レイヤードテクでグンとおしゃれに。タンクトップの着こなし実例

大人にとってはワードローブというより肌着のイメージが強いタンクトップ。ですが、実は非常に優秀なインナーアイテムなんです。その活用法とおすすめ品をお届け!

山崎 サトシ

2016.07.11

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

単なる肌着じゃない。タンクトップの2大レイヤード術

ZOZOTOWN

タンクトップを単なる肌着だと思っている人、いませんか? 確かにそれ1枚で外に繰り出すのは、若者ならまだしも大人にとってはやや難度が高いかもしれません。しかし、インナーアイテムとしてレイヤードスタイルに活用するのであれば話は別。こなれ感アップに大きく貢献してくれます。

ZOZOTOWN

たとえば、おすすめテクニックの1つがトップスより丈の長いタンクトップを重ねて裾を出す“縦のレイヤード”。昨今のトレンドテクニックのひとつで、上の写真のような着こなし。シンプルなコーデであっても、タンクトップをちらっとのぞかせるだけでメリハリをつけることができます。

ZOZOTOWN

そして、もう1つ推奨したいテクニックがシャツのインナー使い。先ほどの縦のレイヤードもそうですが、「別にTシャツでもいいじゃん」と思う方もいるかもしれません。しかし、タンクトップはスリーブがないぶん袖周りをすっきりと見せられますし、Tシャツをインナー使いするよりも圧倒的に涼しく過ごせます。とくにシャツコーデは袖周りがもたつくと野暮ったく見えやすいので、断然タンクトップがおすすめ。

おしゃれ着使いのタンクトップ。選ぶときのポイントは?

ZOZOTOWN

おしゃれ着としてタンクトップを着用するなら、もちろん、デザインにも気を配っておきたいところです。まず基本的には、トップスの下から出しやすいように長めの丈感のモデルを選ぶようにしましょう。さらに言うなら、裾がラウンドカットとなっているモノがベスト。レイヤードした際に、一段とニュアンス良く裾を出せるからです。あとは、安っぽく見えるテロテロの生地感は避けること。これらを前提にチョイスすれば間違いありません。最も使いやすいのはモノトーンの無地ですが、自身のスタイルに合わせて色柄を取り入れるのも良いでしょう。

今すぐ真似したい。タンクトップレイヤードの着こなし例

前述した“縦のレイヤードと”シャツのインナー使い“のテクニックを駆使したコーデサンプルを一挙にご紹介。ファッショニスタの装いを見れば一目瞭然ですが、タンクトップもこんなにセンス良く着こなせるんです! どんな色柄を選ぶのかがポイントなので、ぜひ参考に。

着こなし1くすんだカラー同士の大人っぽいレイヤード

WEAR

トップス&タンクトップともにくすんだ色合いをチョイス。リラックスしたオーバーサイズコーデに、色使いで落ち着きを与えています。ダークトーンの装いが重たく映らないよう、足元には軽やかなグルカサンダルをピックアップしました。

着こなし2ちらっとのぞくボーダー柄がグッドアクセント

WEAR

ランニングシューズにボディバッグなど、スポーツテイストをうまくブレンドしたスタイリング。そのアクセントとなるのはボーダー柄であしらわれたロング丈タンクトップ。少しのぞかせるだけでも着こなしの抑揚感が大きく向上します。

着こなし3ギャップを巧みに演出したハイセンスなスタイリング

WEAR

無地白のタンクトップを総柄の効いたアロハシャツとレイヤリングして、着こなしに立体感をメイク。しかも、シャツのスクエアカットに対してタンクトップはラウンドカットを選び、丈感のギャップと曲線使いで巧妙にリズムを演出しています。

着こなし4ベーシックスタイルにはカラータンクが効く!

WEAR

ブラックの無地Tシャツにワークパンツという、ベーシックなカジュアルコーデ。しかし、鮮やかなタンクトップを重ねるだけでアカ抜けた雰囲気にシフトすることが可能。上下ともに定番色だと、色みの効いたインナーが抜群に映えます。

着こなし5さりげない同色レイヤードがセンス良し!

WEAR

無地白T×ブルージーンズの王道スタイルに同色のタンクトップを投入。これだけでシンプルな着こなしに奥行きを生み出せますし、同色ならコーデに違和感なく溶け込みます。上下ともルーズなサイズ感のアイテムを選び、抜け感を出したのもキーポイント。

着こなし6ホワイトのタンク&スニーカーで軽快に!

ZOZOTOWN

ブラックシャツに同色ショーツを合わせたトーンオントーンのコーデに、白タンクトップとスニーカーを足して軽快さをプラス。タンクトップはクルーネックTと比べて首元が広めになっているモノが多いので、リラックスなムードも高まります。

着こなし7シックな装いに蛍光色で遊び心をMIX

WEAR

ネイビーのレーヨンシャツ×グレーパンツのシックな着こなしがベース。そのままだとやや単調なイメージですが、ライトイエローのタンクを挿して装いに緩急を描き出しています。蛍光色の1点投入はトレンドテクニックでもあるので、ぜひトライを。

着こなし8無彩色の組み合わせにチェックシャツでくだけ感出し!

WEAR

スリムパンツとタンクトップをブラックで呼応させてスマートさを創出。ただし、トップスにチェックシャツを用いて、くだけ感を巧みに取り込んでいます。シャツの第一ボタンだけを留めるなど、着こなし方で個性を出している点もナイス。

着こなし9涼しげなイメージを振りまくレイヤリング

WEAR

淡く色褪せたデニムシャツとマリンテイストなボーダータンクトップの組み合わせによって涼感たっぷりなコーディネートに。膝上丈のショーツも涼しげな印象をアシストします。ラフになりすぎないよう、足元は黒で引き締めました。

レイヤードにおすすめのタンクトップ

スタイルサンプルでコーデテクニックを学んだら、続いては大人の着こなしにハマるタンクトップをチェック! どれも好印象なスタイルの一助となってくれるグッドアイテムです。

アイテム1『ユニオンステーション』サーフニットタンクトップ

ZOZOTOWN

吸汗&速乾性に優れた、コットン×ポリエステルのサーフニット素材を使用した機能派。蒸し暑い日でも心地良く着られる1枚です。大胆にラウンドカットされた裾ややさしげな色合いなど、デザインも大人を引きつける要素満載。

アイテム2『コードナンバーエイト』ランダムワッフルタンクトップ

ZOZOTOWN

ランダムな編み目となったワッフル生地を使い、表情豊かに仕上げた逸品。上質コットンならではのノンストレスな着心地も魅力的です。前身頃にはレタードプリントを配しており、シャツのインナーとして使うと程良いスパイスに。

アイテム3『ステュディオス』ラウンドヘムレイヤードロングタンクトップ

ZOZOTOWN

レイヤードを前提としたロング丈&ラウンドカットで大人のコーデにマッチ。ビッグTと重ねても裾をしっかりと出せます。ボディは肌触りの滑らかなコットン100%で、カラーバリエーションはホワイトとグレーをラインアップ。

アイテム4『ウィゴー』ワッフルラウンドロングタンクトップ

ZOZOTOWN

無地トップスと抜群の相性を発揮するボーダー柄タンクトップは、1枚持っておきたいアイテム。縦のレイヤードにも、シャツのインナーとしても使い勝手良好です。また、ボディのワッフル生地には適度な厚みを持たせておりタフに着られます。

アイテム5『チャオパニック』ランダムワッフルタンクトップ

ZOZOTOWN

鮮やかなカラーに仕上がったタンクトップは着こなしの挿し色にうってつけ。シンプルコーデのアイキャッチとして使いたいアイテムです。ワッフル地特有の凹凸感あるタッチで、肌にまとわりつかないのもうれしいかぎり。

最後に。肌着でガシガシ使うなら、セットタンクトップ

ここまではファッションアイテムとして使えるタンクトップを紹介してきましたが、最後は肌着使いする際におあつらえ向きなコスパ&品質に優れるタンクトップをレコメンド。複数枚がセットになっているパックタイプが狙いどころです。

アイテム1『ヘルスニット』ベーシック 2P タンクトップ

ZOZOTOWN

良質なUSAコットンを使ったリングスパン糸で編み上げられた米国の老舗ブランドのこちら。サラッとした肌触りに加え、脇に縫い目のない丸胴仕立ても着心地の良さをアシスト。2枚ワンセットです。

アイテム2『ヘインズ』テレコ素材タンクトップ 2枚組

AFRO JACK

『ヘルスニット』と同じく米国を代表するブランド。コットン×ポリエステルのテレコ素材は汗をかいてもべたつきにくいのがメリットです。首元がチクチクしないタグレス仕様やフィット感に秀でる丸胴仕立ても見逃せないストロングポイント。

アイテム3『ギルダン』6パックタンクトップ

ZOZOTOWN

汗ばむこの時期、毎日肌着としてタンクトップを着用している人には、こちらの6枚入りパックを推奨。税込みで3,000円台というバリュープライスながらも『ギルダン』らしく質実剛健な作りで、長く愛用できます。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
トップス
タンクトップ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

健康志向が高まり、ライフスタイルの一部としてジムに通う人が増えています。それに伴い、ジム用のウェアもどんどんおしゃれに。今どきのジムスタイル事情をお届けします。

近間 恭子