目指せおしゃれパパ!イクメン向けファッション講座

アラサーの“パパ編集者”が、おしゃれパパの肖像を一考。パパにおすすめの洋服やショップ、そして親子コーデまで、イクメンならではのファッションを楽しんでみませんか。

編集コヤマ

2016.09.29

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

おしゃれなパパ、してますか? イクメンこそ忘れちゃいけないファッションへの意識

のっけから世知辛い話なんですけど、パパになった途端におしゃれから遠ざかる人って多いですよね。お小遣い制になったから、忙しいから……理由はさまざま。たしかに平日に服のことを考えるお金と時間はないですし、土日は子供優先で予定を組むとなると、ファッショントレンドを追うのもひと苦労なのはよくわかります。

WEAR

一方で、おしゃれに気を使うことはやっぱり大事。子供のコーディネート1つ考えるにもファッションへの知識は必要だし、着こなしを意識しているとスタイルが保てますし、見た目への配慮は夫婦仲にも好影響にはたらきますから。イクメンこそ、ファッションへの意識を忘れるべからず。

じゃあ、おしゃれなパパはどんな服装を選べばいいのか……って考えたときに「パパ向けファッション」としてよく挙げられる例って、イクメンじゃなくてもいい年相応の着こなしばかりでしっくりこないんです。そうじゃない、もっと実用的なセレクトをしたおしゃれを楽しんでこそ、理想的なパパの肖像だと考えます。

これさえ意識しておけば問題なし! おしゃれなパパが選びたい服の定義3つ

ようやく本題に入ってきた感がありますが、おしゃれなパパにこそ選んでほしい服として推したいのは……、1.おしゃれだけど手の届きやすい価格帯のもの、2.機能性や使いやすさを意識しているもの、3.ベーシックで着回ししやすいものの3つ。限られた予算の中で着回ししやすいのを選ぶのは大前提ですから。

▼おしゃれなパパが選びたい服:アウター編

アウターは子供を抱っこしたときのことを想定して、機能性を重視して選ぶのが第一ポイント。またオン・オフで着回せるなど、フルに活用できるのもが経済的にもうれしいですよね。

平日はこれ!オフも意識した着回せるジャケットを選択(できればセットアップをチョイス)!

ZOZOTOWN

オフィスカジュアルが浸透してきている昨今、ジャケパンに用いるジャケットならカジュアルなアイテムのほうがサマになるので、オフだって使い回せます。携帯性とストレッチ性のあるパッカブルタイプを選ぶのがパパ目線。着こなし方は今が旬のセットアップで、トレンド感を演出してみて。

休日はこっち!リラックス感と機能性を意識したマウンパが使える!

ZOZOTOWN

まだ子供が抱っこをせがんでくるような年齢だとすると、つきものなのが肩や胸付近のヨダレです。しかも食後の抱っこはより厄介で、大好きなチョコのことすら憎くなるくらいに、なかなか手ごわいシミが増えてしまうもの。防水でタフなマウンテンパーカーは、それらの悩みを軽減してくれるはず。

▼おしゃれなパパが選びたい服:パンツ編

パンツ選びのポイントは、はき心地が必須条件。ストレッチが効いたものがおすすめですよ。それから意外と重要なのがポケット。たくさんついているとかなり便利で役立ちますよ。

平日はこれ!ベスト・オブ・オフィスカジュアルのパンツ

ZOZOTOWN

ジャケパンのお供であるチノパンは、ド定番ともいるベージュをセレクト。ものを選ぶ際、細身シルエットは外せない要件なんですけど、ストレッチ素材ならシルエットもはき心地も良く、ストレスなくコーディネートを楽しめるはず。急におんぶをすることになるかもしれないパパにとって、ストレッチ性は大事な観点。

休日はこっち!カジュアルパンツの代名詞は頼れるパパのパートナー

ZOZOTOWN

デニムを多く選ぶことの多い筆者がたまにお世話になるのがカーゴパンツ。理由はただ1つ、ポケットが多いから。財布・スマホ・カギに加え、細々した子供のおもちゃを持つこともあるわけで、そうなるとポケットの数は死活問題なんですよね(笑)。今っぽいリブ付きパンツを選べば、着こなしの旬度もアップするはず。

▼おしゃれなパパが選びたい服:シューズ編

シューズは脱ぎ履きが簡単なローファーやスリッポンでキマリ。子供をだっこしていても、ささっと履けるものが重宝すること間違いなし。

平日はこれ!さっと履けてサマになるのがローファーのいいところ

ZOZOTOWN

保育園に向かう際に子供を抱っこしたり、荷物を両手いっぱいに持っているときに何が大変かといえば、靴を履くことにほかなりません。しゃがんでひもを結ぶ行為なんてもってのほか。両手がふさがっていても履けて、しかもおしゃれ……パパが足元にローファーを選ぶのは理にかなっているんです。

休日はこっち!年中使えるスリッポンはコーデを考えなくてもしっくりくる優れもの

ZOZOTOWN

ママに頼まれて休日は買い出しに出かけることが多いパパにとって、靴は平日同様脱ぎ履きしやすいものがベター。夏はショーツに、冬は上記で紹介したカーゴパンツに合わせてもスリッポンはシルエットがきれいです。シンプルな分、デザインやラバーなどの防水加工も選ぶ際にチェックしておきたいところ。

財布にやさしいパパ向けセレクトショップ5選

ここまで紹介してきたパパ向けのおしゃれアイテムですが、結局のところママの許可がおりないとなかなか買えないのが現実です(涙)。コスパのいいブランドをかっこよく着てこそおしゃれなパパですから、まずはこのあたりのセレクトショップは完全網羅しておきましょう。

ブランド1 『ジャーナルスタンダード レリューム』

ZOZOTOWN

背伸びをしない「ちょうど良い」大人のファッションを提案するブランド……おしゃれでいたいパパにとって、これってもうドンズバなコンセプトだと思うんです。カジュアルなアイテムが多いですが、質の良い定番なアイテムが多くセレクトされています。

ブランド2『ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング』

ZOZOTOWN

子供服も多いので、家族で行きやすいお店の代表格がこちら。オリジナルが多く目につきますが、おしゃれでいて価格帯が抑えられたアイテム群は、カジュアル・フォーマル問わず我々の強い味方になってくれるはず。

ブランド3『チャオパニック』

ZOZOTOWN

ベーシックなアイテムが多く揃っていて、どれも使いやすいものばかり。それでいてセレクトしているブランドは高感度で、別注品も多く手掛けています。新宿店のリニューアルもあり、今度さらに楽しみなショップです。

ブランド4『グローバルワーク』

ZOZOTOWN

「着やすいファッションを買いやすい価格で」というテーマはまさにパパのためにあるようなもの。トレンドを意識した品揃えのため、ワードローブに一品増やす際にお世話になるはず。キッズサイズを買ってリンクコーデもしやすい。

ブランド5『アーバンリサーチ ドアーズ』

ZOZOTOWN

こちらもキッズアイテムがありますし、ショッピングモールへの出店が多いのでよく見かけるはず。「着る・食べる・住む」というライフスタイル提案をしてくれるので、家族揃ってチェックできるショップです。

パパだってリンクコーデを楽しんで! 参考にしたい親子コーデ5選

ママと子供のお揃いコーデのことだけを「リンクコーデ」なんて思ってませんか? いわゆるペアルックはパパと子供だってすべきなんです。だって、子供はパパのことが好きなんですから。それに、一緒になっておしゃれを楽しめば、感性だって磨けるはず。そう、ファッションは家族全員で楽しんで。

グッドサンプル1白Tとスニーカーをおしゃれにリンク!

WEAR

夏の定番である白Tは子供と一緒に、流行りの少しゆったりめをチョイス。キャップにハイソックス、スニーカーまでとことん合わせることで、一体感が出ますよね。運動会だからよりやる気マンマンなんだそうですが、これは子供も間違いなく喜びます。

グッドサンプル2デニムシャツとスウェットパンツをおしゃれにリンク!

WEAR

ニット帽とデニムシャツ、ボトムスにスウェットパンツを選ぶコーデは秋の定番コーデ。スウェットの良さはラフで動きやすいのにおしゃれなところですが、子供はゆったりめの服を喜ぶので、子供の承諾も得やすいはず(笑)。

グッドサンプル3パーカーとデニムをおしゃれにリンク!

WEAR

デニムとパーカーの組み合わせって子供はホントによく似合います。このグッドサンプルで注目したいのは、ニット帽もインナーのボーダーTもスニーカーだってリンクさせてる完成度の高さ。これにはきっと、ママも上機嫌ですね。

グッドサンプル4ジャケットとボーダーTをおしゃれにリンク!

WEAR

リンクコーデで取り入れやすいのはボーダースタイル。夏場だけでなく、色みさえ意識すれば通年使える鉄板コーデに。子供がジャケットを羽織って少しフォーマルに装ってる姿ってかわいいのにりりしくて、たまにチャレンジさせたくなるんですよね。

グッドサンプル5ロゴTと迷彩柄をおしゃれにリンク!

WEAR

『アディダス』かと思いきやオリジナルロゴのTシャツを着ている親子。インパクト大のロゴTこそ親子で着たいアイテム。迷彩柄のアイテムって正直使いにくい部分もあるんですけど、リンクコーデならなぜか堂々とできる気がします。

さいごに

主観盛りだくさんでお届けしてきましたが、参考になりましたか? このリンクコーデやりたい! とか息子にこの服買ってあげたい……なんて思いながら執筆しました。おしゃれなパパになるって口でいうのは簡単ですけど、努力も必要ですよね。ママを説得したりダイエットしたり……でもそれも子供の笑顔を作ったり家族が仲良くいられるために必要な努力だと思うんです。さあて、Freeamericanidolを読み直さなきゃ!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
イクメン
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

健康志向が高まり、ライフスタイルの一部としてジムに通う人が増えています。それに伴い、ジム用のウェアもどんどんおしゃれに。今どきのジムスタイル事情をお届けします。

近間 恭子