Freeamericanidol編集部員のこれ気になる!2016年秋編

まだまだ残暑が厳しい今日この頃ですが、ひと足お先に秋をお届け! 洋服好きのFreeamericanidol編集部員のこの秋気になるアイテムや着こなしをご紹介します。

編集カツラガワ

2016.08.26

Freeamericanidol編集部員のこの秋気になるアイテムはこれ!

洋服好きが集うFreeamericanidol編集部。というわけで、すでに秋のトレンドもチェック済みのご様子。ひと足お先に、秋のファッション計画を教えてもらいました。秋物はまだまだなんて思っているうちに、あっという間に来ちゃいますよ!

編集イトウは、オーバー30を意識したアイテム選び

白Tとジーンズこよなく愛すもっぱらカジュアル派の編集イトウですが、この秋は上品かつ大人なスタイルが気になるようです。カジュアルながらも品のあるアイテム選びに注目。

気になるアイテム1『ポーター』タンカー3wayブリーフケース

「年齢的にもこの秋はジャケットを着ようかなと思う今日この頃。とはいえ、結局ラフなコーデばかりなんだろうな・・・と悩んでいるときに出会ったのが、『ポーター』の3wayバッグ。A面もB面もC面もDoreもE感じにFitしてくれるGreatかつブランド定番のHitアイテムなので、買って間違いないアイテムだと思います」

▼『ポーター』の人気アイテム、タンカーシリーズ。軽くて丈夫なボンディング素材、オレンジの裏地などMA-1をモチーフにしたデザインが男ごころをくすぐります。ショルダー、リュック、ブリーフケースの3wayで使えるすぐれもの!

「大人コーデの代表格ともいえるジャケパンスタイルにサラッと合わせたいです。オン・オフ兼用できるので、カジュアルコーデにも重宝しそう」

気になるアイテム2『ダナー』ダナーライトミリタリー

「ほどよくボッテリで合わせやすいベージュカラーにくわえて、アメリカ、オーストラリア、メキシコ軍へブーツを供給している『ダナー』ならではのスペックの高さに引かれるのは男の性かも」

▼ 『ダナー』の定番モデルであるダナーライトをミリタリー使用にアレンジしたこちらのブーツ。軍用ブーツにも使用しているスピードレーサー、シエラソール、360フォースソールを採用した本格的な機能が特徴です。

合わせて読みたい:
男らしい! ダナーのブーツを街でも山でもコーデの主役に

「ブルージーンズに合わせたTHEアメカジなんて着こなしも大好物ですが、もう30も超えているのできれいめファッションのハズしとして。とはいえ、スウェットパンツなんかでミックス感を出しているバランス感が秋の気分です」

気になるアイテム3『フランク&アイリーン』シャツ

「数少ないアモ~レなブランド『フランク&アイリーン』。カリフォルニア発のブランドらしく少しゆったりとした雰囲気をまといつつも、イタリア製の確かな生地を採用しているので品もしっかりキープしています。チェックシャツはすでに持っていますが、今秋は落ち着きのあるモノトーン配色を狙っています」

▼コットン100%でソフトな着心地と細身の美シルエットが魅力の『フランク&アイリーン』のシャツ。ヴィンテージの風合いを感じる生地感がコーディネートにこなれ感を演出してくれます。

「スタイリングは、Tシャツにジーンズの夏から続くコーデの上にサラッと羽織るだけ。これくらいシンプルな組み合わせが結局のところ落ち着きます」

編集イトウの記事一覧はこちら

男性ヘア&ファッション誌でエディターとしてのキャリアをスタート。ジーンズと白の無地T、コンバースチャックテイラーをこよなく愛す、「Freeamericanidol」創刊者です。

編集コヤマは、この秋はゆるっとカジュアルな気分

きれいめもカジュアルも得意とする編集コヤマは、今秋はジャージやオーバーオールなど、カジュアルなアイテムに夢中。気張らないゆるっとした着こなしに注目しています。

気になるアイテム1『アディダスオリジナルス』ジャージ

「ジージャン、MA-1もいいんですが、少しリラックス感あるコーデを楽しみたくて、ジャージが気になっています。すでに夏セールで買い足しちゃいました(笑)」

▼『アディダスオリジナル』のトレードマークであるトレフォイルロゴ(三つ葉ロゴ)とスリーストライプスがあしらわれたジャージジャケット。伸縮性があり動きやすさもばっちりです。

「Tシャツに羽織るだけの簡単な着こなしなんですけど、リブパンツとスニーカーと合わせることでスポーティな印象になっています。こんな感じで着たり、デニムと合わせる予定です」

気になるアイテム2『レミ レリーフ』プルオーバーパーカー

「ホントにシンプルで、コスパ良くなさそう……なんて思われそうですけど、ヴィンテージ加工など細かなディテールがおしゃれだなと」

▼ディテールにはこだわりながらも無駄を除いた「究極のアメリカンベーシック」を追求する『レミ レリーフ』。くたっとした古着のような風合いがいい味を出しています。

「それ一枚で主役になるアイテムだとは思うんですが、ジージャンと合わせてレイヤードを楽しみたいなと。色みはあえて明るめの色をチョイスしたいですね、秋ってなんだか寂しいので」

気になるアイテム3『リー』オーバーオール

「昔から好きなアイテムだったんですけど、なかなか着る機会がないまま手放してしまって。 この記事 を見て、改めていいなと思っちゃいまして……、購入することを決意しました!」

▼古着のような風合いとタフなワーク感が魅力のオーバーオール。ルーズなシルエットでラフに男らしく着こなせます。軽くてはきごこちが良いのもうれしいポイント。

「そのまま着るのが定石ですが、あくまでパンツとして見せるこんなコーデも使いやすいですよね。白シャツとスリッポンと合わせる、少しゆったりめのオーバーオールを選びたいところです」

編集コヤマの記事一覧はこちら

適当に見せて実はまじめだというギャップで攻めたい、腹黒WEB編集者。ハイ&ローMIXや、力を抜いたファッションが好き。IT、映画、グルメ情報にアンテナびんびん。

編集フカザワは、今季も定番のストリートアイテムが欠かせない

ストリートコーデを基本とする編集フカザワ。この秋も、春夏に引き続き、『ヘビーウェイト コレクションズ』のカットソーや『バンズ』のスニーカーを買い足す予定。

気になるアイテム1『ヘビーウェイト コレクションズ』ソリッドロングスリーブTシャツ

「秋もオーバーサイズのロンTでスポーティなテイストを引きずりたいというのと、久しぶりに赤系の色が気分です。赤系といっても彩度を感じる色みではなく、少し落ち着いたトーンのものがいいですね。デザインと色みの条件がそろっていることにくわえて、『ヘビーウェイト コレクションズ』は今年の春から好んで普段使いしているブランドなので間違いなく購入します」
 
▼着丈と袖丈が長めでゆとりのあるサイズ感が特徴。夏に引き続き、秋冬もオーバーサイズが注目されているので1枚あると重宝すること間違いなし。カラバリも豊富にそろっています。

「上下ともにゆるっとしたサイジングで、ラフに着こなすのがMY定番。ただし、あまりにもだらしないのは年齢的にアウトなので、パンツの丈感には注意したいなと。足元はもちろん『バンズ』で固めたいところですが、秋はローファーなどのカジュアルに履ける革靴も投入する予定です」

気になるアイテム2『レッドキャップ』シェフパンツ

「リラックスした着用感と力の抜けた表情がたまりません(笑)。ワークパンツに定評がある同ブランドですが、そのテイストを残したシルエットも好み。シャツであろうがロンTであろうが、このパンツがあれば秋は乗り越えられそうな気がします」

▼ウエスト部分がゴムでリラックス度の高いアイテムですが、ポリエステルとコットンの混紡で光沢のある生地感のためラフになりすぎません。緩やかなテーパードシルエットで日本人の体型に◎。

「シンプルなデザインのトップスと組み合わせて、サイズ感で自分らしさを出していきたいですね。前述した赤系のロンTとのコンビも試してみたいところ」

気になるアイテム3『バンズ』オーセンティック

「『バンズ』の定番・オーセンティックは、自身のワードローブのひとつ。普段はネイビー×ホワイトやブラック×ホワイトの配色を好んでリピートしていますが、今季はオールブラックの足元が気分です。スエード素材のモデルがリリースされたら、即ポチります」

▼『バンズ』のクラシックラインの代表モデルであるオーセンティック。シンプルでベーシックなデザインなのでコーディネートを選びません。男女問わず愛され続ける一足です。

「秋冬はダークトーンの着こなしがメイン。オーセンティックを合わせるなら、ショート丈のブルゾン+ゆったりとしたパンツが定番です。インナーの色みで遊ぼうかなと画策中」

編集フカザワの記事一覧はこちら

美容専門系出版社にて、編集者としてのキャリアをスタートした「髪」オタク。自他ともに認める大酒飲みでありながら、バスケットボールを愛する健康男児。

KEYWORD関連キーワード
編集部連載
秋の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

平 格彦

ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

Freeamericanidol編集部

15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

平 格彦

マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

山崎 サトシ

マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

山崎 サトシ

日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

山崎 サトシ