暖かく、爽やかに。秋もホワイト×ネイビーの配色推し

ホワイト×ネイビーというカラーコンビは大定番。爽やかで春夏に好まれる配色ですが、実は秋コーデにもおすすめです。着こなしの実例と使えるアイテムを紹介します。

平 格彦

2016.09.15

秋もホワイト×ネイビーで“きれいめ”に

メンズファッションに限らず、コーディネートの定番として人気のカラーリングがホワイト×ネイビー。爽やかなイメージが強く、とりわけ春夏で重宝されていますが、爽やかさや清潔感は季節を問わず必要なファクターです。ということで、秋になってもこの色合いをおおいに活用すべき。簡単に“きれいめ”なスタイリングが築けます。

秋のホワイト×ネイビーを攻略。着こなし参考集

ホワイト×ネイビーの特徴を活用すると、クリーンで爽快な秋のコーディネートが築けます。すぐにでも真似できるスタイリングばかりを集めたので、気に入ったサンプルを取り入れて実践してみてください!

シーン1きれいめ重視コーデ

まずは、ホワイト×ネイビーのスタイリングの中でも、比較的エレガントなムードの着こなしを紹介。テーラードジャケットやカーディガンといった品格のあるアイテムは、大人として着こなせるようにしておいて損はありません。使っている色が少ないため、コーディネートも簡単。

カジュアルなセットアップを用いたきれいめな大人カジュアル。ネイビーのジャケットの中に組み込んだ、ホワイトのタートルネックがクリーンで大人なムードを醸しています。シンプルな着こなしなのに軽妙洒脱!!

セットアップに近いイメージで築き上げたスタイリング。ネイビーを軸にしながら、ホワイトのインナーを差すことで爽快に仕上げています。全体的にスリムにまとめて、きれいめな印象を加速。

ロングスリーブのTシャツにストレッチジーンズを合わせただけのシンプルなコーディネートを、ホワイトのカーディガンでエレンガントにアレンジ。全身で描いたホワイト×ネイビーのバイカラーも上品です。

ネイビーのチェスターコートにホワイトのパンツを組み合わせれば、それだけで上品な着こなしのベースは完成。インナーもブルーにすることで、爽やかなイメージが際立っています。

こちらもネイビーのチェスターコートがメインですが、白いシャツを合わせることでより上品なムードに。ネイビーのパンツも品格アップにひと役買っています。ネイビー×ホワイトのスニーカーで軽快感もプラス。

シーン2カジュアル重視コーデ

カジュアルなアイテムだけを用いても、色使いをホワイト×ネイビーだけでまとめれば大人なムードにまとまります。そんなカジュアル寄りなコーディネートの実例を紹介! 秋からもこんなカラーリングを活用したくなる理由が見て取れるはずです。

ネイビー×ホワイトのオンブレチェックがカジュアルなムードを放っているシャツが主役。ダークなジーンズで引き締めて大人っぽくまとめつつ、ホワイトの名作スニーカーで軽快な印象も加味しています。

デニムジャケットを用いたカジュアル気味のスタイル。ジージャン×カットソーで上半身をネイビーに揃え、イージーパンツ×スニーカーで下半身をホワイトで統一したバイカラーの色使いが新鮮です。

七分袖のワッフルTシャツに半袖のバンドカラーシャツを重ねたカジュアルな着こなし。本来はラフな印象のレイヤードですが、カラーリングによって大人っぽく仕上げたお手本です。細身のデニムパンツもスタイリッシュ。

Tシャツにスウェットパンツを合わせ、かなりラフなコーディネートに。ただし、ネイビーのワントーンを軸にすることで大人なムードに仕上げています。白いスニーカーでクリーンな抜け感も加味。

ネイビーのアランニットにホワイトのクライミングパンツを合わせたリラックス感のあるコーディネート。パンツの裾をロールアップしつつネイビーのスニーカーを合わせ、足元からも抜け感を演出!

この秋欲しい。ホワイト & ネイビー 10選

▼この秋欲しいウェア。ホワイト編5選

それでは実際にホワイト×ネイビーのスタイリングを築く際には、どんなアイテムが有用でしょうか。基本的には、コーディネートしやすい無地のアイテムを選ぶのがポイント。タイプの異なる5つのおすすめアイテムをピックアップしますので、今度のワードローブ整理に役立ててみてください。

アイテム1『ビームスライツ』デニムMA-1

MA-1をライトウェイトのホワイトデニムでモダナイズ。裏地を省いたシンプルな仕立て、軽快に着こなすことができます。すっきりしたシルエットに加え、短めの着丈でレイヤードもしやすい設計です。

アイテム2『セーブルクラッチ』リトルB.D比翼ブロードシャツ

ボタンダウン仕様の小ぶりな襟が現代的なイメージを打ち出してくれるシャツ。フライフロントのデザインもエレガントな印象を加速しています。コットン100%のブロード生地も上品。

アイテム3『チャンピオン』×『ナノ・ユニバース』ワイド8s Tシャツ

人気が高い別注シリーズの八分袖Tシャツ。ややルーズなシルエットが今季的です。今回は“デュプリケートコレクション”と題し、背面の右裾にロゴ刺しゅうを3つ並べた独自のアートワークを採用。

アイテム4『ジュンレッド』デニムスキニーパンツ

ストレッチの効いたホワイトデニムを用いたスキニーパンツ。脚のシルエットを美しく見せてくれるシルエットが魅力で、どんなコーディネートでもきれいめなニュアンスに導いてくれます。

アイテム5『アディダスオリジナルス』スタンスミス

言わずと知れたスニーカーの名作、スタンスミスのホワイト×ネイビー版です。シンプルでクリーンなデザインはあらゆる着こなしにマッチします。1972年に登場した初代と同じラバーカップソールを搭載。

▼この秋欲しいウェア。ネイビー編5選

ここでは、コーディネート作りに便利なネイビーのアイテムをセレクト。すでに持っているアイテムも多いかもしれませんが、シンプルなアイテムにのほうが着こなしやすい機能的なワードローブになります。まずはアウターあたりからそろえるのがおすすめ。

アイテム1『グリーンレーベル リラクシング』2Bジャケット

ツイーディーな素材が秋らしいムードを打ち出してくれる定番的なジャケット。ソフトで温かみのある風合いのホームスパンが、適度なカジュアル感も振りまいています。オフィスカジュアルでも使えるので、持っていて損はなし!!

アイテム2『ジョンスメドレー』×『ブルーワーク』クルーネックニット

イギリスを代表する1784年創業の老舗ニットブランド『ジョンスメドレー』と『ブルーワーク』のコラボアイテム。シンプルなデザインですが、首元のリブにラインを入れることでプレッピーな雰囲気に仕上げています。

アイテム3『チャンピオン』×『フリークスストア』リバースウィーブラグランプルオーバーパーカー

『フリークスストア』独自のパターンを起こし、従来のモデルよりもすっきり着られるようにアレンジ。きれいめなカジュアルスタイルにうってつけです。スウェット地は名作から受け継ぎ、着心地の良さも抜群。

アイテム4『ディッキーズ』ストレッチナローパンツ

股上は深めに設定しつつ、裾に向かってテーパードさせた細身のシルエットが今っぽいチノパンツ。厚手のタフなTCストレッチ素材を使用しているため、ヘビーな見た目に反してはき心地は快適です。

アイテム5『ジャーナルスタンダード レリューム』360°ストレッチスキニーテーパードデニム

色落ちしてないデニムもネイビーとして使用可能。スキニータイプなら上品にまとまります。経糸にCM800ポリエステル弾性糸、緯糸にライクラ スパンデックスを起用した360°ストレッチデニムで、ノンストレスなはき心地。

KEYWORD関連キーワード
秋の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

山崎 サトシ

人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

多様なスリッポンのなかでも、スニーカーソールを用いたタイプが主流です。カジュアルスタイルの足元に取り入れやすいブランドをレコメンドしていきます。

平 格彦

大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

小林 大甫

大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

CANADA

必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

菊地 亮

タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

那珂川廣太