大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

Freeamericanidol編集部

2019.04.22

“ノー”カラーじゃない。バンドカラーシャツとはこういうモノ

ここ数年でメンズシャツの定番として仲間入りしたのが、バンドカラーシャツ。最大の特徴は、名前の通りその襟にあります。巷では台襟ごと取り払ったようなノーカーラーシャツと混在されがちですが、実際はまったくの別モノ。バンドカラーシャツは“バンド=帯”状に台襟を残している分、よりきれいめに着ることができるんです。

ちなみに、こちらが一般的な襟付きシャツから台襟部分まで取り払ったノーカラーシャツです。クルーネックのカットソー感覚で使うことができ、台襟のあるバンドカラーシャツに比べると抜け感が強く涼やかな印象に仕上がります。オフの日にネックレスをプラスしたり、レイヤードを楽しみたいなら、ノーカラーシャツがおすすめです。バンドカラーシャツは、このノーカラーシャツと襟付きシャツの中間ぐらいのかっちり感になります。

レイヤードでも大活躍。さりげない襟が“こなれ感”を呼び込む

ニットやスウェットなどとレイヤードした際に、バンドカラーシャツはその真価を発揮します。レギュラーカラーの襟付きシャツでは優等生感が際立ち、アカ抜けない印象に陥ることも。しかし、首元に抜け感を強く打ち出せるバンドカラーならその心配もありません。知的で、すっきりとした空気を演出してくれます。いつものシャツと差し替えるだけでも、グッとこなれた感じになりますよ。

サラッと着れば即おしゃれ。バンドカラーシャツを使ったコーデ集

とはいえ、いつもと襟の形が違うだけでどう着こなしに取り入れればよいのか悩んでしまうもの。ここからは、バンドカラーシャツを上手に着こなしているコーデ例を紹介します。いざ、購入という前に、自分にの雰囲気に合った人や目指したい着こなしをチェックしましょう。

着こなし1シャツ+ジャケットの王道コーデでも、洒落感アップ

シンプルにジャケットを羽織っただけの着こなしでも、すっきりとこなれた印象に仕上がるのはバンドカラーシャツのおかげ。台襟が残っている分、ラフに見えすぎることもありません。足元のスニーカーもこれにより場違い感がなく、ハズしとしてうまく溶け込んでいます。合わせるジャケットは、リラックス感のあるアンコンタイプを選ぶと吉。

着こなし2ラフな印象のアイテムも、バンドカラーが程良くいなす

デニムのバンドカラーシャツとカモフラージュ柄のクロップドパンツを合わせたカジュアルな着こなし。白スニーカー×足首見せで、コーデに抜け感と清涼感を加えています。アクティブな柄モノパンツを取り入れても着こなしが若く見えすぎないのも、バンドカラーシャツの長所ですね。

着こなし3きれいめだけじゃない。スポーツMIXにも難なく対応

人気継続中のスポーツMIXコーデにも、バンドカラーシャツは好相性。合わせるアイテムは色のメリハリを効かせると、よりアクティブな印象を強めることができます。もちろん足元は、スニーカーがおすすめ。

着こなし4持ち前の抜け感でリゾーティなコーデとも好相性

スポーティなスウェットパンツではなく、リネンのようにリラックスした空気を持ったパンツと合わせるなら色みは近づけてあげることで程良いリゾート感も演出可能です。あくまで襟がある分、ルーズに見えてしまうこともありません。余談ですが、カーディガンとの相性も抜群なので春先のレイヤードなどではどんどん役立てていきましょう。

着こなし5アウターを羽織るなら、襟の形に気を配るべし

合わせるべきライトアウターに悩んだら、バンドカラーと形状が近いスタンドカラーのブルゾンがおすすめです。襟付きももちろん似合いますが、バンドカラーの抜け感を後押しするならこちらの方が適任でしょう。その場合、シャツとブルゾンの色みは離れすぎないほうがまとまり良く仕上がります。さらにラフなムードを出したいなら、ノーカラータイプの羽織りも似合います。

何を選ぶか迷ったら。バンドカラーシャツのおすすめ8選

人気の高まりもあり、各ショップからバリエーション豊富にリリースされているバンドカラーシャツ。最初の1着に困ったら検討した、人気ブランドの8着をご紹介します。

アイテム1『フリークスストア』

いつものシャツの延長線上で着られる、ブロード素材のストライプシャツはバンドカラーならではの変化を如実に感じられるのでおすすめです。素材のクリーンさもさることながら、ストライプ柄が生み出す大人っぽさはバンドカラーシャツ初心者でもきっと取り入れやすいはず。ややオーバーサイズ気味なので、初夏からの羽織りとしても活躍してくれます。

アイテム2『アーバンリサーチドアーズ』

上記同様にスタイリッシュなストライプデザインのバンドカラーシャツですが、落ち着いたカラーリングなので柔らかい印象も兼備。さらに着丈も長めに設定してあるので、1枚で着用しても雰囲気ある着こなしが楽しめます。素材には抗菌・防臭効果のあるナノファインを採用しているため、汗ばむ時期のおしゃれにはもってこいと言えるでしょう。

アイテム3『ビーミング by ビームス』×『ダントン』

ワークウェアブランド『ダントン』と『ビーミング by ビームス』がコラボした1枚がこちら。厚みのあるオックスフォード地のボディに便利なサイドポケットをあしらった、ワーク感が香るルックスが特徴です。また、着丈がやや長めなのでシャツブルゾンとしても着用可能。ニットベストなどを合わせて、レイヤードを楽しむのも面白そうです。

アイテム4『グリーンレーベルリラクシング』

製品染めによる独特の風合いと色みが魅力の『グリーンレーベルリラクシング』のシャツ。使い勝手の良いベーシックなデザインで、ドレスからカジュアルまで幅広い着こなしにマッチします。自然なカラーリングと涼しげな7分袖が春から初夏までを強力にサポートしてくれるはずです。

アイテム5『エディフィス』

『エディフィス』はトラッドなロンドンストライプを採用。ブリティッシュがトレンドの今、着こなしに取り入れるだけで旬のスタイリングに仕上がります。取り入れやすいジャストサイズに加え、コットン×ポリエステル素材のハリ感できれいめなムードをキープしている点も『エディフィス』ならではと言えるでしょう。

アイテム6『シップス』

『シップス』からは、シワになりやすいという麻の短所を加工で克服した、コットンリネン素材のシャツがお目見え。バリバリとした硬い風合いではなく、程良いハリを残しつつも柔らかく仕上げているのも特徴です。ややゆったりとしたサイジングなので、ざっくりと羽織って袖を大きくロールアップした抜け感満点の着こなしにもハマりそうです。

アイテム7『アーバンリサーチサニーレーベル』

ボックスシルエットに近いコンパクトな形状で、シャツアウターとしても活躍してくれそうなのが『アーバンリサーチサニーレーベル』のシャツ。ハリのある綿100%素材で、ガシガシ洗ってもへこたれません。なお、レーヨンとポリエステルを混紡したヒッコリーストライプの1着も用意されているので、よりワーク色が強いアイテムをお探しならそちらも。

アイテム8『アダムエロぺ』

遠目にはそうと見えない、細かなチェック柄を配した『アダムエロぺ』らしい品のある一品。台襟もやや高めに設定されており、クリーンな着こなしを楽しめます。あえてビッグサイズのトレンドに乗らないコンパクトなフォルムながら、サイドの裾にスリットを入れてアクティブさと清涼感を演出するなどディテールに凝った作りとなっています。

KEYWORD関連キーワード
シャツ
着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

夏もシックに装うための黒Tシャツ着こなし講座

Tシャツコーデはついついラフになりがちですが、大人ならシックにまとめるべきです。そんな時に役立つ黒Tシャツの着こなし方とおすすめ5着を解説します!

平 格彦

大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

小林 大甫

履き心地抜群の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

大ヒット中の「ユニーク」が代名詞の『キーン』ですが、他にも秀作が多数。特に2018年に10周年を迎えた「ジャスパー」は機能も見栄えも◎なアクティブ派必携の1足です。

山崎 サトシ

シャツから考えるクールビズ。3つの素材から選ぶおすすめ12枚

ノータイ・ノージャケットを推奨しているクールビズでは、シャツが着こなしの主役。ではどんな1枚がふさわしいのでしょうか? 3つの素材にフォーカスし、おすすめを紹介。

近間 恭子

ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

山崎 サトシ

キャンプの服装ってどうすればいい? コーデの考え方と着こなし正解集

春・夏・秋はキャンプが気軽に楽しめるシーズン。どうせ行くなら、服装もチューニングして存分に楽しみましょう。季節別に、揃えるべきアイテムと着こなし術を解説します。

平 格彦