季節感抜群!コーデュロイ生地で秋冬コーデにシフト

メンズの秋冬カジュアルに欠かせないコーデュロイ素材。季節感があり、ナチュラルな大人のコーデに相性抜群のコーデュロイで、秋冬の着こなしにシフトしませんか?

Hiroshi Watanabe

2016.10.14

上品で温かみがある秋冬に欠かせない素材、コーデュロイの特徴と魅力

コーデュロイは日本語ではコール天と言い、綿素材を使用したパイル織りの一種。生地表面に出る毛羽(パイル)を縦方向に畝状に配しているのが特徴で、温かみのある表情と丈夫で保温性も高いことから、秋冬のシャツやパンツ、ジャケット等に使われています。

適度なボリュームがあり、上品で落ち着いた大人の雰囲気を持ったコーデュロイは、古くからメンズスタイルで取り入れられていますが、今シーズンはとくに多くのブランドからコーデュロイを使用したアイテムがリリースされています。

今季取り入れたいコーデュロイを使った4つのアイテムをチェック!

シンプルでナチュラルなコーデが主流となっているメンズのスタイルでは、コーデュロイを使ったアイテムが秋冬のコーデに必須となるのは間違いありません。コーデュロイを使ったアイテムの中でも、特に注目の4アイテムを紹介します。

アイテム1:長期間着用できてバリエーションも増えたコーデュロイシャツ

コーデュロイを使ったシャツは、秋口は1枚で着たり、Tシャツのなどアウターとして、寒くなる冬場はジャケットやニット、ブルゾンのインナーとして長い期間使える便利なアイテムです。これまでどちらかと言えば牧歌的なイメージの強かったコーデュロイシャツですが、今シーズンはカラーやシルエット、そして加工がシャープにアレンジされたものが増えて、より線の細い上品なコーデができるようになってきました。

季節感のあるコーデュロイを使用したウエスタンシャツは、秋口のトップスとして使いやすいアイテムです。前を開けてTシャツに羽織ってもいいですが、スリムなデニムとスニーカーにボタンを留めてシンプルに着るのも上品です。

ピッチが細く光沢感のあるラグジュアリーな雰囲気漂うコーデュロイシャツ。前を留めてダークカラーのジョガーパンツとローファーでシンプルに合わせるだけで、上品なカジュアルコーデに。コーデュロイの畝がコーデのアクセントになります。

デニムのような味のある風合いに仕上がった、硫化染め加工を施したコーデュロイシャツ。濃色のデニムパンツと合わせてスニーカーでシンプルに合わせれば、プレーンな秋口のコーデに。寒くなれば、このまま上にニットやジャケットを羽織れます。

細めのリブカーゴ+ホワイトTシャツのシンプルコーデに羽織った迷彩柄のコーデュロイシャツが程よいミリタリーテイストをプラスしています。大き過ぎないそれぞれのアイテムのサイズ感が絶妙で、野暮ったくなりがちなシャツを羽織るコーデをシャープに見せています。

ホワイトパンツにブルーのコーデュロイシャツというコーデにベージュのダウンベストを合わせて、爽やかな秋のコーデになっています。生地にボリュームのあるコーデュロイシャツは、ダウンベストと抜群の相性です。

アイテム2:ストレッチの効いたスリムなコーデュロイパンツ

コーデュロイのパンツというと一昔前の太くて野暮ったいパンツというイメージも根強いのですが、最新のコーデュロイパンツはストレッチ素材を使用して、スッキリと細身でありながらはき心地の緩いモデルが主流となっています。季節を感じさせる生地のボリューム感と上品さを持ちながら、デニムのような感覚で気軽にはけるコーデュロイのパンツは、この秋のコーデに必須のアイテムと言えるでしょう。裾にリブの付いたモデルにも注目です。

ストレッチの効いたコーデュロイのスキニーパンツ。温かみのある生地感をもちながらスッキリとしたシルエットはコーデュロイならではの表情です。ホワイトのロンTと、相性のいいダウンベストで軽快な初秋のコーデになっています。

細身でストレッチの効いたライトグレーのコーデュロイパンツは、白い綿パンを合わせる要領でシンプルに合わせます。ブルーやネイビー、ブラックなどのソリッドなカラーを合わせてもどことなく温かみを感じるのがコーデュロイの持ち味です。

細コールを使用したテーパードシルエットのコーデュロイパンツに、デニムと同様に洗いをかけ、ダメージ&リメイク加工、さらにペンキを散らしてヴィンテージ感をプラス。同系色でまとめることで、より一層味のある大人のコーデに。

秋冬のジョガーパンツの素材としてコーデュロイが大注目。ストレッチの効いたコーデュロイを使用することで、もたつきの無いスッキリと上品なテーパードシルエットになっています。スウェットシャツ+ダウンベストで大人のコーデになりました。

デニムと同様硫化染め加工を施して使い込んだような風合いを持ったコーデュロイのジョガーパンツ。抜群のストレッチ性と温かみのある表情は、ニットアイテムとの相性も抜群。ホワイトやブルーの爽やかなカラーリングも好印象です。

アイテム3:軽快に着こなしたいコーデュロイブルゾン

保温性に優れ、温かみのある表情をもったコーデュロイは、アウターの素材としてもよく使用されますが、今シーズンはコーデュロイを使ったショート丈のブルゾンも注目です。デニムのようなヴィンテージ加工を施した味のある表情や、ストレッチの効いた着心地良さが自慢のショート丈のモデルが多くのブランドから発表されています。ショート丈ならではの軽快なイメージのコーデもおすすめです。

生成り色のコーデュロイを使用した『ラングラー』のトラッカージャケットを、ブラックのワイドパンツとブラックのカットソーを合わせたモード風のコーデ。コーデュロイの畝が作り出す落ち着きのある上品な表情は、スタイルを問わず着回せます。

今年風のバンドカラーを採用したGジャンタイプのジャケット。ダブつきのないスッキリしたデザインも、ストレッチの効いたコーデュロイで快適な着心地。合わせるアイテムはシンプルなデザインを選び大人の雰囲気を。

デニムと同様に加工が施されてヴィンテージ感のある表情のブルゾンは、同系色のスリムなボトムを合わせてスッキリとシンプルに見せます。インナーに合わせたカットソーの大き過ぎず小さ過ぎずの絶妙なバランスもポイントです。

ボリュームのあるコーデュロイのボアジャケットは、シンプルなアイテムを合わせてシャープな見え方になるように合わせます。大きすぎないサイズ感や色数を絞ることで、野暮ったさのないスッキリとしたカジュアルコーデになっています。

ボアの部分をブラックとしたクールな表情のボアジャケット。ちょっと不良のエッセンスを感じさせるデザインを活かし、モノトーン基調でコーディネート。ハットやサングラスなどの小物も雰囲気作りに一役買っています。

アイテム4:きれいめコーデの本命。コーデュロイのテーラードジャケット

きれいめのコーデもメンズカジュアルの定番となっていますが、秋のきれいめスタイルをよりシックで上品に演出するならコーデュロイを使ったテーラードジャケットが本命です。
ボトムにデニムやコットンパンツを合わせた大人のカジュアルスタイルから同素材のボトムでセットアップとしたドレッシーなスーツスタイルまで、さまざまな見せ方ができてなおかつどれも品のある大人の雰囲気を作りだせるというのも、コーデュロイの大きな特徴です。

ワンウォッシュのコーデュロイを使用したテーラードジャケット。温かみのある表情はそのままに、サイドを絞ったシルエットが現代的。スリムなシルエットのボトムとボーダー柄のカットソーで今風のカジュアルコーデになっています。

オジサンっぽくなりがちなキャメルカラーのコーデュロイジャケットを、ダメージデニムとカットソーでシンプルに合わせ、上品なカジュアルコーデに仕上がっています。各アイテムの絶妙なサイズ感もポイントです。

ダークカラーのコーデュロイジャケットに柄の入ったトラウザース+タートルネックという、ちょっとノスタルジックな王道のきれいめコーデ。ちょっとした打ち合わせや食事会ならこのまま行ける正統派のカジュアルと言えます。

タイトなシルエットのコーデュロイジャケットに同素材のスリムなパンツのセットアップ。
インナーにはグレーのハイゲージニット、シューズはスリッポンを合わせて、肩肘の張らない抜けのあるこなれたカジュアルスタイルになっています。

同じセットアップでも、ワイドシルエットのボトムスならよりカジュアルなイメージを強調したコーデになります。インナーには編み地の見えるニットをザックリ合わせることで、より一層ラグジュアリーなムードを演出できます。

KEYWORD関連キーワード
コーデュロイパンツ
秋の着こなし・コーデ
冬の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

Freeamericanidol編集部

汎用性抜群。黒パンツが1本あると重宝する!

黒パンツはオールマイティ。ですが、何を選んでもOKという訳ではありません。大人なコーデに組み込みやすい黒パンツを厳選し、着こなし方からおすすめ品までご紹介します。

平 格彦

マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

編集カツラガワ

大きさも防寒性も怪物級。真冬にはモンスターパーカーがあればいい

多くのブランドが今季こぞってリリースしているモンスターパーカー。ビッグシルエットと圧倒的な保温力が特徴の同アイテムの魅力と、着こなし方を紹介します。

平 格彦

コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

冬のコーデを大人っぽく彩るなら、ウールコートに手を伸ばすのが近道。とくにここ数年のトレンドとして、着こなしが柔らかくなるベージュの注目度が高まっているんです。

Freeamericanidol編集部

人気ショップがこぞって指名! ユニバーサルオーバーオールの勢いが止まらない

アメリカの老舗ワークウェアブランド『ユニバーサルオーバーオール』の人気が急騰しています。その理由を解説しつつ、定番品・人気アイテム・別注モノを一挙に紹介します!

平 格彦