コーデを速攻格上げ!鮮度たっぷりのバンダナ柄に注目

ペイズリーをはじめとする、デザイン性の高い柄が採用されているバンダナ。ここ最近では、バンダナそのものではなく、ほかのアイテムで取り入れるのが新鮮です。

平 格彦

2016.06.08

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

バンダナ柄アイテムからバンダナを使ったアレンジテクまで網羅して解説します!!

ZOZOTOWN

そもそもバンダナは、絞り染めなどを施した四角い布のこと。ハンカチよりも大きく、主に頭や首に巻いて使用します。そんなバンダナは、ペイズリーなどを用いた独特な柄のものが多く、コーディネートのアクセントとして重宝されてきました。その柄をピックアップしてデザインとして取り入れたアイテムが今季は豊富。当然、着こなしのスパイスとして有用ですので、実例とともに解説しましょう。

メンズコーデの好アクセントとして活躍! バンダナ柄のアレコレ大集合!

あらゆるアイテムにバンダナ柄が取り入れられていますが、今回はトップス、パンツ、小物に分けておすすめのアイテムを紹介します。さらに、着こなしの実例もピックアップ。1970年代風ファッションの要素としてバンダナ柄を取り入れるのが正統ですが、深く考えないで用いても十分におしゃれです。使えば使うほどホレ込むこと必至!

トップス編

▼トップスで見つけた、バンダナ柄アイテム

Tシャツやシャツなどにバンダナ柄を取り入れたアイテムはバリエーションが実に豊か。全面にバンダナ柄を配置したタイプもあれば、部分的にレイアウトしたタイプもありますが、色数を少なく抑えた柄が大人っぽく着回せておすすめです。

アイテム1『603』バンダナニット

ZOZOTOWN

シンプルな形状の半袖ニットに、インパクトの強いバンダナ柄を落とし込んだアイテム。落ち着いた色使いの柄なので、実は着回しやすい仕上がりです。また、ニット素材の上質感も大人なコーディネートにぴったり。

アイテム2『センス オブ プレイス バイ アーバンリサーチ』バンダナ柄シャンブレーシャツ 半袖

ZOZOTOWN

シャンブレー生地の落ち着いた風合いが、バンダナ柄の派手な表情を中和して大人っぽく仕上がっている半袖シャツ。コンパクトなシルエットがモダンで、レイヤードを楽しむこともできます。同じ生地のショートパンツも展開。

アイテム3『シップス ジェットブルー』ナンバリング/ロゴTシャツ

ZOZOTOWN

布帛生地をレーザーカットしてナンバリングTシャツを製作。ヘザーグレーの上の“72”にはバンダナ柄が用いられています。柄だけでなくスポーツ調というトレンドまで網羅したデザインは、1枚で着ても存在感を放ちます。

▽トップスにバンダナ柄アイテムを身につけたコーデ集

カジュアルな印象になってしまいそうなバンダナ柄ですが、着こなし方次第で大人っぽく見せることも容易。そんなコーディネートの幅広い実例をさっそく紹介します!

コーデ1

WEAR

「これぞバンダナ柄!」という赤いシャツを主役にした夏っぽいコーディネート。ショートパンツとシューズは無地のアースカラーでそろえ、シャツの柄&色を引き立てています。足元のローファーで大人の品格を加味したのもポイント。

コーデ2

ZOZOTOWN

全身をワントーンでそろえつつ、大きなプリントを大胆に効かせたお手本的なスタイリング。ダークでクールなイメージですが、バンダナ柄を差すことでアクティブな変化を加味しています。今季らしいオーバーサイズのTシャツも夏らしさを主張!

コーデ3

ZOZOTOWN

Tシャツの裾部分がバンダナ柄で切り替えられたTシャツをチョイス。ショートパンツとスニーカーを合わせたシンプルな夏スタイルだからこそ、赤いパイピングが効いています。Tシャツを買い足すだけで、いつもの着こなしがこんなにも新鮮に仕上がるという好例!

パンツ編

▼パンツで見つけた、バンダナ柄アイテム

バンダナ柄を落とし込んだパンツはショート丈が大半。そんなショートパンツこそ、夏の装い作りに持ってこいです。派手なカラーを差し色として取り入れてもOKですが、モノトーンなどの落ち着きある色でもインパクトは十分!

アイテム1『アズールバイマウジー』ミニ裏毛裏バンダナ柄ショーツ

ZOZOTOWN

裏毛のスウェット地を用いながら表裏をひっくり返して使用。そこにバンダナ柄をプリントすることでエスニカルな風合いに仕上げたショーツです。リラクシングなコーディネート作りにぴったりの個性派といえます。

アイテム2『ディッキーズ』バンダナ柄TCツイルハーフパンツ

ZOZOTOWN

テキサス州に生息するクレマチスと、州花のブルーボネットをモチーフにしたオリジナルのバンダナ柄を使用。アウトドア、ルード、ストリートと、幅広いテイストにマッチします。TCツイル地の質感は大人なムード。

アイテム3『ワンドゥーブー』ピーナッツ バンダナ柄ハーフパンツ メンズ

ZOZOTOWN

スパイスカラーとして重宝する赤いショーツ。実は、キャンプを楽しむスヌーピーのアートをバンダナ調にアレンジした柄を起用しています。さり気ないので大人にもマッチし、男臭さが中和できるという利点も。

▽パンツにバンダナ柄アイテムを身につけたコーデ集

バンダナ柄のショーツを使った着こなしはラフになりがち? 決してそんなことはなく、色みにさえ気をつければ大人っぽくまとまります。その証明となる実例を紹介!

コーデ1

ZOZOTOWN

ブラックがベースのバンダナ柄ショーツを起点にして、全身をモノトーンでまとめた大人なスタイリング。それぞれのアイテムはカジュアルなはずなのに、落ち着きのあるサマースタイルに仕上がっています。

コーデ2

ZOZOTOWN

テーラードジャケット×ショートパンツという大人な夏の組み合わせが軸。そのパンツをバンダナ柄にすることで、リラックス感を強調しています。ジャケットもパンツもブルー系でまとめ、さわやかな大人を具現化!

コーデ3

ZOZOTOWN

全身をワントーンでまとめれば、バンダナ柄のショーツでも大人っぽく映るという好例。実は、半袖のボタンダウンシャツもパンツと同じ生地を使用しています。今季らしくてクリーンな白のワントーンに挑戦してみてください!

小物編

▼小物で見つけた、バンダナ柄アイテム

本家のバンダナを着こなしに取り入れてもOKですが、より新鮮なのはほかの小物類。使いやすいモノトーン系をピックアップしました。ここで取り上げたアイテム以外にも、バンダナ柄の小物は多種多様なので、ほかにも探してみてください。

アイテム1『サンディニスタ』バンダナ柄スプリングストール

ZOZOTOWN

バンダナ4枚をつなぎ合わせた春夏用のストール。製品後にバイオボール加工を施しつつナノシリコン仕上げも行っているため、独特な風合いと滑らかな触感が同居しています。首に巻くのはバンダナと同じですが、ストールだと上品で新鮮!

アイテム2『ティンバーランド』バンダナプリント 5パネル キャップ

ZOZOTOWN

デニム地を用いたベースボールキャップのサイド部分にバンダナ柄を採用。落ち着きのあるカラーリングで、カジュアル過ぎない印象に仕上げています。着こなしのさり気ないアクセントとして活躍してくれること確実。

アイテム3『マスターアンドコー』バンダナ クラッチバッグ

ZOZOTOWN

“流行に流されず、それぞれの人にとって唯一のものになる製品を作ること”をコンセプトに掲げるブランドが、クラッチバッグにバンダナ柄を採用。落ち着きのある色みにくわえ、スエードがベースなので大人なニュアンスです。

▽小物にバンダナアイテムを身につけたコーデ集

アイテムでは大人っぽい色みのタイプをセレクトしましたが、小物だからこそスパイスカラーで思い切り主張するのもアリ!! 夏らしいコーディネートを目指しましょう。

コーデ1

ZOZOTOWN

バンダナ柄のショッピングバッグは、1つあると何かと便利。コーディネートのスパイスとしても活躍してくれます。バッグを効かせることで、無地のTシャツにショーツを合わせただけの着こなしも、おしゃれに見えるから不思議です。

コーデ2

ZOZOTOWN

リバーシブルで使用できるシャンブレー地のバケットハットを、バンダナ柄の面で着用。適度なラフ感を演出しています。インナーのシャツとハットをブルー系でリンクしつつ、白を効かせることで爽やかにまとめています。

コーデ3

ZOZOTOWN

バンダナ柄のストールを首に巻くとこんなイメージ。明らかにバンダナよりもエレガントですが、差し柄としても効いています。ざっくり結びつつ片方の先端をうしろに垂らし、こなれ感を打ち出したテクニックも盗んじゃいましょう!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
夏の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

ワードローブに欠かせないスウェットアイテム。なかでも『ユニクロ』のそれは、シンプルなデザインとコスパの良さで人気です。おしゃれな着こなし術を、実例とともに紹介!

平 格彦

まさに時を知る機械。セイコーブライツは愚直なまでに堅実だ

腕時計とは本来、時を知るための実用的な道具。そんなことを思い起こさせてくれるのが、見た目も機能も誠実に作られた『セイコー ブライツ』のラインアップです。

増山 直樹