【特集】今年の腕時計は、カラー文字盤で差を付ける!

Freeamericanidol編集部発!愛用スニーカーコレクション

ファッション好きがそろうFreeamericanidol編集部。そんなメンバーの愛用スニーカーを大公開! 王道の定番モノから、レアなデザインの個性派まで豊富にそろっています。

編集カツラガワ

2016.07.13

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

ワードローブに欠かせない! 愛用スニーカー

『コンバース』のチャックテイラーをこよなく愛す男、編集I

編集Iが、大のお気に入りという『コンバース』のチャックテイラーですが、なんと白、黒、ネイビーを各2色ずつストックしているほど。そんな定番はもちろん、エッジの効いたアイテムまで幅広いラインアップに注目。

アイテム1『コンバース』チャックテイラー

「日本では購入できないナイキ社の『コンバース』。履き心地はもちろん、ヴィンテージチャックテイラーのディテールやデザインを見事再現した名作です。素材感が強く出るブルージーンズやブラックデニムと合わせるのが好み」/バイマで10,000円位で購入

アイテム2『コンバース』チャックテイラー

「こちらも『コンバース』のチャックテイラー。アイテム1で紹介した白と一緒に購入し、約4年前から愛用しています。ブラックデニムと合わせることがほとんどですが、基本的に何と合わせてもハマりますね」/バイマで10,000円位で購入

今選ぶならこのスニーカー

『コンバース』の名作は、シンプルでありながら多くの人に愛され続けています。カジュアルからシックまでコーディネートを選ばない、汎用性の高い一足です。/『コンバース』

アイテム3『ムーンスター』オールウェザー

「雨用のシューズとして購入。レインシューズにありがちな見た目でなく、洗練されたシルエット&デザインなので、デイリー使いもできるところが◎。カーキ×ホワイトの組み合わせが好きなので、ホワイトデニムと合わせて上はミリタリーシャツを合わせるのが鉄板です」/谷中のトーキョーバイク・ギャラリーで16,000円位で購入

今選ぶならこのスニーカー

ムーンスター社による”ヴァルカナイズ製法”から生まれた新定番のレインシューズ。おしゃれな見た目でありながら、快適な履き心地と防水性の両方を実現したうれしい一足。/『ビューティー&ユース』×『ステューシーリヴィンジェネラルストア』

アイテム4『アディダスオリジナルス 』×『ベドウィン&ザ ハートブレイカーズ』 スタンスミス

「確か2年くらい前に、編集Kと撮影後になんとなくショップに寄ったところ、たまたま発売日で購入。当時復刻して話題となったスタンスミスをベースに、色彩豊かなペンキのしぶきをプラスしたデザインが気に入ったのと、その時の勢いです」/ 原宿のアディダスオリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウで20,000円位で購入

アイテム5『アディダスオリジナルス』スタンスミス

「カジュアルな服装が多いので、ワードローブには合わないかなと思いつつも、ひと目惚れで購入。以前 こちらの企画 でも紹介しました! ホワイトデニムやグレーパンツなど、きれいめよりのパンツと合わせてカジュアルダウンさせるのが気分です」/ 原宿のアディダスオリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウで15,000円位で購入

今選ぶならこのスニーカー

マルチカラーのストライプの一足。人とかぶりたくない人にぜひおすすめ。コーディネートの主役にスタイリングしたい。/『アディダスオリジナルス』

オン・オフでスニーカーを巧みに履きこなす、編集K

カジュアルコーデもきれいめコーデも得意とする編集K。コーディネートに合わせて、スニーカーも巧みに履きこなしています。ジャケパンコーデにサラッとスニーカーを合わせるのが編集K流。

アイテム1『リーボック』GL1200

「『リーボック クラシック』が好きで、しかも会員セールがあったので購入。黒系スニーカーはカッチリ系コーデに合わせやすいので、ジャケパンの足元に落ち着くことが多いですね」/ リーボックオンラインストアで5,000円位で購入

着用しているのはこのモデル

シンプルなフォルムでさまざまな年代や幅広いシーンでも着用可能なGL1200。何とでも相性のいいベーシックカラーもいいけれど、たまにはこんなポップな色で遊んでみては? /『リーボック』

アイテム2『ナイキ』インターナショナリスト

「青と黄色のカラーリングにひと目惚れして購入。コーデの差し色にちょうどいいんです。普段は、細身のデニムと合わせることが多いです。黄色の時計とセットで合わせて、シンプルなコーデの差し色に」/『ビームス』で10,000円位で購入

着用しているのはこのモデル

『ナイキ』のアイコニックなモデルであるインターナショナリスト。スエード×メッシュの素材感で快適な履き心地を実現しています。カラバリが豊富なのでお気に入りを見つけて。/『ナイキ』

アイテム3『ニューバランス』CRT300

「白いスニーカーを探していた時に目にとまって。『ニューバランス』だと996とか1400ばかりに目が行きがちですが、こっちのほうが自分に似合ったので購入。ジャケパンコーデの足元に選ぶことが多いですね。白系のTシャツとも相性が良いです」/『ユナイテッドアローズ』で10,000円位で購入

着用しているのはこのモデル

『ニューバランス』のテニスシューズとして誕生した「CT300」を現代的にアップデートした復刻版。クラシックなデザインながらも、スポーティでカジュアルなファッションにぴったり。/『ニューバランス』

アイテム4『コンバース』ジャックパーセル

「『コンバース』は結構好きで、しかも好きなセレクトショップの別注というのも魅力的だったので購入。ダメージ加工が施されていて、古着の靴買ったの? なんて言われてしまうほど、最初からボロボロなんですけど、そこがまた良くて。きれい目な着こなしにあえてボロボロをあてがうのもアリかなと」/10,000円位で購入

今選ぶならこのスニーカー

1980年代前半までのジャックパーセルに見られるカラーリングをイメージ。くすんだ色みやソールの黄味がかった風合いなど、ヴィンテージライクな仕上がりになっています。/『コンバース』

『バンズ』コレクションをお披露目してくれた編集F

編集Fのシンプルなストリートスタイルには『バンズ』のスニーカーはマスト。というわけで、お気に入りの『バンズ』に限定して披露! スニーカーに目がない編集Fは、ひと目惚れで購入するタイプのようです。

アイテム1『バンズ』オーセンティック

「アウトソールにネイビーのラインが入っていないモデルが珍しかったので、発見して即購入しました。チノパンツや白のコットンパンツなど、やわらかな色みのパンツの引き締め役として活用しています」/ABCマートで5,000円位で購入

着用しているのはこのモデル

『バンズ』の定番、クラシックなデッキシューズモデルのオーセンティック。シンプルなデザインとカラバリの多さが人気の秘訣です。一度買ったら、リピ買い必至のアイテム。/『バンズ』

アイテム2 『バンズ』SK8-HI

「興味本位で購入しました。同ブランドのオールドスクールとの違いを知りたくて……。きれいめなパンツと合わせることが多いです」/ビームスで7,000円位で購入

着用しているのはこちらのモデル

こちらは、プロスケートラインの今春モデル。クラシックラインをプロスケート用にアップデートしたもので、当初のものよりややボリュームがあるデザインが特徴。/『バンズ』

アイテム3『バンズ』スリッポン

「履きつぶれるたびに購入している“My 定番”。きめては唯一無二の柄ですね。シンプルな着こなしのアクセントにうってつけです」/『ビームス』で6,000円位で購入

着用しているのはこちらのモデル

コーディネートのアクセントに最適なポップなブロックチェック柄スリッポン。モノトーンカラーを選べば、派手になりすぎずスタイリングしやすいのでおすすめです。/『バンズ』

アイテム4『バンズ』チャッカ

「これもまたひと目惚れして即買いしました。足元にインパクトを持たせたい時に重宝しています。ボロボロですけど、同じものを見たことがないので、まだまだ活躍してもらいたい一足」/横浜のスケーターショップで10,000円位で購入

今選ぶならこのスニーカー

こちらは根強いファンを持つ、『バンズ』のチャッカブーツ。レトロな総柄プリントを施したカリフォルニアコレクションのシーズンモデルです。落ち着いた色みなので秋にもぴったり。/『バンズ』

足元はボーイッシュが好みの編集C

昔からレディーライクな靴は苦手で、足元はボーイッシュ派という編集C。女っぽいワンピコーデをスニーカーでハズすのがお決まりのよう。最近はスニーカー×デニムにハマり中だとか。

アイテム1『アディダスオリジナルス』スタンスミス

「やはり定番の白スニーカーは使えます! とくにデニムと相性バッチリ。あとはよく、ワンピコーデのハズしに使っています。白スニーカーは汚れが目立つので懸念していましたが、意外と大丈夫でした(笑)」新宿のルミネで12,000円位で購入

着用しているのはこちらのモデル

オフホワイトのボディーにゴールドで描かれた、ベロのスタンスミスの似顔絵や、かかとのロゴがさりげないアクセント。こちらは従来の靴ひもではなく、3本のベルクロタイプ。/『アディダスオリジナルス』

アイテム2『ニューバランス』996

「こちらは昨年購入した『ニューバランス』。珍しいシルバーにひと目惚れしました。一見合わせにくそうですが、実際はグレー感覚で使えます。コーディネートのアクセントにぴったりですよ」/新宿のルミネで10,000円位で購入

着用しているのはこちらのモデル

超軽量のミッドソール素材を使用し、軽量性とクッション性を兼ねそろえたMRL996。やわらかな素材で足にフィットし、履き心地のいい一足です。コーディネートとの相性もバッチリ。/『ニューバランス』

スニーカー選びはシルエットを重視する編集M

大人カジュアルなファッションが基本の編集Mは、スニーカーのシルエットにこだわりあり。すっきりした縦長シルエットが好みのようです。ロングワンピやフレアスカートと合わせるのが編集M流。

アイテム1『コンバース』オールスター

「これで3代目の私的に大定番のスニーカー。2代目が汚れてボロボロになってきたので買い替えました。足元に程良いボリュームを生んでくれ、縦長のすっきりしたシルエットがやぼったくならず、どんなコーデにも合わせやすくて重宝しています。ボリュームがあるフレアスカートや、ロングスカートに合わせるとバランス◎」/ABCマートで5,000円位で購入

着用しているのはこちらのモデル

1917年に生産されて以来、長きに渡って愛され続けている『コンバース』のキャンバスオールスター。ベーシックなデザインかつ、カラーリングで使い勝手がいいので、ヘビロテ必至です。/『コンバース』

アイテム2『バンズ』スリッポン ロープロファイル

「定番のスリッポンより甲浅なタイプで、足元がすっきり見えたので即決しました。また、脱ぎ履きがとっても楽なところも◎。カジュアルなスウェット素材のロングワンピースによく合わせています。アンクレットをして足元のおしゃれも楽しみたい」/ABCマートで4,000円位で購入

着用しているのはこちらのモデル

クラシックラインのスリッポンをロープロファイルしたレディースにおすすめの一足。甲が浅めで、通常のタイプよりも肌が露出する分、足元がすっきりした印象に。/『バンズ』

オーセンティックでシンプルなものが好きな編集Y

シンプルなファッションの編集Yなので、スニーカーもシンプルでベーシックなものがお好み。履き心地やさりげないディテールにもこだわった、編集Yらしいセレクトに注目!

アイテム1『オニツカタイガー』EDR 78

「シンプルな黒いスニーカーを探していたところ、これを見つけて即決で購入。『オニツカタイガー』の少し細身なところが私好みでした。足にフィットしてとても歩きやすいんです。フォーマルな黒いワンピースに合わせてハズすのが最近の気分です」/オニツカタイガー表参道店で10,000円位で購入

着用しているのはこちらのモデル

1978年に発売されたトレイルランニングシューズがデザインベース。中敷きにオーソライト、土踏まず部分にはアーチクッキーを採用し、クッション性を向上しています。足にフィットした軽くて歩きやすい。/『オニツカタイガー』


合わせて読みたい:
日本から世界へ。オニツカタイガーの人気スニーカー9選

ジャパンメイドの真髄。オニツカタイガーのコーデ術

アイテム1『ムーンスター』シューズライクポタリー

「青いアウトソールとサイドにさりげなく見えるロゴマークがとてもかわいくてお気に入り。キャンバス部分もしっかり作られていて長く履けるなと思いました。1週間のうち半分くらいはこのスニーカーを履くほど、どんなスタイルにも合わせやすく重宝しています。とくに白が映える濃い色のデニムパンツと合わせることが多いですね」/『ムーンスター』で10,000円位で購入

今選ぶならこのスニーカー

オーセンティックな存在感漂うキャンバススニーカー。足元を軽快に仕上げ、夏の着こなしにぴったりです。シンプルなデザインなので、コーディネートを選ばず、どんな着こなしにもマッチ。/『ムーンスター』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
編集部連載
スニーカー
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

Freeamericanidol編集部

初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

Freeamericanidol編集部

大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

CANADA

温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

Freeamericanidol編集部

ニューバランス574てどんな靴? ブランド入門モデルが持つスペック

『ニューバランス』にはいくつもの人気なモデルがありますが、本記事では574に注目。どこが魅力なのか、その特徴と多角的にチェックします。

Freeamericanidol編集部

黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

ai sato