スタイリッシュでクール!秋のストライプ入門

ストライプ柄は大人の定番。この秋身につけるなら、くすんだ色みのストライプ柄がおすすめです。アイテムやコーデとともに、定番柄をよりセンス良く着こなす方法をご紹介。

haruka

2016.10.04

この秋おすすめしたいストライプとは

16年春夏に続く“くすみカラー”に今秋も注目。なかでもより鮮やかに発色する色彩を感じさせるカラーは目が離せない。温かみを演出する赤みを帯びた紫色やこっくりとした藍色をベースに、グレーなどの色相とデザインするストライプに着目したい。

どんな風に着こなすのが今年っぽい?

秋冬注目したいトレンドは“英国×イタリアの大人トラッド”をカジュアルダウンする着こなしだ。着こなすアイテムのなかで強弱をつけるように、あるアイテムで抜け感をつくったり、あるアイテムでかっこよくキメたり。着目したいストライプアイテムを見ていこう。

今季買うならどんなアイテムが狙い目?

レジメンタルタイ、テーラードベスト、シャツ、パーカー、パンツ、ストールなど、普段の着こなしに取り入れやすい気になるストライプデザインアイテムを一挙にご紹介。

『ブルックスブラザーズ』レジメンタルタイ

“リバース”と呼ばれるアメリカ式のレジメンタル・ストライプ・タイ。右肩下がりのストライプが特徴だ。アメリカブランドのブルックスブラザーズで大人トラッドなタイに挑戦してみよう。

『エディフィス』ブルーストライプ ジレ

シルク/ウール/ナイロン。ブランドオリジナルの生地を使用するなど拘りが伺える逸品。細みのストライプデザインでスタイリング効果が期待できる上、小ぶりなフォルムなので大人らしい着こなしができそう。

『ユナイテッドトーキョー』ワイドストライプパンツ

コットン100%の型崩れしない万能素材でつくられた極太ストライプデザインのワイドパンツ。くすみカラーの配色で大人の抜け感の演出に大きく期待できる個性的な逸品だ。着こなしの幅が広がる挑戦してみたい。

『アルテア』ネイティブストライプ ストール

1946年イタリアで創業された『アルテア』のストール。ボヘミアンテイストな印象を与える一癖あるネイティブストライプデザインが特徴だ。イタリアだからこそ実現できる素材感への追及が凝縮された一枚。

どんなコーデがおすすめ?

ストライプデザインをどのアイテムで取り入れるか。遊び心ある唯一無二の着こなしができる鍵は、カラーの掛け合わせ、そして素材の掛け合わせをいかにするかだ。

『バーバリー ブラックレーベル』のレジメンタルタイ×ライダースジャケット

ブラック×パープルの大人の色気を誘うレジメンタルタイを使った着こなしは、ブラックを効かせたライダースジャケットと合わせて辛口スタイルに。小さなえりが特徴のタイトフォルムなホワイトシャツも良い味になっている。

『ルイジ ボレッリ』のネクタイ×ブロックグレージュJK

57年南イタリア創業の世界一の老舗シャツメーカーでつくられた3カラータイ。柄を掛け合わせ、そして色を掛け合わせたイタリアンカジュアル。3色使いのルールを超えた難易度の高さだがキメたらかっこよすぎる着こなしだ。

ソクタスストライプシャツ×VT×トレンチ

71年トルコのソーク創業の生地メーカソクタスの生地使用。やわらかな手触りのシルクを採用している。存在感あるストライプデザインに調和したのが、小ぶりなフォルムのベストとトレンチだ。色気ある着こなしを完成。

『フレッドペリー』のストライプシャツ×細身BK

グレーをくすませたカラーが特徴の太ブロックで構成されたストライプボタンダウンシャツ。さまざまな角度から魅せる表情の違いを楽しめるので、シンプルにブラックの細身スキニーと合わせてきれいめな仕上がりに。

ピンストライプシャツ×ラフなジージャン

アメカジルックに仕上げた着こなしをご紹介。ラフなジージャンでカジュアルダウンし、全体的に統一感をもたせるためブルーモチーフカラーを採用している。王道なジャケパンスタイルに見せた大人小生意気な着こなし。

ストライプガウン×ビッグシルエット

紫色をくすませた旬カラーをベースにしてつくられたロングストライプガウンは、ビッグシルエットのTシャツとパンツと合わせてラフな着こなしに。だらしなさが出てしまわないように、足元でしっかり締めるのが肝だ。

『エルネスト』ストライプベスト×ネイビーJK

力強い柄と素材が特徴のベスト。一見着こなしが難しい印象だが、ここは同じレベルの個性があるアイテムと掛け合わせるテクニックを身につけて。清潔感ある印象を保持するためにインナーはホワイトで色抜きをしよう。

『L.B.M1911』パイル地ストライプジャケット×ホワイト

ホワイトクリームカラーを基調にしたジャケパンスタイルの着こなしは、柄と素材の組み合わせをしっかり考えて。素材はソフトタッチなものに統一、柄は一点投入、ワントーンカラーでリラックスした雰囲気に。

KEYWORD関連キーワード
秋の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事