おすすめ!おしゃれでおいしいコーヒーメーカー8選

選ぶポイントやおしゃれなデザインで気分も上がるコーヒーメーカーなど、コーヒータイムがますます充実する情報をお届けします。

ai sato

2016.09.12

自宅で味わえる本格コーヒーが 日常を豊かに

朝起きた時や出勤前、ほっと一息つきたい時などコーヒーを飲む機会は多いもの。でも毎回カフェに行ったり買いに行くのはちょっと大変ですよね。そんな時にコーヒーメーカーがあれば、自宅にいながらいつでも好きな時に本格的なコーヒーが味わえます。その上、最近はインテリアのアクセントになるようなおしゃれなタイプのコーヒーメーカーも充実! 便利なのはもちろんのこと、自宅にいながらカフェ気分も楽しめるとあって取り入れない手はありません!

まず知っておきたい、コーヒーメーカーの種類

ひとくちにコーヒーメーカーといっても、飲みたいコーヒーや入れ方によってその種類は様々。そこで自分に合ったマシーンを選ぶためにも、最低限知っておきたいコーヒーメーカーの種類についてここでチェックしておきましょう。

種類1手軽さが嬉しいドリップコーヒーメーカー

コーヒーの粉と水をセットしてスイッチを入れれば、自動的にコーヒーが抽出される、手軽なスタイルで人気のマシーンです。コーヒー豆から入れる場合、別売りのコーヒーミルで挽く必要がありますが、シンプルな設計とお手頃価格で入門編としてもおすすめ。

種類2豆から挽いて楽しむミル式コーヒーメーカー

ドリップ式に、コーヒー豆を挽くミル機能を搭載したタイプがこちら。挽きたての香りと風味を最大限に楽しめるのが魅力です。ミル無しのモデルよりは価格帯が上がりますが、コーヒー豆を挽いて抽出するまでのすべてを自動で行えるとあって、本格的な味わいにこだわるならぜひ候補に入れたいところ。

種類3味のバリエが豊富なカプセル付きコーヒーメーカー

コーヒー豆や粉ではなく、メーカーが用意したコーヒーエキスを凝縮した専用のカプセルを使ってコーヒーを入れる方式です。メーカーにより専用カプセルの種類や数は異なりますが、マシーンによっては様々なコーヒーに加え、抹茶ラテやミルクティーなどにも対応しているので家族で好みが違う、なんていう場合にもいいですね。

種類4濃厚な風味がお好みならエスプレッソメーカー

豆と水をセットすればその名の通り、エスプレッソを淹れることができるコーヒーメーカー。圧力をかけて短時間でコーヒーを抽出するため、雑味が少なく濃厚なエスプレッソを家で味わうことができます。モデルによってはさらにカプチーノやカフェラテなどが入れられるタイプもあります。

何を重視する? コーヒーメーカーを選ぶポイント

様々なタイプが存在するコーヒーメーカーですが、選ぶポイントはやはり自分の好みに合うかどうか。普段飲むコーヒーの量や種類に合わせ、淹れ方のタイプを選びましょう。また使った後のお手入れに加え、定期的なメンテナンスが必要なマシーンもあります。毎日使うものだからこそ、お手入れの手軽さもチェックしておくと◎

おしゃれでおいしいコーヒーが楽しめる。コーヒーメーカーをピックアップ

キッチンやダイニングに置くことが多いコーヒーメーカーは、機能性だけでなく見た目のおしゃれさも重要。本格的な味が楽しめ、インテリアになじみやすい洗練されたデザインのものをセレクト! ぜひお気に入りを見つけて、おしゃれなコーヒーライフを実現してみては?

ブランド1『メリタ』ノア

「メリタ」は世界で初めてペーパードリップシステムを発明した、ドイツのコーヒー機器総合メーカー。メリタ式1つ穴抽出機能を採用したコーヒーメーカーは、ゆっくりお湯を注いでじっくり蒸らすことで、コクや香りを引き出した美味しい1杯を作り出します。定番人気の“ノア”はコンパクトなボディながら、真空二重構造のステンレスポットのおかげで淹れたてのコーヒーを5杯まで保温可能。お手頃価格なのもあって、コーヒーメーカーを初めて購入する人にもぴったりです。

ブランド2『マキタ』充電式コーヒーメーカー

充電式クリーナーのトップブランドとして知られる「マキタ」ですが、その技術を活かしたコーヒーメーカーも隠れた人気アイテム。クリーナーと同じく充電式のドリップ式コーヒーメーカーは、バッテリーとAC100Vの2つの電源を選べるのが魅力的。電源がいらないので、アウトドアシーンでも活躍します。パッと目を引く鮮やかなグリーンは、モノトーンが多い家電の中でインテリアのアクセントとしても効果的。

ブランド3『シロカ』全自動コーヒーメーカー

「ちょっと便利で、ちょっと豊か」をコンセプトに掲げる家電ブランド「シロカ」。そのコーヒーメーカーは、なんとシリーズ累計で200万台以上売り上げたヒット商品です。写真のタイプはすっきりとしたフォルムが印象的な、全自動ミル式コーヒーメーカー。ミニマルな美しいデザインがモダンな部屋とも相性抜群で、インテリアにこだわる人の支持が多いのも頷けます。

ブランド4『クイジナート』オートマチックコーヒーメーカー

アメリカ生まれのキッチン用品メーカー「クイジナート」のオートマティックコーヒーメーカーは、全自動のミル式タイプ。最大12カップ分のコーヒーを淹れられるという大容量が自慢です。家で飲むだけでなく通勤にもマイタンブラーでコーヒーを持ち歩く、という人も多いと思いますが、そんな時こそ大容量タイプはおすすめです。

ブランド5『ネスカフェ』ドルチェグスト ジェニオ2

世界的なコーヒーメーカー「ネスレ」が販売しているソリュブルコーヒーのブランド「ネスカフェ」。インスタントコーヒーの印象が強いけれど、このカプセル式コーヒーメーカーも発売以来人気です。コーヒーの美味しさを損なわない5層構造のカプセルは種類も豊富で、コーヒーのみならずチョコチーノや抹茶ラテなども揃います。

ブランド6『ネスプレッソ』コーヒーメーカー プロディジオ

「ネスカフェ」と同じくネスレ社による、エスプレッソ専用カプセルコーヒーメーカーが「ネスプレッソ」。中でもメタリックなスマートボディが光るこのモデルは、なんとスマートフォンと繋がるという画期的なタイプ。抽出の予約などができるアプリと連動しているので、起床時間や帰宅時間に合わせてコーヒーを入れる、なんていう便利なことも可能です。

ブランド7『デロンギ』全自動エスプレッソマシン

ヨーロッパらしいデザインが光るイタリアの家電ブランド「デロンギ」。その全自動エスプレッソマシーンも、シルバーのボディに黒のスイッチをクールに配したスタイリッシュなデザインが魅力です。こちらのマグニフィカSスペリオレは、ドリップコーヒー風のカフェ・ジャポーネが楽しめる日本特別仕様。もちろん本格的なエスプレッソに、ミルクを使ったカプチーノやアイスコーヒーまで、メニューのバリエが豊富なのもポイントです。

ブランド8『ビアレッティ』エスプレッソマシン

直火式エスプレッソメーカーの老舗ブランド「ビアレッティ」の、電気式エスプレッソメーカー。どこか可愛げのあるコンパクトなデザインながら、実はカプセル、ポッド、粉の3種の抽出方法が使えるという優秀アイテムです。普段は粉にこだわってじっくり入れるけれど、疲れている時や急いでいる時はカプセルやポッドを頼る、なんていう状況に併せた使い方を楽しめるのもいいですね。

KEYWORD関連キーワード
コーヒー
キッチン用品
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

大人の足元にはまる。ニューバランス574の魅力とは?

『ニューバランス』にはいくつもの人気なモデルがありますが、本記事では574に注目。どこが魅力なのか、その特徴と多角的にチェックします。

Freeamericanidol編集部

大人の万能靴。ポストマンシューズの魅力とおすすめ10選

革靴ならではのかっちり感とカジュアルな要素を併せ持ったポストマンシューズ。幅広いスタイリングになじむ万能靴の魅力とおすすめのブランドをお届けする。

大中 志摩

おすすめを厳選! 男につけてほしい香水ブランド12選

香水はいい香りを漂わせるだけでなく、印象付けにも効果的。だからこそ、自分が演出したい雰囲気に合わせて、香水を選ぶことが重要なんです。おすすめの香水を紹介します!

植木 麻利子

ポーターは財布もおすすめ。大人向きなレザーウォレット、集めました

日本鞄界の重鎮なだけに『ポーター』はバッグのイメージが根強いもの。ですが、実は財布の品揃えも充実しています。財布の魅力から、おすすめモデルまでをまとめてご紹介!

近間 恭子

大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

編集フカザワ

人気ジェル20選。特徴も使い方も似合う髪型も解説!

ウェットな質感とキープ力ならジェルが正解。ジェルに不慣れな男性が押さえるべき使い方のポイントや人気のジェルをまとめて紹介します。

伊藤 千尋