【特集】夏のシンプルTには、“脱シンプル”な腕時計

30代メンズにすすめたい。アメカジファッションのコーデ術

30代以上の男性にとって、アメカジはブレないベーシック。とはいえ、年相応にアップデートする必要があるでしょう。今らしく、大人にハマるアメカジとは何かを解説します!

山崎 サトシ

2019.02.27

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

そもそもアメカジファッションとは

読んで字の通り、アメリカをイメージさせるのカジュアルウェア全般を指す“アメリカンカジュアル”。実はこれ、日本で生まれた造語で“ヨーロピアンカジュアル”の対義語として1960年代のアイビールック全盛期に生まれたと言われています。

アメリカの大学生たちの着こなしや、カリフォルニアのスポーツファッションにヒントを得た日本のアメカジ。大定番であるジーンズを筆頭に、チェックシャツ、ワークブーツにスウェットパーカーと主にアメリカにルーツを持つアイテムを主に用いるのが大きな特徴と言えそうです。日本では1970年代に最初のブームを迎え、今ではカジュアルスタイルの定番として不動の地位を獲得しています。

アメカジファッションを作るのに欠かせないアイテム

それでは、大人のアメカジスタイルに必要となるモノとは具体的に何でしょうか? まずおすすめしたいのは、以下で提案する7つのアイテム。アイテムの種類だけでなく、選ぶべきデザインや取り入れ方についても解説していきますので、明日からのコーデメイクの参考にしてみてください。

アイテム1アメカジファッションといえば、やっぱりジーンズ

まず押さえておきたいのが、はくだけでアメカジテイストを演出できるうえにトップスを選ばない万能パンツ・ジーンズです。最近はワイドテーパードやバギータイプのものがトレンドではありますが、使い勝手を考えるとスリムシルエットで微テーパードのものがベスト。まずは1本リジッド(濃紺)を持っておいて、着こなしに合わせて色落ちしたモノを買い足すと良いでしょう。

アイテム2男らしい印象を高めるチノパンも細身タイプを選ぶのが正攻法

ワークウェアにルーツを持つチノパンも、ジーンズとともに持っておきたいボトムスの1つ。シルエットに関しては、やはりスリムタイプをセレクトするのがベターです。カラーは王道のベージュを筆頭にブラック、カーキあたりが高い汎用性を誇ります。何本あっても困らないので、気に入った形があれば色違いで押さえるのも良手です。なお、ちょっと今っぽく取り入れたいなら、8分丈程に裾上げしてあげると土っぽさを抑えたすっきりとした足元が完成します。

アイテム3インナー・アウターと大活躍が見込めるスウェットパーカー

アメカジに限らず、オフの日のワードローブの定番であるパーカー。気温が曖昧な春先や秋口の時期は、アウター&インナーとフルに活用することが可能です。子供っぽさを抑えたいなら、やや肉厚でフードの立ちが良いモノを選ぶのが良いでしょう。

おすすめのデザインはレイヤードに役立つ無地&ジップアップタイプ。もちろんプルオーバーもOKですが、重ね着のしやすさではジップアップに軍配が上がります。

アイテム4チェックシャツは若く見え過ぎないチョイスを心掛けて

チェックシャツはカジュアル着の王道である反面、おしゃれに着こなすには難易度の高いアイテム。ともすれば子供っぽく見えがちな一面もあるので、クレイジーパターンや派手なカラーリングは避けるのが吉です。ネイビー・ブラックなどシックなカラーで、かつギンガムチェックのようなコンパクトな柄ならば大人でも取り入れやすいはず。また、丈感をやや短めに設定するとすっきりと着こなせますよ。

アイテム5カジュアルな着こなしにマッチするローテクスニーカー

旬なハイテク系モデルも決して悪くありませんが、程良く力の抜けた大人アメカジにベストマッチするのはやはりシンプルで気取らないローテク顔のスニーカー。『コンバース』に『バンズ』、『アディダス』の「スタンスミス」に『プーマ』の「スエード」など名の知れたブランドやマスターピースを持っておけば、コーディネートの説得力も高まるでしょう。

アイテム6スタイルをタフに仕上げられるワークブーツも必携

アメカジを骨太なイメージに寄せたい、というときにはスニーカーではなくブーツの力に頼りましょう。とくに入手しておきたいのは『レッド・ウィング』に代表されるワークタイプ。上で紹介したジーンズやチノと抜群に相性がいいうえに、頑強なのでヘビロテにも向いています。細かいことを気にせずガシガシ履き倒したワークブーツほど、アメカジスタイルの足元に似合うシューズはありません。

アイテム7シルバージュエリーで定番のアメカジコーデを味付け

アクセサリーの種類は数あれど、とりわけハマりやすいのはネイティブアメリカンが作り出す味わい深いインディアンジュエリーでしょう。力強く、時に繊細なスタンプワークはきれいめのアメカジからラギッドなアメカジまで難なく馴染み、アクセントとしてだけでなく着用者のセンスと男としてのこだわりを感じさせてくれることでしょう。

おすすめは、装飾の強い太幅バングルの一点投入か、細身バングルの重ね着け。少し冒険するぐらいのほうが、ジュエリーに関してはちょうど良いのです。

アメカジコーデで気をつけたい、3つの着こなしルール

若いころはやんちゃなアメカジスタイルでも許容されましたが、30代以上ともなると相応の落ち着きも求められます。こなれて見せるために重要となる以下の3つのルールを守れば、おのずと着こなしも“大人顔”になるはずです。

ルール1ボロボロ・ヨレヨレのアイテムばかりで固めるのは×。品のよさを意識して

確かにひと昔のアメカジは、ヴィンテージを意識したボロボロのジーンズや、ヨレヨレになるまで着込んだスウェットなどが象徴的なアイテムでした。ですが、現代の着こなしにおいてそれらを取り入れると逆に難易度の高い着こなしになってしまいます。

もちろん、ポイント的に味のあるアイテムを織り交ぜるのは問題ありません。しかし、全身をそれらでまとめてしまうと、単に“みずぼらしい大人”に見えてしまう可能性もあります。大人においてはカジュアルなファッションとはいえ清潔感を損なわないように、品質や見た目には気を使いましょう。

ルール2派手なデザインは避けるが吉。ベーシックな1着で落ち着きを持たせましょう

原色系のコントラストの強いチェックシャツや、ロングシャツタイプ、ダメージ加工タイプなど、デザインの強すぎるワードローブも注意が必要です。80~90年代のいわゆる渋カジ(渋谷の若者たちによるアメカジスタイル)全盛期であれば派手な色柄が流行しましたが、いい歳の大人が日常着に用いるのはリスキーです。基本的には落ち着いた色みでディテールも冒険せず、シックにまとめましょう。

ルール3ダボついたシルエットは野暮ったい。ジャスト~細身が定石です

上下ともオーバーサイズのウェアでまとめてしまうと、よっぽどおしゃれ上級者でもなければ子供っぽいイメージに。これはアメカジスタイルに限らず、大人の着こなし全般に当てはまる話です。細身、もしくはジャストくらいのサイズバランスが大人にとってはベストでしょう。ちょっとトレンドを足したければ、トップス・ボトムのどちらかを細身、もう一方を多少ゆるめに設定することでメリハリのある新鮮なフォルムを描けます。

参考にしたいアメカジファッション10コーデ

アメカジスタイルにおけるルールを覚えていただいたところで、ここからは参考にしたいスタイルを季節で分けて紹介していきます。アメカジらしいくだけ感がありつつも、大人の深みを感じさせる彼らの着こなしはまさに理想形です。

▼春夏のライトなアメカジファッション編

無彩色を基調としたサマースタイルながら、スポーツサンダルを投入しているため軽快なイメージです。また、色使いを抑えたことでインディアンジュエリーの存在感がより鮮明に浮き上がってきました。すっきりとした足元に合わせて、ノーカラーシャツを選んでいるところも好ポイントです。

ちょっと肌寒い日は、チェックシャツの下にパーカーを挟んだスポーティな着こなしもありでしょう。このとき、パーカーはプルオーバータイプを選ぶことで見た目にもスマートに仕上がります。注目すべきは、トップスとボトムスのブルーグラデーション。統一感を出しつつも、着こなしが単調に見えるのを防いでいます。

個性的なリペアジーンズを、シルエットをジャストで揃えることで巧みにこなした好例。パンツはフルレングス、シャツは第2ボタンまできっちり閉めることで、やんちゃ過ぎないきちんと感を表現しています。キャップとスニーカーの黒で印象を引き締めている点にも注目。

グレーのスウェットシャツにユーズド加工ジーンズを合わせたベーシックスタイル。細身に仕上げることで、足元の短靴ともバランスよく仕上がっていますね。そこに、腰に巻いたチェックシャツで色みをプラス。色の主張の強いシャツは羽織るのではなく、このように小物感覚で使うのが正解です。

淡いカラーリングのギンガムチェックシャツで、春の陽気に似合う着こなしを形成。『グラミチ』別注のストレッチジーンズで、動きやすさにも配慮しています。『バンズ』と足首のアンクレットが、淡いトーンのなかで差し色として奏功。

▼秋冬の重厚感あるアメカジファッション編

モノトーンアイテムを中心にコーデメイクすることで、秋冬ながらスマートなアメカジスタイルに。足元の「オールドスクール」とアウターのコーチジャケットで、程良いストリート感とスポーツムードも組み入れています。

ともすれば単調に見えがちなデニム・オン・デニムスタイルも、このように上下で色みに差を出せば抑揚を生み出せます。ワイルドになりすぎないよう、遊び心の効いたインナーでかわいげと抜け感を出せば完璧。ロールアップによる足首のチラ見せも、メリハリ出しに効果的です。

パーカー&クライミングパンツ、そして足元にローテクスニーカーというアクティブなアメカジコーデに、レザーアウターで品格と男気を加味。ゆるさと締め感のバランス取りが上手です。レザーパイピングが施されたリュックも、バックスタイルからタフな空気をサポートします。

落ち着いたカラーリングでまとめているため、ポップなデザインのスウェットを用いても幼さは皆無。ダウンベストのボリュームに合わせて、ワイドめのチノパンをセレクトしている点も特筆ものです。丸メガネでほんのりと品の良さを落とし込むテクも真似したいポイント。

ブラック、グレー、ブラウンといったダークカラーで表現した都会的なアメカジスタイル。スタジャンとスリッポンをレザー素材で呼応させることで、より一体感を強めています。チェックシャツとパーカーの段差レイヤードによるチェック見せも巧みです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
春の着こなし・コーデ
アメカジファッション
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

Freeamericanidol編集部

白Tシャツのおすすめと選び方、着こなし術をご紹介

白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

Freeamericanidol編集部

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

Freeamericanidol編集部

サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

Freeamericanidol編集部

とにかく使えるユニクロのTシャツ。大人がおしゃれに着るためのテク5つ

ロープライスでハイクオリティな『ユニクロ』のTシャツは、種類も豊富なので活用しないと損! おしゃれに着こなすための法則を、コーデ実例とともにタイプ別に解説します。

平 格彦