スーツに好相性。ビジネスで着たいコート30選

ビジネスシーンで着用するコートにフィーチャー。ビジネス向けコートの選び方のポイントから、カテゴリー別おすすめのモデルまでを徹底的にご紹介。

大中 志摩

2018.10.13

冬のビジネスコーデは、スーツとコートの相性で決まる

スーツ姿でより大人っぽさを演出するためにも、肌寒い時期のコート選びは重要なポイントの1つ。コートのデザイン性はもちろんだが、スーツとの相性も考慮したアイテム選びをしないとバランスの悪いスタイリングになる危険性も。オフの日に活用しているコートを何も考えずに取り入れたりなんかした日には、ちぐはぐとしたまとまりのない着こなしとなってしまう。ここではそんなコート選びのコツを紹介しよう。

スーツに似合うコートの選び方のポイントは、3つ

まずは、コートを選ぶ際に注目すべきポイントをおさらい。注目すべきはデザイン性・カラー・着丈の長さ。この3点さえ抑えておけば、大人っぽい着こなしが期待できる。

ポイント1無駄を省いたシンプルなデザインが基本

普段着に合わせるコートであればデザインに凝りたいところだが、ビジネスシーンで着用するコートがデザインに凝ったチョイスだと逆効果に。大人っぽくかつ上品に見せるためにもビジネスシーンで使用するコートはシンプルなデザインを選ぶように心がけたい。形状はステンカラーコートやトレンチコート、ピーコートなどの定番型が狙い目だ。

ポイント2落ち着いたカラーが安心

ビジネスシーンで着用するものなのでスーツに合わせる意味でも黒やネイビー、グレーなどのベーシックな色を選ぶのがベスト。そういったベーシックなカラーは見た目にも落ち着いた印象があるので大人っぽさを助長することが可能。また、色みがダークトーンに近づくにつれてかっちり感は強くなる。

ポイント3着丈はひざよりも少し上

海外の映画などで、ひざ下まで大きく覆うトレンチコートを着こなした姿に憧れを抱いたことがある人も多いのでは。しかし、シルエットに配慮しないと丈が長いぶん重たい印象に見えてしまう。そこでおすすめしたいのがひざよりも少し上の着丈に設定されたミドル丈のコート。細身のスーツとマッチするだけでなく、足のラインがきれいに見えてすっきりとした着こなしが楽しめる。

スーツとの相性抜群なコート30選

カテゴリー別にスーツと相性抜群のコートをレコメンド。選ぶ際は上記3つのポイントを意識しつつ、自分にぴったりの1着を選び抜きたい。

▼パート1:背景のある、定番と言えるブランドを選ぶなら

まずビジネス向けのコートを選ぶ際に思い浮かぶ定番ブランドを紹介。どれも間違いないアイテムばかりなので、ブランド選びで失敗したくないという人はチェックを。

アイテム1『ラルディーニ』リバーシブル チェスター コート

非常にしなやかなウールとナイロンの混紡生地を使用し、肩周りに少しゆとりを持たせることでスーツやジャケットの上から羽織ったときの着やすさを向上させた。ダークトーンで表現したグレンチェック柄が上品。首元にはフラワーモチーフ付き。

アイテム2『シーラップ』×『ビームス』別注 メルトン シングルピーコート

ショート丈だとややカジュアルな印象のピーコートも、長めの丈感に設定すれば途端にクラシックなムードに。目を引くヴィンテージ調のメタルボタンは『ビームス』独自に指定。肌触りの良いメルトン生地で使用で、アウター専業ブランド『シーラップ』と『ビームス』ならではのこだわりを感じさせる一着。

アイテム3『トラディショナルウェザーウェア』キングスウェイ

『トラディショナルウェザーウェア』が定番として展開するステンカラーコート「キングスウェイ」をキルティング仕立てに。やや長めの着丈となかにスーツを着込んでも着ぶくれしないゆとりのある身幅が特徴的だが、光沢あるポリエステル素材によりあくまで品のあるルックスに仕上がっている。撥水加工も施され、機能性も申し分ない。

アイテム4『ヘルノ』インナーダウンチェスターコート

毎シーズン高い人気を博すインナーダウン付きチェスターコート。前身頃のダウンはジッパーで取り外しできるのでさまざまなスタイリングが楽しめる。ダウンのボリュームを抑えながらもスリムなシルエットと高い保温性を両立させた。表地はウールとナイロン素材を使用しており耐久性も高い。

アイテム5『バブアー』ビデイル

『バブアー』の定番スタイルに現代的な要素を加えたスリムシリーズのフィールドコート、ビデイル。スリムシリーズらしい細身のシルエットは現代的なスタイルにも見事にマッチする。普段着だけでなくトラッドな雰囲気のスーツスタイルにも相性抜群のアイテムだ。

アイテム6『バブアー』×『ビームス プラス』別注シングルブレステッドコート

1930年から1981年に至るまで展開されていた『バブアー』のアーカイブから、今回『ビームス プラス』別注という形でロング丈のレインコートを復刻。左右のフラップポケットと襟のコーデュロイ素材をアクセントとする同モデルは、フロントを比翼仕立てにすることであくまですっきりとした表情に仕上げている。

アイテム7『タリアトーレ』CHARLIE ロングピーコート

『タリアトーレ』というブランド名はイタリア語で裁断士を意味しており、卓越したカッティング技術を持ったブランドだ。こちらはIラインのシルエットに少し長めのレングスが大人っぽさを感じさせるピーコート。ウエストを絞った細身シルエットながら、ストレスを感じさせない着心地はさすがのひと言。

アイテム8『ハリス ワーフ ロンドン』ラグランコート

肉感がありながら軽さと保温性に優れた光沢のある、滑らかな圧縮ウールを使用したラグランコート。高級感あふれる水牛ボタンに加え、日本人の体型にもフィットするエレガントで美しいシルエットが魅力的だ。ラグランスリーブで腕回りの動きやすさも抜群。

アイテム9『ダントン』ウールモッサ シングルコート

軽さと保温性を兼ね備えた、ウールモッサ素材を使用したブランド定番のステンカラーコート。ふんわりとしたAラインシルエットと大ぶりなパッチポケットにより、オフの着こなしにおいても羽織るだけでスタイルを作ってくれる使い勝手の良い1着に仕上がっている。

アイテム10『マッキントッシュフィロソフィー』コットンボンディング ステンカラーコート

『マッキントッシュフィロソフィー』の顔ともいえるステンカラーロングコート「ウェリントン」。英国らしいオーセンティックなAラインシルエットに、チンウォーマーや袖タブを排したシンプルなデザインがパターンの美しさを際立たせている。ボンディングクロスならではのハリ感と鮮やかな発色も見逃せないポイント。

アイテム11『ラベンハム』デンストン

『ラベンハム』を代表するアイテムであるキルティングジャケット。上品なデザインと、軽さ・温かさを兼ね備えており、オン・オフ問わず活躍してくれる。よりシャープですっきりとしたパターンと、スーツの裾が隠れるミドル丈仕様に。表地はカシミア混のヴァージンウールフランネルを使用している。

アイテム12『タトラス』リバーシブルステンカラーコート

コットンとナイロンそれぞれの質感を楽しめるリバーシブル仕様のステンカラーコート。トレンドのビッグシルエットを取り入れつつ、『タトラス』の得意とする上品な仕立てによりだらしなさは皆無。リラックス感のあるラグランスリーブや脇下のベンチレーションで快適な着心地も追求されている。

▼パート2:オン・オフ兼用で使えるコートを探すなら

ビジネスだけでなくオフスタイルでも使えるようなアイテムが欲しいという人は、インポートのカジュアルブランドだったり、セレクトショップのオリジナルだったり、トレンドや遊び心を巧みに取り入れた一品を探して欲しい。汎用性にも優れたアイテムをセレクトしてあるので、シーンを問わず愛用できるはずだ。

アイテム13『カルバン・クライン』ハイブリッドカシウール チェスターコート

中国に生息する希少な羊を原料として、ウール100%でありながらカシミヤのような光沢と風合いを表現したチェスターコート。構築的な肩周りのラインがかっちりとした印象を醸し、サイドにはデザインをじゃましない縦に切ったポケットを装着して実用性も高めている。

アイテム14『テアトラ』ディバイスコートパッカブル

ノマドワーカーのために開発されたハンズフリーシリーズ。身頃内部に内蔵したタブレットポケットやウォレットポケットに代表される複数のポケットが、驚くほど高い収納力を発揮するのが特徴。薄手のパッカブル仕様ながら、小松精練社の生地を使用することで吸熱発熱機能も完備。

アイテム15『アバハウス』メルトン バルカラー コート

ポリエステルとナイロンを混紡したメルトン素材は、程良くハリがありお手入れもしやすいのが売り。バルカラーコートとは元々バルマカーン地方で考案されたもので、ステンカラーコートの原型ともいわれている。だが、現代では主に襟の形状のことを言うことが多い。このコートも例にもれず、形状はバルカラーのステンカラーコート。深みのあるボルドーはコーデにさり気ないアクセントを添えてくれる。

アイテム16『シップス』スーパー140'S メルトン シングル ロング Pコート

素材に上質かつきめ細やかなスーパー140’Sクラスのウールを打ち込んだ、肉厚なメルトンを使用。ドレススタイルに一家言ある『シップス』らしく、ビジネスシーンにおいてまず間違いのない、品格あるルックスに仕上がっている。襟の立ちも良く、お気に入りのタイを占めた首回りもシックに彩ってくれるはずだ。背中から肩にかけてはキルティングにより中綿も封入しているので、保温性も抜群。

アイテム17『グリーンレーベル リラクシング』 シンダウン 撥水 ステンカラーコート

オン・オフと幅広いシーンで着回せる定番のステンカラーコート。シート状に加工したダウン”シンダウン”を採用し、薄手ながらも保温性に優れシート状に形成したので羽毛が吹き出しにくくなりました。生地裏面には撥水・透湿・防風芯地をボンディングで施し、春秋冬と活躍する一着。

アイテム18『ビームスライツ』ハリスツイードチェスターコート

ハリスツイードを使用したボディは軽く暖かみのある仕上がりで、肉厚な生地が立体感のある表情を演出してくれる。着丈が短く、やや細身のすっきりとしたシルエットはオン・オフ問わず幅広いスタイルにマッチするはずだ。襟裏は生地を切り替え、さり気ない変化をプラス。

アイテム19『ビューティ&ユース』リバーシブル バルカラー コート

トレンドのチェック柄と、使いやすい無地のリバーシブル仕様となっているステンカラーコート。それぞれでオン・オフを使い分けることが出来るので、着こなしの幅もグンと広がるはず。細すぎず太すぎない、裾に向かってゆったりと広がる微Aシルエットはスタイリングを問わずフォルムをきれいに見せてくれる。

アイテム20『ユナイテッドトウキョウ』Super110'sメルトンステンカラーコート

ウールをたっぷりと投入した二重織りのメランジ生地を、国内屈指の縫製工場で仕立てた『ユナイテッドトウキョウ』ならではの1枚。不自然な浮きやシワのない美しいシルエットはやや長めの丈感で、大人らしいムード満点。袖や上襟の裏など細部にまでこだわりが垣間見える。

アイテム21『フリークスストア』3way パーテックス ステンカラーコート

表地はパーテックスを使用したコットンとポリエステルの混合素材で、撥水性を持たせているので水や汚れにも強い。ダウンよりも軽量で耐久性があり、ぬれても保温性が下がらないプリマロフトのベストをライナーに採用。その優れた機能性で米軍の寒冷地用のウェアにも採用されている。

アイテム22『マルティニーク』ウールカシミヤチェスターコート

上質な素材で仕立てられており、適度な光沢感となめらかさを併せ持つ。オーソドックスなデザインながら、前立てをダブルにすることで今季らしさを盛り込んだ。シャープなシルエットだが、柔らかな素材を使用することで運動性を確保しているのでストレスなく愛用できるのもポイントだ。オンスタイルの格上げにも最適。

アイテム23『エイケイエム』ダブルチェスターコート

大人クラシコなダブルのチェスターコート。上質で肉厚なビーバー生地を使用しており、襟裏にはヘリンボーン柄ウールツィードを別布使いしアクセントを加えている。ボタンは 『エイケイエム』定番の本水牛穴釦を採用。フォーマルからビジネス、カジュアルまでこなす万能作だ。

アイテム24『ラブレス メンズ』ネルソンコート

海軍提督をイメージさせるロング丈のウールコートで、国内有数のコート工場で仕立てられたラグジュアリーな1着。上質なメルトン生地で有名なミリオール社の素材を使用することで優れた保温性を実現させた。洗練されたデザインでカジュアルからスーツスタイルまで幅広く対応する。

▼パート3:2万円以下のコスパで選ぶなら

アンダー2万円でゲットできるコスパの良さで選ぶならこの6ブランドで。リーズナブルな値段ながらも質にもこだわったもの作りを行っているブランドを厳選した。トレンド感のあるデザインが楽しめるので普段着としてもおすすめだ。

アイテム25『エディフィス』ベレストコットンステンカラーコート/18,360円(税込)

サラッとした肌触りのポリエステル素材を、しっかりと打ち込んで仕上げたツイル素材を使用。滑りの良いレーヨン混紡素材で裏地も配されているので、肌寒くなる季節の境目にはもってこいの1着となっている。やや短めの着丈もスタイリッシュ。

アイテム26『アーバンリサーチ サニーレーベル』4WAYステンカラーコート/9,720円(税込)

それ単体でもノーカラーブルゾンとして着用できる、リバーシブルライナーを搭載した、4WAYコート。ライナーにはひょうたん型のキルティングで中綿が封入されており、ニットを着込めば真冬でも対応できる保温性を有する。3シーズンにわたって堪能できる、コスパに優れた1着だ。

アイテム27『アダムエロぺ』ADELAIDE メリノウールステンカラーコート/19,440円(税込)

ミニマルデザインにこだわる『アダムエロぺ』らしく、最高級と評されるオールとラリアはアデレード地方の羊毛でシンプルに仕上げた。すっきりとしたシルエットだが、肩はラグラン仕様となっており厚手のインナーをなかに仕込んだ際も快適に過ごすことができる。

アイテム28『コーエン』ウールブレンドモッサステンカラーコート/7,776円(税込)

紡毛織物のなかでも、毛羽を少し長めに残して狩り取り毛を立てるようにふっくらと仕上げたのがモッサ生地。ふっくらとした質感で、空気を多く含むため、軽く温かいのが特徴だ。今作ではポリエステルとの混紡で、より軽快な素材感にメイク。オンからオフまで、幅広く使える優秀な1着だ。

アイテム29『レイジブルー』チェスターコート/6,426円(税込)

スーツ生地にも使われるカシミアのような美しい光沢感とソフトな肌触りが特徴のメリノウールを採用。肩幅や腕周りをやや細めに設定することですっきりとした印象に仕上げている。上質感のある雰囲気でフォーマルな着こなしにおすすめ。

アイテム30『レインズ』ロングレインコート/13,651円(税込)

デンマーク発のレインウェアブランド『レインズ』。こちらはレインコートであるものの美しいシルエットでシャープなスタイリングが楽しめる。優れた撥水性と着心地の良さは雨の日のスーツスタイルでもストレスを感じさせない。

KEYWORD関連キーワード
コート
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

Freeamericanidol編集部

エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

高品質ながらもエレガントな雰囲気を醸す『ヘルノ』のダウンは、すっきり着こなせると特に大人から支持されています。その魅力をこの冬狙うべきモデルとともにご紹介。

近間 恭子

人気ショップがこぞって指名! ユニバーサルオーバーオールの勢いが止まらない

アメリカの老舗ワークウェアブランド『ユニバーサルオーバーオール』の人気が急騰しています。その理由を解説しつつ、定番品・人気アイテム・別注モノを一挙に紹介します!

平 格彦

黒リュックのおすすめ20選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

リュックの色に迷ったら、黒をセレクトするのが正解。カジュアル、きれいめ、3WAYという3つのテーマからおすすめしたい黒リュックを厳選しました!

Freeamericanidol編集部

ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

Freeamericanidol編集部

秋冬ヘビロテ! ウールパンツの今っぽいコーディネート

寒い時期に頼りたいウールパンツ。その魅力をあらためてお伝えするとともに、今季らしい選び方&着こなし方、そして今手にしたいニューモデルをご紹介します。

山崎 サトシ