セットアップの教科書。春夏の活用術と秋のマストバイ

手軽におしゃれな雰囲気が作れるとして人気の高いセットアップ。春夏のセットアップを秋も活用する方法と、この秋におすすめしたいマストバイを紹介する。

大中 志摩

2016.09.02

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

まだまだ秋も使える。春先に購入したセットアップ

ZOZOTOWN

春先に購入したセットアップ。春夏のアイテムだからといって来年の春まで閉まっておくのはもったいない。春夏のセットアップも着こなし方次第では、秋のスタイルで活用することが可能。今回は春夏のセットアップを秋仕様に着こなすためのヒントと着こなしについて紹介する。

解説。手持ちの春夏セットアップを秋仕様に着こなすヒント

Tシャツなどと合わせて軽快に着こなした春夏のセットアップも合わせるアイテムを変えれば秋スタイルでも大活躍してくれる。秋仕様にシフトチェンジさせるにはこの3つのアイテムと組み合わせるべし。

ヒント1インナーダウンを合わせる

WEAR

昨年の秋冬に大流行したインナーダウンはセットアップとのコーディネートにも相性抜群。見た目の秋冬らしさを助長してくれるだけでなく、防寒性も一気に上がるのでぜひとも活用したい。

ヒント2ローゲージニットやタートルネックニットと合わせる

WEAR

インナーダウンと同じく秋冬らしさを演出できるアイテムといえばニット。中でもローゲージのニットやタートルネックニットであれば見た目にも着心地的にもウォーム感があるのでおすすめだ。

ヒント3パーカーと合わせる

WEAR

パーカーと合わせて着こなしにボリューム感を出すのも秋らしさを演出するには効果的。王道のグレーパーカやシックなネイビーのパーカーであればどんなカラーにも合わせやすい。

春夏セットアップを秋仕様に。実例7選

ここからは上記のヒントを取り入れた着こなし方を紹介していく。上記で紹介したアイテムはどれもセットアップだけではなく、幅広いスタイルで活用できるので全部ゲットしておいても損はない。

WEAR

ネイビーのセットアップにインナーダウンを合わせて秋冬仕様にシフト。暗めの着こなしなので明るめのチュエックシャツを合わせてアクセントに。足元はスリッポンで抜け感をプラス。

WEAR

グレーのセットアップにキャメルのローゲージニットをミックス。足元はスニーカーで軽快に仕上げた。アクセントとしてニットの首元からネイビーのチェックシャツをのぞかせている点もお見事。

WEAR

きれい目アイテムであるセットアップをパーカーとスニーカーでカジュアルにアレンジしつつ、ネイビーと白のコントラストをきかせてシックに。カモ柄のクラッチバッグもポイント。

WEAR

アノラックパーカーとスニーカーでスポーティに仕上げたコーディネート。ベースボールキャップでストリートなテイストを加えることでよりこなれたスタイルへと仕上げた。

WEAR

インナーダウンはフロントを全締めすることで上品な雰囲気を壊さずにとり入れることが可能。ダークトーンの着こなしは、白シャツとスニーカーで白を適度に差し込んで軽さをだして。

WEAR

グレーのセットアップに黒のタートルネックニットを合わせたシンプルな着こなし。この潔さが逆に大人っぽさを加速させている。足元はスリッポンで外しているがブラックなので統一感のあるスタイルにまとまった。

WEAR

主張の強いストライプ柄のセットアップには存在感の強いパーカーを組み合わせるのが正解。セットアップとパーカーが明るめなのでスニーカーはネイビーをチョイスしてシックに。

この秋欲しい。セットアップの買い増しリスト

秋冬に向けてこれからセットアップを手に入れようかなという人は、ここで紹介する3つのタイプを狙ってみては。大人っぽさやおしゃれ感をグッと上げてくれるはず。

タイプ1シックなネイビー

まずおすすめしたいのが王道のネイビー。シックな雰囲気を最も演出してくれるカラーで、合わせるアイテム選ばない汎用性の高さが魅力的だ。また秋冬のセットアップは春夏に比べて保温性に優れているので春先の肌寒い時期にも活用できる上、ネイビーであれば春の着こなしにも合わせやすい。

『アバハウス 』

ZOZOTOWN

セットアップに対応したジャージー素材の2ボタンジャケット。ウール産地の尾州で別注したウール生地を使用している。フロントのラウンドを丸く、着丈は短めの仕上がり。

合わせるなら、このボトムス

ZOZOTOWN

ジャケットと同様の素材で作られたボトムスは、快適なはき心地が魅力。ウエストがイージーパンツ仕様になっているのも、はきやすさをアシストしている要因のひとつ。単体で着用するのもおすすめだ。

『マージン』

ZOZOTOWN

イタリアンウールを使用したチョークストライプ柄を採用。カットソーのような
軽い着心地が楽しめる。抜け感のあるチョークストライプ柄はおしゃれ感抜群。

合わせるなら、このボトムス

ZOZOTOWN

ももまわりがゆたっりとしつつも、すそに向かって細くなるテーパードシルエットのため、やぼったさは皆無。リラックスしたムードと品の良さを兼ねる表情が、大人向けの一本といえる。

『ステュディオス』

ZOZOTOWN

程良くウエストをシェイプさせた細身のシルエットでベーシックな2ボタン仕様の1着。東レの機能素材であるボディシェルに耐久撥水性を高めるキューダス加工を施しているので汚れにも強い。

合わせるなら、このボトムス

ZOZOTOWN

ジャケットと同素材のパンツは、上品な見た目が特徴。スニーカーでハズすのもおしゃれにキマるが、もちろん革靴と合わせるのも◎。

タイプ2ツイード素材

秋冬のセットアップといえばツイード素材も見逃せない。ざっくりとした素材感が特徴でクラシックな雰囲気を演出してくれる。デザインもチェック柄やヘリボーン柄などバリエーションが非常に豊富。またツイードはスコットランドで生まれた生地なので雨や風に強く保温性にも優れている生地だ。

『グリーンレーベルリラクシング』

ZOZOTOWN

2種類の生地をクレイジーパターンで表現した存在感のあるデザインが印象的。パンチのあるデザインだが、トーンを落ち着かせているので大人な着こなしが楽しめる。

合わせるなら、このボトムス

ZOZOTOWN

クレイジーパターンのチェック柄が、インパクト大。プレーンなニットと合わせて、ボトムスの存在感を引き立てる着こなしもおすすめしたい。

『アバハウス』

ZOZOTOWN

ループヤーンを使ったヘリンボーン生地は独特の表情が魅力的。ウォーム感のあるツイード生地が秋冬感を演出しつつも明るめのカラーリングなので重たい印象を感じさせない。

合わせるなら、このボトムス

ZOZOTOWN

ゆったりとしたシルエットながら、短めの丈感で品の良さをアシスト。写真のようにスリッポンでハズす着こなしは、誰にでも取り入れやすいのでは?

タイプ3チェック柄

最後におすすめしたいのがチェック柄。存在感が強く、セットアップでチェック柄を着こなすのは難易度が高いが、上手く着こなせればこれ以上に、あか抜けた洒落感のあるスタイルを演出してくれるものはない。ジャケット、パンツともに単体で取り入れることもできるので、難しく考えなくても大丈夫。

『ジョンブルプライベートラボ』

ZOZOTOWN

3種類のフラノウール生地を使った2ボタン仕様。細かなグレンチェック柄を身頃と袖、衿部分で切り替え、上品な印象に。人体に基づいた立体的な仕立てで動きやすく、美しい佇まいを演出してくれる。

合わせるなら、このボトムス

ZOZOTOWN

ストレートシルエットのボトムスは、合わせるアイテムを選ばない汎用性の高さが魅力。動きやすさを考慮した、立体的なパターンも着用者にとってはうれしいところ。

『ラブレス』

ZOZOTOWN

クラシカルなグレンチェクをモノトーンでシックに仕上げた1着。上衿とポケットのフラップにベルベット生地を合わせてレトロな雰囲気に。マイクロレーヨンとアクリルのブレンド糸を使ったボディは肌触りが良く、ソフトな風合いに仕上がっている

合わせるなら、このボトムス

ZOZOTOWN

ディテールにこだわったジャケットと同様に、ボトムスにもこだわりが。要所に採用されたベルベット素材は、それだけで上品なムードを盛り立てる要素になる。

『ラブレス』

ZOZOTOWN

クラシカルなグレンチェクをモノトーンでシックに仕上げた1着。上衿とポケットのフラップにベルベット生地を合わせてレトロな雰囲気に。マイクロレーヨンとアクリルのブレンド糸を使ったボディは肌触りが良く、ソフトな風合いに仕上がっている

合わせるなら、このボトムス

ZOZOTOWN

丈が短めに設定されたパンツは、アクティブなムードを助長する。靴下や革靴と合わせてこなれた雰囲気を演出するのが秋の気分だ。

旬なセットアップの最新コーデサンプル

せっかく買ったセットアップも使わなければ宝の持ち腐れ。ここからはセットアップを取り入れた旬なコーディネートを紹介。着こなし方がわからないという人はこんな風に着こなしてみて。

WEAR

ネイビーのセットアップにタートルネックのカットソー、ノーカラーのシャツで鮮度抜群の着こなしを披露。スニーカーでカジュアルに崩し、ハンチングや丸メガネでクラシックさをプラスした。

WEAR

ベースボールキャップ、カットソー、スニーカーでセットアップをカジュアルにコーディネート。色味を絞っているのでソックス合わせた赤が好アクセントになっている。

WEAR

カーキのセットアップならトレンド感もあり、シンプルにスニーカーやパーカーを合わせた着こなしも鮮度抜群に演出できる。潔いシンプルさが大人っぽい。

WEAR

セットアップをストリートにまとめた着こなしも今っぽさがありおしゃれに映る。やりすぎ感のないストリートな着こなしを楽しむためにもモノトーンでまとめることが大切だ。

WEAR

ベージュのセットアップにノーカラーのロングシャツを合わせた旬度の高い着こなし。シンプルだが丸メガネやハット、ネックレスなど小物をうまく活用することでこなれたスタイルに。

WEAR

シンプルな着こなしでも洒落た雰囲気が楽しめるのがセットアップのいいところ。キャップやスニーカーでカジュアルに着崩してタウンユースな着こなしを完成させた。

WEAR

ブラックのタートルネックニットとグレーのセットアップでスタイリッシュにコーディネート。メリハリの効いたカラーリングを意識したことで洗練された雰囲気に仕上がった。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
アウター
セットアップ
秋の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

ワードローブに欠かせないスウェットアイテム。なかでも『ユニクロ』のそれは、シンプルなデザインとコスパの良さで人気です。おしゃれな着こなし術を、実例とともに紹介!

平 格彦