カンペールを徹底解説!靴からバッグ、コーデまで紹介

意外と知られていないカンペールの歴史から、定番と新作のおすすめモデル、コーディネートサンプルまで、一挙紹介。春夏の着こなしに、ぜひ取り入れてみてほしい。

TERAONO

2016.05.20

意外と知らない。『カンペール』の歴史

『カンペール』は、スペインのバレアス諸島州インカ(マリョルカ島)に拠点を置くシューズブランド。ブランドの設立は1975年だが、前身となる会社は1877年に歴史をスタートさせている。父から子へ、子から孫へと伝統を受け継ぎ創業し続けてきた親子4世代にわたるファミリー企業だ。靴を中心にバッグや財布なども展開している。

『カンペール』製品の特徴とは?

年齢性別問わず、世界中で支持され続ける『カンペール』の製品。同ブランド最大の特徴は、トレンドやほかのブランドに流されない、確固とした独自のスタイルを保ち続けていることだ。スペインブランド特有のデザイン、高品質な素材使い、伝統的な製法から生まれる機能性と実用性など、一貫した独自の哲学の基に開発・製造が行われている。

『カンペール』が持つ3つの魅力

シューズに関しては、リピーターが多いことでも知られる『カンペール』。「次も買いたい」と思わせる魅力は、いったいどこにあるのだろうか。代表的な3つの魅力を挙げてみた。

魅力1独特の丸っこいフォルム

ブランドロゴが主張していないシューズで、形だけを見てブランドを言い当てられるシューズは少ない。しかし、『カンペール』のシューズは、トゥに丸みを帯びた独特のフォルムから、一見するだけで同ブランドのシューズだと認識できる。この特徴的なフォルムを一貫して変えていない点が魅力だ。また、スペインのブランドらしく、ストイックすぎない抜け感、どこかに遊び心を秘めたデザインも人気の理由。

魅力2機能性と履き心地のよさ

『カンペール』のシューズはリピーターが多いことでも知られている。理由はいたって簡単、履き心地がよく、歩きやすいからである。“エレガントな革靴”と“動きやすいスニーカー”を両立させたシューズなので、履き心地はスニーカーのように軽快に作られている。一度履いたら病み付きになるはずだ。

魅力3高品質な素材遣いと伝統技術の継承

素材には天然皮革を使用した製品を多数展開。シューズに関しては、上質な革による足あたりの良さがリピーターを引きつける理由の1つとなっている。高品質な素材をどう生かすか、も重要な要素だが、『カンペール』では4世代にわたり守られてきた伝統技術が生かされている。

『カンペール』の代表選手。大人が欲しいモデルを厳選

『カンペール』が展開するシューズ、バッグ、財布などの小物から、大人におすすめのモデルを厳選して紹介。買っておけば間違いのなしの注目モデルを紹介します。

アイテム1『カンペール』ペウカミ

『カンペール』のアイコンともいえる人気のライン。足型に沿ったデザインなので横幅も広く、快適な履き心地が得られる。アウトソール裏面に施したデザインは「人の足型」そのもの。インソールも厚く、クッション性の高さも感じられる作り。シューレースはゴム仕様なので脱ぎ履きがスムーズに行える。

アイテム2『カンペール』ペロータス アリエル

『カンペール』のアイコン的シューズ。1995年に誕生し、定番デザインとして長く愛用されてきたスニーカーライン。普遍的でシンプルなデザイン、履き心地にも優れ、リピート率の高いシューズだ。このシリーズの特徴は、ボール状のアウトソール。ラバーソールにあしらわれた87個のボールによる高いクッション性、しっかりと地面をとらえる安定性が得られる。

アイテム3『カンペール』ビートル

インソールとアウトソールを一体成形したソールを使った軽量なシューズ。裏地にはメッシュ素材を採用し、優れた通気性を実現した。シューレースにはゴムひもを採用し、そのままでも脱ぎ履きできる仕様で、より一層使い勝手が向上した。スペインブランドらしい明るいカラーリングも魅力の1つ。

アイテム4『カンペール』ダブ

樫の木の葉のように、しなやかで軽さを特徴としたハイブリッドスニーカー。『カンペール』を代表するクラシカルなモデルとは一線を画す一足だ。足に合わせた形状やさまざまな素材を組み合わせたリッチな風合いが作りあげたコンフォート性がある。

アイテム5『カンペール』アダパック

ナチュラルでスポーティーなルックスが特徴のリュック。本体は摩擦や摩耗に強いコーデュラナイロンを使用し、底面にはポリウレタンコーティングがされた革を使用している。PCや書類などを収納するスペースが付き、外側のリングやポケットなども実用的に使える。

アイテム6『カンペール』ハンバーガー

カラーコンビネーションを機能的に表現したパフォーマンスとクリエーティビティーが融合したブランドらしいライン。マチ部分のファスナーを開くことで、もうひとつの収納と、もうひとつのカラーが現れる。デイリーシーンから小旅行、出張までに対応するバッグ。

アイテム7『カンペール』フランク

ボストンバッグの新しい持ち方を提案したシリーズのブリーフケース。ナイロン素材に塩縮加工を施した丈夫で軽量な生地に、ミニマルで洗練されたディテールのパーツを組み合わせることで、従来のクラシックなスタイルに現代の感覚を落とし込んだデザインに。

アイテム8『カンペール』テオ

シンプルで上質なルックスのバッグシリーズ。荷物の状況に合わせて、トートバッグとしても斜めがけのバッグとしても使うことができる。少量の荷物のときは本体を折り曲げて、ショルダーストラップを短めにすることで自転車移動などにも適した身軽な持ち方もできる。

アイテム9『カンペール』ナギ

『カンペール』の故郷であるスペインのマヨルカ島でもっとも美しいビーチといわれるエストレンクの透明感のある海と、穏やかな水面をデザインに落とし込んだバッグシリーズのトートバッグ。定番のトートバッグでありながら、特殊な生地を使用し、都会的なデザインに仕上げたバッグ。

アイテム10『カンペール』2つ折り財布

しっとりとして、柔らかい手触りが特徴的なガーメントレザーを使用した2つ折りの財布。表面にはスペインの有名なイラストレーター、ハビエル・マリスカル氏によってデザインされた犬の型押しが施されている。優れた実用性もポイント。

アイテム11『カンペール』キーケース

柔らかい手触りが特徴的なガーメントレザーを使用したキーケース。内部には、4つのイーフックを装備する。背面には、ジップポケットを配置しており、小銭の収納など便利に使える。小物にこそこだわりのが大人の男だ。

『カンペール』で作る。大人の着こなし

『カンペール』のアイテムを取り入れた旬なコーディネートを集めてみた。シューズやバッグの取り入れ方をチェックして、『カンペール』攻略の参考にしてみては!?

スプリングコートをメインにした大人のカジュアルスタイルに、シンプルな『カンペール』のシューズがマッチ。ジーンズの裾をロールアップすることで、独特なフォルムが主張できる。

ホワイト1色で統一された上下に、光沢感のあるブラックの『カンペール』を組み合わせた清潔感あふれるカジュアルコーデ。ソックスをボーダー柄にして、ポイントを作ったのが決め手。

スタイルを選ばず履くことができるのが『カンペール』の魅力。カジュアルからドレスまで、幅広いシーンに対応してくれる。スウェットパンツのキレイめスタイルにもスマートになじんでいる。

カジュアルスタイルの差し色として、レッドのバックパックをプラス。ロールドトップのバックパックは、アクティブな雰囲気が演出できる春夏に最適なアイテムだ。さりげない小物使いが差をつける。

ワークテイストなスタイルに合わせて、ブラック1色のクールなバックパックをセレクト。バックパックとシューズをカンペールでまとめて、統一感を持たせたのがポイント。

KEYWORD関連キーワード
ブランドまとめ
カンペール(CAMPER)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事