上品さが肝心!これぞ、大人流リラックススタイル

蒸し暑い夏はリラックスした着心地が恋しくなるもの。その一方で、大人にふさわしい品の良さも欠かせません。そんないいとこ取りの着こなしが築けるポイントを解説します。

平 格彦

2016.08.09

“リラックス”と“上品”。両立が難しそうな組み合わせを攻略するには……

リラックスできる着心地や雰囲気と、大人らしい上品な印象は、基本的に相反する要素です。ただし、アイテムの選び方や、全身で見た時のバランスの取り方に気をつければ、リラックスと上品を両立することは決して難しくありません。その基本的な攻略法をわかりやすく解説します!

攻略の基本1トレンドのビッグシルエットを活用する

いつもならルーズでだらしない印象のオーバーサイズやビッグサイズ、ワイドシルエットのアイテムですが、今シーズンはトレンド要素のひとつ。だらしなくて子供っぽいというよりも、リラックス感や新鮮味が演出できますので、積極的に取り入れてみましょう。

王道の白Tもビッグシルエットなら新鮮。シンプルなデザインさえ選べば大人っぽくまとまります。パンツはいつものスリムジーンズでも十分に今季的。靴や小物で個性を加味しましょう!

攻略の基本2清潔感のあるホワイトとうまく付き合う

夏に欠かせない清涼感や清潔感が強力なホワイト。エレガントなイメージが簡単に打ち出せます。透けやすいという短所はありますが、汗でぬれても目立たないという長所も備えていますので、大いに活用すべきです。トップスはもちろん、パンツやシューズでも白を取り入れてみましょう。

白シャツを着用することでクリーンな品格を確保。ライトブルーのパンツを合わせ、清潔感を一層高めています。足元を白いスニーカーにしてリラックス感もプラス。

攻略の基本3ドレスなアイテムを最低1点は投入する

暑い夏のコーディネートはどんどんラフになりがち。リラックスし過ぎることはあっても、上品過ぎるということないのでは? そこで、ドレッシーなアイテムを1点は取り入れるように意識することも大切です。具体的には、無地のシャツ、スラックス系パンツ、革靴のどれか1点は使うように。

ショートパンツを用いたラフな夏スタイルですが、足元がレザー製のコインローファーなので落ち着いた印象に。トップスも総柄とはいえシャツなので、大人なムード作りに役立っています。

“リラックス”と“上品”を両立する今夏のマストバイ&コーデサンプル集

マストバイ1ビッグシルエットの白いTシャツ

この夏のトレンドとなっているビッグシルエットのアイテムの中でも、もっとも王道といえるのが無地の白いTシャツ。王道だからこそ、大人なコーディネートにも馴染みやすく、ラフになり過ぎることもありません。とはいえ、シルエットはルーズなのでリラックス感は絶大。そのバランスが絶妙で、リラックス×上品を実現してくれます。

『チャンピオン』

たとえば、王道ブランド『チャンピオン』のコラボアイテムも狙い目。これは人気セレクトショップ『ナノ・ユニバース』による別注品で、サイズ感はもちろん、広めのUネックもリラックス感を助長してくれます。また、素材は『チャンピオン』で定番の天竺生地で、着用感も快適です。

シンプルで上品な着こなしなのにどこかこなれて見えるのは、シルエットが今時だから。無地の白Tがビッグシルエットなのはもちろん、パンツもルーズなテーパード型でリラックス感が漂っています。

トレンドのビッグシルエットを際立たせてくれるのがワイドスリーブ。袖口が広いため、リラックス感が一層感じられます。スリムなジーンズでTシャツのルーズ感を強調!

同じ白Tでも、七分袖を選ぶと一層品良く映ります。パンツも上品なスラックスタイプを選び、大人なニュアンスを増幅。足元のレザーサンダルで夏らしいリラックス感もプラス!

Tシャツ+ショーツは子供っぽくなりがちですが、シンプルな無地のTシャツを選ぶことで大人なムードへ。リラックス感のあるトップスが今季らしく、ショーツが夏らしさも演出!!

マストバイ2速乾性素材の白いシャツ

クリーンな品格を宿す白シャツは、大人なコーディネート作りにもってこいのアイテム。ドレッシーなムードを着崩すことで、こなれ感を演出するのがおすすめです。リラックス感は乏しいアイテムですが、汗をかいてもすぐに乾く機能素材を選ぶことで、夏でも快適に着回すことができます。

『シップス ジェット ブルー』

たとえば『シップス ジェット ブルー』の七分袖シャツは、通気性の良い天然素材の綿麻に、速乾性の高い機能素材のクールマックスをブレンド。サラッとした触感で気持ちよく着回せます。また、襟や前立てにはワイヤーが通っているため、形状がキープできて細かい演出もできます。

白いシャツの中でも長袖がもっとも上品な印象。スニーカーも白でリンクしてクリーンにまとめています。トレンドのサファリカラーをパンツで取り入れ、今季らしさもしっかり意識。

半袖も選んでも、白いシャツなら大人な品の良さが醸出できます。堅苦しくならないよう、九分丈のチノパンツとスニーカーを合わせているのも大きなポイント。上品とリラックスのバランスが絶妙です。

インナーが透けやすい白シャツの欠点を逆利用し、ボーダー柄のインナーを主張。その柄にくわえ、ブルーのデニムショーツ合わせることで色使いでもマリンテイストを醸しています。

シンプルなデザインさえ選べば、半袖の白シャツにショーツを合わせても大人っぽく仕上げることができるという好例。実はシャツはバンドカラー仕様で、さり気なく新鮮味も付加しています。

マストバイ3ネイビーのショートパンツ

見た目も着心地も涼しいパンツの筆頭がショーツ。短いレングスがリラックス感を放ってくれます。ラフなイメージにもなりがちなので、上品なカラーを選ぶのと最適なバランスに落ち着きます。イチ押しの色は、品が良くて爽やかさも備えるネイビー。デザインもシンプルなタイプを選びましょう。

『ユナイテッドアローズ』

たとえば、『ユナイテッドアローズ』のショーツは、スマートなシルエットが上品。オックスフォード生地が大人なカジュアルスタイルにぴったりで、オーバーダイ (製品染め) の味感がこなれたムードも放ってくれます。ウエストにはドローストリングが付属し、サイズ調整も容易。

ショーツにサマーニットを合わせ、大人なカジュアルスタイルに落とし込んだ好サンプル。ビジネスシーンでも定番のグレー×ネイビーという色合いが、落ち着いた印象の拍車を掛けています。

この夏の定番としておすすめなのが長袖シャツ×ショーツの組み合わせ。上品とリラックスのバランスが絶妙です。ホワイト×ネイビーの色合いなら、かなり爽やかなムードです。

ショートパンツに白いTシャツと合わせただけでは、子供っぽいイメージに陥りがち。定番カラーのアウターを重ねるか、ダークカラーのシューズを合わせると大人な落ち着きが加味できます。

ショーツ×白Tのセットを大人っぽく仕上げるもうひとつの方法は、上品なホワイトを多用すること。ネイビーのショーツで引き締めるイメージです。ビッグなTシャツなら今季っぽさも演出できます。

マストバイ4ストレッチ素材のホワイトパンツ

ホワイトをパンツで取り入れると、かなりのインパクト。クリーンな品の良さが一気にプラスできます。ワイドではなくスリムなシルエットを選ぶことで、エレガントな着こなしがすぐに築けるのもポイント。ストレッチ素材を選べばリラックスできる着用感も得られるので、素材まで妥協せずに選ぶことが重要です。

『セーブルクラッチ』

たとえば、『セーブルクラッチ』のチノパンツはシルエットが美しくてエレガント。白いパンツの魅力をスキニーなシルエットが引き立てています。スタイリングに組み込みことで、上品かつ爽快なイメージが演出可能。ウォッシュ加工の風合いが、こなれたムードも加味してくれます。

ホワイトパンツを用いた大人カジュアルの基本形のひとつ。ネイビーのローファーとの組み合わせがこのうえなく爽やかです。それぞれのアイテムが上品なので、全身で見ても大人な雰囲気。

細身のホワイトパンツに上品なイメージ作りは一任。ボーダー柄のトップスを合わせることで、カジュアルなリラックス感をミックスしています。白いサンダルも夏らしい開放感を醸出!

白いパンツの裾をロールアップしてリラックス感を演出。ブラック×ホワイトの色使いと、足元のレザーシューズで大人な品格も意識しています。Tシャツでもこんなに品良くまとまるというお手本。

クロップド丈のホワイトパンツもおすすめ。白いパンツ特有のクリーンな気品と、半端丈ならではのリラックス感が同居しています。半袖シャツを合わせるだけで、上品で大人な装いが完成。

マストバイ5モノトーンのスポーツサンダル

今シーズン人気の高いスポーツサンダルでリラックス感を演出するというのもおすすめのテクニック。シンプルなデザインのモノトーンを選べば、カジュアルになり過ぎることはありません。フルレングスやそれに近い丈の上品なパンツを合わせて大人っぽくまとめるのが基本。ただし、シャツやジャケットといったトップスで品格を確保できるばら、ショートパンツに合わせても大人なバランスに整います。

『テバ』

たとえば『テバ』のストラップサンダルは、人気が高いスポーツサンダルを象徴するようなデザイン。大人の着こなしにマッチするシンプルなデザインと、クッション性やフィット感が高い快適な履き心地を兼備しています。数あるカラーの中でも、ブラックがもっとも大人なニュアンス。

スポーツサンダルを用いた大人カジュアルの定番形。黒いサンダルを選びつつ、スラックスを合わせることで、上品×リラックスを具現化しています。白いTシャツもそんなムードを拡大。

ホワイトのスポーツサンダルで爽やかにまとめた好サンプル。足元に抜け感があるため、羽織りものを着用しているのに涼しげです。全身を白×ネイビーで統一した色使いも爽快感に貢献。

少し上級者向けですが、ストラップタイプのスポーツサンダルは、ソックスを履いても着用可能。白いソックスであえてナードな雰囲気を演出するのが最近のトレンドで、リラックス感が漂います。

スポーツサンダルにショーツを合わせるとラフになりがちですが、トップスにシャツやジャケットを合わせればOK。チェック柄のシャツでもシンプルに着こなせば、大人なムードにまとまります。

KEYWORD関連キーワード
夏の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事