NOT部屋着!スウェットパンツの着こなし5のアイデア

人気がとどまることを知らないスウェットパンツ。街着としての支持率も高まるばかりです。どうしても部屋着になってしまう人は、実例とともに活用法をマスターしましょう!

平 格彦

2016.06.18

スウェットパンツは“街着”としてもおしゃれにはける!

リラックスできるはき心地が人気のスウェットパンツ。ただし、はくと部屋着に見えてしまう……という人も少なくないはずです。しかし、確実にタウンユースでの需要は増加中!! ノームコア、アスレジャー、スポーツミックスといったスタイル作りにも用いられるアイテムなので、活用できないと損します。

スウェットパンツを今っぽくはくための5つのアイデア

さっそく、タウンユースで今っぽくはきこなすためのアイデアを5つピックアップ! いずれかのポイントをひとつ実践するだけで、脱・ルームウェアは達成できます。

アイディア1ジャケットをはおって大人な品格をプラス

スウェットパンツはカジュアルなイメージ。そこで、テーラードタイプのジャケットを合わせることで、品格を加味しようというのがこの着こなしの考え方です。着こなしサンプルを見れば、清涼感のあるジャケットを準備したくなるはずです!

サマージャケットをプラスした着こなし。アウターもパンツもダークカラーで揃え、上品にまとめているのがポイントです。全身をスリムにまとめることで、都会的な印象も演出。

明るいグレーのスウェットパンツを用いた着こなしを、ブラックジャケットで品よくモディファイ。インナーにボーダーTシャツはカジュアルですが、大人なバランスに仕上がっています。

ジャケットがヘビーで暑いと感じる場合は、ショート丈のスウェットパンツをセレクトするのがおすすめ。上品な印象とリラックス感が見事に癒合し、今っぽいサマースタイルが築けるはずです。

アイディア2シャツを合わせることで品よくアレンジ

ジャケットではなく、シャツで品のよいイメージをプラスするという手もあります。白い無地のシャツが大定番ですが、チェックのシャツなどでも十分に上品。ただし、チェックのネルシャツはラフなアメカジスタイルに見えてしまいがちなので避けたほうが無難です。

左脇の“NY”のプリントがスポーティな印象を放っているスウェットパンツ。そこに白のオックスフォードシャツを合わせ、品よくまとめたアスレジャー風の着こなしです。

オーセンティックなデザインのスウェットパンツですが、スリムなシルエットモダン。ギンガムチェックの半袖シャツを合わせることで、適度にきれいめなスタイルに演出しています。

シャツをインナーとして着用しても、上品にアレンジできるという好サンプル。白いシャツとネイビーのTシャツとの色合いが爽やかです。スウェットパンツが旬なリラックス感も醸出。

アイディア3ブラックのスウェットパンツでクールに仕上げる

比較的クールなスウェットパンツを選ぶことで、コーディネート全体をスタイリッシュに仕上げるという手段もあります。全身をモノトーンでまとめると都会的なイメージが打ち出せますが、ほかのカラーを用いてもパンツがブラックというだけで大人っぽく決まります。

アスレチックなプリント入りのスウェットパンツも、ブラックを選べばクールで都会的。白いトップスを合わせて全身をモノトーンで統一すれば、一層スタイリッシュです。

スウェットのパーカー&パンツ。そして、Tシャツにスニーカーというカジュアルなアイテムばかりの装いですが、パンツがブラックというだけでモダン。モカカラーのトップスも新鮮です。

スウェットパンツもスニーカーもブラックで統一すれば、クールなコーディネートのべースは完成。白いTシャツにネイビーのカーディガンを重ねることで、上半身も品よくまとめています。

アイディア4ホワイトのスニーカーでクリーンな印象を加味

スウェットパンツと相性がよいのは、スポーティという共通項を持つスニーカー。ただし、かなりカジュアルな印象になりがちなので、それを避けるために真っ白いスニーカーを合わせようという提案です。それだけでクリーンな品位が加わり、大人な着こなしが築けます。

上下ともにスウェットという着こなしは、ラフに見えないほうが不思議ですが、ブラックの統一感によってクールに演出。白いスニーカーで清潔感も付加しています。スリムなシルエットも都会的。

ロゴTシャツ+スウェットパンツというコーディネートは、まさに部屋着そのもの。そのはずですが、真っ白いスニーカーの軽快感と細身のシルエットで街仕様にアレンジできています。

こちらもカジュアルなはずの組み合わせですが、トップスとスニーカーを白でリンクしてクリーンな印象に。うっすら見えるパンツの柄と、フィルムなシルエットも都会的なイメージを創出。

アイディア5レザーシューズで足元から気品を演出

スウェットパンツにはスニーカーを合わせるが定番のスタイリングだからこそ、足元をレザーシューズに置き換えるだけでかなり上品に映り、タウンユースな印象にまとまります。足元が悪目立ちしないようにケアするのがポイント。ローファーなど、比較的カジュアルな靴を選ぶのが常道です。

今シーズンの人気のボーダーTシャツとスウェットパンツの組み合わせ。両者ともにカジュアルなアイテムですが、足元をローファーにすることで適度に引き締めています。定番アイテムだけでも今っぽい装いは築けます。

グレーのスウェットパンツにネイビーのパーカを合わせたカジュアルなスタイル。ブラウンのダービーシューズを合わせることで品格をプラスすると同時に、足元に色を差すというテクニックを駆使しています。

今回のアイデアを3つ融合した装いです。黒のスウェットパンツに白いバンドカラーシャツを合わせつつ、足元にはローファー。今っぽくて大人っぽいコーディネートはこうあるべきという好例です。

KEYWORD関連キーワード
スウェットパンツ
春の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

山崎 サトシ

大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

CANADA

大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

小林 大甫

クールビズをもっとおしゃれに。最適なアイテムと着こなし、ご存じですか?

世間に広く浸透してきたものの、まだまだクールビズスタイルに自信を持っている方は少ないはず。猛暑でも快適かつおしゃれに働くためのアイテム選びとコーデ法をご紹介!

近間 恭子

人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

多様なスリッポンのなかでも、スニーカーソールを用いたタイプが主流です。カジュアルスタイルの足元に取り入れやすいブランドをレコメンドしていきます。

平 格彦

必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

菊地 亮