モッズコートが大人の男に味方する。おすすめしたいブランド&着こなし方

秋冬に活躍するアウターとして人気の高いモッズコート。カジュアルからきれいめにも着られる汎用性の高さも魅力です。おしゃれに着こなすテクからおすすめまでご紹介!

Freeamericanidol編集部

2018.10.19

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

冬の定番アウターとして活躍。ルックスも機能も男向きなモッズコート

ZOZOTOWN

冬の定番アウターとして人気の高いモッズコートは、もともとは1951年にアメリカ軍が野戦用に採用したミリタリーアウター「M-51」が起源。1960年代、ロンドンで流行していたモッズカルチャーによってファッションアイテムとして広まりました。

ミリタリー調の武骨なデザインに加え、フィールドジャケットの上から羽織れる大きめのサイズ感、防寒性を高めるディテールなど、機能的でタフな点が魅力的。コーデを選ばず合わせやすいこともあって、大人の男に味方するアイテムと言えます。

モッズコート選びで重視すべきはこの2点

モッズコートを買う際に気をつけるべきポイントをピックアップ。お気に入りの1着を見つけるには、サイズ感と重量感をチェックすることが必要です。

ポイント1大きすぎはNG。でもゆったりと羽織れるくらいがちょうどいい

ZOZOTOWN

モッズコートは元々フィールドジャケットの上から羽織れるようにできているため若干ゆったりとした仕上がりです。今季はオーバーサイズがトレンドになっていますが、あまりにも大きすぎるモノはだらしない印象にもなりかねないので、ボリューム具合や着丈のバランスはチェックしましょう。

ポイント2重量を確認するのも忘れずに

ZOZOTOWN

ラフな見た目に反し、モッズコートは意外と重いモノが多いです。ボリュームのあるフードやファー、ボア付きの裏地などが重量が出てしまいがちなので、重さの表記を確認するか店頭で試着をして着心地を確認するといいでしょう。

定番のモッズコートをおしゃれに着こなすテクニック

羽織るだけでサマになるモッズコートですが、大きめなサイズ感なので着こなし次第でアンバランスに見える可能性も……。ここではうまく着こなすテクニックを教えます。

テクニック1細身のボトムスと合わせてYラインシルエットを構築

WEAR

重厚感のあるモッズコートは細身のボトムスを合わせると好バランス。スリムタイプのジーンズやチノパン、ジョガーパンツとも相性良く、スマートな着こなしに仕上がります。ブラックをチョイスすれば、コーデが一層ピリッと引き締まりますよ。

テクニック2アウター・オン・アウターのレイヤードで差を付ける

WEAR

大きめのサイズ感が特徴のモッズコート。それを生かしてアウター×アウターのレイヤードスタイルを楽しむことが可能です。彼はモッズコートにインナーダウンを挟むことで今っぽいスタイルに。ほかにGジャンと合わせるのもおすすめです。

テクニック3より今季らしく着こなしたいならワイドパンツを投入

WEAR

定番のモッズコートをより今っぽく着こなしたいなら、ワイドパンツと合わせるのがおすすめです。上下ともにボリューミーかつルーズなバランスが今の気分にマッチ。ラフになりすぎないよう、合わせるボトムスや色使いで大人っぽくまとめるのがポイントです。

今狙い目はこの10選。モッズコートのおすすめをピックアップ

今季もあらゆるブランドからモッズコートがリリースされています。なかでも大人におすすめしたい10着を厳選してご紹介。定番ゆえに、シルエットやディテールなど細かいところまでチェックして、お気に入りを見つけたいところですね。

アイテム1『フレッドペリー』

ZOZOTOWN

60年代に実際に着用されていたM-51を忠実に再現した本格派。M-51のオーバーなサイズ感は残しつつも、袖などをすっきりと仕立てることで洗練されたルックスに仕上げています。ライナーには取り外し可能なボア付き。

アイテム2『マッキントッシュ フィロソフィー』

ZOZOTOWN

トレンドに則り、肩もドロップ気味にしてアームホールも大きく取ったビッグシルエットのモッズコート。シワが入っても手で馴染ませてあげればすぐに回復する機能素材を使用しているので、ラフに着こなしてもクリーンな印象を保てます。単体でも着用できるファーベストが付属しているため、3WAYでの着回しが可能です。

アイテム3『レミレリーフ』

ZOZOTOWN

『レミレリーフ』には珍しく、ノンウォッシュのデニム生地を使用しステッチも同色で仕上げた1着。フィッシュテールも排しているので、すっきりとした表情にまとまっています。なかに厚手のニットを着込めば、真冬でも十分対応してくれます。

アイテム4『サニースポーツ』

610アメリカ屋

M-51を『サニースポーツ』らしくアレンジした1着は、ゆったりとしたオーバーサイズや、首回りのボリューム感が魅力です。表地には耐久性に優れたリップストップ素材を採用しタフな仕上がりに。ライナーには、軽量で保温性の高い中綿入りキルティングを使用しています。

アイテム5『ハレ』

ZOZOTOWN

モッズコートの上にウール地のジャケットを羽織ったような、ユニークなルックスは唯一無二。同系色でまとめているので、悪目立ちせずに着こなしにアクセントを取り入れられます。今日の着こなしにはちょっと……、という時は、裏返せばベーシックなモッズコートが現れるリバーシブル仕様なのでご安心を。

アイテム6『ユナイテッドトーキョー』

ZOZOTOWN

中綿に軽く暖かな着心地を約束するシンサレート素材を使用した、シンプルな表情の機能系モッズコート。表面には撥水加工を施しているため、雨の日もフードをかぶれば快適に過ごすことが出来ます。

アイテム7『アルファ』

Amazon.co.jp

ミリタリーウェアでお馴染みの『アルファ』のモッズコートは、本格的なディテールを搭載しつつも、ミニマルなデザインで使い勝手抜群です。オーバーサイズに仕上げた今季らしいシルエットが特徴的で、旬に着こなすならワイドパンツを合わせてみては?

アイテム8『ジャーナルスタンダード』

ZOZOTOWN

毎シーズン展開している大人気のモッズコート。程良くゆったりとしたシルエットでリラックス感のある1着は、トレンドのストリートMIXスタイルにもハマります。フードの取り外しが可能なので、気分によって使い分けることも可能。

アイテム9『アヴィレックス』

AVIREX

フライトジャケットの代名詞的ブランドともいえる『アヴィレックス』のアイテムは、高い機能性はそのままにサイズ感を細身にモダナイズした1着。撥水性も考慮したコットン×ナイロンの表地の素材は懐古的で、着込む程に風合いが増すので愛着が持てるはず!

アイテム10『マーモット』×『ビームス』

ZOZOTOWN

アウトドアブランドとのコラボアイテムらしく機能面に特化。GORE-TEX(R)Pac-Lite素材を採用することで、驚きの軽さと着心地を確保しています。まるでマウンテンパーカーのような、かゆいところに手が届く快適な着用感を与えてくれる点も、うれしい限り。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
アウター
コート
モッズコート
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

目的別に紹介。ザ・ノース・フェイスの人気リュック19選

本格派のアウトドアから街使いまで、種類豊富な『ザ・ノース・フェイス』のリュック。3つの需要別に、適切なシーンにハマる一品をレコメンドします。

Freeamericanidol編集部

グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

山崎 サトシ

着こなし別に提案。雨の日に重宝するレインシューズ

梅雨や台風、突然の天気雨など、雨天対策に機能的でおしゃれなレインシューズは必須。そこでオンとオフの着こなし別にレインシューズを厳選しました。

宮嶋 将良

アディダスのおすすめスニーカー17選。人気モデルから2019年最新の1足まで

『アディダス』の定番スニーカーから2019年の売れ筋&話題作までを網羅。『アディダス』の“今押さえたい”スニーカー17モデルを厳選し、それぞれの特徴を紹介します。

本間 新

もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

近間 恭子

ナイロンパンツが着こなしを変える。大人のカジュアルダウンに適した選び方とは

快適な着用感に加え、旬なスポーツ感を併せ持つナイロンパンツ。いつもの着こなしに取り入れれば、即スタイルが見違えます。大人目線での着こなし方を覚えておきましょう。

山崎 サトシ