やっぱり初夏は白!メンズのホワイトデニム着こなし集

ホワイトデニムはどんな人でも“爽やか補正”がかかる、ありがたいアイテム。2016年春夏の着こなしパターンを押さえて、さらなる印象アップを狙いましょう。

Asami Kitsukawa

2016.05.17

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

冬コーデにも使えたけど、初夏の着こなしがホワイトデニムの真骨頂!

WEAR

ホワイトデニムはシーズンレスなアイテム。冬場は重く見えがちなコーデを軽く見せるために、ホワイトデニムを活用していた人が多いと思いますが、これからの季節はさらに軽い着こなしにシフト。定番の組み合わせから、今年らしいコーディネートまで着こなしサンプルを集めてみました。

初夏コーデの鉄板。”ボーダートップス×ホワイトデニム”の組み合わせ

ホワイトデニムといえばボーダー、というぐらいの鉄板アイテム。とはいえマリンすぎる着こなしだと天気やシチュエーションによっては浮いてしまう可能性も。程良い街着感があるコーディネートをピックアップ。

WEAR

テーパードタイプの『エドウィン』503に合わせたボーダーTシャツは、ピッチ幅でメリハリを出した変わり種。首元がつまっているのでだらしない感じになりません。足元の革靴も◎

WEAR

こちらは赤ボーダーを合わせたスタイル。上からネイビーのシャツを羽織ることで赤が強調されすぎず、落ち着きと爽やかさをもたらしています。ゆるっとしたシルエットもマリンすぎない所以。

WEAR

ホワイトデニムの場合、モノトーンコーデも軽く見えるのがいいところ。黒ベースのボーダーTに黒カーディガン、シューズも黒でまとめつつ、クラッチバッグでアクセントをプラス。

WEAR

ユニクロのホワイトデニムに合わせたボーダーは、白だと明るすぎるのでグレーをチョイス。カーディガンを肩がけすることで単調さを排除しています。ハットなどの小物使いもGOOD。

WEAR

ホワイトデニムもダメージ加工だと、ボーダーを合わせても男っぽい印象に。カットソー素材のジャケットを腕まくりすることで抜け感を出し、足元はきれいめにまとめるのがコツ。

簡単にできるデニム・オン・デニム。”デニムシャツ×ホワイトデニム”の爽やかコーデ

今季の注目トレンドであるデニム・オン・デニム。同色で合わせるのはちょっと……と思っているなら、ホワイトデニムで試してみてはいかがでしょうか。シンプルなコーデから仕事着に使えそうな組み合わせまで、いざチェック!

WEAR

ベーシックなホワイトデニムに、色落ち加工のデニムシャツを合わせたスタイル。ジャストサイズのシャツからチラリと白Tシャツをのぞかせることで、バランスを取っています。足元も淡いブラウンで軽やかな印象に。

WEAR

テーパードタイプのデニムにデザイン性の高いデニムシャツをオン。こちらは中にチェックシャツを入れているのがポイント。間に柄を挟むことでコーディネートに立体感が生まれます。

WEAR

デニム・オン・デニムも、リネンジャケットを羽織ればオフィスカジュアルに。淡い色の上下をライトインディゴブルーのシャツが引き締めています。足元はホワイトスニーカーでさらに爽やかに。

WEAR

こちらはバンドカラーのデニムシャツを使った上級コーディネート。上からカーディガンを羽織ることで、デニムシャツが縁取りのような役割を果たしています。ストレートなデニムのラインもおしゃれ。

WEAR

こちらはホワイトデニムでもストカジができるという好例。ルーズフィットのホワイトデニムにダンガリーシャツ、キャップとスリッポンを合わせれば、爽やか&男らしく決まる!

上級者はワントーンに挑戦。”ホワイトトップス×ホワイトデニム”のコーデ

今季もますます盛り上がるワントーンコーディネートもホワイトデニムがあればチャレンジしやすい。とはいえホワイトのワントーンコーディネートは難易度の高いもの。まずは色をサンドするビギナークラスから始めてみて。

WEAR

前出のホワイトデニム×デニムシャツの上から、デニムとお揃いのジージャンを羽織った、ビギナーにおすすめのスタイル。慣れてきたらジージャンのボタンを留めて、白の分量を増やしていくのもアリ。

WEAR

インナーはすべてホワイトで揃えつつ、ジャケットのみベージュで色を刺した“ハーフワントーン”スタイル。白に近いベージュをチョイスすることでワントーンに近づけています。

WEAR

ほぼ白ながら、デニムシャツ→ボーダーと重ね着をすることで取り入れやすくしたスタイル。少しだけのぞくデニムシャツが縁取り効果でコーディネートを立体的に見せている。

WEAR

ハットやウォレットコードなど小物をプラスすれば、全身ホワイトも挑戦しやすいというサンプル。ホワイトデニム&シャツともにコンパクトなシルエットにすることで、すっきりスタイル良く見せている。

WEAR

最後は究極のワントーンコーディネート。シンプルなのにおしゃれに見せているのは、絶妙なロールアップや、一番上のボタンまで留めたシャツなど緻密に計算された着こなしバランスのなせる技!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
ボトムス
ジーンズ
夏の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

リーバイスのジージャン。その定番モデルやコーデを紹介!

メンズカジュアルシーンに欠かせないジージャン。なかでも老舗ブランド『リーバイス』は人気です。そこで、定番モデルやカラバリ、着こなしまで一挙紹介!

ライターR

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

ワードローブに欠かせないスウェットアイテム。なかでも『ユニクロ』のそれは、シンプルなデザインとコスパの良さで人気です。おしゃれな着こなし術を、実例とともに紹介!

平 格彦