Freeamericanidolが注目!おしゃれニスタをクローズアップ

Freeamericanidol編集部が注目するWEARで活躍する”おしゃれニスタ”を紹介する連載がスタート。初回は、おしゃれニスタ4名の自己紹介。彼らの着こなしやこだわりを探ります。

Freeamericanidol編集部

2016.08.27

“大人のリアル”を発信する、“おしゃれニスタ”とは?

シンプルながらもセンス良く。言葉にするのは簡単ですが、実践するのは難しいもの。では、「気張らず、飾らない着こなしでもおしゃれに見える着こなし」は、どうすればかなえられるのでしょうか?

Freeamericanidol編集部では、その回答のひとつとしてFreeamericanidolらしい“アイコン”が必要であると考えました。そこで提案するのが“おしゃれニスタ”たちの存在です。

彼らは雲の上の存在ではなく、WEBサイトのWEARに着こなしを定期的に掲載し、個人のコーディネート力でファンを獲得し続けている一般男性たち。

憧れの高級ブランドではなく、手が届く身近なブランドのアイテムを好み、若ぶりもせず、背伸びもしない“リアルクローズ”の体現者なのです。

そんな“おしゃれニスタ”4名と、彼らの着こなしやこだわりについて紹介します。

おしゃれニスタ 1:ワタル さんの”リアル”と着こなし

WEAR歴2年5か月というワタルさん。はじめたきっかけは、「自身のコーデを、第三者の厳しい目で評価いただきたい」という思いからだったそう。

自身の定番のファッションテイストについて聞くと、「ノームコア……、背伸びして使い慣れない用語を使ってしまいました」と答えてくれました。照れながらの回答ではありましたが、シンプルかつカジュアルな着こなしは、まさにノームコアそのもの。そんな彼のコーデから、シンプルなアイテムをおしゃれに着こなす方法を掘り下げます。

■年齢/29歳
■職業/会社員
■家族構成/独身
■趣味/野球、ロードバイク
■出没エリア/三宮、梅田

■月の洋服代/5,000円~30,000円位
■好きなショップ、ブランド/
『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』
『エディフィス』
『ナノ・ユニバース』
■おしゃれの参考にしているもの/もちろんWEAR!

▼ワタルさんの定番コーデをチェック

ワタルさんの定番コーデを、より詳しくご紹介。定番3スタイルから見えてきたのは、単にシンプルな着こなしにとどまらないという成功法則。どこかに”今らしさ”を加味する彼のスタイルを見ていきましょう。

”十八番アイテム”というジョガーパンツを軸にした、旬のスポーツMIXスタイル。キャップやリュック、スニーカー等の小物を黒でリンクさせることで、統一感のあるスタイリングに。

▽Item
デニムシャツ/3,800円位『ユニクロ』
Tシャツ/4,000円位『ナノ・ユニバース』
ジョガーパンツ/7,800円位『ナノ・ユニバース』
スニーカー/17,280円位『プーマ』
キャップ/4,000円位『ソフトクリーム』
リュック/11,800円位『ナノ・ユニバース』
腕時計/37,800円位『ドゥッファ』
バングル/5,400円位『ナンバーナイン』

王道のネイビーコーデながらも、配色の妙技で定番をアップデート。トップスからのぞかせたインナーとスニーカーを白で合わせることで、色みにアクセントをつけた2トーンコーデを構築しています。


▽Item
Tシャツ/3,800円位『ナノ・ユニバース』
タンクトップ/3,780円位『ハレ』
デニムパンツ/9,612円位『ベイフロー』
サンダル/16,200円位『アディダスオリジナルス』
腕時計/37,800円位『ドゥッファ』

リラックス感ただよう着こなしながらも、アイテム構成はシンプルに。白とグレーという配色のなかに、青を取り入れてアクセントをきかせています。

▽Item
Tシャツ/4,860円位『ステュディオス』
タンクトップ/1,890円位『レイジブルー』
デニムパンツ/16,200円位『アバハウス』
サンダル/7,280円位『テバ』
キャップ/4,000円位『ソフトクリーム』
リュック/11,800円位『ナノ・ユニバース』
腕時計/37,800円位『ドゥッファ』
バングル/5,400円位『ナンバーナイン』

ワタルさんのWEARはこちら

■WEARフォロワー/50,152(2016/8/26現在)
■1か月あたりの投稿数/約15
■WEARの撮影方法/
自撮り。カメラを三脚に固定し、スマホからリモートで遠隔操作。
■撮影の際に気をつけていること/
めちゃくちゃ猫背なので背筋を伸ばすことを意識しています。

おしゃれニスタ2:yuuma さんの今の気分とコーディネート

WEAR歴は1年4か月。自身のブランドである『レイライン』の立ち上げと同時期に、WEARへのコーデ投稿をスタートさせたそう。

スポーツやライフスタイルを軸に提案する『レイライン』のスタンス同様に、カジュアル・ストリートを自身の定番ファッションとして回答。シンプルながらも小物づかいが光る着こなしテクは、ぜひ参考に。

■職業/デザイナー
■家族構成/独身
■出没エリア/新宿、渋谷、原宿、町田

■好きなブランド/
『レイライン』
『ナノ・ユニバース』
『モンキータイム』
『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』
■おしゃれの参考にしているもの/雑誌、WEBサイト

▼yuumaさんの定番コーデをチェック

yuumaさんが得意とするファッションは、いずれもストリートシーンに映える、今の空気感にマッチするものばかり。カジュアルの王道アイテムをクリーンに着こなすことで、アーバンライクなスタイルに仕上げているのが特徴です。

体型に合わせたサイジングと、白と黒のモノトーンな配色で、タウン寄りのストリートコーデを構築。腰に巻いたチェックシャツが、好アクセントとして効果◎。シンプルがゆえに小物使いを際立たせた好例です。

▽Item
Tシャツ/4,860円位『レイライン』
パンツ/8,500円位『ナノ・ユニバース』
チェックシャツ/15,120円位『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』
スニーカー/6,480円位『バンズ』
ニットキャップ/4,000円位『レイライン』
サングラス/5,400円位『エクスラージ』

デニムシャツとデニムのベースボールキャップで、素材をリンクさせたコーディネート。インナーのフォトTをチラ見せさせることで、シンプルな着こなしに味付けを。シャツのロールアップの具合やパンツの丈の長さなど、サイジングで見せるセンスの良さがyuumaさんの長所です。

▽Item
Tシャツ/5,980円位『レイライン』
パンツ/8,500円位『ナノ・ユニバース』
スニーカー/24,840円位『ニューバランス』
ベースボールキャップ/5,400円位『レイライン』
サングラス/5,400円位『エクスラージ』

「デニムと白Tでシンプルに着こなしました」とはyuumaさん。セレクトしたアイテムはいずれも定番ものですが、サイジングやロールアップなどのテクニックと小物づかいの合わせワザで、”らしさ”を体現しています。

▽Item
Tシャツ/4,860円位『レイライン』
パンツ/9,504円位『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』
キャップ/6,480円位『レイライン』
サングラス/5,400円位『エクスラージ』
ブレスレット/2,500円位『ナノ・ユニバース』

yuumaさんのWEARはこちら

■WEARフォロワー/20,711(2016/8/26現在)
■1か月あたりの投稿数/約8~10
■WEARの撮影方法/
主に三脚を使って撮影しています。

おしゃれニスタ 3:ケント さんの自分らしさとMYコーデ

ワークスタイルをはじめ、ミリタリーやトラッドなど、テイストが異なる要素をミックスさせた着こなしがケントさんの真骨頂。また、帽子職人らしくさまざまな種類の帽子を使ったコーディネートに個性が光ります。

約3年前から投稿を開始したという当時から、そのスタイルを貫いています。

■年齢/34歳
■職業/帽子職人(デザイナー)
■家族構成/独身
■趣味/映画館での映画鑑賞。映画情報収集(SF、アメコミ、ファンタジー系) 
■出没エリア/代官山、恵比寿、渋谷、表参道

■好きなショップ、ブランド/
『ハバーサック』
■おしゃれの参考にしているもの/海外スナップ。身の回りにあるものや動植物の配色

▼ケントさんの定番コーデをチェック

テイストが異なる服装をミックスさせ、自身のコーディネートに落とし込むケントさんの定番コーデをご紹介。帽子を生かした着こなしはもちろん、こだわりのブランドセレクトにも要注目です。

ネイビーを基調とした着こなしは、一見するとシンプルなワークスタイル。しかし、パッチワークとチェック柄を合わせたり、デニムアイテムでインナーをサンドしたりと、遊び心をふんだんに効かせるテクニックが◎。

▽Item
シャツ/『ハバーサック』
ベスト/25,920円位『ウエストトゥワイス』
デニムパンツ/19,440円位『アーバンリサーチ』
革靴/28,620円位『パラブーツ』×『ビームス』
帽子/5,400円位『ニューヨークハット』
腕時計/8,100円位『タイメックス』
ショルダーバッグ/『トーチカ』

ツナギ=作業着、というイメージを忘れさせる着こなし。その理由は、きれいめなアイテムをプラスすることにあるようです。「ハットやバンダナなど、上品なムードのアイテムを加えることで、より都会的な着こなしを意識しました」

▽Item
リネンジャンプスーツ/30,240円位『ジョンブルプライベートラボ』
UネックTシャツ/1,620円位『ナノ・ユニバース』
サンダル/19,440円位『インターナショナルギャラリー ビームス』
帽子/5,300円位『カスターノ』
バンダナ/『シップス』
ショルダーバッグ/『トーチカ』

ワークスタイルの定番であるオーバーオールを主役にした着こなし。「鮮やかなブルーに映える白Tシャツと赤のシューズでラフな印象にまとめました」と、ケントさん。着こなしのベクトルを上品に傾ける『ボルサリーノ』のハットで、大人らしさを加速させている点もポイントです。

▽Item
オーバーオール/古着
UネックTシャツ/1,620円位『ナノ・ユニバース』
シューズ/『ダナー』
帽子/38,880円位『ボルサリーノ』
釣り針タイプ ピン/8,640円位『ジャマリコ』
ブレスレット/『ロンサム』

ケントさんのWEARはこちら

■WEARフォロワー/9,612(2016/8/26現在)
■1か月あたりの投稿数/約10
■WEARの撮影方法/
1人の場合はスマホを壁に立てかけ無音連写ができるカメラアプリを使って撮影しています。友人がいる場合は撮ってもらっています。
■撮影の際に気をつけていること/
自然な角度でスタイル良く見えるように、スマホを胸の高さで水平に置いて撮影しています。また、生活感が伝わらないような背景選びも意識している点のひとつです。

おしゃれニスタ4:N i s s y さんのスタイルと着こなし

「服が好きで、日々の記録としてWEARをはじめて、約2年半ほど続けています」というN i s s y さん。

着こなしのこだわりをうかがったところ、「カジュアルスタイルを主として、足元は基本スニーカーですね」という回答が。ただし、他人とかぶるスタイルは好まず、ブランドを問わず気になるアイテムをセレクトするそう。職業でもあるバスケットボールに通じるブランドやアイテム選びは、スポーティな着こなしの好例ばかりです。

■年齢/28歳
■職業/プロバスケットボールプレイヤー
■家族構成/妻子あり
■趣味/一眼レフカメラ、漫画
■出没エリア/東京、神奈川

■月の洋服代/10,000円~15,000円位
■好きなブランド/
『ユニクロ』
『ナイキ』
古着
■好きなショップ/
『べーセーストック』(アウトレット)
■おしゃれの参考にしているもの/基本的に自分が着たいものを着ています

▼N i s s y さんの定番コーデをチェック

カジュアルとスポーティを融合させた、自身の個性を生かした着こなしがN i s s y さんの定番コーデ。どのようにおしゃれなスタイルへとアップデートさせているか、そのコツを探ります。

「Tシャツ×デニムは、大好きなスタイルのひとつ」と話すN i s s y さん。デニム以外のアイテムを『ナイキ』で構成し、スポーツテイストを取り入れつつも、グレーと黒という配色でスポーツ感をいなしています。また、デニムをロールアップすることで、あえて肌を見せて晩夏らしいスタイリングに。

▽Item
Tシャツ/3,780円位『ナイキ』
デニムパンツ/21,600円位『ヌーディジーンズ』
スニーカー/23,760円位『ナイキ』
キャップ/3,780円位『ナイキ』
リュック/10,800円位『ナイキ』

スニーカー以外はすべて『ユニクロ』。そう感じさせない着こなしはアイテムの選び方にあり。なかでもシャツはレディースのXLサイズだそう。動きやすさを重視してセレクトしたジョガーパンツと、『アディダス』のスニーカーも見事にマッチしています。

▽Item
シャツ/1,990円位『ユニクロ』
Tシャツ/590円位『ユニクロ』
ジョガーパンツ/2,990円位『ユニクロ』
スニーカー/10,800円位『アディダス』

カモフラ柄のショーツをベースに、残暑を楽しむカジュアルな着こなしを披露。ショーツの存在感を生かすべく、Tシャツは無地をセレクトしたお手本コーデです。足元はサンダルとソックスで、快適さを重視。

▽Item
Tシャツ/590円位『ユニクロ』
ショーツ/8,964円位『ガンホー』
サンダル/2,376円位『ナイキ』
ソックス/2,160円位『ナイキ』

N i s s y さんのWEARはこちら

■WEARフォロワー/9,186(2016/8/26現在)
■1か月あたりの投稿数/約10~15
■WEARの撮影方法/
カメラを固定してセルフタイマーで撮影しています。
■撮影の際に気をつけていること/
画質の綺麗なカメラで撮ること。服のサイズ感がわかりやすいように、ポーズは気まぐれです(笑)。

KEYWORD関連キーワード
おしゃれニスタ
夏の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

山崎 サトシ

大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

CANADA

大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

小林 大甫

必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

菊地 亮

人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

多様なスリッポンのなかでも、スニーカーソールを用いたタイプが主流です。カジュアルスタイルの足元に取り入れやすいブランドをレコメンドしていきます。

平 格彦

クールビズをもっとおしゃれに。最適なアイテムと着こなし、ご存じですか?

世間に広く浸透してきたものの、まだまだクールビズスタイルに自信を持っている方は少ないはず。猛暑でも快適かつおしゃれに働くためのアイテム選びとコーデ法をご紹介!

近間 恭子