今年はデニムの当たり年!春はジージャンがマストです

定番でありながら、トレンドという意味では長らく影をひそめていたデニムが、今年大復活。デニム=ジーンズではありません。ジージャンの人気も急上昇しています!

CANADA

2015.04.15

デニム地のアウターといえば、Gジャンです。

デニム人気に乗って、今年はGジャンのバリーエションが特に豊富。定番のデザインから個性を出せるデザインまで、好みに合わせて買い揃えて。

濃紺Gジャン

ダメージや強く洗いのかかっていない、もっともベーシックなGジャン。着古した感がないので、きれいめに着こなしたい方におすすめ。また、1年を通してどの季節にもマッチするのがメリット。

アイスブルーカラーGジャン

よりこれからの季節らしい爽やかさを出したいなら、洗いのかかったアイスブルーカラーを選びましょう。春はインナーにシャツやパーカを合わせて、初夏は中にTシャツを合わせるなど、着回し力も抜群です。

ブラックGジャン

ロックな着こなしやGジャンを男らしく着こなしたいなら、ハードなイメージが出せるブラックをチョイス。こちらも、濃紺のGジャンと同様に、秋冬シーズンまで着られます。

ホワイトGジャン

今年は白いパンツが流行っていますが、トレンドを一歩先取りたいならGジャンで白を取り入れてみては? ファッション感度の高い人には、パンツも白にした、オールホワイトで着こなす人も増えています。

ブリーチGジャン

激しくブリーチをしてグラデーションを表現。パッと見で目を引く存在感が、コーデのポイントになってくれます。また、トレンドのデニムonデニムのスタイリングにも取り入れやすいのが魅力。

バック刺繍入りGジャン

背中に「ENDLESS OCEAN BLUE」の3色刺繍入り。ポップすぎない文字刺繍が好印象で、タウンにもサーフシーンにもハマるデザイン。ボトムは濃色デニムで引き締めるとカラーバランスがいい。

KEYWORD関連キーワード
デニムジャケット・Gジャン
春の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

平 格彦

セットアップをおしゃれに着こなすためのメンズコーデ10選

誰でも簡単に完成度の高い着こなしを作れるセットアップ。その取り入れ方とカジュアルダウンのテクニックを、ファッショニスタのコーデとともにご紹介します。

Freeamericanidol編集部

春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

平 格彦

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

平 格彦

ステンカラーコートを秋冬春とおしゃれに着こなすためにすべきこと

シンプルで汎用性が高いステンカラーコートは、大人の必需品。よりおしゃれに、大人らしく着こなすための選び方と、春・秋・冬の3シーズン活用できる着こなし方をご紹介!

平 格彦