ワイドパンツ×好相性アウターで作る、秋冬コーデ集

大ブレイク中のワイドパンツですが、昨年まで細身パンツがシーンの主流だったこともあり、合わせ方がわからない人も多いはず。ここで詳しくレクチャーします!

山崎 サトシ

2016.10.07

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

流行のワイドパンツにはどのアウターを合わせる?

WEAR

定番の細身パンツだと合わせ方のセオリーを知っているものの、新顔のワイドパンツだとよくわからない、という人も少なくないと思います。ずばり結論から言ってしまえば、ワイドパンツともっとも合わせやすいのはショート丈アウター。上下でボリューム感にメリハリを出せるからです。応用編として、ミディアム丈&ロング丈アウターとの着こなしもできればよりグッド。この特集では、その両方にフォーカスしていきます。

Part.1:ワイドパンツ×ショート丈アウターが基本

旬なワイドパンツを使ってコーデを組む場合、鉄板となるのがショート丈アウター。ボリュームのあるワイドパンツに対して、ショート丈アウターはコンパクトなフォルムなので、上下に抑揚が付いてバランス良く仕上がるんです。

ショート丈アウター1ライダースジャケット

ZOZOTOWN

ショート丈アウターの代表格といえばライダースジャケット。リラックスしたイメージのあるワイドパンツに対して、武骨な雰囲気が色濃いのでコーデをリズミカルに仕上げられます。大人っぽくいくならシングル、ワイルドに攻めるならダブル型で。

WEAR

骨太なイメージのワイドシルエットチノとゴートレザー製の都会的なライダースジャケットの共演。インナーにチョイスしたボーダーTシャツが無地コーデに程良いリズム感を与えています。

WEAR

グレースラックスはワイドパンツながら極端に太すぎないのでビギナーにも最適。アウターにはバイカーテイストなダブルライダースをセレクトし、品良いパンツとのギャップ感を打ち出しました。

WEAR

ワイドデニムパンツ×シングルライダーズで男っぽいアメカジスタイルに舵取りした彼。シンプルなスタイルだからこそ、ジャケットのタイトな丈感とパンツのルーズさの対比が際立っています。

ショート丈アウター2デニムジャケット

ZOZOTOWN

ちょっとアクの強いワイドパンツですが、定番中の定番であるジージャンとなら違和感なくフィットしてくれます。ヌケ感を出すならヴィンテージ加工タイプ、きれいめに帰結させるならリジットタイプの一着をチョイスしましょう。

WEAR

ウールパンツにオックスフォードシャツというかっちり感のあるコンビなので、ジージャンはコーデの品格を損なわない濃紺カラーを選択。さりげなくインナーとブルーグラデーションにするあたりも上級者です。

WEAR

ベージュチノ×デニムジャケットのワーク感ある着こなしも、ジージャンがショート丈だとクリーンな表情。ローゲージットの投入によって秋っぽさもすきなく演出しています。ソックスはさりげにニットと色合わせ。

WEAR

品良さのあるワイドスラックスを、ヴィンテージ加工のジージャンでハズことに成功。インナーにはアースカラーカットソーを持ってきて、季節感も落とし込みました。重くなりすぎないよう足元はチラリと肌見せ。

ショート丈アウター3MA-1

ZOZOTOWN

数あるミリタリーアウターのなかでも特にワイドパンツと抜群のマッチングを見せてくれるMA-1。ゴチャつかないシンプルなアウターなので、ワイドパンツのクセの強さを中和してくれるんです。しかも、ミリタリーアイテムは今季トレンドでもあります。

WEAR

ブラウンのワイドパンツ&黒MA-1と、シックなカラーリングに徹してミリタリーコーデを都会的にブラッシュアップ。小物をアウターと同系色でまとめて一体感を出すテクニックにも注目を。

WEAR

デニムスラックスとMA-1はともにネイビー系カラーで一体感あり。中に差し込んだ込んだモックネックカットソーのボーダーでも色を拾っています。レザースリッポンで品行方正さにもアプローチ!

WEAR

クリーンなモノトーンのワイドパンツスタイルに、MA-1の肩掛けで男っぽいアクセントを付加。必要最小限のウェアでまとめた着こなしながら、スタイリッシュなムードに仕上がっています。

Part.2:ワイドパンツ×ロング丈アウターで差別化を狙う

周囲との差別化を狙うなら、ロング丈アウターとのマッチングで。ボリュームのあるコーデに仕上がりやすいので、いかに“もたついて見せないか”がこのスタイルにおいては重要なキーポイントとなってきます。

ロング丈アウター1ステンカラーコート

ZOZOTOWN

コート類のなかでももっともオーソドックスなステンカラータイプは、ロング丈アウター初心者の強い味方。プレーンなルックスゆえ、ワイドパンツコーデをスマートな雰囲気へと導いてくれます。上品にコーデを仕上げたいときには特に◎。

WEAR

ウールパンツ×ステンカラーでクラシックなテイストを描出。さらに、首元のスカーフがエレガンスなニュアンスもブレンドしました。靴&帽子に黒を用いることで印象を引き締めているのもお見事。

WEAR

ワイドパンツにステンカラーというボリューミーな組み合わせでもスマートに見えるのは、清潔感あるカラーリングに徹したおかげ。足元のエアマックス90でスポーツミックスを実践しているのもキモ。

WEAR

ワイドパンツからインナー、シューズまですべてブラックというクールなコーディネートゆえ、ボリューム感がありつつも見栄えはすっきり。単調になりすぎないよう、カーキのステンカラーで抑揚感をつけました。

ロング丈アウター2チェスターコート

ZOZOTOWN

ゆるい感じのワイドパンツをピリッと引き締めて着こなしたい場合には、トラッドムードの色濃いチェスターコートと合わせるのが良策。全体的に落ち着いたトーンでまとめれば、大人っぽいムードに磨きが掛かります。

WEAR

チェスターコート、ワイドパンツともチャコールカラーでトラッドな雰囲気ですが、カメラがデザインされたユニークなスウェットで遊び心もまとわせました。シューズはパンツの量感に負けない『ドクターマーチン』のブーツを選択。

WEAR

ライトブラウンのワイドパンツに白ニット、そしてメルトンチェスターコートと、色・素材感で温かみを創出したスタイリング。全体的にベーシックにまとめていますが、赤のソックスで茶目っ気も融合しました。

WEAR

チェスターコートとパンツはどちらもシルエットがかなりゆるめ。それでいてだらしない印象に見えないのは、ブラック&ホワイトの無彩色でコーデを統一しているから。ミニマムにして技ありな着こなしです!

ロング丈アウター3モッズコート

ZOZOTOWN

ラギッドな感じに狙いを定めるならモッズコートをチョイスしましょう。ただし、ミリタリーアウターゆえに着こなしが野暮ったく見えてしまいがち。中にシャツやニットをインすることで、ハードさを払拭するのがセオリーです。

WEAR

モッズコートにワイドチノを合わせ、アースカラーでまとめた着こなし。野暮ったくならないよう、裾をロールアップしレザーシューズを合わせて、きれいめに仕上げているのがポイントです。

WEAR

ちょいゆるなフリースパンツ&ランシューでほんのりスポーツテイストに。モッズコートはウォッシュが入ったラフなデザインでスポーティな下半身コーデにマッチしています。ニットで上品さも忘れなく。

WEAR

ルーズなフォルムのデニムに、本格ミリタリーブランド『アルファ インダストリーズ』のモッズコートを合わせた彼。男クサイアイテムをメインにしつつも、素朴なケーブルニットでハードさを中和しました。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
ボトムス
ワイドパンツ
秋の着こなし・コーデ
冬の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

ワードローブに欠かせないスウェットアイテム。なかでも『ユニクロ』のそれは、シンプルなデザインとコスパの良さで人気です。おしゃれな着こなし術を、実例とともに紹介!

平 格彦