お手頃なのに機能的。ハーシェルサプライのリュック

今季注目のトレンドアイテムのひとつ、リュック。今注目を集めているのがカナダ発のバッグブランド『ハーシェルサプライ』です。いち押しモデルをチェック!

haruka

2017.02.23

カジュアル派の本命! 『ハーシェルサプライ』ってこんなブランド

クラシックとアーバン。両極端のデザインを独自の世界観で表現したバッグブランド『ハーシェルサプライ』は、2010年にカナダ・バンクーバーで生まれました。アメリカの伝統や遺産、世界の旅などを通して得たインスピレーションを元に、都会的で洗練されたデザインを表現。ラインアップはデイリーからアウトドアまで幅広く展開しています。

愛用者続出! 『ハーシェルサプライ』のリュックを使ったコーデをレポート

主にカジュアルなシーンで重宝されている『ハーシェルサプライ』のリュックは、洗練されたデザインが大人の着こなしにマッチします。おすすめのバッグを紹介する前に、まずはリュックを取り入れた一例をどうぞ!

シックなブラックのタートルネックニットにサテン素材のパンツ、足元にはレザーシューズを合わせたきれいめカジュアルな着こなし。マットなブラックの『ハーシェルサプライ』のリュックなら、すんなりなじみ大人っぽいスタイリングが可能です。

モノトーンの着こなしを、スポーティーなアイテム選びでカジュアルに味付け。背中に背負っているのは丸みを帯びたフォルムがかわいらしい、『ハーシェルサプライ』の定番リュック「ヘリテイジ」。キャメルカラーのパーツがコーデの差し色になっています。

全体的にモノトーンでまとめつつ、ビビッドなレッドのベルトで差し色を効かせた、モダン&スポーティーな着こなし。リュックにはどこかクラシカルな印象をもつスクエアシルエットの「リトリート」を選び、カジュアルになりすぎないようにまとめました。アイウェアもいい味出してます。

シンプルにまとめたストリートコーディネート。トップスから足元にかけてゆるやかに明度のグラデーションを作り、落ち着いた印象に仕上げています。「ドーソン」のベルトがさりげなくアクセントカラーになって華を添えていますね。

見た目も機能も優れた『ハーシェルサプライ』のリュック。おすすめはこの10モデル

洗練された見た目が大人の着こなしにマッチすることが分かったら、次に注目したいのが機能面。そこでここからは、見た目を考慮しつつも使い勝手も秀逸な10モデルをピックアップ。モデルごとに注目すべき機能面についても解説します。

アイテム1『ハーシェルサプライ』ヘリテイジ

初年度からラインアップされているスタンダードモデル。丸みを帯びたオーソドックスなフォルムと、むだのないシンプルなデザインを特徴としたデイリーユース向けのリュックです。シンプルながらもクラシックさを連想させる基本モデルです。

丸みを帯びさせた王道なフォルム、むだのシンプルなデザインは、洗練された雰囲気を醸し出し、大人の着こなしに取り入れやすいアイテムです。ホワイト×ブラウンのバイカラーのデザインがクリーンで爽やか!

内生地にはスタイリッシュなプリントが取り入れられ、デザイン力の高さを感じられます。便利な内ポケットのほか、メインコンパートメントにはPC収納ポケットが付いています。キークリップ付きのフロントポケットはマチがしっかりある安定した収納力を確保。

一面凹凸のない背面は、背負い心地の良い仕上げとなっています。太めベルトで安定感もしっかりあるうえ、調整可能なので自分の体にフィットさせることができます。デイユースだけなく、アウトドアシーンにも使える活躍の場が多い優秀リュックです。

アイテム2『ハーシェルサプライ』ネルソン

小ぶりなフォルムながら22Lといった実用性の高い収納力を持ち合わせるモデルです。アーバンライクかつクラシカルな印象を与えるネルソンモデルは、長く使える飽きのこないデザインが魅力的です。

定番モデルと違った底面デザインに注目。細かなディテールまで計算し尽くされた仕上がりが手に取るようにわかります。さり気ない湾曲ラインが通例のクラシックさにスポーティーな印象を加えます。フロント配置のラバー素材製のブタ鼻もアクセントデザインに。

ジッパーの開閉でメインコンパートメントにアプローチできる、フロントポケットが特徴。フロントポケットには、小物用ポケットとして大小異なる3つのメッシュポケットと、PCやiPadなどの電子アクセサリーへの衝撃に対応できる専用ポケットがついています。

背面とショルダーストラップは通気性の良い素材を使っており、クッション性もあることから、たくさんの荷物で重くなったリュックも、快適に背負えるパフォーマンスの高い構造になっています。実用性が高い、デイリーからアウトドアまで幅広く使えます。

アイテム3『ハーシェルサプライ』リトルアメリカ

上部のフラップと中央のポケットをつなぐ2本のラバーベルトが特徴のモデルです。収納力抜群はもちろんのこと、マグネット式のラバーベルトなので、実はドローストリングで手軽に開け閉めができるとても便利なデザインです。

いたってシンプルなデザインですが、どこかクラシカルに感じられるのは、上部のフラップとポケットをつなぐ2本のラバーベルトの留め具が加えられたデザインだからでしょう。ワントーンのものはよりクラシックに、バイカラーのものはよりカジュアルに。

フラップを開くとメインコンパートメントにはPCを収納するためのポケットが配置されています。さらに、厚手の雑誌が2~3冊入りそうな、しっかり容量があるタイプです。小物の収納に便利なフロントポケットもついており、快適にデイリー使いできます。

背面には通気性の良いクッション材があしらわれているので、長時間背負っていても体への負担をより少なくしてくれます。またベルトもしっかり太め設計なので背負い心地も快適で、サイクリングやハイキングなどのアウトドアシーンでも活躍します。

アイテム4『ハーシェルサプライ』リード

2015SSに新登場したモデル。今までの定番モデルから一新されたリードモデルは、フラップデザインを特徴とするクラシックなスタイルが注目。デイリーユースに最適なサイズ感と、クラシックなショッピングバッグにインスパイアされて作られた知的なデザインが魅力。

フロントフラップはマグネット式で開閉できるため、思った以上にわずらわしくなく使えて便利です。フラップに付いているボタンにはロゴがさり気なく刻印されています。丸みを帯びた珍しいシルエットは、都会的な印象でタウンユースにおすすめです。

大きすぎず、使いやすい小ぶりな22Lサイズのリュックです。マチもしっかり確保されているので荷物を入れてもパンパンになることもなく、ジップポケット付きなので収納しやすいです。中生地はハーシェルイメージのレッドストライプを採用しています。

クッション性のあるメッシュショルダーストラップは太めで背負いやすい作りです。段差のない背面も、体への負担を減らしてくれます。ストラップにはさり気なく本革製のアクセントがあしらわれ、背面にもシンプルクラシカルを実現したデザインとなっています。

アイテム5『ハーシェルサプライ』アウトフィッター

2015SS発売商品。アウトフィッターモデルの特徴は、何といっても3way使いのできる大容量リュック。リュック以外に、ショルダー、ボストンとしても使えるタイプで、通例モデル以上の収納力を備えています。シンプルでいてクラシカルでデザインも魅力的です。

ボックス型で存在感のあるフォルムは男性的で力強い印象になるはずなのに、上品かつシンプル、クラシックに仕上がっている『ハーシェルサプライ』のデザイン力は圧巻です。持ち手の本革レザーとフロントロゴをアクセントにむだのないシンプルなデザインにまとまっています。

ジッパータイプのサイドポケット、ボディサイドにはシューズポケット(シューズバッグ付)、中身は小物用ポケットが付いており、収納力は60Lと大容量タイプ。持ち手をまとめる本革レザー、取外し可能なショルダーベルトで有無を言わず実用性が高いです。

長さ調整可能、取外し可能となるショルダーストラップは、不要の際はサイドポケットに収納することができます。メッシュ素材で通気性が良く、蒸れずに背負えるうれしい性能の高さを確保しています。重さに負けない背負い心地の良い大容量モデルです。

アイテム6『ハーシェルサプライ』セトルメント

上部の開閉部やフロントポケットにあしらわれた太めメタルジップで、エッジを効かせたデザインが特徴です。定番モデルとして君臨するベーシックさを保ちながらも存在感を放つモデルは世界中の人を魅了しています。

王道フォルムによるベーシックかつシンプルなデザインです。存在感を大きく放つメタルジップと牛レザーのジッパープルでレトロヴィンテージスタイルを演出しています。大きめのリュックなので、ファブリックの素材や柄、デザインは慎重に選びたいです。

背当たり部分にA4ファイル大のPCやiPadなどが収納できるクッション性のある専用ポケットが付いています。容量がしっかりしているのに、側面にもポケットがついているので、小物の仕分けがしやく、フロントにはマチのある立体ポケットがありとても便利です。

通気性の良い生地を採用し、クッション効果を加えているので、背負い心地よいです。ハーシェルのロゴが刻印された調整可能なベルトで体にフィットさせることができます。ある程度の大きさのあるバッグなのに体への負担を減少させる機能があるので安心です。

アイテム7『ハーシェルサプライ』レノックス

2015SSに登場したモデル。定番モデルのヘリテイジやセトルメントを思い浮かばせる、レノックスモデル。特徴は従来モデルより小ぶりになった分、収納方法を充実させた実用性の高さです。長年愛用できる飽きのこないベーシックでクラシカルなデザインは保たれています。

大きめのジッパーがカジュアルなかわいらしさを彷彿させます。正面にはブタ鼻、ポケットにはジッパープルと、異素材の本革レザーを採用し、それがひとつのアクセントデザインとなっています。全体的に小ぶりなフォルムでころんとしているサマもひとつの魅力です。

メインコンパートメントには15インチまでのPCなどの電子機器専用の収納、サブポケットにはiPadホルダーなど小物用ポケット付き、上部には使用頻度の高いスマートフォンやサングラスを収納できるミニポケットが付いており、ほかのモデルのなかでも指折りの実用性の高さです。

背面には、クッション性のあるメッシュ素材を採用するショルダーストラップが付いており、より体にフィットするためのベルトも付いています。小ぶりなフォルムだからこそ高機能に。デイリーからアウトドアまで幅広く使える、背負い心地も完璧な逸品です。

アイテム8『ハーシェルサプライ』ドーソン

2015AWに登場したモデル。登山するときに、よりクラシックに、より優雅に、というイメージを表現したドーソンモデル。収納力を確保しながら軽量化した小ぶりなデザインが魅力的で、多くの女性からも支持を受けているほど。

3つのコンパートメントを主としたフォルムを持つデザイン。そして、それをつなぐようにしてあしらわれた本革レザーベルトをアクセントとするデザインは、シンプルカジュアルに仕上げられています。フォルムとレザーの色みがあいまってよりクラシックな表情に。

複数のポケットを有する収納力高いディテール。コンパクトな大きさながらも収納を小分けにすることにより、アウトドアシーンでも使いやすい実用性の高さを実現。中身のライニングはハーシェルの代名詞でもある赤ストライプの生地をあしらっています。

クッション性のある背面とショルダーストラップで体への負担の心配を軽減してくれています。調節可能なストラップでより身体にフィットさせることができます。本革レザーのタグが2点あしらわれ、クラシカルな印象は正面だけでなく、背面にも表現しています。

アイテム9『ハーシェルサプライ』クラウン

むだなデザインを一切省いたシャープなデザインが特徴のクラウンモデル。バッドヒルズワークショップのリップストップ生地を採用しているので、より軽量でありながらも磨耗性にも強いリュックです。その立体的な丸みを帯びたフォルム自体がひとつのデザインとなり、世界中から愛されています。

どこの角度から見ても“ころん”とした立体的なフォルムは美しく、きれいにかたどられています。正面に配置されたレザー製のブタ鼻をメインアクセントに、カスタムスナップボタンをあしらった引き手やロゴプリントなど、細かく配慮されたデザインが魅力です。

よりシャープに魅せる赤ストライプのライニングがトレードマークのひとつであるかのように採用。内部収納としては、PCなどの電子機器専用のジップ付きポケットはもちろん、上部には使用頻度の高いスマートフォンやサングラス専用ポケットが付いています。

体にフィットさせるための調節可能なアジャスター付きのショルダーストラップには、ハーシェルのロゴが刻印されています。ベルトの太さと凹凸のない背面は、クッション性のあるメッシュ素材が採用されており、長時間背負っても疲れない作りになっています。

アイテム10『ハーシェルサプライ』クラシック

定番/2016SSモデル。ハーシェルの原点となる定番顔、クラシックシリーズはブランド立ち上げ時からあるモデル。『ハーシェルサプライ』の思いが存分に詰まっています。シンプルなフォルムにあしらわれたアクセントは正面右下に配置されているブランドロゴのみ。

フォルムはいたってシンプルなラウンドタイプ。むだなデザインは一切取り除き、フォルム自体をデザインとした究極のアーバンクラシカルなスタイルです。正面右下に配置されたブランドロゴのみがアクセントとしているので、色で遊びたくなる逸品。

A4サイズ大のファイルや雑誌、PSやタブレットなどの電子機器を十分に収納できるサイズ感はとても使いやすく便利です。ハーシェルの代名詞ともなる赤ストラップをライニングに採用、ジッパープルも赤をアクセントに細部のディテールまでこだわりを表現しています。

凹凸のない背面は体にフィット。調節可能なアジャスターのついているショルダーストラップは太め設計で、クッション性があるので体への負担をより軽減します。通勤や通学などのデイリー使いはもちろん、アウトドアまで、幅広いシーンで活躍してくれそうです。

KEYWORD関連キーワード
バックパック・リュック
ハーシェルサプライ(Herschel Supply Co.)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事