タフな大人の必需品。ブリーフィングのリュック名作選

米軍のミルスペックを満たす、タフ&ファンクショナルバッグの王道『ブリーフィング』。ブリーフケースも人気ですが、今回はスポーティなリュックをチェックしましょう。

MASAFUMI YASUOKA

2019.01.22

アーバンデザインのミルスペックバッグブランド『ブリーフィング』

もはや語るに及ばずの人気ブランド。耐久性や頑強さ、そして機能性において、アメリカ軍が定める基準をクリアする高いスペックを誇る『ブリーフィング』は、デイリーユースからビジネス、はたまたトラベルまで、すべてのシーンをカバーするバッグブランドです。

設立は1998年。リアルなミリタリーユースにも耐えうるバッグを世に送り出してきた同ブランドは、その生産地点をアメリカに置きます。多くのバッグブランドがコストの安い地を選ぶなか、デザイナーの小雀氏は比較的コストの高いアメリカ生産にこだわりました。『ブリーフィング』を生産するファクトリーは、実際に軍に納入するバッグを手がける実力派。リアルミリタリーからインスパイアされたそのスペックは、いうまでもなくデイリーユースにおいては十分すぎるものです。幅広いシーンで重宝されるのは、そんな信頼性の高さが背景にあるのです。

『ブリーフィング』の高い耐久性はリュックに最適

アメリカ軍のミルスペックを満たす、具体的な仕様を紹介しましょう。生地には、主として防弾チョッキにも使われる1050デニールのコーデュラ社製バリスティックナイロンを採用。耐摩耗性に優れたその生地は、タフな使用にも耐えうるものです。また、生地だけでなくウェビングテープやメタルパーツなども、すべて軍の定める基準を満たしています。

さらに、収納の多様さも見どころ。単にポケットが多いだけでなく、収納目的によって異なる大きさを組み合わせることで、効率的な収納性を追求しているのです。今回紹介するリュックは、それらの特徴をまさに実感できるものばかり。ビジネスにおけるブリーフケースとしても市民権を得ている『ブリーフィング』。カジュアルではもちろん、スーツでのリュックスタイルが定着した昨今は、オン・オフ兼用リュックのブランドとしてもチェックしておきたい存在です。

都会的なデザインが光る『ブリーフィング』のおすすめリュック

単なるデザインの棲み分けではなく、機能に裏打ちされたバリエーションが魅力でもある『ブリーフィング』のリュック。きっと、目的に沿ったリュックが見つかるはずです。

合わせて読みたい:
ブリーフィングのバッグ。人気の定番モデル完全ガイド

こりゃ便利。ブリーフィングのサコッシュをレコメンド

あの人気色にサヨナラ。年内で生産終了するブリーフィングのミッドナイト

モデル1フォースM

デイパックタイプのなかでも、定番人気を誇る「フォース」シリーズ。バリスティックナイロンやお馴染みのウェビングテープがミリタリー的なタフさを印象づけます。メインコンパートメントは、ボトム近辺まで配したラウンドジップによって大きく開放が可能に。内側には、クッション材を配したPCスリーブが完備されています。片側の肩で背負ったまま、中身を取り出しやすい斜め配置のフロントポケットなど、『ブリーフィング』らしい機能的な作りが随所に見られる定番人気の逸品です。

モデル2メッシュパック

春夏シーズンに限らず、ファッションアイテムとして選ばれることも増えた「メッシュパック」も、ぜひリストアップしておきたいところ。タフなバリスティックナイロンではなくメッシュ生地を採用することで非常に軽量に仕上げています。また、メッシュ生地のもう1つのメリットとして小さく折りたたんでおける素材の柔らかさがあります。サイズもコンパクトなので、トラベル先で使うリュックとしてキャリーケースに入れておくのも良いでしょう。見た目にも軽快なので、ミリタリー由来のオリーブグリーンも断然爽やかなイメージに映ります。中身が確認しやすい分、リアルなアウトドアバッグとしても活躍してくれるはずです。

モデル3グラビティーパック

重厚なスクエアなシルエットによって、ビジネスリュックとしても人気を集める「グラビティーパック」。トップオープン型を採用し、フロントが大きく開くことでA4サイズの書類の出し入れもスムーズに行えます。両サイドには、メインコンパートメントへのアクセスジップも付けられているため細やかな荷物の取り出しも楽々。マチ幅を広く取ることで、大容量の収納スペースを確保している点にも注目です。厚手のクッション材を配した背面とストラップにより、内容物をいっぱいに詰めて長時間背負っても疲れにくくなっています。

モデル4アタックパック

ベーシックな山型デイパックをベースにしながら、見てのとおりの多ポケット使いによって『ブリーフィング』らしさを誇示する「アタックパック」。生地は他モデル同様にタフさ満点のバリスティックナイロンを採用しています。一見すると武骨な印象ですが、サイズ感はさほど大きくなく、タウンユースにも馴染む表情です。

特徴は、やはり上下2つに配された大きなフロントポケットでしょう。メインコンパートメントとともに、かなりの収納力を確保します。サイドにもペットボトルがすっぽりと収まるオープンポケットが装備されているなど、利便性も申し分ありません。

モデル5ネオトリニティーライナー

『ブリーフィング』がビジネスシーンで重宝される理由は、やはりユーザー視点の機能性の高さにあります。この「ネオトリニティーライナー」は、それを象徴するモデルです。ハンドルと着脱式のショルダーストラップ、そして収納式のリュック用ストラップによって、3WAYでの使用を可能にした同作。収納力についても、大型のジップポケットを採用した向きの異なるフロントポケットをはじめ、クッション入りのPCスリーブや大型のジップインナーポケットなど、ビジネスに便利なポケット構成が見て取れます。

モデル6QL マーケットサック

高い耐久性を誇りながらも、軽量性を両立する500デニールのバリスティックナイロン。そんな同生地使いが特徴となる「QL」シリーズから、「QLマーケットサック」をご紹介します。見どころは、縦型のトートバッグでありながらショルダーストラップの搭載によりリュックとしても使える点。買い物中はトートバッグとして、荷物が増えた帰り道にはリュックとして自転車に、そんな使い分けも可能なのです。開口部は、ドローコード付きの巾着と調整式のストラップを装備。サイドには、メインコンパートメントへのアクセスジップも付いています。

モデル7パッカブルハイカー

アメリカ軍のミルスペックを満たす『ブリーフィング』。武骨でタフという印象が強い同ブランドですが、こんな軽量なモデルも存在します。モデル名は「パッカブルハイカー」。その名のとおりハイカーの使用を想定したモデルで、70デニールの薄手ナイロンを採用することで実に軽く仕上げられています。おまけに、パッカブル仕様。インナーポケットに本体を収納すれば小さなポーチ状になるため、旅行先のサブバッグとしてもおすすめです。とはいえ、ナイロン地にはパラシュート用素材でもお馴染みのリップストップ仕様を採用するなど、タフなモノ作りに根ざしたブランドの矜持はキープしています。

モデル8ネオ アーバンフラッパー

500デニールのコーデュラナイロンを採用することで、耐久性と軽量性を両立した「QL」シリーズ。こちらは、さらに収納力を高めた「ネオ アーバン フラッパー」です。特徴は、フラップ前面のストラップ。調整式になっており、またメインコンパートメントを巾着式にすることで、荷物の量によって高さを変えることができます。さらに、背面にはフィット感を高めるチェストストラップを採用。スクエアなシルエットが都会的でありながら、アウトドアシーンでも活躍してくれる機能派リュックです。

モデル9TX ライトパック

女性にもフィットするコンパクトなサイズ感と、ナイロンオックス地が軽量性も実現した「TXライトパック」。メインコンパートメント以外は、フロントにジップポケットが1つと、デイリーユースにもうれしいシンプルな作りが魅力です。そんなベーシックな作りのなかにも、ナイロンオックス地にはフッ素樹脂加工が施されており防水性と防汚性を備えるなど、機能性に対するブランドの真摯な姿勢が見て取れます。メインコンパートメント及びフロントポケットのダブルジップ使いも、使い勝手の良さに貢献しています。

モデル10ロープサック

耐久性の高い1050デニールのコーデュラナイロンを使用した『ブリーフィング』ならではのタフな作りはそのままに、女性にもフィットするコンパクトなサイズで仕上げたロープ サック。サイズは小さくとも、開口部が大きく開くラウンドジップ仕様や2つのインナーポケット、そしてキーリングを内蔵した縦置きのフロントジップポケットなど、使い勝手の良さを披露しています。また、レンジャーグリーンのカラーリングも相まって、同ブランドの醍醐味である男らしいミリタリーアイテムの雰囲気を楽しませてくれます。

KEYWORD関連キーワード
バックパック・リュック
ブリーフィング(BRIEFING)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック20

ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

近間 恭子

7大ブランドを検証! 機能派ブリーフケースカタログ

ビジネスマンにとって、ブリーフケースは日々の生活に欠かせない仕事道具。とくに機能性を重視したいという方のために、人気ブランド別にそのディテールを解説します。

近間 恭子

レザーリュックなら、オフの着こなしもシックにキマる

手も空いて機能的な反面少し子供っぽさもあるリュックですが、レザー製を選べば大人の日常着ともマッチ。Freeamericanidol世代に似合う上質な革リュックをレコメンドします。

山崎 サトシ

3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

見た目も重要だけど、やっぱりビジネスバッグは使い勝手で選びたいもの。今選ぶなら、シーンやスタイルに合わせて使い分けができる3WAYバッグが狙い目です。

Freeamericanidol編集部

3タイプからセレクト。自転車通勤で使いたいおしゃれなバッグ12選

自転車通勤のビジネスマンが増えている昨今。リュックはもちろんのこと、どんなバッグなら自転車のお供として快適かつ見た目にもスタイリッシュなのでしょうか?

ai sato

どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

Freeamericanidol編集部