アウトドア派必見!春夏はアスレジャーのコーデが気分

スポーツミックススタイルが人気を高めていますが、そのひとつとも言えるアスレジャーもいろいろ持ち上がってきそうな気配。その特徴や具定例をじっくり解説します!

平 格彦

2016.05.03

アスレジャーとは

アメリカが始まり、日本では女性の間で浸透してきているのがアスレジャー。“アスレチック (運動競技)”と“レジャー (余暇)”を掛け合わせた造語で、そんなシーンで使用するスポーツ系アイテムを取り入れたスタイルをさします。アメリカがブームの始まりですが、今後男性にも広まりそうな気配。すでに人気のスポーツミックスのひとつともカテゴライズできるので、呼び名が浸透するかはさておき、スタイルとしては確実に来そうです!

アスレジャーのコーデに必要な3つのアイテム

女性の場合はヨガパンツが代表的なアイテムですが、男性の場合はそれに近いアイテムや、スポーツ系アイテムで取り入れるのが定番。具体的な代表アイテムを紹介します!

アイテム1スウェットパンツ

すでにワードローブの中にあるアイテムでアスレジャーに使えるのがスウェットパンツ。スポーツブランドのロゴや、スポーティーなデザインが採用されたタイプなら、アスレジャーなムードも高まります。細身なシルエットを選び、スタイリッシュにまとめるのが肝。

アイテム2スニーカー

足元はスニーカーが基本。スポーティーでリラックスできる着こなしの土台となるからです。ハイテク系や最新モデルでもOKですが、レトロなローテクタイプのほうが汎用性は抜群。スリーストライプスがスポーツ感を主張する『アディダス』のスーパースターが本命です。

アイテム3ジョガーパンツ

やはり、キーアイテムとなるのはパンツ。ジョガーパンツ人気が高まると同時に、アスレジャーも盛り上がっていきそうです。このパンツもまさにアスレジャーを意識。伸縮性のあるポンチ素材を使用しつつ、ひざの切り替えがスポーティーな印象を際立たせています。

WEARで見つけたアスレジャーのコーデサンプル

アスレチックやレジャーで使用するスポーティーなアイテムをうまくミックスし、リラックスできる着こなしを築くのがアスレジャーの神髄。そんな具体亭を解説します!

スウェットパンツ+スニーカーで下半身をスポーティーにまとめつつ、ロング丈のアウターで覆って上品に仕上げるのがアスレジャーの基本形。白いパンツが清潔感も放ちます。

アスレジャーのベーシックな着こなしですが、スニーカーをネオンカラーにすることでアスレチック感や個性を強調。ほかのアイテムをモノトーンにすることで大人っぽい落ち着きも演出しています。

下半身は『ナイキ』で統一。パンツが迷彩柄ですが、スニーカーとともにグレー基調にして落ち着かせています。ブレザーで品格を加えつつ、インナーダウンでスポーツ感を増強。

トレンドのデニム生地をジージャンで取り入れつつ、シャツ+ニットで上品な大人なカジュアルスタイルに。スウェットパンツ+スニーカーでアスレジャー感を醸しています。

色使いがセットアップ風でわかりづらいのですが、ジャケットとスウェットパンツという組み合わせ。さり気ないアスレジャースタイルです。スタンスミスでスポーティーな抜け感を加味。

ニット素材のスキニーパンツでリラックス感を確保しつつ、ナイロンパーカーを合わせることでスポーティーなムードも付加しています。全身がモノトーンでシックなニュアンス。

手に持ったMA-1以外はスポーツ要素のあるアイテムばかり。配色をホワイト&ブラックにすることでクールなアスレジャースタイルを標ぼうしています。白いスニーカーが爽快!

ギンガムチェックのシャツで大人な品位を醸しつつ、スウェットパンツとスニーカーでアスレジャー系に仕上げています。スパイスカラーのキャップもスポーティーな印象を加速!!

スポーツ感を弱めにした初心者向け。トレンドの色落ちデニムをウエスタンシャツで取り入れつつ、ジョガーパンツと真っ赤なスニーカーでアスレジャーのエッセンスをミックス。

ブラックのパンツのスポーティーな要素はありませんが、キャップやスウェットシャツ、ハイテク系スニーカーでアスレジャーに導いています。グレー基調でシックなイメージに。

KEYWORD関連キーワード
アウトドアファッション
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事