ラコステのメンズスニーカー、おすすめとコーデを紹介

『ラコステ』といえばポロシャツですが、メンズスニーカーもおすすめ。シンプルで汎用性が高く、履きやすい。そんな『ラコステ』のスニーカーをコーデとともに紹介します。

ライターR

2017.04.04

『ラコステ』って、こんなブランド

『ラコステ』は、1933年にフランスで設立されたブランドで、ポロシャツのメーカーとして有名です。創業者のルネ・ラコステ氏はテニスプレイヤーとしても有名で、粘り続けるプレイスタイルが“かみついたら離さないワニ”と呼ばれていたことからブランドロゴはワニになりました。

ポロシャツだけじゃない! 『ラコステ』のスニーカーが新鮮

夏のトレードマークといっても過言ではない『ラコステ』ですが、ポロシャツだけでなく、スニーカーもシンプルで使い勝手のいいものがたくさんあります。さっそくどのようなものがあるのか見ていきましょう。

『ラコステ』ガゾン スポーツ 2

シンプルで使い勝手抜群のスリッポン。クラシックなデザインながら、レザーのアッパーとホワイトソールが特徴的な一足です。見た目だけではなく履き心地も追求されており、見えない部分で伸縮性の高い素材を使用しています。フィット感とデザイン性が両立する、大人顔のスニーカーです。

『ラコステ』ルロン

テニスシューズのような印象のスニーカー。キャンバス地で同色のシューレース、スプレーで色付けされた控えめなアイレット、そしてアイコニックなワニロゴでシンプルながらも個性的です。デニムにもチノパンにもマッチする、『ラコステ』のスニーカーを代表する万能選手です。

『ラコステ』カムデン ニュー カップ

『ラコステ』といえばこのデザインという、ブランドを代表する一足。クラシックなベルクロのディテールが、レトロな印象です。懐かしさを感じさせつつも、今見ると新鮮な表情が◎。

『ラコステ』L27 ミッド

シンプルながらも洗練されたハイカットスニーカー。ラウンド上にカットされたトゥキャップが、愛きょうのあるデザインです。どんなシーンにも合わせやすいのが特徴。パンツを選ばずコーディネートに活用することができます。

『ラコステ』マリス

かかとに施された、大きなワニのインジェクションプリントが印象的なスリッポン。アッパーはキャンバス地で夏でも爽快な履き心地です。浅めなので七分丈のパンツなどとの相性が良いこと間違いなし。

『ラコステ』ブラッドショー

単色のスエードのアッパー素材が特徴的なスニーカー。ダービーシルエットが大人っぽさを増しています。シューレース、ステッチなどのディテールにもこだわっており、このモデルに合わせるボトムスのバリエーションは無限大です。

『ラコステ』カーナビー エヴォ 2

高級感漂う上質な革を使ったスニーカー。プレミアムシュリンクレザーはソフトで見た目だけではなく履き心地にもこだわっています。『ラコステ』のワニが、エンボス加工で施されているというディテールへのこだわりなども楽しいスニーカーです。

『ラコステ』L.12.12 116 1

タウンユースなスニーカーでソールとアッパー部分のツートンカラーがきれいなモデル。ジーンズやスウェットパンツとの相性も良いです。またシーズンを問わずに使えるデザインのスニーカーです。

『ラコステ』のスニーカー。おしゃれな大人に学ぶ着こなし方

『ラコステ』のスニーカーを“大人カジュアル”に仕上げる方法を、チェック。街のおしゃれなコーデサンプルから、『ラコステ』のスニーカーをセンス良く履きこなすヒントを解説します。

『ラコステ』のスニーカー“ガゾン スポーツ 2”を使った着こなし

タイトなパンツをロールアップして組み合わせることできれいなシルエットに。トップスは夏らしいポロシャツや半袖シャツなど、どんなデザインにも組み合わせられるシンプルなスニーカーです。

ボーダーカットソー×ホワイトパンツのマリンコーデにホワイトのガゾンスポーツ2のは相性抜群。足元は裾をロールアップして、肌見せすると好バランス!

ショート丈のパンツにポロシャツとラフなカジュアルファッションにも最適なスニーカーです。ショートパンツと丈の短めのスニーカーが足元を涼しげに見せてくれます。

Tシャツにジーンズといったラフなコーディネートにもぴったりなこのスニーカー。スニーカーと同色のTシャツと組み合わせることですっきりとしたシルエットに見えます。

『ラコステ』のスニーカー“ブラッドショー”を使った着こなし

スラックスやアイロンのかかったチノパンなどかっちりとしたパンツと相性のいいスニーカーです。アッパーの素材感から秋冬に重宝しそうなアイテムです。

シンプルなカットソーにスキニーなボトムスにぴったりのスニーカー。もちろん柄物のシャツでも大丈夫です。すっきりと履きこなすことで大人な足元を演出してくれます。秋冬にぴったりな印象のスニーカーですが、コーデ次第では夏も重宝しそうなアイテムです。

ワイドなパンツをロールアップして靴下を長めに出してもおしゃれなスニーカー。シャツと同色系にすることでカジュアルさがグッとアップします。硬くなりすぎず、ラフになりすぎない甘めの大人カジュアルを演出してくれるコーデです。

同色系のサマーニットにホワイトのスキニーボトムスをロールアップすると、爽やかなカジュアルコーデの出来上がりです。ラフすぎないカジュアルなコーデはデートシーンでも好印象を与えそうです。ボトムスは少し短めやロールアップし、このモデルを合わせてみましょう。これが、簡単にきれいシルエットを作る秘訣です。

『ラコステ』のスニーカー“カーナビー エヴォ 2”を使った着こなし

ハードなイメージの革のスニーカーですが、意外とカジュアルな使い方をすることで甘すぎない大人カジュアルにすることができます。ポロシャツやカットソーと合わせることですっきりとしたシルエットになります。

ポロシャツとショート丈のパンツですっきりとした夏カジュアルな印象。同色のパンツで合わせることで足元がすっきり見えます。ワイルドな革のスニーカーとシンプルでオーソドックスなポロシャツとの組み合わせは、着回しが利くコーデになっています。

スウェットのアウターにワイドなパンツ、革のスニーカーでワイルドなテイストにまとまったコーデ。ワイド幅のパンツをロールアップすることで重たい印象を軽くしています。子供っぽくならないワイルドでカジュアルな足元を引き立たせるスニーカーとして役立ちそうです。

オーバーサイズのポロシャツにショートパンツ、長めのソックスに革のスニーカー。ポロシャツとショートパンツだけだとラフになりすぎてしまいますが、足元で引き締めることで子供っぽさを半減しています。スニーカーソックスよりもロングソックスにすることで足元が締まって見えます。

『ラコステ』のスニーカー“L.12.12 116 1”を使った着こなし

カジュアルなシーンにぴったりなスニーカーは、服装を選ばずに履くことができます。スウェットやイージーパンツと組み合わせても、チノパンと組み合わせても、大人きれいなカジュアルに仕上がります。

カジュアルなスウェットに濃いめカラーのジーンズを軽くロールアップして着用すると、カジュアルな中にも足元から大人の洗練されたスタイリッシュさが引き立ちます。イージーな服装を引き締めてくれる効果があるので、ワイドなパンツと組み合わせるとかっこよく決まります。

ポロシャツのような雰囲気のシャツと、ショートパンツに合わせたスニーカーは柄物のシャツでもすっきりと見せ、カワイイ印象のカジュアルスタイルに仕上がっています。足元はスニーカーソックスなどで靴下が見えないようにすると、清潔感も増し、きれいな仕上がりに。

夏らしく、頭から足元までネイビーで統一された爽やかなコーディネート。ポイントで、カットソーのホワイトの差し色とスニーカーの白ですっきりとした印象に。カットソーは腰に巻くことで子供っぽすぎない、甘めなカジュアルスタイルに仕上がります。ボトムスの裾はロールアップして足首を出すことですっきり。

KEYWORD関連キーワード
スニーカー
ラコステ(LACOSTE)
夏の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

ラコステのTシャツで初夏の用意。まずは鹿の子素材の1枚を!

夏を乗り切るために、Tシャツに快適性を求める方は多いはず。そこで重宝するのが、ブランドの代名詞である鹿の子素材を使った『ラコステ』のTシャツです。

近間 恭子

なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

Freeamericanidol編集部

ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

大切なシューズが濡れてしまうのが、雨の日の悩み。かと言って雨の日もおしゃれはしたい……。そんな方におすすめしたい、『ハンター』のレインブーツをご紹介。

CANADA

防水スニーカー12選。見た目GOODなアイテムで雨の日も快適に

どんな季節であれ、足元の“雨対策”は必要。晴れの日に履くようなルックスかつ防水性を兼備した防水スニーカーが1足あれば、突然の雨天でも困ることはありません。

Freeamericanidol編集部

タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

那珂川廣太