スイス発!アウトドアブランドのマムートを徹底解説!

アウトドアブランドのマムートは、その枠におさまらない品質の高さが魅力。ダウンやフリース、リュックなど日常で重宝するおすすめのアイテムを厳選して紹介します。

こゆき

2016.05.24

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

『マムート』とは

バイタライザー

元々農業用のロープの製造からスタートした、150年という創業年数を誇る、スイス生まれのブランド『マムート』。本場アルプスの雪山ならではの、クライミングへの深い知識と経験がものづくりに生かされています。軽量、高い耐久性と機能性など、アウトドアブランドの中でもトップレベルを誇るクオリティの商品を展開し、アルピニストたちからの信頼も厚いブランドです。ハイキングからタウンユースまで、幅広い商品も魅力的。

『マムート』の特徴とは

Newbag Wakamatsu

休日はアクティブに過ごしたい人におすすめの『マムート』。赤いサークルの中に、長い象牙を生やしたマンモスがいる、特徴的なロゴマークはひと目でわかります。創業当時から製品を大事にしつつ、新しい素材や技術をいち早く商品に取り入れようと日々ものづくりに挑戦し続けています。そのためシーズンごとに発表されるアイテムは、用途に適したハイテク素材が使われており、1つのアイテムを選ぶのにも悩んでしまうかも。

『マムート』の魅力は

アウトドアゾーン

高い機能性が何よりもの魅力ですが、最近は本格的な登山用のアイテム以外にも商品のバリエーションが増えています。シンプルながらも考え抜かれた実用的なデザインと、海外のアウトドアブランドならではのオリジナリティーあふれる豊富なカラーは、タウンユースにもぴったり。普段のデイリースタイルにもおすすめです。

メンズが狙いたいアイテムは、ダウン、フリース、リュック

その年の流行のものではなく、その道のプロが本気で選ぶ「本物」を選びたいと思うのが大人の買い物ゴコロ。世界のアルピニストが認める『マムート』の、「人を守るダウン」、「人を温めるフリース」、そして「大事なものを守るリュック」をとことん選んでみませんか。もしかしたら「一生もの」を手に入れられるかもしれません。

狙いたいアイテム1リュック:デイリー使いできる容量・デザインを厳選紹介

普段使いできるからこそ、リュックに標準装備されているこだわりの機能にも注目したいところ。今回はお仕事にも、オフにも使いまわせるモノトーンのリュックをピックアップしてみました。サイズ、デザイン、機能を用途別に厳選しています。

合わせて読みたい: マムートのリュックは都会的な見た目と使いやすさが魅力!

ZOZOTOWN

両手を空けられ、重い荷物を体で支えられる構造のリュックは、荷物の多いアウトドアから、パソコンや書類を抱えるお仕事のシーンまで多用できます。今回はそれぞれの用途に合わせて、サイズ、デザイン、機能を比較して選べるように、リュックを厳選しました。

ZOZOTOWN

お仕事にも使えるデイバックは、外側からアクセスできるフリースライナーの付いたパッド入りラップトップコンパートメントを採用(内部のサイズは25×45×4㎝)。柔らかいパッドの入ったショルダーストラップなので荷物が多くても快適な背負い心地です。

ZOZOTOWN

細かい荷物が多い方におすすめのデイバック。フロントには貴重品用ポケット、背面にはラップトップコンパートメント、そして両サイドにはストレッチが効く生地を使用したポケットが付いています。素早く、多く、ものを出し入れできる機能的バッグです。

ZOZOTOWN

デイリーユースからアウトドアまで使える機能的なデイバック。ステッチされた反射材が、夜間の可視性を高め、緊急時にもぴったりです。フロントの貴重品入れ、ジップポケットやメッシュのサイドポケット、内部にA4サイズポケットなど収納性が高い一品です。

ZOZOTOWN

『マムート』ならではのスポーツクライミング用の頑丈なバックパック。高い収納性にもかかわらず、コンプレッションシステムでスマートな見た目を保てます。背中には通気性を確保する機能素材が使われ、パッド入りの取り外し可能なウェストベルトも付属しています。

狙いたいアイテム2ダウン:見た目も機能も秀逸な人気アイテム

真冬にこそ大活躍の防寒性の高いアウター・ダウンですが、その機能は表地の素材と、中のダウンパックの掛け合わせによって生まれます。『マムート』のダウンは、外観はタウンユースでも、雪山での使用を想定した、風や雨水、雪から人を守る機能を持ち合わせています。

合わせて読みたい: すべてはアルパインのために。マムートの人気ダウン10選

Amazon.co.jp

シンメトリーなラインが一般的ですが、『マムート』はランダムなステッチが特徴的です。雪山でも耐えうる撥水・防風性など機能は型によってさまざま。インナーダウンとしても使える超軽量で収納可能なものもあり、手持ちのアイテムとのコーディネートも楽しめます。

DOORS STORE

『マムート』の定番ダウンジャケットといえばこちら。重さは約300gしかない、超軽量で、撥水・防風はもちろんのこと、こちらは強度や耐久性にも優れています。細身なシルエットで、カラーバリエーションもあり、普段使い、タウンユースにぴったりです。

超軽量で高密度に織られた素材を使用したダウンジャケットで、ピッチの異なるボーダー状のステッチがスポーティな雰囲気。保温性と撥水性に優れ、ぬれにくく、ダウンのかさ高を維持できます。左ポケットに収納可能で、裾のドローコードは片手で調節可能です。

Amazon.co.jp

胸の部分を中心に放射線状にステッチが入っていて、細身に見える視覚効果のある一着。撥水・防風性に優れた表地のほか、ダウンと一緒に、天然羽毛並みの風合いと保温・撥水性を誇る中綿がハイブリットされることで、暖かさを保てます。

REALDRIVE

超軽量生地を表地に使用したダウンジャケットです。撥水性、防風性はもちろんですが、高密度に織られているために、ダウンが抜けにくいのも魅力のひとつ。ジグザグのステッチがタウンユースにもぴったりです。収納袋付きでコンパクトにもなり、持ち運びもOK。

アイエスマート楽天市場店

稼働が多い肩から袖にかけてはストレッチ素材を使用し、身ごろにはポリウレタンでコーティングされたナイロン素材が使用されているため、耐水性能が高く、水に弱いダウンを守ります。脇下には風通し用の穴があり、袋の大きいポケットも付いています。

狙いたいアイテム3フリース:確かな保温性と街着にもハマる一着をお届け

『マムート』のフリースは、防寒性に優れながらもデザイン性豊かな点も魅力。ほかのブランドに引けをとらない人気のアイテムを紹介します。

ZOZOTOWN

保温・速乾性に優れた素材を使用しているフリースは、ジャストなサイズ感で、細身のシルエット。使用用途が普段用と異なるため、ハードに使っても毛玉ができにくく、裾に伸縮性のあるバインディングを施して収まりよくするなど、こだわりがつまっています。

WEAR

アウターにフリースを取り入れるのならば、カラーで遊びたいところ。起毛素材を使用したこちらはラグランスリーブと身ごろで、カラーが切り替えされたカジュアルな一枚。全体でカラートーンを合わせると、スポーティな印象を払拭できます。

DOORS STORE

フードが付いたこちらは、カラー以外に、速乾性のある表側と保温する内側の素材がコンビになっているもの。防風できるようボトムスとの隙間をなくし、体にフィットするストレッチ性があります。細身のブルゾンのインナーにもストレスなく合わせられます。

WEAR

着こみたくない、着ぶくれしたくないシックな着こなしには、モノトーンのハイネックタイプをミドルレイヤーに差し込んでみては。アウターの黒となじませることで、フリースのカジュアルさを軽減し、シンプルに暖かな装いを作ることができます。

アウトドアーズ・コンパス

ミッドレイヤージャケットに使えるものはこちら。肌面にウール、表面は化繊と素材を分けて混紡された素材を採用することで、肌との接地面では抗菌防臭、汗冷えしにくい機能を、表側では水分を拡散させて蒸発させる機能を持ち合わせる魅力の一枚に。

GULLIVER Online Shopping

綿パーカーの代わりに使えそうなフードタイプでおすすめはこちら。保温性・軽量の機能性はもちろん、繰り返しの洗濯や荒れた天気にさらされてもその機能性を保持できる耐久性もあります。ミニマルなデザインが着合わせるアウターやボトムスを選びません。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
マムート(MAMMUT)
ブランドまとめ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

Freeamericanidol編集部

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

山崎 サトシ

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカーが、大人に愛される3つの理由

『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカーといえば、外遊びのみならず街でも使える最強アイテム。魅力や注目作、着こなしから大人に愛される理由を読み解きます。

山崎 サトシ

もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

近間 恭子