コーデがラフになり過ぎない!ブラックデニムが頼れる

汎用性が高く、コーディネートの引き締め役や体型補正に効果的なブラックデニム。ここでは大人にふさわしい、おすすめのブラックデニムと着こなしを探る。

大中 志摩

2016.05.16

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

ブルーデニム以上に頼りになる!? ブラックデニムの底力をご存じ?

ZOZOTOWN

デニムといえば真っ先に思い浮かぶのがインディゴに染められたブルー系のアイテムという人も多いのでは? しかし、忘れてはいけないのがブラックデニムの存在。汎用性の高さはもちろん、体型補正やコーデの引き締めなどブルーデニムにはない魅力を備えているのだ。

①無彩色ならではの汎用性の高さ

WEAR

無彩色であるブラックは、合わせる色を選ばない使い勝手のよさが特徴。また、クールな雰囲気を手軽に作りやすく、大人らしいスタイルを構築するためには欠かせない。鮮やかな色ものが増えるこれからの季節は、ブラックデニムでメリハリのあるスタイルを楽しみたい。

②引き締め効果があるので、体型補正も期待できる

ZOZOTOWN

引き締め効果のあるブラックのパンツは実際よりも足を細く、長く見せてくれる。そのため、ブラックのデニムを取り入れることで日本人特有の胴長短足体型をカバーしてくれるだけでなく、スタイリッシュな着こなしを手軽に作りやすいというのもうれしいポイントだ。

③ブルーデニムほどカジュアルでないため、大人の着こなしにハマりやすい

WEAR

カジュアルな印象が強いブルーデニムに比べ、ブラックデニムはクールな雰囲気が強くなるので着こなしがラフになり過ぎない。トレンドのデニムスタイルは楽しみたいけど、大人っぽくスマートに着こなしたいという時はブラックデニムをチョイスしてみて。

30代のFreeamericanidol世代に似合うブラックデニムの選び方

引き締め効果のあるブラックデニムは、スタイルに自信がない人でも膨張を気にせず愛用できる。さらにシャープに見せるべく、細身のアイテムを選ぶのが賢明だ。まずは定番のプレーンなデザインを押さえ、個性を出したい人はダメージ加工モノも視野にいれて。そんな条件を備える、Freeamericanidol世代におすすめの5本を厳選。

『リーバイス』スリムストレート

ZOZOTOWN

5ポケットのスリムフィットのストレートタイプ。1960年代のフィットを原型としており、ポケット袋とフライはユニークな四角い型に仕上がっている。バックポケットはうしろ姿がきれいに見えるようにポジショニングした。

『ファクトタム』リジットストレッチデニム スリム

ZOZOTOWN

『ファクトタム』を代表する定番の生デニム。12オンスのきれいな仕上げが特徴。リジッドデニムだが、ストレッチが効いているのではき心地も抜群だ。股上を浅く設計することで、より細さを強調させた。

『ジャーナルスタンダード レリューム』360°ストレッチスキニーテーパードデニム

ZOZOTOWN

縦糸にCM800ポリエステル弾性糸、緯糸にLYCRAスパンデックスを使用。全方向にストレッチが効いていてストレスフリーな履き心地を実現した。耐久性に優れ、絶妙に計算されたフィット感のあるスキニータイプ。

『ビームス』リペア デニムパンツ

ZOZOTOWN

使い込んだお気に入りのデニムを何度も修理したような雰囲気が魅力のアイテム。同系色のパーツでまとめ、個性的かつ落ち着いた印象に仕上げている。やや短めに設定されたレングスも特徴でローカットのスニーカーにもぴったり。

『ナンバーナイン デニム』別注 ヴィンテージスキニー

ZOZOTOWN

『ナノ・ユニバース』がストリートシーンを牽引する『ナンバーナイン』の新ライン『ナンバーナイン デニム』に別注したデニム。クラッシュ加工は丁寧なハンドメイドで施されており、大人仕様のダメージデニムとなっている。

不思議とラフになり過ぎない。ブラックデニムを取り入れた着こなし帖

デニム特有のカジュアルさを払拭し、こなれた印象を与えてくれるブラックデニム。普段のスタイルに投入するだけでメリハリが生まれ、自然とスタイリッシュな印象に。そんな大人の強い味方であるブラックデニムを取り入れた旬な着こなし方を紹介していく。

WEAR

アウターをホワイト、パンツをブラックでまとめ、インナーとシューズはレッドでアクセントをプラス。色面積のバランスがよく、春夏らしい軽快な印象が魅力的だ。色ものもうまく取り入れれば大人っぽさを引き立ててくれる。

WEAR

ジャケットスタイルもブラックデニムならすんなりと馴染む。インナーにブルーのチェックシャツを取り入れてアクセントと爽やかさをプラスした。スエードブーツもグレーをチョイスすれば重く見えない。

WEAR

パーカー、シャツ、ブラックデニムのシンプルなカジュアルスタイル。モノトーンの色使いも白の面積を多くすることでマイルドな雰囲気にまとまり、シンプルながらもこなれ感のあるスタイルに仕上がった。

ZOZOTOWN

上下にブラックデニムを取り入れたクールなデニム・オン・デニムコーデ。チェックシャツとパーカーをレイヤードしてこなれ感を加速させた。ブラックをベースに合わせているのでレイヤードの着膨れ感がなく、スタイリッシュな印象に仕上がっている。

WEAR

ベージュのトレンチコートに、インナーにはオリーブのベストを取り入れた。アースカラーでマイルドにまとめつつ、ブラックのスキニーデニムで引き締め、スタイリッシュなムードに。ブリム幅の広いハットがアクセント。

WEAR

半袖のスウェットとシャツをレイヤードすることで、着こなしにリラックス感がプラスされ、ぐっとおしゃれ度アップ。鮮やかなブルーを主役に、帽子やシューズ、パンツはブラックで統一してシャープに着こなした。

ZOZOTOWN

シックなネイビーのMA-1とブラックデニムを合わせたアーバンミリタリースタイル。インナーはピッチが細めのボーダーTシャツで品よく仕上げた。全体をモノトーンでまとめているので洗練された印象になっている。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
ボトムス
ジーンズ
春の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

リーバイスのジージャン。その定番モデルやコーデを紹介!

メンズカジュアルシーンに欠かせないジージャン。なかでも老舗ブランド『リーバイス』は人気です。そこで、定番モデルやカラバリ、着こなしまで一挙紹介!

ライターR

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮