アイランドスリッパのおすすめサンダル9モデル。ブランドの魅力もご紹介

上質な素材感とやわらかな履き心地で人気の『アイランドスリッパ』。同ブランドの魅力を掘り下げつつ、おすすめのモデルや大人向けのコーディネート術を解説します。

Freeamericanidol編集部

2019.08.13

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

ハワイ生まれの『アイランドスリッパ』が大人に人気

ZOZOTOWN

1946年に創業したハワイ発のサンダルブランド『アイランドスリッパ』は、シンプルなデザインと豊富なカラー、そして見た目以上のやわらかな履き心地で世界中から愛されているブランドです。シンプルなデザインで夏コーデに合わせやすいのはもちろん、現地の職人が全工程を手がける100% MADE IN HAWAIIという品質も人気の秘密。

『アイランドスリッパ』ならではのこだわりとは

ZOZOTOWN

同ブランドはハワイへ移住した日本人のモトナガ・タキゾウ氏がサンダルの原型を製作し、息子のエドワード・モトナガ氏が会社を設立。創業当時から「すべての工程をMADE IN HAWAIIで」というこだわりを持つブランドで、生産は機械頼りでなくすべて現地の熟練職人によって1足ずつ丁寧に作られています。

上品で大人顔。『アイランドスリッパ』の魅力

そのこだわりや履き心地から、芸能人やファッション業界人にも愛用者が多い『アイランドスリッパ』。同ブランドの気になる魅力をご紹介します。

魅力1手作りならではの高いクオリティ

ZOZOTOWN

前述の通り、『アイランドスリッパ』はハンドメイドならではの風合いやクオリティを守るため、人の手で作られ続けています。機械生産ではなく職人の手によるプロダクトだからこそ、縫製をはじめとするディテールに定評があるんです。

魅力2驚きのグリップ性とクッション性 

ZOZOTOWN

『アイランドスリッパ』の定番モデルはすべてレザー製。履いた瞬間、足裏にしっとりとしたレザーの質感が感じられ、履くほどに自分の足に馴染む感覚を味わえます。さらに、インソールのクッション加工のおかげで弾力性あるやさしい履き心地が感じられ、長時間歩いても疲れにくいんです。ソール部分には滑り止め加工が入念にされているため、雨の日も滑りにくく、グリップが効きやすいというメリットも体感できるはず。

魅力3大人の装いにマッチする上品な素材使い

ZOZOTOWN

一般的なビーチサンダルはほとんどがゴム製ですが、同ブランドは上質なツヤ感のあるベジタブルタンニンレザーやスエードなどの高級素材が余すところなく使われています。「サンダル=カジュアル」というイメージを抱きがちですが、こんな高級素材製のサンダルなら、きれいめコーデにも使いやすいですよね。

まずチェックすべき『アイランドスリッパ』の定番モデル

モノ作りの魅力に続き、『アイランドスリッパ』のラインアップをチェック! まず押さえておきたい定番モデルをご紹介します。いずれも合わせるアイテムを選ばない優等生ばかりです。

モデル1PT202

HEADFOOTmixism

『アイランドスリッパ』のシグネチャーモデルといっても過言ではないベーシックモデルがこちら。ベジタブルタンニンレザーを使用したPT202は、履き続けるほどに足に馴染み、どんどん自分色に育って経年変化を楽しめるモデルです。

モデル2PT203

MARC ARROWS楽天市場店

PT202同様にベーシックなモデルとして人気なスエード製のPT203。デザインこそ同じですが、質感によって前者はソリッドな印象、後者はソフトな印象と、雰囲気は大きく異なります。その日の着こなしや気分によって2モデルを使い分けするのもGOOD。

モデル3PT223

ZOZOTOWN

クロスストラップが特徴のPT223。甲部分がやや低めに作られているため、その他のモデルよりもホールド力が高い点も魅力です。また、ストラップ部分が太いため、靴擦れを起こしにくいメリットがあるのもうれしいところ。

モデル4PTS705

ZOZOTOWN

幅広のワンストラップを配したPTS705は、昨今注目を浴びるシャワーサンダル型。一般的なEVA素材のシャワーサンダルはスポーティな印象が強めですが、こんなスエード製の1足ならシックに履きこなせるはずです。

人気ブランドの手による『アイランドスリッパ』の別注モデルも要チェック!

シンプルかつクリーンな定番モデルもおすすめですが、各セレクトショップやアパレルブランドによる別注モデルも見逃せません。いつもの着こなしにプラスするだけで、より今らしいコーデが楽しめる5足をピックアップしました。

モデル1『ジャーナルスタンダード』別注

ZOZOTOWN

定番のスエードモデルをベースにしつつ、鼻緒部分をリバースレザーに変更。ソフトな表革が素肌に触れるため、柔らかく履き心地が快適です。

モデル2『エディフィス』別注

ZOZOTOWN

一見すると『アイランドスリッパ』定番のルックスですが、『エディフィス』のそれは雪駄風のデザインがオリジナリティを演出。トング部分が細く、和装にもマッチする表情は別注ならでは。

モデル3『シップス』別注

ZOZOTOWN

足の甲との接地面が広くなる分、よりフィット感が増すクロスストラップモデルを採用。定番のトングタイプとはまたひと味違った、落ち着きのあるアーバンな面持ちの1足です。

モデル4『グリーンレーベルリラクシング』別注

ZOZOTOWN

ストラップ部分とフットベッドで異なるカラーのスエードを採用した別注モデル。バイカラーとはいえ、同系色でまとめられているのでシックな仕上がりです。さりげなく差を付けたい大人の夏コーデに最適です。

モデル5『ビームスメン』別注

ZOZOTOWN

通常はナチュラル、もしくはブラックという2色で展開されているソールを、アッパーと同色のスペシャルカラーで別注。より一層ミニマルなムードに仕上がっていて、クールでスタイリッシュな夏の足元を演出してくれます。

きれいめにもカジュアルにもハマる『アイランドスリッパ』。着こなしサンプルを紹介

ここまで『アイランドスリッパ』のアイテムについて紹介してきましたが、では実際に履くときにはどんなコーデが良いのでしょうか。ここからは、『アイランドスリッパ』を活用した春夏の着こなしサンプルをご紹介します。

▼きれいめコーデに合わせる場合

春夏のジャケパンコーデやセットアップなどきれいめコーデに合わせる場合は、コーデの引き締める役になるモノトーンのものやレザーシューズのように使えるスムースレザーを使ったものを合わせるのがおすすめ。レザーの光沢がきれいめコーデに華を添えてくれますよ。

コーデ1ポイントカラーとしてのサンダル使いが効果的

WEAR

洋服はブルー系のコーデですが、あえてシューズにブラウンを使うことで、全体に彩りが増えるだけでなくコーデ全体も引き締まっています。きれいめコーデにサンダルを投入することでコーデに程良いリラックス感をプラスできます。

コーデ2きれいめハーフパンツコーデもサンダルで華やかに

ZOZOTOWN

ハーフパンツのきれいめコーデに合わせるシューズに迷ったらオールレザーの『アイランドスリッパ』が大活躍。パンツのカラーに近いサンダルを選べば、コーデ全体がまとまって見えるだけでなく、色使いの失敗もなくなりますよ。

コーデ3サンダルでも、まるでスーツコーデのように着こなせる

WEAR

セットアップのカラーと『アイランドスリッパ』の色合いを同系でまとめた、きれいめコーデの代表例。こちらのコーデにローファーを合わせると夏には重たくなってしまうところを、『アイランドスリッパ』が程良い抜け感を与えています。

コーデ4小物とサンダルカラーを合わせるのも◎

ZOZOTOWN

街歩きに最適なこちらのコーデ。バッグ、サンダル、アクセサリーの色・質感がまとまっていて、上品な印象を与える着こなしとなっています。タイトめパンツのコーデでも全体にリラックス感を与えるサンダルの仕事ぶりもさすが。

コーデ5ブラックの重さはサンダルで解消!

WEAR

夏コーデに上半身や足元にブラックを使うと重たさが出てしまいがちですが、こちらのコーデはホワイトを巧みにMIXしたうえ、足元にサンダルを投入することでコーデ全体を軽快化。パンツの丈も短すぎず、上品さも感じられます。

▼カジュアルコーデに合わせる場合

サンダルはカジュアルコーデ全般で使いやすいですが、王道のデニムコーデだけでなく、ゆるいサーフスタイルやスポーツMIXなどに『アイランドスリッパ』を使うのもおすすめ。柄モノやカラフルなモノを挿し色使いするのもいいですね。

コーデ6スポーツMIXコーデにナチュラル感をプラス

ZOZOTOWN

スポーティにまとめたコーデも、『アイランドスリッパ』ならではのナチュラル感によってやわらかな印象のコーデに変化。カーキ×ブラウンの色使いは安心感のある王道的カラーバランスです。上下ともにゆったりしたサイズ感で、休日のリラックスタイムにぴったり。

コーデ7あえて全身を同系色でまとめたシンプルコーデ

WEAR

のっぺりとしがちな全身同系色コーデですが、全体のトーンと素材感がすべて異なるため、動きのあるシンプルコーデに仕上がっています。さらに、ロールアップしたジーンズにサンダルを合わせることで足元にアクセント効果が生まれ、のっぺりした印象を感じさせません。

コーデ8デニム&キャンバスに足元のスエードが好相性

ZOZOTOWN

こちらもシンプルコーデですが、キャンバス系のリュックとデニムのマット感、足元のスエードサンダルの風合いが全部ぴたりとマッチしていて調和が感じられるコーデ。リュックとサンダルの色味を揃えることで、全身にまとまり感を生み出している点にも注目を。

コーデ9足元のレッドで見事なトリコロールコーデに

ZOZOTOWN

合わせるコーデを選びそうなレッド系サンダルですが、ブルー系のボトムスにホワイトのシャツを合わせれば、簡単に爽やかなトリコロールカラーコーデが完成。全体のシルエットをゆるめにすると一気に南国ムード漂う着こなしに。

コーデ10トーンバランスが整ったリラクシングな休日コーデ

ZOZOTOWN

空色のシャツと砂浜を思わせるカラーのサンダルがハワイを感じさせるバカンスコーデ。全体が薄めのカラーリングの中、インナーシャツに深いネイビーを採用することで全体のトーンバランスが巧みに調整されたコーデです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
アイランドスリッパ(ISLAND SLIPPER)
サンダル
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

Freeamericanidol編集部

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

リーバイスのジージャン。その定番モデルやコーデを紹介!

メンズカジュアルシーンに欠かせないジージャン。なかでも老舗ブランド『リーバイス』は人気です。そこで、定番モデルやカラバリ、着こなしまで一挙紹介!

ライターR

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮