プーマの名作。スエードの魅力とカラバリ、コーデまで

シンプルでナチュラルなメンズのコーデに合わせるシューズは、今シーズンもやはりスニーカーが主役の気配。この春は、シックな表情の『プーマ』のスエードに再注目です。

Hiroshi Watanabe

2019.04.10

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

大人のシンプルコーデには、『プーマ』のスエードがよく似合う

ZOZOTOWN

シンプルでナチュラルなスタイルがすっかり定番となっているメンズのファッションですが、この春もシンプルなコーデが大人の気分。合わせるシューズは、やはりスニーカーが本命となりそうな気配です。そんな春のスタイルに合わせるスニーカーを選ぶなら、シンプルなデザインと上品な素材感、そしてシックなものからビビッドなものまで豊富なカラーバリエーションが選べる『プーマ』のスエードはいかがでしょうか?

改めてチェック。『プーマ』のスエードって、こんなスニーカー

1968年に発売されて以来、『プーマ』の1番人気のスニーカーとして多くのファンに愛されるスエード。現在ではさまざまなファッションブランドとコラボしながら、多彩なカラーリングや素材を使用して発売し続けられています。ここではそんなスエードの特徴を紹介していきます。

atmos pink

バスケットボール用シューズとして誕生したスエードは、シンプルなデザインとプレーンなシルエット、そして上質なスエード素材を使用したシックな表情が大きな特徴となっています。スエードのもつ上品さとサイドのフォームストライプ(プーマライン)の軽快なイメージが融合するスニーカーです。より具体的に、特徴を見ていきましょう。

特徴1パンツの太さを問わない、トゥのシルエット

ZOZOTOWN

天然皮革のスエード素材がもつ高級感が目を引くスエードのトゥ部分は、少し細身のプレーンな丸みを持ったベーシックなデザインとなっています。細身のパンツでもゆとりのあるパンツでも相性がよく、裾からのぞくトゥに違和感のない自然な見え方になります。

特徴2スエードならではの、ヒールデザイン

『プーマ』には、スエードをベースに作られたクライドというモデルも存在します。見た目がそっくりな2足ですが、アッパーのネームロゴが違うのはもちろん、スエードにはヒールのキャットマーク(PUMAのロゴマーク)があり、クライドにはありません。

特徴3シンプルながら機能的なソール

ZOZOTOWN

バスケットボール用スニーカーが起源のスエードは、少し厚みのあるグリップの効いたソールとなっており、履き心地は抜群。ソールのパターンは『プーマ』のコートモデルに共通するオーソドックスなもので、クセのないスッキリとしたデザインとなっています。

代表色を紹介。『プーマ』のスエード定番カラー

豊富なカラーバリエーションで知られる『プーマ』のスエードですが、代表色といえるブラック、ネイビー、レッドのカラーは定番です。ここでは長年ファンから親しまれ、メンズのカジュアルコーデに合わせやすいスエードの定番カラーとそのコーディネートを紹介します。

定番カラー1ブラック×ホワイト

ZOZOTOWN

スニーカーとしてだけでなく、レザーシューズとしてコーデに組み込んでも違和感のないブラックのスエード。ストリート系カジュアルからモード系、きれいめカジュアルと、スタイルを選ばず合わせられる守備範囲の広さは、やはりスエード素材のもつ品のいい表情が大きく貢献しています。

ZOZOTOWN

ストイックな白T×黒のパンツという着こなしにスマートな1足が好相性なスタイリング。シンプルな着こなしですが、ゆったりとしたトップスのサイズ感や短めのパンツ丈で旬度を高めています。絶妙なフォルムのスエードだからこそ、ストリート感と品の良さを両立している点もおしゃれですね。

ZOZOTOWN

白・黒・グレーのモノトーンのアイテムのみで構成されたコーデでは、シューズで全体のイメージが大きく変わります。シックな黒のスエードを合わせることで全体の雰囲気をグッと引き締め、浮きがちなホワイトパンツの派手さを抑えた大人のコーデに仕上がっています。

ZOZOTOWN

シンプルで上品な表情の黒いスエードなら、スーツやセットアップに合わせても品のいいカジュアルなスタイルに仕上がります。同様にテーラードジャケットのコーデでも、黒いスエードなら程良く「抜け」の効いたきれいめコーデを作ることができます。

定番カラー2ネイビー×ホワイト

ZOZOTOWN

ネイビーカラーのスエード素材と白いフォームストライプのコントラストが上品で端正な表情のネイビーのスエード。ジーンズと相性がいいのはもちろんですが、今年トレンドのジョガーパンツやスラックスに合わせるシューズとしても、合わせやすく雰囲気のいいスニーカーです。

ZOZOTOWN

ホワイトやネイビーなどナチュラルカラーのコーデでは、インナーよりもシューズで全体のイメージが変わってきます。ローファーなどの革靴や白いスニーカーもいいですが、ネイビーのスエードを合わせることで、まとまり感がありながらこなれたカジュアルコーデに仕上がります。

ZOZOTOWN

伸縮性の高い度詰め天竺のスポーティなセットアップに、腰に巻いたパーカーと色を揃えたスエードを合わせた品の良いスポーツミックスコーデを構築。ネイビーのスエードは、グレーのアイテムと合わせることで、コーデ全体がよりクリーンなイメージとなります。

ZOZOTOWN

オールブラックや黒基調のコーデにカラーのシューズを合わせるのは意外に難しいものですが、ネイビーのスエードなら、モノトーンの雰囲気を壊さずにクリアで上品な見え方が可能。黒やグレーなどのモノトーンと相性がいいというのもネイビーのスエードの特徴です。

定番カラー3レッド×ホワイト

ZOZOTOWN

鮮やかな発色のレッドも、スエードでは欠かせない定番のカラー。ともするとシューズだけが悪目立ちして、コーデが子供っぽくなりがちな原色系のスニーカーですが、シンプルなスエードならコーデに馴染み、雰囲気よくコーデの差し色になってくれます。

ZOZOTOWN

ウール素材のブルゾンと共布のパンツのセットアップという個性的なスタイルに赤のスエードがよく映えて、ラグジュアリーなスポーツミックススタイルに。ドレッシーなアイテムに合わせても違和感のないカラースニーカーは希少な存在といえます。

WEAR

シューズの合わせに悩むのが、グレーやベージュなどの淡い色みを基調としたカジュアルコーデ。こんなときにも赤のスエードが活躍します。足元の赤がポイントとなりコーデを引き締め。アッパーがマットなスエード素材なので赤でも子供っぽくも見えません。

WEAR

ストリート系スタイルにも赤のスエードがマッチ。ダメージジーンズ×赤のスニーカーの組み合わせなんてやんちゃ感満載ですが、品のあるスエード素材なので、派手になりすぎず大人のコーデにも馴染むんです。

定番色だけじゃない。『プーマ』のスエードはカラバリも豊富

『プーマ』のスエードといえば、やはり豊富なカラーバリエーション。毎シーズン魅力的なカラーのスエードが多数発表されています。ファッションブランドとコラボすることの多い『プーマ』ならではのただ派手なだけではない鮮やかなカラバリを紹介します。

カラバリ1グレー×ホワイト

ZOZOTOWN

数あるスエードのカラバリの中でも、もはや定番カラーといっていいグレーのスエード。シンプルなデザインとシックなグレーのスエード素材による上品で端正なルックスは、どんなスタイルとも合わせやすく、コーデ全体を上品にまとめてくれます。

カラバリ2グレー×グレー

Amazon.co.jp

USA限定モデルのオールグレーは、サイドに型押しレザーをあしらいシックな大人のイメージに。ジーンズやジョグパンツなどのカジュアルなボトムスはもちろん、スラックスのようなきれいめなボトムスにもよく合う、上品な表情をもったスニーカーです。

カラバリ3ブラック×ブラック

ABC-MART楽天市場店

黒のスエード地に黒いレザーのフォームストライプを合わせた、オールブラックのスエードスニーカー。スニーカーの域を超えた品のある表情です。革靴やブーツの代わりにきれいめカジュアルの足元に合わせれば、上品な大人のスポーツミックスコーデとなるでしょう。

カラバリ4ロイヤルブルー×ホワイト

Amazon.co.jp

爽やかなロイヤルブルーのスエード。ジーンズやホワイトカラーのボトムスに合うだけでなく、黒やグレーなどダークカラーのボトムスとも思った以上にはまります。ちょっとこなれ感のある大人カジュアルの差し色としてコーディネートに組み込んでみてください。

カラバリ5ネイビー×ブルー

Z-CRAFT

ネイビーにブルーのラインが効いたスエード。定番カラーのネイビー×ホワイトよりもカラーリングが映えるので、コーデのアクセントとしても使えます。ブルー系で統一感のある配色なので、コーデの邪魔にならないのが優秀ポイント◎。

カラバリ6ワインレッド×イエロー

Z-CRAFT

レトロな雰囲気ただようワインレッド×イエローのスエード。配色は一見、奇抜で目立つ印象ですが、スエードの質感も相まってコーデに馴染んで意外と合わせやすいのが特徴です。特にアメカジテイストやミリタリーなスタイリングのハズしにうってつけの1足。

カラバリ7グレー×レッド

Z-CRAFT

赤いフォームストライプとグレーのコントラストが美しいスエード。シックなコーデの差し色としても使いやすいカラーリングのスニーカーです。ホワイトジーンズなどの明るい色目のボトムスと合わせると、遊び心のある大人のカジュアルコーデに仕上がります。

カラバリ8オレンジ×ホワイト

ZOZOTOWN

スエード50周年を記念し、ストリートシーンの重鎮であるボビート・ガルシア氏とコラボした今作。オレンジとホワイトのポップな配所に、ゴールドで刻まれた”ボビート”のサインがアクセントとして効いています。ガムソールを使用した分厚いアウトソールも見逃せないポイント。

カラバリ9ブルー×グリーン

ZOZOTOWN

ブルー×グリーンのコントラストがすがすがしいスエードは、その清潔感のある表情を生かしてブルージーンズとのコーデがおすすめ。ブリーチやダメージなどの加工の入ったジーンズに合わせることで、ラフになり過ぎないきれいなイメージのコーデになります。

カラバリ10ホワイト×ホワイト

ZOZOTOWN

MADE IN ITALYのスペシャルモデルは、春夏にうってつけのオールホワイト。ヘリテージテイストのオフホワイトを採用した爽やかなルックスで、手軽に抜け感のある足元を作れます。熟練技術者による丁寧な縫製など、細かなディテールにもこだわりアリ。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
プーマ(PUMA)
スニーカー
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

健康志向が高まり、ライフスタイルの一部としてジムに通う人が増えています。それに伴い、ジム用のウェアもどんどんおしゃれに。今どきのジムスタイル事情をお届けします。

近間 恭子

ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

ワードローブに欠かせないスウェットアイテム。なかでも『ユニクロ』のそれは、シンプルなデザインとコスパの良さで人気です。おしゃれな着こなし術を、実例とともに紹介!

平 格彦