秋冬だけじゃない。チャンピオンで見つけた春夏ウェア

懐かしさを感じる人もいるかもしれませんが、ノームコアやスポーツミックスなどの潮流に乗ってチャンピオンが人気上昇中。名作から旬な別注品、着こなし実例まで解説!

平 格彦

2016.05.20

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

『チャンピオン』といえば、コレが定番ですが

誰もが袖を通した『チャンピオン』長袖スウェットシャツ

ZOZOTOWN

『チャンピオン』を躍進させたのが1934年に誕生した “リバースウィーブ製法” のスウェットシャツ。生地を横向きに使用することで縦縮みを軽減しつつ、サイドリブを採用することで横縮みと動きやすさを実現した画期的な名作でした。アメカジを象徴するアイテムとして世代を超えて愛され続け、今でもスタンダードとして君臨しています。

長袖スウェットシャツだけじゃない。『チャンピオン』の旬アイテム

リバースウィーブのスウェットシャツ以外にも、『チャンピオン』の人気アイテムは多数。その中から、今の空気感を取り入れたアイテムを3点ピックアップして紹介します!

アイテム1別注 リバースウィーブ Tシャツ (リラックスフィット)

ZOZOTOWN

ガーメントウォッシュ加工を施した9.4オンスのジャージー生地を使用しつつ、リバースウィーブ製法とオーバーサイズでリラックスできる作りに仕上げています。リブ使用の袖口や裾がスポーティなムードを引き立てる、まさに今季ならではの別注モデルです。

ZOZOTOWN

ビッグシルエットのトップスとクロップド丈いうと、トレンドの要素をぜいたくに取り入れたコーディネート。アクセサリーやサンダルなどの小物のアレンジで、初夏に向けた着こなしを構築しています。

アイテム2リバースウィーブ ジップフーディー インディゴ

ZOZOTOWN

今季はデニム素材がトレンド。その象徴的な要素であるインディゴ染めを取り入れたジップアップパーカーです。中白状態にすることで独特な色落ちやアタリ感が現れるように仕上げています。定番の裏毛スウェット生地である10オンスのフレンチテリーを使用。

ZOZOTOWN

パーカーの色みを引き立てるため、インナーとジーンズをホワイト基調に。Tシャツをボーダー柄にすることでマリンテイストの清潔感も演出しています。それでもどこかこなれた印象なのは、パーカーの風合いの賜物。黒いスニーカーで足元は落ち着かせています。

アイテム3リバースウィーブ ショーツ

ZOZOTOWN

トップスだけでなく、スウェットパンツなどのボトムスも人気の『チャンピオン』。最近は、ショートパンツも増えています。これは『モンキータイム』の別注品で、股上の深いドロップシルエットにアレンジしています。素材は定番である9.4オンスのジャージー生地。

ZOZOTOWN

どんなトップスでも夏仕様に導くリラックス感があるショーツですが、セットアップで着用するのがもっとも新鮮。オーバーサイズのパーカーを合わせると一層エフォートレスな雰囲気です。『チャンピオン』の別注品としては、パイル地のセットアップなども人気。

『チャンピオン』を大人顔に着こなす。WEARで見つけた春夏コーデ集

リバースウィーブのスウェットシャツは、デニムなどとアメカジスタイルを築くのが王道でした。しかし今ではアイテムとともに着こなしも進化。実例でチェックしましょう。

WEAR

『チャンピオン』を象徴するスウェットシャツを着用。丈を短めにアレンジしてモダナイズンしています。好相性のアメカジ系アイテムを合わせつつ、色みで新鮮にモディファイ!

WEAR

今季らしいインディゴ染めを施したスウェットパーカーが『チャンピオン』。ボーダー柄のインナーや白いパンツを合わせれば、マリン調の爽やかな着こなしが完成します。

WEAR

『チャンピオン』のTシャツも人気。インディゴ染めの一枚をインナーとして用いた実例です。リブブルゾンもデニムもネイビーでまとめたブルー系ワントーンスタイルが爽快。

WEAR

旬なビッグシルエットのモックネックカットソーが主役。別注で生まれた白い逸品を際立たせるため、パンツもスニーカーもブラックで揃えています。モノトーン基調がクール!

WEAR

夏らしさの薫るパイル地のTシャツが『チャンピオン』×『チャオパニック』。スウェットパンツとスニーカーでシンプルに着こなしていますが、シルエットが細身でモダンです。

WEAR

トリコロールの筆記体ロゴを刺しゅうであしらったTシャツがメインの着こなし。ロゴから拾った赤を差し色としてスニーカーにも取り入れ、個性を打ち出して新鮮に仕上げています。

WEAR

ギャザー仕立てのジムリブがテーパードシルエットをナチュラルに描き出しているスウェットパンツが『チャンピオン』。ジャケットと革靴を合わせて上品に装いに昇華しています。

WEAR

リラックス感のある『チャンピオン』のショーツを用いた着こなし。白いスニーカーでスポーツ感を強調しつつ、ミリタリー調のカバーオールで男っぽさもミックスしています。

WEAR

大きな “C” ロゴが主張しているTシャツにくわえ、バケットハットも『チャンピオン』。スポーティな爽やかさを拡大するため、ボーダー柄のカットソーをレイヤードしています。

WEAR

バケットハット、Tシャツ、ショーツの3点が『チャンピオン』×『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』。アイテムそれぞれの個性が加算され、夏らしい装いにこなれ感が充満!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
チャンピオン(Champion)
ブランドまとめ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

ワードローブに欠かせないスウェットアイテム。なかでも『ユニクロ』のそれは、シンプルなデザインとコスパの良さで人気です。おしゃれな着こなし術を、実例とともに紹介!

平 格彦