薄色デニムを攻略!おしゃれに見せる大人の着こなし方

濃紺デニムも根強い人気ですが、軽快に見せる薄色デニムも注目。涼やかなトップスや軽快なサンダルなど、清涼感のあるアイテムと好相性な薄色デニムに注目します。

大中 志摩

2016.05.03

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

薄色デニムを着こなす3つのポイント

薄色デニムを攻略するために知っておきたい3つのポイントをご紹介。色合いやシルエット、サイズ感など、はき方など、即戦力として使える薄色デニムの秘密を解き明かす。

ポイント1薄色デニムのシルエットは細身が基本

WEAR

膨張色である薄色デニムは、細身を選ぶのが基本。だからといって、スパッツのようにピタピタなのも周囲に暑苦しい印象を与えてしまうので注意したい。シワの入る程度の余裕を持たせた細身のシルエットがおすすめだ。太めを選ぶ場合は、思い切ってロールアップするなど、着こなしのテクニックが必要となる。

ポイント2立体感のある色合いを選ぶ

WEAR

ホワイトデニム以外の薄色デニムで、色落ち加工やムラ感のないものはノッペリしていてほかのアイテムと合わせるのが難しい。そのため、色落ち加工によるグラデーションや、ダメージ加工など、立体感や表情のある薄色デニムを選ぶと合わせやすい。もはや薄色デニムのダメージ加工は鉄板なのだ。

ポイント3ロールアップで足首を見せるのが基本

WEAR

さっきも説明したとおり、薄色デニムは色の効果でノッペリと見えやすい。ノッペリと見せないためには、デニムとシューズの間に隙間を作り、素足や靴下でポイントを作ってあげるのが重要だ。ロールアップの幅は、デニムの太さによって調節するのがベスト。幅が細すぎても、太すぎても野暮ったく見えるので注意したい。

薄色デニムと好相性な3つのアイテム

薄色デニムと相性のよい3つのアイテムをピックアップ。各アイテムを取り入れたお手本のコーディネートサンプルも合わせて紹介。着こなしの参考にしてほしい。

アイテム1ボーダーカットソー

ZOZOTOWN

清潔感あふれるボーダーカットソーは、デニムのカジュアル感を清潔感のある印象に導いてくれる。また、ボーダー特有のマリンテイストが加わることで、華やかな雰囲気が演出できる。

着こなし1

WEAR

薄色デニムとボーダーカットソーを合わせたストレートな着こなし。薄色デニムに細身を選ぶ場合は、トップスもジャストか、もしくはタイトなサイズ感で着るのが鉄則だ。鉄板の組み合わせといえど、サイズ感は重要だ。

着こなし2

WEAR

定番のアイテムながらも、デニムに施されたダメージ加工や、ややビッグサイズのバスクシャツを選ぶことで着こなしの鮮度をアップ。足元はシンプルなスリッポンでカジュアル感を引き立てている。

着こなし3

WEAR

難易度が高いデニム・オン・デニムでも、ボーダー柄をサンドすることで、スマートな印象にまとまる。清潔感のあるボーダー柄は、デニムの汚れた風合いやダメージ感を払拭してくれる。

アイテム2白スニーカー

ZOZOTOWN

ウォッシュ加工やダメージ加工が施された薄色デニムを、清潔感あふれる印象に格上げしてくれるのが白スニーカーだ。Tシャツなどと色を合わせるとコーディネートしやすい。

着こなし1

WEAR

白ベースのカットソーと白スニーカーで薄色デニムをサンド。上下の色をリンクさせることでバランスよくまとまる。着こなしを爽やかにまとめる白系トップスと白スニーカーの相性は抜群だ。

着こなし2

WEAR

オリーブ色のシャツを軽く羽織った、スマートな大人のアメカジスタイル。ボーダー柄のカットソーと、アディダスのカラーリングがさりげなくマッチしている。全体のサイズ感も絶妙。

着こなし3

WEAR

細身の薄色デニムをロールアップして、白スニーカーとの間に抜け感を設けると着こなしがスマートに見える。白スニーカーと白トップスの相性は鉄板。トップスの丈感も絶妙な着こなしだ。

アイテム3ウェリントンタイプのサングラス

ZOZOTOWN

武骨で男らしい印象が強いウェリントンタイプのサングラスは、薄色デニムの爽やかな印象をバランスよく中和してくれる。清潔感が薫る、男らしいスタイルへと導いてくれる。

着こなし1

WEAR

細身のデニム・オン・デニムのスタイルは、軽い印象になりがち。そこにウェリントンタイプのサングラスを入れることで、重さが加わり、男らしい雰囲気にまとまる。着用しない時には、胸元にかけておくとアクセントにもなる。

着こなし2

WEAR

タイトなスキニーデニム×プレーンなスウェットのシンプルな着こなしに、サングラスを取り入れることでユーロテイストなスタイルに。サングラスを取り入れるだけで、ぐっと雰囲気がよくなる。

着こなし3

WEAR

ホワイトデニムの場合も同様。軽快すぎる印象に男臭さをプラスしてくれる。ややゆとりのあるシルエットの薄色デニムには、スニーカー以上のボリューム感を持ったシューズが合う。

おすすめの薄色デニム

大人におすすめの濃色デニムをピックアップ。色落ちの雰囲気やダメージ感など、バランスに優れたものだけを厳選して紹介する。今の時期にデニムを新調する際の参考にしてほしい。

アイテム1『エヌエヌ バイ ナンバーナイン』

ZOZOTOWN

同ブランド定番のモデルよりも裾幅が狭く、よりテーパードがかったモデル。ダメージ加工のディテールも優れており、まさに今季狙い目の大人のためのダメージデニムとなっている。

アイテム2『ダンケシェーン』

ZOZOTOWN

デニム生地を使用したジョガーパンツ。足首をしっかりと見せることで、軽快さや清涼感が主張できる。さらに、動きやすくはき心地も良好だ。見た目はデニムパンツ、着用感はジョガーパンツの優れもの。

アイテム3『ステュディオス』

ZOZOTOWN

デニムの聖地である岡山産のしっかりとハリのあるデニム生地を使用したスキニーデニム。生地にストレッチ性を持たせ、快適なはき心地を実現している。美しい色落ち感も好印象だ。

アイテム4『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』

ZOZOTOWN

9.6オンス平方ヤードのデニムを使用した半端丈のデニムスキニー。生地の表面にはシェービング加工を施し、絶妙なヴィンテージ感を表現。軽快なコーディネートづくりに欠かせない。

アイテム5『ファンダメンタル』

ZOZOTOWN

『ファンダメンタル』の得意とするユーズド・リメイク加工を惜しみなく注ぎ込んだデニム。両膝と腰の要所にリペア加工をバランスよく施しており、さまざまなコーディネートで活躍する。クロップド丈というレングスも今の気分にマッチしている。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
ボトムス
ジーンズ
春の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

リーバイスのジージャン。その定番モデルやコーデを紹介!

メンズカジュアルシーンに欠かせないジージャン。なかでも老舗ブランド『リーバイス』は人気です。そこで、定番モデルやカラバリ、着こなしまで一挙紹介!

ライターR

カーディガンのコーデサンプル10選。支持される4型の着こなし解説

季節の変わり目、とくに肌寒い時期に重宝するのがカーディガン。ベーシックなデザインから旬顔まで、タイプ別にカーディガン着こなし術を解説します。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮