整理整頓も簡単! 単体でも使えるバッグインバッグ5傑

最近は、デザイン性にも収納性にも優れるバッグインバッグが出揃ってきました。ランチなど、ちょっとした外出時にも重宝するので、活用しない手はありません。

平 格彦

2015.04.04

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

落ち着きのあるベーシックカラーを選ぶことで、いつでも単体で使えるように

小用時にそのままサッと持っていけて便利なバッグインバッグ。定番化したクラッチバッグとして使用することを考えて、流行り廃りのない定番カラーを選ぶのがベター。

合わせて読みたい:
シーン別。クラッチバッグの人気ブランド10選

耐久性に優れる頼れるインナーバッグの筆頭と言えば『トゥミ』のこちら

Amazon.co.jp

『トゥミ』の代名詞ともなっている丈夫なバリスティックナイロンだけでなく、伸縮性に優れるスパンデックス素材も組み合わせて使い勝手を追求したビジネスコレクションのタブレットカバー。フロントにはオーガナイザーポケットに加え、もうひとつのジップポケットまで備え、非常に整頓しやすい作りになっています。

こちらもバリスティックナイロンで有名! 『ブリーフィング』の2WAYブリーフバッグ

BOOTSMAN

アメリカ軍の規格に準拠したミルスペックの品質で人気の高い『ブリーフィング』。この2WAYブリーフケースは、B4サイズまで対応するので大きめですが、マチが薄いのでバッグインバッグとしても活用できます。開口部が広いのも特徴的で、取り出しやすさや視認性に優れています。

旅をテーマに掲げる『アノニム』。新コレクションの注目作

Amazon.co.jp

"Whatever"(なんでも)+ "Whenever"(いつでも) + "Wherever"(どこでも)を組み合わせた表現のM3をモデル名に冠するドキュメントケース。内側の片面は総メッシュのポケットでA4サイズの書類や雑誌が収納でき、反対側には13インチまでのノートPCやタブレッドが入り、メモパッドやペンなども小分けにすることができます。

『ウルティマトーキョー』のバッグは、3WAYで使用できるシーンを選ばない優等生

Amazon.co.jp

ポーチとしてはもちろん、クラッチ&ショルダーバッグとしても使用できる優れもの。シュリンクしたイタリアンレザーは上質感を湛え、フォーマルな場でも使える面持ちです。普段使いはもちろん、冠婚葬祭用としても重宝するスマートなバッグです。

『リヒトラブ』のこの逸品こそ、バッグインバッグの正統派!

Amazon.co.jp

A5サイズまで対応するメインポケットは、“コ”の字型のダブルジップで取り出しやすさに配慮。クッション材が使用されているため、タブレットなどを収納するのにも適しています。一方、フロントは多用なポケットが充実。スマホや手帳、筆記具といった毎日の必需品が整理できます。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
バッグ
バッグインバッグ
クラッチバッグ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

Freeamericanidol編集部

傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

Freeamericanidol編集部

3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

見た目も重要だけど、やっぱりビジネスバッグは使い勝手で選びたいもの。今選ぶなら、シーンやスタイルに合わせて使い分けができる3WAYバッグが狙い目です。

Freeamericanidol編集部

黒リュックのおすすめ20選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

リュックの色に迷ったら、黒をセレクトするのが正解。カジュアル、きれいめ、3WAYという3つのテーマからおすすめしたい黒リュックを厳選しました!

Freeamericanidol編集部

7大ブランドを検証! 機能派ブリーフケースカタログ

ビジネスマンにとって、ブリーフケースは日々の生活に欠かせない仕事道具。とくに機能性を重視したいという方のために、人気ブランド別にそのディテールを解説します。

近間 恭子

もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

近間 恭子