おしゃれな大人の着回し参考集|秋の王道ボトムス編

メンズ定番のデニムパンツと、新定番として人気のスウェットパンツ。“秋の王道”ともいえるボトムスの着回しテクを4名のおしゃれニスタに学びます。

Freeamericanidol編集部

2016.10.22

王道ボトムス1:デニムパンツ

老若男女問わず、ボトムスの定番として根強い人気を誇るデニムパンツ。シルエットや色み、加工の有無など、バリエーション豊富なアイテムですが、意外と着回しに悩む方も多いのでは? テイストが異なるおしゃれニスタ4名の着こなしから、マンネリを打破するヒントを探りましょう。

▼ワタル氏は“淡い色み”でクリーンな大人カジュアルに

ライトブルーの色みに惚れ込み、ワタル氏が手にしたのは『ベイフロウ』のデニムパンツ。自身が好むネイビーをはじめ、トップスは濃い色みを選ぶことが多いそう。セレクトショップのアイテムを活用することが多いワタル氏の、トレンド感のあるコーデを披露してもらいました。

「ライトブルーのデニムパンツにもっとも合わせやすい」というネイビーコーデ。ベストを活用したレイヤードスタイルは、大人らしくも鮮度の高い着こなしです。

▽Item
デニムパンツ/『ベイフロウ』。9,600円位
ベストレイヤードサーマル/『フリークスストア』。6,000円位
スニーカー/『ニューバランス』。28,000円位

この秋注目のシングルライダースジャケットを使った、カジュアルな着こなし。「ワイルドになりすぎないようブラウンのインナーで落ち着いた雰囲気にしました」と、ワタル氏ならではの足し算と引き算も。

▽Item
デニムパンツ/『ベイフロウ』。9,600円位
シングルライダースジャケット/『モンキータイム』。45,000円位
ビッグTシャツ/『ベイフロウ』。9,600円位
スニーカー/『ニューバランス』。28,000円位

ロング丈のインナーで旬の表情にメイク。デニムパンツのすそをロールアップして足首をのぞかせることで、抜け感をプラスしています。トップスからシューズまでの色みのグラデーションも見事。

▽Item
デニムパンツ/『ベイフロウ』。9,600円位
MA-1/『アメリカンラグシー』。25,000円位
デニムパンツ/『ベイフロウ』。9,600円位
スニーカー/『アディダス オリジナルス』。16,000円位

▼yuuma氏は“風合い”を生かしたデニムコーデを披露

「絶妙な太さと色合いが気に入っています」と、yuuma氏が定番ボトムスとして選んだのは『アーバンリサーチ サニーレーベル』の一本。約5ヵ月の愛用歴ながらも、着こなしに困った時の頼れる相棒として活用しているようです。そんな同氏は、デニムの風合いを活用した“こなれ感”のあるスタイリングを披露。要所に散りばめられたテクニックは必見です。

さまざまなテイストのアイテムをたくみ組み合わせるのは、yuuma氏が得意とするところ。色みをネイビーで統一しつつ、ボーダー柄によってダークトーンならではの重さを抑えるテクが◎。

▽Item
デニムパンツ/『アーバンリサーチ サニーレーベル』。13,000円位
ダウンベスト/『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』。25,000円位
ロングTシャツ/『ナノ・ユニバース』。4,300円位
デニムベースボールキャップ/『レイライン』。5,400円位

カジュアルなスタイリングながらも、ベレー帽を加えて上品に。定番ボトムスの色みで重くなりがちな黒スウェットのコーデをカジュアルに見せているのも計算。ストリート感と大人らしさをミックスさせた着こなしです。

▽Item
デニムパンツ/『アーバンリサーチ サニーレーベル』。13,000円位
スウェット/『レイライン』。6,500円位
チェックシャツ/『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』。15,000円位
ネックレス/『モンキータイム』。4,800円位

鮮やかなグリーンのニットと、デニム・オン・デニムの色みをマッチさせた季節感のある着こなし。ビッグサイズのデニムコートというセレクトにyuuma氏らしさをのぞかせます。

▽Item
デニムパンツ/『アーバンリサーチ サニーレーベル』。13,000円位
デニムチェスターコート/『グリーンレーベル』。19,500円位
ニット/『ユニクロ』。2,000円位
シューズ/『ニューバランス』。25,000円位

▼定番を“らしく”着こなすケント氏のデニムスタイル

『フリーマンズ スポーティング クラブ』を愛用中のケント氏。「『リゾルト』の林 芳亨氏がディレクションを手がけたジャパンメイドデニムということで購入しました」と、セレクトの理由をコメント。定番だからこそ悩ましいデニムを自分の色に染め上げるテク、さっそく見ていきましょう。

ケント氏らしさを感じさせるワークスタイル。小物で取り入れた赤の色みと、濃紺のデニムパンツとのメリハリがセンスの良さをのぞかせます。ストライプシャツ×デニムパンツという相性の良いアイテム使いは、ぜひ参考に。

▽Item
デニムパンツ/『フリーマンズ スポーティング クラブ』。19,440円位
ベスト/『ウェストトゥワイス』。25,920円位
ストライプシャツ/友人の手作り
ネクタイ/『ギャップ』。4,000円位
フィッシャーマンキャップ/『マイティシャイン』。7,560円位
ショルダーバッグ/USED。4,500円位
シューズ/『ビームス』。9,720円位

「自分のコーディネートのなかでは、かなりシンプルでラフなスタイルにまとめました」とコメント。“休日スタイル”と称しながらも、ニットベストやキャスケット、革靴などの大人らしいアイテムを織り交ぜることで、デニムパンツを上品なイメージへとシフトさせています。

▽Item
デニムパンツ/『フリーマンズ スポーティング クラブ』。19,440円位
ニットベスト/『ハバーサック』。20,000円位
ヘンリーネックシャツ/『ブリッラ ペル イルグースト』。8,000円位
キャスケット/『インダストリアルデザイン』。14,000円位
革靴/『パラブーツ』×『ビームス』。28,620円位

「青をメインに赤、白を入れたトリコロールカラーで品良くまとめました」とはケント氏。テーラードジャケットを使ったコーディネートながらも、配色や素材感で“キメ過ぎ”をいなしたテクニックに同氏らしさが表れています。

▽Item
デニムパンツ/『フリーマンズ スポーティング クラブ』。19,440円位
チェック柄シャツ/USED。1,500円位
ベレー帽/『カシラ』。6,000円位
ベルト/『ロンサム』。18,000円位
ホワイトスニーカー/『ムーンスター』。8,500円位

▼N i s s y 氏は“黒”を基調にデニムパンツを大人カジュアルにシフト

「ダメージ加工のデニムは意外と着回しやすいのでおすすめ」と、『ユニクロ』のデニムパンツをレコメンド。黒を基調にした、N i s s y 氏らしいコーディネートをチェックしていきましょう。

プロバスケットボール選手として活躍するN i s s y 氏は、ジャージとの組み合わせを披露。デニムパンツのダメージ加工がこなれたムードを演出しています。

▽Item
デニムパンツ/『ユニクロ』。3,900円位
ジャージ/USEDの『アディダス』。1,500円位
キャップ/『ナイキ』。3,000円位
スニーカー/『アディダス』。アウトレットで3,000円位

ネイビー系のアイテムでワントーンのスタイリングを構築。「安定のスニーカーで差し色です」と笑いつつも、N i s s y 氏らしいアクセント使いでデニムスタイルをアレンジしています。

▽Item
デニムパンツ/『ユニクロ』。3,900円位
シャツワンピ/『ユニクロ』。1,900円位
ロングTシャツ/『レイジブルー』。1,500円位
スニーカー/『アディダス』。アウトレットで3,000円位

シンプルながらもサイジングと配色で“らしさ”を主張。ダメージ加工が施されたデニムパンツですが、すその丈を調整することできれいめな着こなしに。

▽Item
デニムパンツ/『ユニクロ』。3,900円位
ジャケット/『ユニクロ』。5,900円位
ロングTシャツ/『レイジブルー』。1,500円位
スニーカー/『コンバース』。4,000円位

王道ボトムス2:スウェットパンツ

ここ数年でメンズボトムスの定番となったスウェットパンツ。着こなしのポイントは、やはりラフに偏りすぎないようにすること。サイジングはもちろん、ほかのアイテムとの組み合わせ方がキモになるようです。さっそく、おしゃれニスタが実践する“街着としての活用術”を一挙公開!

▼“きれいめ”を取り入れてスウェットコーデをワタル氏らしく

『チャンピオン』と『ナノ・ユニバース』のスウェットパンツは、デザインと色みでセレクトしたもの。そんな一本を使ったコーデは、「“パジャマ感”を出さない」ことを重視。「きれいめな要素を取り入れたり、スポーティーな着こなしをしたりと工夫しています」と語るコーデを、さっそく見ていきましょう。

テイストが異なるトップスとボトムスでメリハリを表現。ドレッシーな印象のテーラードジャケットながらも、ポンチ素材のためカジュアルなアイテムとの相性は抜群。白スニーカーでカジュアルながらもきれいめに仕上げるテクも、センスアップの参考に。

▽Item
スウェットパンツ/『チャンピオン』×『ナノ・ユバース』。8,500円位
ポンチカットテーラードジャケット/『ジャーナルスタンダード レリューム』。10,000円位
カットオフスウェット/『チャンピオン』。8,000円位
スニーカー/『アディダス オリジナルス』。16,000円位

「キング・オブ・スポーティースタイル」と語るコーデにも、ワタル氏らしさをのぞかせます。ネイビー×グレーの色みやシルエットで、きれいめなテイストを加味した着こなしに。

▽Item
スウェットパンツ/『チャンピオン』×『ナノ・ユバース』。8,500円位
マウンテンパーカー/『パタゴニア』。35,000円位
カットオフスウェット/『チャンピオン』。8,000円位
スニーカー/『コンバース』。5,700円位

スウェットパンツとジージャンは好相性なスタイリング。「インナーもネイビーをセレクトし、すっきりとした印象に仕上げました」とはワタル氏ならでは。

▽Item
スウェットパンツ/『チャンピオン』×『ナノ・ユバース』。8,500円位
ジージャン/『ナンバーナイン デニム』。15,000円位
ジオメトリック切り替えクルーネックTシャツ/『エディフィス』。8,600円位
スニーカー/『コンバース』。5,700円位

▼yuuma氏は“リラックス感”のあるスウェットで今季的な着こなしに

「動きやすさとラフにはけるのが、スウェットパンツの魅力」と、『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』を愛用中のyuuma氏。カジュアル×ストリートを得意とする同氏は、スウェットパンツという“らしい”アイテムをどのようにアレンジするのでしょうか?

スウェットパンツと好相性なコーチジャケットは、今季注目のアイテム。ラフなムードを前面に押し出しつつもシャツの柄でデザインを取り入れ、さり気なく個性を主張。大きめのショルダーバッグでアクセントをつけているのもポイントです。

▽Item
スウェットパンツ/『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』。9,000円位
コーチジャケット/『レイライン』。10,000円位
ギンガムチェックシャツ/『ライトオン』。6,000円位
ニット帽/『レイライン』。4,000円位
ショルダーバッグ/『マンハッタンポーテージ』。15,000円位
シューズ/『ナイキ』。8,600円位

ジージャンとスウェットパンツというカジュアルな着こなしを、ハットと白シャツでドレスアップ。テイストが異なるアイテムの組み合わせで、ラフながらも品を感じさせるスタイルに。

▽Item
スウェットパンツ/『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』。9,000円位
ジージャン/『ユニクロ』。4,000円位
シャツ/『ナノ・ユニバース』。6,990円位
ロングTシャツ/『ナノ・ユニバース』。4,000円位
ハット/『グリーンレーベル』。6,300円位
シューズ/『GU』。1,000円位

MA-1とスウェットパンツでストリートなムードを演出。「王道の組み合わせだからこそ、気をつけたのはサイジング」と、大人らしいカジュアルコーデのヒントを解説してくれました。また、モノトーンの配色も落ち着いた雰囲気をプラスする好材料に。

▽Item
スウェットパンツ/『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』。9,000円位
MA-1/『モンキータイム』。20,000円位
ジップアップパーカー/『レイライン』。6,480円位
ロングTシャツ/『ナノ・ユニバース』。4,000円位
シューズ/『ナイキ』。8,600円位

▼ケント氏は“トップス&小物”でスウェットパンツを品良くスタイリング

ケント氏は、部屋着として着用しているという『GU』のスウェットパンツをセレクト。“街着”として、ラフな印象に偏りすぎないことを意識したという着こなしをチェックしていきましょう。

シャツをはじめベストやスウェットパンツなど、テイストが異なるアイテムを統一感のある着こなしとして成立させたケント氏。「色みを統一することで、ミリタリースタイルに近づけました」と、互いの色みを拾わせる好例を披露してくれました。

▽Item
スウェットパンツ/『GU』。1,000円位
ベスト/『サンカ』。25,000円位
ギンガムチェックシャツ/『ハバーサック』。20,000円位
ベレー帽/『マーカウェア』。9,000円位
革靴/『そのみつ』。72,000円位

「スウェットパンツを取り入れつつ、ワークスタイルに寄せてみました」とスウェットパンツのアレンジを解説。アクセサリー性が高い懐中時計も、スタイリングのポイントに。

▽Item
スウェットパンツ/『GU』。1,000円位
カバーオール/『ジャーナルスタンダード ホームステッド』。32,400円位
デニムキャスケット/『ニューヨークハット』。5,400円位
懐中時計/『ネジコミュ』。36,000円位
シューズ/『ダナー』。5,000円位

Tシャツとスウェットパンツという“部屋着”アイテムを、街着としてメイク。ハットやスカーフなどの上品なアイテムを取り入れつつ、カーディガンを羽織ることで都会的なコーディネートに仕上げています。

▽Item
スウェットパンツ/『GU』。1,000円位
カーディガン/USED。2,000円位
Tシャツ/『ユニクロ』。1,000円位
ハット/『ボルサリーノ』。41,000円位
スカーフ/『ミロック』。6,000円位
ブラックスニーカー/『ケッズ』。4,500円位

▼スウェットパンツの“持ち味”を生かすN i s s y 氏の着回し術

デニムジャケットをはじめとする定番アイテムと、『ユニクロ』のスウェットパンツを合わせるN i s s y 氏。シルエットの良さと動きやすさにハマったというスウェットパンツの“ラフなイメージ”を生かしたスタイリングを紹介します。

スウェットパンツと好相性なデニムジャケットに、キャップやスニーカー、Tシャツで“らしさ”を発揮。各アイテムのシルエットにこだわることで、だらしなく見せないよう着こなしています。

▽Item
スウェットパンツ/『ユニクロ』。2,900円位
ジージャン/USED。1,500円位
Tシャツ/『ユニクロ』。590円位
スニーカー/『アディダス』。アウトレットで3,000円位

着こなしのアクセントとなるよう、チェック柄のアウターで味付けしたスウェットコーデ。「インナーの色みをアウターと合わせることで、落ち着いたイメージも加えました」。

▽Item
スウェットパンツ/『ユニクロ』。2,900円位
ウールジャケット/USED。1,500円位
シャツ/USED。1,200円位
ニット帽/USED。1,900円位
スニーカー/『アディダス』。アウトレットで4,000円位

スウェットパンツのカジュアルな印象に、リラックス感のあるロングコートがマッチ。インナーのシャツやモノトーンの配色で、“きちんと感”も演出しています。

▽Item
スウェットパンツ/『ユニクロ』。2,900円位
ロングコート/『ユニクロ』。5,900円位
シャツ/USED。1,200円位
ニット帽/USED。1,900円位
スニーカー/『コンバース』。4,900円位

ワタル氏のWEARはこちら

■年齢/30歳
■職業/会社員
■家族構成/独身
■趣味/野球、ロードバイク
■出没エリア/三宮、梅田
■WEARフォロワー/54,378(2016/10/21現在)

yuuma氏のWEARはこちら

■職業/デザイナー
■家族構成/独身
■出没エリア/新宿、渋谷、原宿、町田
■WEARフォロワー/23,922(2016/10/21現在)

ケント氏のWEARはこちら

■年齢/34歳
■職業/帽子職人(デザイナー)
■家族構成/独身
■趣味/映画館での映画鑑賞。映画情報収集(SF、アメコミ、ファンタジー系) 
■出没エリア/代官山、恵比寿、渋谷、表参道
■WEARフォロワー/9,955(2016/10/21現在)

N i s s y 氏のWEARはこちら

■年齢/28歳
■職業/プロバスケットボールプレイヤー
■家族構成/妻子あり
■趣味/一眼レフカメラ、漫画
■出没エリア/東京、神奈川
■WEARフォロワー/9,292(2016/10/21現在)

KEYWORD関連キーワード
おしゃれニスタ
秋の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事