早めの対策が◎。勘違いが招く梅雨の肌トラブルとは?

湿度の高い梅雨こそ、肌トラブルが起きやすいってご存じでしたか? それは間違ったケアをする人が多いから。そこで、男性のための梅雨時の正しい肌対策を解説します。

大島 有希

2016.05.26

「湿度が高い=肌も潤っている」は、間違いです

冬の乾燥から一転、なんだか肌を触るとしっとり。「むしろベタベタしてしまって、皮脂が気になる」という方も多いでしょう。梅雨シーズンは湿気が肌にまとわりつき、肌の汗が蒸発しにくく、乾燥とは無縁と感じる季節。だからといって、洗顔後何もつけなくてもいいなんて言語道断! しっかりとケアしないと、肌トラブルに悩まされることに……。

これだけは覚えて! 梅雨から夏に多発の”インナードライ肌”

インナードライ肌とは、肌の内側が乾燥している肌のこと。肌表面はベタつきが気になる一方、実は肌の内部が乾燥している状態をさします。肌は水分が少なくなると「これ以上水分が蒸発しないように」と、皮脂を肌表面にたくさん分泌し、肌の水分を守ろうとします。それがベタつきやニキビの原因です。

■目元や口元がいつも乾燥する
■Tゾーンや頬はベタつきやテカリが気になる
■頬や鼻の毛穴が目立つ
■ニキビ、吹き出物ができやすい、または治りにくい
■肌を触るとゴワゴワする
■洗顔後つっぱりやすい

上記のどれかに3つ以上当てはまる方は、インナードライの可能性大。当記事でその原因や対策を一緒に学びましょう。

インナードライになる原因とは??

肌内の潤い不足によって起こるインナードライ肌ですが、水分が少なくなる原因はさまざま。とくに梅雨から夏の時期はエアコンによって肌の水分を多く奪われてしまいます。また、汗をかくことでも肌内の水分は不足気味に。そのほか、日々の生活でストレスにさらされたり、睡眠不足や食生活が乱れたりすることによってもインナードライ肌になる可能性が高まります。

注目! 男性が勘違いしがちな肌のこと

多くの男性は「皮脂分泌が過剰=脂性肌」と勘違いしてしまいがち。ベタつきを解消するケアばかり一生懸命行うと、インナードライを悪化させてしまうこともあるのです。Freeamericanidol世代の皆さまにとってはショックかもしれませんが、毎日仕事を頑張る男性は、生活習慣からもインナードライになる要素が満載……。さらに、もともとメンズの肌は水分量が少なく、肌の水分不足を起こしやすい半面、女性の2倍もの皮脂量という点が特徴です。つまり、”水分量は少なく、皮脂量は多い”というメンズ肌こそ、インナードライ肌になりやすいのです。

インナードライから肌を守るためにできる対策とは?

”水分量は少なく、皮脂量は多い”という男性に多く見られるインナードライ肌は、どのようにケアしたらよいのでしょうか。正しい対策をして、間違ったケアから卒業しましょう。

対策1皮脂を取りすぎない

テカテカするのが気になって、皮脂を洗顔シートやおしぼりでゴシゴシ拭き取る行為は、肌からの水分蒸発を進行させるばかりか、刺激で皮脂腺の働きが活発になり、さらなるベタつきを引き起こすことも。肌表面のバリアの役割を果たす角質層も剥がれてしまいます。どうしても気になる時は、1日1~2回を限度に、脂取り紙を、こすらないように、押さえるように使用しましょう。

対策2洗顔方法を見直そう

洗顔の仕方が、肌の乾燥を左右します。ベタつく季節だからと、1日に何度も顔を洗うのはNG。洗顔料を使った洗顔は朝晩の2回だけにとどめましょう。また、ニキビ肌用や、スクラブ入りの洗顔も、皮脂を取りすぎてしまう可能性があるので、要注意。なるべく刺激の少ないタイプがおすすめです。洗顔の際、注意したいのがお湯の温度。洗顔時の水温が高すぎると、肌の潤いが流出してしまいます。ちょっとぬるいと感じるくらいの温度(30~35℃)で洗顔するようにしましょう。

対策3保湿は何よりも重要と心得て!

インナードライ肌を解消するには何よりもまず保湿が重要。肌が脂っぽくなるから……とスキンケアを怠るのは逆効果です。化粧水をつけるのはもちろん、せっかく補給した水分を逃がさないよう、乳液やクリームを薄くのばすことも必要。きちんと水分を肌内に閉じ込めて、はじめて保湿ケアが効果を発揮します。どうしても乳液やクリームが苦手だったり、面倒な方は、オールインワンの化粧品をうまく利用しましょう。また、肌の水分を逃がさないためには洗顔後すぐにスキンケアをすることがポイント。洗顔後や入浴後の肌は肌のバリアがなくなり無防備な状態のため、どんどん潤いが逃げていきます。洗顔後は一刻も早くスキンケアするように心がけて。

梅雨の時期に備えたい。メンズ肌を守るアイテム5選

ワンランク上のメンズ肌を目指すあなたに、インナードライをケアするおすすめアイテムをご紹介。梅雨入りする前の今の時期だからこそ、早めにチェックしておきましょう。

アイテム1ネイチャーメイド C500

まずは体の内側からインナードライケア。美肌のもと、ビタミンCを補給して乱れた皮脂バランスを整えましょう。また、これからの季節の紫外線への抵抗力も高めます。喫煙をする方にもおすすめ。

アイテム2『松山油脂』 肌を潤おす保湿洗顔フォーム

水分バランスを常に一定に保つ保湿洗顔フォーム。濃密な泡が肌に密着し、毛穴の汚れや老廃物を吸着しながら取り除きます。低刺激でなめらかに落ち着いた肌へ。

アイテム3『クワトロボタニコ』 ボタニカル ローション & アフターシェーブ

洗顔後、ヒゲそり後はこれ一本でOK! 保湿化粧水・乳液・美容液の機能をかねた1品3役のオールインワン化粧水。とろみのあるローションが肌にすばやく浸透して、すばやく皮脂・乾燥ケアができる優れもの。

アイテム4『資生堂』 dプログラム バランスケア ローションW I

乾燥してかさつくのに、べたついて毛穴が目立ち、ニキビもできやすい肌向けのローションです。さっぱりした感触でべたつかず、アンバランスな肌環境を整える薬用化粧水。

アイテム5『花印』 AMINO ACID スーパーモイスチュアフェイスマスク

インナードライ肌に週に一度のスペシャルケア。夜に塗って寝るだけで、1週間の疲れでカサカサになった肌の中にたっぷり潤いチャージ。1個でなんと75回分の大容量もうれしい。

※当記事はあくまで個人の観点によりセレクトしたモノで、すべての人の肌に合うモノではありません。合わない場合は使用を中止し、専門医にご相談下さい。

KEYWORD関連キーワード
スキンケア・ボディケア
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事