ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

山崎 サトシ

2019.06.06

大人には、大人のショーツスタイルがあるんです

大人がはくにはなんとなく子供っぽくて、気恥ずかしい……。かつてはそんなイメージがあり、大人から敬遠されがちだったショートパンツ。しかし、ファッションシーンと気候の変化に伴い、ショーツスタイルが街中に急増しているんです。

少しでも涼しく過ごしたいこれからの時期に、取り入れないのは損というもの。より効果的に着こなしに落とし込むために、スタイリング時に意識したいトピックスを3つにわけてお伝えします。

<トピックス1>大人の装いにハマるショートパンツのチェック事項とは?

いつもの着こなしに、ただショートパンツを取り入れれば良いというものではありません。ある程度のきちんと感と、おしゃれさを担保した大人の男性にふさわしいモデルを選ぶために、チェックすべき項目を解説します。

まず重要となるのは、丈感とシルエット。シルエットですが、レッグラインが強調されるピタッとしたモノよりも、多少ゆとりがあったほうがベター。裾に向かって少しテーパードが効いていると、よりすっきりと見えるはずです。脚の太さに関わらず似合いやすいという、大きな利点もあります。

続いて丈ですが、ひざ上丈のモデルが正解。ひざが完全に隠れるタイプだと少し子供っぽく見えてしまいます。

これらを踏まえて選択しましょう。

<トピックス2>持っておいて間違いなしの定番3ブランドを用いた着こなし例

アウトドア由来の機能性を持つ本格タイプ、大人に着こなしたいフレンチシックなきれいめタイプ、トレンドのアクティブスタイルを簡単に叶えてくれるスポーツタイプ。以上の3タイプから定番ブランドをピックアップしつつ、それぞれのおすすめコーデ術を合わせて紹介します。

▼アイテム1:大人っぽくはきこなしたい『グラミチ』の機能派クライミングショーツ

クライミングパンツでお馴染みの『グラミチ』が手がける鉄板中の鉄板。片手でフィット感を調整できるウェビングベルトや、180度の開脚を可能とするガゼットクロッチといった定番モデルにも通じる機能的なディテールが特徴です。アクティブなスタイルはもちろん、そのブランド力と落ち着いた表情からシックな着こなしとも抜群の相性を見せてくれます。写真のモデルは、ややゆったりしたフォルムを持ち味とする定番型の「グラミチショーツ」。このほかにも、多数のモデルを揃えています。

コーデ1軽快さたっぷりのショーツコーデ

初夏にふさわしいライトな色合いのカットソーに、『グラミチ』のクライミングショーツを合わせて軽快に装ったコーデ。装いはラフですが、『グラミチ』が黒だからシックさも漂います。足元にチョイスしたスポーツサンダルがアクティブさをさらに盛り上げます。ソックスのラインでショートパンツの色を拾うなどのテクもお見事。

コーデ2街から外遊びまで対応できるアクティブな着こなし

『グラミチ』のクライミングショーツにTシャツ、そして足元にはスポサンと、街はもちろん外遊びにも対応できるアウトドアテイストの着こなし。ショートパンツがシンプルなぶん、スポサンやニットキャップといった小物類は強めのデザインをピックアップしてリズム良く仕上げました。

▼アイテム2:きれいめスタイルを狙うなら『ラコステ』のチノショーツ

『ラコステ』が定番でラインアップしているチノショーツも持っておきたい良作。上質なコットン素材を使っており、素肌にスッと馴染んでくれます。また、スマートなスリムフィットではありますが程良いゆとりを確保しているため窮屈さはありません。膝上に収めつつも、やや長めの丈も印象的です。品の良い素材感なので、やはりきれいめのコーディネートに合わせるのが王道といえるでしょう。

コーデ1上品かつ爽快なスタイリングで好印象を狙う

品の良さをまとったオフホワイトのチノショーツと、爽快なボーダー柄のポロシャツというクリーンな着こなし。足元にはシックな色合いのスニーカーを選択し、初夏らしいアクティブさもフォローしています。

コーデ2ジャケットスタイルをショーツで着崩す

生真面目に見えがちなジャケットスタイルも、ショートパンツとのマッチアップなら程良くリラックス感が漂います。長めの丈と端正さを備える『ラコステ』のチノショーツであれば、過度にラフな表情に偏る心配もありません。さらに、発色豊かなポロシャツが好アクセントとして作用。

▼アイテム3:『チャンピオン』のスウェットショーツでスポーティさを好演

『チャンピオン』といえば、“キング・オブ・スウェット”の異名を持つ言わずと知れたスポーツブランドの旗手。中でもスウェットショーツは毎シーズン安定した人気を誇る鉄板アイテムの一角です。その魅力はなんといっても香り立つスポーツテイストで、簡単にトレンド感に訴求することが可能。特におすすめなのは、洗練されたシルエットの別注モノ。写真は『エディフィス』による別注作で、スラっとしたスリムフォルムが大人っぽさを呼び込みます。

コーデ1きっちりしたジャケットコーデにショーツでスポーツ感をMIX

シアサッカーのネイビージャケットで大人の品性を演出。その一方、ボトムスにはスウェットショーツを持ってきて、スポーティな趣も上手く落とし込んでいます。こんな風にテーラードジャケットを気負わず着崩すスタイルは、こなれ感を打ち出すうえで非常に有効的。足元にチョイスした白スニーカーや、夏らしい色合いのカットソーもスポーツテイストを加速します。

コーデ2ラフな着こなしも細身のサイジングなら洒脱顔!

上下とも『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』×『チャンピオン』のアイテム。ラフな印象に傾倒しがちなTシャツ&ショーツのコーディネートですが、細身のすっきりとしたサイズ感に徹することによってあか抜けたムードに仕上げています。また、小物を含め全体を落ち着いたカラーリングでまとめているところも、子供っぽく見せないための重要なポイント。シンプルながらも小粋なスタイリングです。

<トピックス3>トレンドの2大ショートパンツ着こなし術

続いて紹介するのは、トレンド感のあるショートパンツを活用したコーデテクニック。このアイテムの着こなしはマンネリ化しやすいだけに、自身のワードローブに加えると着こなしの幅が広がります!

▼アイテム1:ワイドショーツには、ワイドトップスでリラックス感を強調

ゆるっとしたワイドショーツに同じくワイドなトップスを合わせれば、今季らしいリラックステイストを簡単に入手可能。 なお、ボリューム感を持ち味とするワイドショーツに関しては、例外的にひざが隠れるようなやや長めの丈感でも大人っぽくはきこなせます。こちらの1本は『ルイス』の新作で、ナイロン×コットン×ポリエステルのシワに強い生地を採用。また、ウエストはギャザー仕様になっていて脱着がイージーに行えます。

コーデ1さっぱりコーデもオーバーサイズだと旬度満点

無地ポケT×ショートパンツの実にさっぱりとしたコーディネートも、上下ともオーバーサイズならそれだけで今季的なニュアンスに。無駄に着飾らず、シルエットで旬度を高めたお手本ともいえるスタイリングです。加えて、ラフなベルト垂らしが抜け感をさらに加速。

コーデ2タックインでリラクシングな装いをすっきり見せる

ボーダーカットソーの裾をショートパンツにインすることにより、ゆるい印象のワイドシルエットスタイルをすっきりと見せました。また、大人度を格上げするためにカットソー&ショートパンツを同系色でリンクさせているのもキモ。こんなショーツコーデなら野暮ったさも皆無です。

コーデ3ルーズな着こなしもシャツとの組み合わせなら都会的なムードに!

抜け感を持ち味とするワイドシルエットの着こなしですが、装い方次第では都会的なムードに振ることも可。たとえば、写真のようにクリーンなシャツを組み合わせるテクニックは効果絶大で、ゆるめのシルエットながらもどことなく端正さが香り立ちます。また、シャツとボトムスをブルーの同系色でリンクさせて一体感を出したことで、スマートな空気をさらに高めています。

▼アイテム2:総柄ショーツを無地トップスで引き立てる

この『ソフネット』のレーヨン製アロハショーツのような、リゾートテイストを感じさせる総柄ショーツも今季取り入れたいアイテム。ただ、旬度こそ高いものの少しアクが強いので合わせ方には気をつけたいところです。推奨したいのは、柄を引き立ててくれるミニマルな無地トップスとのコンビ。装いにメリハリが生まれるためバランスの良いスタイルに帰結します。柄トップスと合わせるのはやや上級者向けなので、ショートパンツ初心者は避けたほうがベター。

コーデ1リネントップスとの組み合わせで涼感を促進

バンダナ柄ショーツに合わせたのはリネン素材を使ったプルオーバーシャツ。柄と素材の妙で、清涼感あふれる着こなしに帰結させました。肩の力を抜いた装いですが、足元にはカチッとしたストレートチップシューズを合わせることであくまでかっちりと引き締めています。

コーデ2品の良いニットと陽気なアロハの競演が斬新

夏らしさ満点なボタニカル柄アロハショーツをスタイリングの主役に抜てき。一方で、トップスには品行方正な半袖ニットを選択してラフになり過ぎないようバランスをコントロールしています。足元に革靴を選んでいるのもキーポイントで、これによりタウンユースでも恥ずかしくない大人の装いに。

コーデ3主張強めのコーデが苦手ならダークトーンを意識して

インパクトの強い柄ショーツをさらっと着こなしたいなら、ダークトーンを意識するのがGOOD。柄がパイスとして程良く効きつつも全体の印象として落ち着いた感じにまとまるので、柄モノが苦手な人でも挑戦しやすいはずです。少し物足りないと感じた際には、小物で味付けしてあげれば良いでしょう。

KEYWORD関連キーワード
ショートパンツ
夏の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

CANADA

人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

多様なスリッポンのなかでも、スニーカーソールを用いたタイプが主流です。カジュアルスタイルの足元に取り入れやすいブランドをレコメンドしていきます。

平 格彦

必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

菊地 亮

履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

大ヒット中の「ユニーク」が代名詞の『キーン』ですが、他にも秀作が多数。特に2018年に10周年を迎えた「ジャスパー」は機能も見栄えも◎なアクティブ派必携の1足です。

山崎 サトシ

大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

小林 大甫

2019年も人気。ポケットTシャツのおすすめとコーデ

胸元にポケットがあるだけで、表情に変化が生まれ、デザインのきっかけになる。最低限の遊びで大きなリターンを生むポケットTシャツの魅力とおすすめを徹底解明しよう。

菊地 亮