、便利な一枚ですね。

シンプルでざっくりと存在感もある本場スコットランド製のシェトランドニットを着用。同系色のシャツをレイヤードしてチラっとのぞくのもおしゃれ。スマートなカーゴパンツも相性がいいですね。『エルエルビーン(L.L.ビーン)』のカタログに載ってそうな、カッコいいパパ的雰囲気!

チェスターらと並ぶクラシカルなコートのひとつ、ローデンコートを着用。表地はポリエステルにピーチ加工を施したマットな光沢、ショールカラーにはフラノを使っており、温かみのあるネイビーコートに仕上がっています。ベージュのスエードブーツとも相性よし。

こちらも温かみのあるネイビーアウターを使用。微起毛感とダイヤキルトによってウォーム感があります。全体的に温もりのある素材感ですが、ブラックのインナーでシャープな印象を演出している点も巧みです。

スマートなネイビーチェスターにインナーダウンを合わせ、クラシカルとモダンな印象を兼ね備えた着こなし。グレーのインナーダウンとパンツがネイビーと相性がよく、ポンプフューリーが都会的な軽快感を加速させています。とてもイマっぽい着こなし。

ネイビーのステンカラーにキャメルのコーデュロイ、スティールブルーの『ニューバランス』と、シンプルでもスタイリッシュな着こなし。色使い、素材感ともに隙なしの、大人の冬コーデといった感じです。

ジャケット、シャツ、パンツ、ブーツといずれもネイビートーンで統一したジャケパンスタイル。ネイビーペイズリーの柄シャツとスエードブーツがいいアクセントになっています。

温かみのあるスタイリングを目指すならベージュ

ベージュは男女、トレンド問わず冬の定番カラーです。温かみがあってマイルドな印象が秋冬にピッタリですからね。またベージュは白、キャメル、ブラウンまでトーンの幅を使いこなすと、よりおしゃれな印象が高まると思います。

白、ベージュ、キャメルのグラデ感がおしゃれな着こなし。足元は黒のローファーで引きしめ、大人らしさも演出しています。

コーチジャケットにベースボールキャップとストリートな着こなしですが、ベージュトーンでまとめて上品な印象もあります。また足元にブラックレザーのワンスターをチョイスして印象も引き締まって見えます。

ミリタリーデザインのスウェットパーカーにカーキのチノと、男らしさも感じられる着こなし。ちょっと垂らした赤のベルト、チェッカーフラッグのスリッポンもアクセントになっています。

オーバーオールが目を引く着こなし。オーバーオールはワークテイストですが、ベージュでマイルドな雰囲気。またストライプのバンドカラーシャツとレジメンタイのタイドアップでドレッシーな印象を加えるなど、足し引きが巧みなコーデだと思います。

今季人気のキャメルのセットアップを使ったシンプルなコーディネート。ウールのフラノ素材で温かみもバッチリです。ジャン・アンドレのメッセージTもシンプルなアクセントになっています。

西川ダウンのベストを着用。インナーに思いっきりクリーンなホワイトスウェット、ボトムスに味のあるデニムを合わせたコンビネーションのよさも巧みです。

キャメルのチェスターコートにクリーンなベージュのスウェットを合わせた、上品なコーディネート。個人的にはベージュのスウェットが、品がよくて好きです。これまた足元はブラックではなくブラウンてのも色みがなめらかに映ります。

ダッフルコート、オンブレチェックのパンツ、クロッグタイプのレザーサンダルをベージュトーンで統一。オンブレのパンツにブラウン系をチョイスしている点がうまいですよね。インナーとソックスを白で拾って、統一感と抜け感を備える点も技アリです。

最後にメンズコーデにネイビーとベージュが欠かせないことがよくわかる着こなしを。ネイビーブレザーにチノ、ローファー、ニットタイとアメトラの王道的スタイルです。足元までいずれもスマートなシルエットでモダンな洒落感もあります。ビジネスにも汎用性があり参考にすべき装いです。

KEYWORD関連キーワード
秋の着こなし・コーデ
冬の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

Freeamericanidol編集部

15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

平 格彦

マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

山崎 サトシ

春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

平 格彦

1枚でもサマになる。長袖ポロシャツが大人カジュアルに効く

ポロシャツと聞くと半袖をイメージする方も多いかもしれませんが、実は長袖も便利。定番の素材からテイスト別の着こなし方、おすすめのアイテムまでを一挙に解説します!

平 格彦

男の定番服。MA-1をおしゃれに着こなすための基本ルール

数あるミリタリージャケットの中でも人気のMA-1。とはいえ、誰もが持つ定番服のため、着こなしの差別化にはコツが必要です。センス良く装うためのルール、お届けします。

山崎 サトシ