防寒性もおしゃれも両得。スヌードのおすすめはこの10点

寒い冬をおしゃれに乗り切りたいならスヌードが便利。ネックウォーマーとの違いからスタイリッシュな巻き方、おすすめまで、スヌードのあれこれを詳しく解説します。

近間 恭子

2019.01.24

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

簡単&おしゃれにキマるスヌード。ネックウォーマーとの違いも確認

ZOZOTOWN

マフラーやストールは冬小物の代表格だけど、うまく巻くことができないという人も多いのでは? 加えて、せっかくうまく巻けても時間とともに崩れてしまうことも……。そんな悩みを解消してくれるのがスヌードです。最初から輪状になっているのでマフラーなどを巻くのが苦手な人でも取り入れやすく、かつおしゃれにキマる。もちろん防寒性も抜群ですよ。

ZOZOTOWN

スヌードとネックウォーマーは同じと思っている人もいるかもしれませんが、厳密には違います。前者は1~2m程度の長さのマフラーを輪状にしたような形状、後者はこちらの画像のような1周が40~50cm程度の筒状のものが一般的。つまり、ネックウォーマーはファッションアイテムというより、スポーツや作業用の防寒アイテムとしての意味合いが強いんです。

合わせて読みたい:
1点投入で秋冬コーデを格上げ。ネックウォーマー12選

こんな風にするのがおしゃれ! スヌードの巻き方をチェック

ZOZOTOWN

1~2m程度の輪状になったスヌードは、2重巻きにするのが基本の巻き方。ちなみに巻かずに首に掛けるだけというのもアリですが、防寒性は当然低くなってしまいます。話は戻って2重巻きですが、ねじって巻けばよりボリューム感も出せるので、視覚的に顔を小さく見せることもできますよ。

冬コーデのアクセントにも。おしゃれに取り入れるコツ

ボリュームのあるスヌードにオーバーサイズのアウターを合わせると、着膨れして見えることも。なので、アウターはスマートなサイズ感を選ぶのがベストです。目線が自然と上にいき、スタイルアップも狙えますよ。

コーデ1視線をスヌードに集める抜群のシルエットバランス

WEAR

ボリューム満点のボア製のスヌードと相性が良いのは、スマートなシルエットのコート。スキニーパンツをセレクトしているのもポイントで、Iラインをさらに強調しています。全体をモノトーンカラーでまとめ、すっきりかつシックに仕上げた点にも注目を。

コーデ2スエードとの色リンクがビッグシルエット攻略の鍵

WEAR

バランス感が難しいビッグシルエットのコート×ボリュームあるスヌードも、同系色でリンクさせればすっきりとした印象に。風合いや柄が異なる合わせなら、野暮ったく見える心配も無用です。インナーやボトムス、足元を、引き締め効果のあるブラックで揃えているのも◎。

コーデ3ゆったりとした着こなしのリラックス感をスヌードで後押し

WEAR

こちらの方はスヌードを2重巻きにせず、あえて首にかけただけのスタイル。防寒性は低くなるものの、ビッグサイズのアウター&パンツのリラックス感と絶妙にマッチしています。挿し柄のマルチボーダーニットやベレー帽で、洒脱な雰囲気を高めている点もお見事。

今、選ぶならこの中から! スヌードのおすすめ10選

コーディネートをスタイリッシュに格上げできるスヌードを厳選。お決まりの冬スタイルに飽きてきたら、スタイリングも気分も一新してみては?

アイテム1『ビームス』ケーブル ミックス 2トーンスヌード

ZOZOTOWN

ミックス調のネイビーと、グレーの単色とのツートーンカラー。色の部分を前後させることでリバーシブルのように使うことができて、コーディネートの幅が広がるというのもうれしいポイントです。ややねじりを加えて2重巻きにすると、よりボリューム感が出るのでおすすめ。

アイテム2『ナンバーナイン』バルキーウォームニットスヌード

ZOZOTOWN

男らしさとシックなムードを同時に振りまくオリーブ調の色みが目を引く1本。ふっくらと柔らかなアクリル素材をざっくり編み上げた生地で、着用感も見た目も温かです。2重巻きした際にベストなフィット感を得られるよう計算された長さも絶妙!

アイテム3『オークランド』ケーブル編みニットスヌード

ZOZOTOWN

ざっくりと編み上げた表情豊かな風合いで、ボリュームあるラフでこなれた首元を演出。しっかりとしたケーブル模様も、スヌードの存在感を高めるのに一役買っています。ソフトな肌触りで肌当たりが良いのも魅力。もちろん防寒性もバッチリです。

アイテム4『ジップファイブ』アクリルモヘアスヌード

ZOZOTOWN

温もり漂うざっくりとしたワッフル編みが印象的なスヌード。ミックス調のブラウンカラーも特徴で、首元にさらなるウォーム感を醸します。デザイン自体はシンプルゆえに主張し過ぎることなく、幅広いスタイリングにマッチするのも高ポイントです。

アイテム5『コーエン』フリースアランニットスヌード

ZOZOTOWN

毛足の長いフリースとアランニットのコンビネーションが目を引くモデル。色のトーンにも差を付けているので、その素材感の違いが一層引き立っています。見た目同様に温かくて心地良い着け心地で、シンプルなコーディネートのアクセントとしてもうってつけ。

アイテム6『シップスジェットブルー』ケーブルニット スヌード

ZOZOTOWN

ワントーンのシンプルなベージュスヌードは、ダークトーンにまとまりがちな冬スタイルの挿し色に最適。凹凸のあるケーブル編みでさらに表情豊かに仕上げられているのも魅力です。ボリューム感は控えめなので、スヌード初心者もチャレンジしやすいはず。

アイテム7『グローバルワーク』リバーシブルケーブルニットスヌード

ZOZOTOWN

立体感のあるケーブル編みと無地の柔らかなフェザーヤーンで、リバーシブル仕様に仕上げたこちらのスヌード。気分によって表面と裏面を選べるほか、着用時にねじって巻けば両面がバランス良くのぞいて独特のニュアンスを醸し出してくれます。ウォッシャブルタイプなので手入れが楽なのもうれしいポイントです。

アイテム8『ベイフロー』アラン柄スヌード

ZOZOTOWN

単色でもインパクトのあるざっくりとしたアラン編みを採用したスヌード。段幅がしっかりと調整されているので、首に巻いたときにも編み柄をきれいに出すことができます。ややメランジ調のカーキが、ウォーム感に加えてスタイリングにこなれ感をプラスしてくれるはず。

アイテム9『パッサージオ デラ トスカーナ』ローゲージ スヌード

ZOZOTOWN

イタリア・トスカーナの老舗ハットブランド、『パッサージオ デラ トスカーナ』が手掛けたスヌード。温かみのあるざっくりとした編み地でカジュアルな仕上がり。デザイン自体はシンプルですが、コーディネートのアクセント使いに重宝しますよ。

アイテム10『クルニ』×『ステュディオス』限定別注切り替えスヌード

ZOZOTOWN

『ステュディオス』が別注を掛けたスヌードは、ランダムに配置されたブラウンとワインレッドの切り替えがポイント。ベーシックなガーター編みを採用しているので、その印象的なカラーリングが際立っています。スタイリングに取り入れるだけで、洒脱な雰囲気が手に入りますよ。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
小物
ネックウォーマー・スヌード
冬の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

カーディガンのコーデサンプル10選。支持される4型の着こなし解説

季節の変わり目、とくに肌寒い時期に重宝するのがカーディガン。ベーシックなデザインから旬顔まで、タイプ別にカーディガン着こなし術を解説します。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

ワードローブに欠かせないスウェットアイテム。なかでも『ユニクロ』のそれは、シンプルなデザインとコスパの良さで人気です。おしゃれな着こなし術を、実例とともに紹介!

平 格彦