【特集】今年の腕時計は、カラー文字盤で差を付ける!

憂鬱を楽しいに変える、おしゃれレインウェア&ツール

梅雨は誰もが憂鬱になる時期。そこでわずらわしい雨をシャットアウトできるうえおしゃれアピールができるアイテムを手にできれば、きっと気分もアガるに違いない。

菊地 亮

2016.06.11

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

実用的でおしゃれ、が雨具のNEWスタンダード

雨が降れば外に出るのが億くうになり、行動範囲も限定的に。満を持して外出したとしても、衣服がぬれるためおしゃれもままならない。ただ、そんな悩みはファッショナブルにアップデートした“雨具”によって解決。これらのアイテムによって、きっと雨が待ち遠しくなることカクジツだ。

このごろのレインギアはココが格段に違う

もう雨具は実用面ばかりを追い求めた道具ではない。今や、ファッション性も加味したアイテムがちまたでは豊富にそろっている。ここでは、その一端を魅力とともにご紹介。

▼イマドキなデザインがいい!

防雨服とはいえ、“かっぱ”を着て外へ出るのはやはり気がひける。ただ、ビジネスシーンだろうと、街へ繰り出す時だろうと、周りの目を気にせず胸を張って歩けるレインコートがある。雨をしのげて、センスのよさもアピールできるなんて、これほどうれしいことはない。

『ザ・ノース・フェイス』アルファドライ ハイベント コート

表地は防水透湿素材のハイベントを、3層面には吸湿性に優れたアルファドライ素材を採用し、間にポリウレタンラミネーションを挟んだ3.5層構造で、雨の侵入をしっかり防止。デザインがステンカラーコートのため、オン・オフどちらでもためらいなく使用できる。

『レインズ』ロングジャケット

自然豊かな雨の国、デンマークで誕生した『レインズ』。雨を美しいものと捉え前向きに楽しむためにはそのための服装が必要だ、との概念のもとアイテムを生み出している。ご覧のように水をはじきながらも、まるでモードライクなコートのように見た目はスタイリッシュ。

『ストゥッテルハイム』レインコート

2010年、スウェーデンに誕生したアウターコートブランド。スウェーデンの漁師たちが着ていたアウターコートを現代的にアレンジ。ラバーコーティングを施したコットン地で作られているため雨などをはじき、耐久性に優れているだけでなく、容姿端麗なトレンチ型がうれしい。

▼いつものアイテムが防水性を得てパワーアップ

レインギアの必要性は、ビジネスシーンでこそなお一層実感する。嫌が応にも出社を迫られ、雨の中を外回りで歩き回らなければならない憂鬱さを誰もが味わっているはずだ。そこで、スーツにもマッチする端正なルックスを備えたアイテムが大人たちを救ってくれる。

『ヘルノ』3Bジャケット

1948年創立のイタリアの老舗。その中心人物であり、イタリアクラシコ協会会長でもあるクラウディオ氏が旅をテーマに作り上げた一着。ピーチスキンのようなやさしい肌触りのテーラードジャケットは、全体に撥水加工が施されているため少々の雨もへっちゃらだ。

合わせて読みたい:
エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

『トリッカーズ』バートン

ブローキングやフルブローグのデザインが華やかさを演出し、コマンドソールのダブルソールは迫力十分。歩行時の安定感や圧倒的な耐久性も視野にいれた、実に機能的な一足は、アッパーに防水加工も施されており、雨天時でも堂々と履くことができる。

『トゥモローランド』ロロピアーナ コットンパンツ

カジュアルシーンはもちろん、ジャケパンとしても機能する『トゥモローランド』の一本。素材には、イタリア屈指の生地メーカーとして知られるロロピアーナ社のコットン地を起用。シワになりにくいうえ防水性も兼ね備えた機能的一本で、丈夫かつ微光沢の美しさも魅力。

▼荷物が増えるストレスを解消し安心感を得る

朝の天気予報から傘を手に出かける時もあるだろう。海外出張でいざという時のためにシャンとする防水ジャケットを持参する者も多いはずだ。そんな“転ばぬ先の杖”はいつでも大切。それがスマートでコンパクトにまとまるなら、もういらないストレスから解放される。

『キャプテン サンシャイン』トラベラージャケット

大人であれば、ドレスコード必須のレストランに入る時など、旅先でも襟を正した着こなしを求められる場合がある。そんな時のためにこちらのアイテムが多いに役立つ。10個のポケットを配し撥水加工も施された優れもの。しかも、パッカブル機能までついている。

『リベリオン オプス』ポケッタブル2Bジャケット

長年パタンナーとして活躍してきたデザイナーの大石忠弘氏。そこで培った技術で紡ぎだしたこちらは、シルエットのよさと機能性が特筆すべき点。最先端の超高機能素材を使っているため、耐久、撥水、防汚に優れ、ポケッタブル可能な構造になっている点も頼もしい。

『マリア フランチェスコ』ハンドメイドアンブレラカバー付き折りたたみ傘

イタリアでもっとも歴史があり、多くの人々から賞賛を受ける傘ブランド。丈夫で厚手の傘生地は我々を常に安心させてきた。そこへ天然の木材やレザーをあしらい仕上げる一本は、まさに世界最高峰。さらには、カラフルなデザインやコンパクト化も我々にはよろこばしい。

最近のレインウェアを手にすれば、こんなにもおしゃれ

ダークトーンの“かっぱ”で全体を覆ったあの地味な印象は、もはや遠い過去の記憶。ちまたでは、雨でもなおファッション性をキープし、周りと差をつける達人が数多くいる。

レインコートでも、トレンドのひとつであるミリタリーの柄を落とし込むことでグッとモダンに見える。そのスパイシーな柄を、インナーや小物のブラックでコントロールした点も優秀。

ストリート気質なスタイリングも、全体をダークトーンでまとめているため印象はシック。その中にあって、グラデ風の好配色が光るレインコートで表情豊かに仕上げている。

オーセンティックなウッドランドカモのカーゴパンツで、旬と男らしさを発信。漂いそうな粗野感は、足元のホワイトスニーカーや、みずみずしいネイビーのレインコートで巧みにいなした。

カーキカラーのステンカラー風レインコートは、オン・オフ共通で使える振り幅がいい。一見ベーシックなビズスタイルのように見えて、インナーはジージャン。足元のスニーカーの抜け感も絶妙だ。

ビジネスパーソンのためのレインコーデの好サンプル。スーツやタイとカラーの足並みをそろえたレインコート、そして、足元の斬新なブーツインは、周りとの差を生む決定打になる。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
アウター
コート
レインコート
雨の日
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

Freeamericanidol編集部

初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

Freeamericanidol編集部

温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

Freeamericanidol編集部

もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

近間 恭子

黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

ai sato

安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

職人の作業着を扱う「ワークマン」ですが、その勢いはカジュアルシーンにも拡大。圧倒的な安さに加え、今っぽいデザインと機能性を兼備した逸品は大人の日常にもマッチ!

山崎 サトシ