おすすめを厳選。秋冬気分を楽しむメンズストール

メンズにおいても最近ストールをコーディネートに取り入れる人が増えてきました。そこで今回は、人気ブランドやストールの活用方法を提案します。

KENSUKE

2016.07.29

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

上品でエレガント。ストールの魅力とは

ZOZOTOWN

はじめは使うことに抵抗を感じるかもしれませんが、ストールは、実際に使ってみると気恥ずかしいものではありません。むしろ使い始めると、なくてはならないアイテムに。それぐらい重要な役割を持っているアクセサリーです。また、使うことにより朝のコーディネートを考える時間を、より楽しむことができるアイテムなのです。

■参考: ストールの巻き方5種を覚えて、こなれた着こなしを楽しもう

オン・オフで使える! おしゃれなアクセントになるストール

マフラーをカジュアルスタイルにもスーツスタイルにも巻いて使うことができるように、ストールもいずれのシーンでも使うことは可能です。オンタイムではスーツと同系色を使うなどして合わせるなら、悪目立ちすることなく巻くことができます。カジュアルでは気に入った柄を取り入れることで、ポイントとなってくれます。

スーツスタイルをよりエレガントに

上記でも取り上げましたが、同系色を使うならストールを取り入れやすくなります。また素材に関しては、春夏であればコットンやリネン。秋冬であればウールやカシミヤと季節感のあるものを選択することによってより良いコーディネートを作ることが可能です。

WEAR

モノトーンカラーでまとめたコーディネートです。これからストールを活用してみたいと考えている人にはおすすめの合わせ方です。スーツもストールも同じ起毛素材で合わせることによって違和感なくストールを巻くことができています。

ZOZOTOWN

同じ色にしなくても、このコーディネートのように「暖色」や「寒色」でまとめると、ストールをバランス良くコーディネートに取り入れることができます。また、柄が入っているより最初は無地のものからスタートしたほうが使いやすいです。

ZOZOTOWN

柄物も、全体が落ち着いた色でしたら違和感なく合わせることが可能です。また、柄物の利点は全体のコーディネートの中でさりげなくアクセントとなってくれるので、よりおしゃれ感を増すことができます。

カジュアルスタイルをブラッシュアップ

カジュアルスタイルは一見簡単そうですが、制約がないため、一歩間違えると20代の若者のようなスタイルに。そんな時にストールは大活躍。ネクタイがビジネススタイルの品格を上げるように、ストールは大人の男性としての装いをより引き立てるものとなってくれます。

ZOZOTOWN

ストールを首に巻くことで、コーディネートの良いアクセントとなっています。ブルゾンの中にストールと同系色の服を合わせることで、それほど違和感なくストールを合わせることができています。

ZOZOTOWN

首に巻くことで、コーディネートのポイントとなってくれる良い例です。このコーディネートのようにほかのアイテムとしてチェスターコートなどを使うことによって、より大人っぽくコーディネートをまとめることができます。

ZOZOTOWN

薄着の季節もストールは大活躍します。アイテムをそれほど使うことなくコーディネートが完成するので、単調なものになりがちですが、ストールを巻くことによってその単調なコーディネートに花を添えることができます。

大人メンズにおすすめ! ストールの人気ブランド

ストールをこれからのコーディネートで活用したい人向けに、ここでストールを展開しているブランドを紹介します。これから購入を検討するうえで役立ってくれるブランドです。

ブランド1『アイケル ジョーンズ』

ZOZOTOWN

ナイジェリア出身の方がデザイナーを務めるこちらのブランドは、ナイジェリアと古典ヨーロッパをMIXさせたスタイルのアイテムを多く出しています。ご紹介するストールはコーディネートのポイントとなってくれるものに仕上がっています。

ブランド2『ビームス』

ZOZOTOWN

大手セレクトショップ『ビームス』のオリジナル商品です。いろいろなブランドを扱っていることもあり、オリジナルの商品もとてもすてきなものが多いです。ご紹介するストールも春夏にとても重宝する柄、素材(リネン)となっています。

ブランド3『フランコバッシ』

ZOZOTOWN

こちらのブランドはイタリアで有名なシルクの生産地で発祥したブランドです。確かな縫製と毎年提案されるアイテムの素材の質には定評があります。写真はコットン100%の春夏向きのストールです。涼しげな色なので、見る人にも不快感を与えません。

ブランド4『アバハウス』

ZOZOTOWN

日本で作られたこちらのブランドはその時その時のトレンドを上品に商品に組み込んでいろいろなアイテムを提案してくれます。こちらはシルク地のストールになっています。ざっくり編まれたシルクは雰囲気がとても良い仕上がりとなっています。

ブランド5『エピス』

ZOZOTOWN

デンマーク出身のデザイナーがパリで開始したこちらのブランドは、北欧のデザインを発表する商品の中にうまく組み込んでいます。こちらのストールはシルク×コットン。シルクの光沢感が装いに上品さをプラスしてくれます。

ブランド6『ピエールルイマシア』

ZOZOTOWN

最近ちまたで注目されているストールを中心とするブランドです。パリでスタートしたこちらのブランドはさまざまなアートからもインスピレーションを得て商品を作っているので、1つひとつの作品が芸術品のように美しいものばかりです。

ブランド7『エルフルト』

ZOZOTOWN

デンマークで作られたこちらのブランド。デザイナーは世界各地を旅し、さまざまな場所でインスピレーションを経て商品を具現化しています。ご紹介するストールはやさしい色に仕上がっているのでコーディネートに悪目立ちすることなく合わせることが可能です。

ブランド8『シトラス』

ZOZOTOWN

インドでスタートしたこちらのブランドは高品質な素材と縫製のアイテムを手の届きやすいプライスで提案してくれる良心的ブランドです。赤いドットがとてもかわいいデザインとなっているこちらのストール。ちょっとしたユーモアのセンスを演出できます。

ブランド9『クロリス』

ZOZOTOWN

イタリア・トスカーナ地方の素材にこだわって生産されたこちらのブランド。2013年スタートとまだ新しいですが、品質の良さからすでに人気が高まりつつあるブランドへと成長しています。バンダナ柄がカジュアルスタイルに良いアクセントとなるストールです。

ブランド10『ギルドプライム』

ZOZOTOWN

高品質なハイブランドを扱うと同時に、リーズナブルな価格で良いものを取り揃えている人気のセレクトショップのオリジナル商品です。落ち着いた色に入っているウィンドペン柄のチェックが良いポイントとなっています。

ブランド11『マッキントッシュフィロソフィー』

ZOZOTOWN

世界的に人気を博している『マッキントッシュ』のセカンドラインであるこちらのブランド。大人が着て楽しむことのできるアイテムを数多く展開しています。太いストライプの入ったストールは、使う人の“男らしさ”をより引き出してくれます。

ブランド12『アルティア』

ZOZOTOWN

1892年にイタリアで創業した歴史あるブランドです。高いクオリティの商品を毎年多く発表しているので、多くの層から支持を得ています。こちらのストールもかわいいドットに端のオレンジが良いアクセントとなっています。ポイントとなるストールです。

ブランド13『ファリエロ サルティ』

ZOZOTOWN

最高品質のテキスタイルを提供するブランドが1992年にスタートさせたストールコレクションは、どれも高品質で魅力的なデザインのものばかりです。ご紹介するチェック柄のストールも表情が豊かで巻くのが病みつきになりそうなデザインです。

ブランド14『ユナイテッド・カラーズ・オブ・ベネトン』

ZOZOTOWN

イタリアを代表する誰もが知るカジュアルブランド。提供される商品はどれもコーディネートに取り入れやすく、親しみやすいアイテムばかりです。こちらは3色をグラデーション状に配置しているストール。巻き方次第で雰囲気が変わってくる楽しいストールです。

ブランド15『カラブレーゼ』

ZOZOTOWN

1924年にイタリア・ナポリで創業したこちらのブランド。クラシックな中にも使う人に花を持たせてくれるようなアクセントをうまく取り入れています。紹介するリネンのストールも小紋柄がとてもクラシックな顔立ち。大人が巻いて楽しめるストールです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
小物
ストール
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

Freeamericanidol編集部

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

大人の万能靴。ポストマンシューズの魅力とおすすめ10選

革靴ならではのかっちり感とカジュアルな要素を併せ持ったポストマンシューズ。幅広いスタイリングになじむ万能靴の魅力とおすすめのブランドをお届けする。

大中 志摩