おしゃれで楽チン。クライミングパンツの人気ブランドとコーデ

クライミングパンツは、本来アウトドア向け。しかし最近は街着としてメンズコーデに取り入れられています。そこで、タウンユースに最適なおすすめや人気ブランドをご紹介。

CANADA

2019.08.29

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

ワードローブに取り入れたい。街コーデに馴染むクライミングパンツ

HATCHET OUTDOOR SUPPLY CO.

コーデにリラックス感を加えるのが主流の今、大人の男性におすすめしたいのがクライミングパンツ。もともとクライミング時にはくパンツなので動きやすさは折り紙付き。街着としても活用できるデザイン性の高いパンツが増えているため、ワードローブに取り入れない手はないでしょう。

登山着に見えない1本とは? 街ではくクライミングパンツの選び方

ZOZOTOWN

いくらトレンドだからといっても、クライミングパンツなら何でもアリなわけではありません。写真のように、都会的なスタイリングが叶えば申し分ないのですが、選び方を間違えてしまうと、”山登りに行くお父さん”になってしまう危険も……。もちろんどう着こなすか、も重要になってきますが、その前に街ではくクライミングパンツの今っぽい選び方を知っておきましょう。

街ではくクライミングパンツ選びのポイントは、サイズ、色、素材の3つ。以下を意識して選びましょう。

■サイズ:ジャストサイズを選ぶこと。ルーズなサイジングだとカジュアル感が出てだらしなく見えます。

■シルエット:サイズ感とも共通しますが、やはりテーパードタイプがおすすめです。ストレートタイプの場合は、丈感に注意。やや短めを選びましょう。

■色:山で映える原色のものは避け、黒やネイビー、グレー、ベージュなど、街ではいても悪目立ちしないベーシックな色を選びましょう。

おしゃれで機能的。クライミングパンツは人気ブランドから選ぶのが正解

クライミングパンツは、多くのアウトドア系ショップやセレクトショップでラインアップされており、機能性は言わずもがな街に馴染む洗練されたデザインに仕上がっています。クライミングパンツの火付け役である『グラミチ』を筆頭に、人気のブランドをセレクトしました。

ブランド1『グラミチ』NNパンツ(ニューナローパンツ)

ZOZOTOWN

クライミングパンツが代名詞の『グラミチ』のNNパンツは、すっきりとしたシルエットながらもアクティブな動きに柔軟に対応するスペックの高さがウリ。人気セレクトショップとの別注モデルも気になりますが、まず手にしたいのはやはりオリジナルでしょう。汎用性が高いベーシックな色味ならば、着こなしのテイストを問わず着こなせるはず。

ブランド2『コーエン』ストレッチスキニーデニムクライミングパンツ

ZOZOTOWN

コスパ良好なブランドとして人気の『コーエン』より、大人向けのスキニーシルエットのタイプがリリースされました。ストレッチ素材かつクライミングパンツ仕様のディテールを取り入れることで、細身でも十分な動きやすさを確保しています。

ブランド3『マナスタッシュ』フレックスクライマーパンツ

ZOZOTOWN

1993年にアメリカで創業されたアウトドアブランド『マナスタッシュ』の1本。マウンテンパーカーやフリースジャケットが有名で、例に漏れずクライミングパンツも人気の高いアイテムです。程良くテーパードがかった美シルエットのパンツは、ジャケットなどきれいめなアイテムとも相性良くキマります。デザインはもちろん、着心地の良さも抜群です。

ブランド4『クリフメイヤー』ツイルクライミングパンツ

ZOZOTOWN

1989年創業のジャパンブランドである『クリフメイヤー』。アメリカの古き良きデザインをベースに古着のようなユーズド感あるアイテムが揃っています。中でも定番のクライミングパンツは豊富な種類とデザインが魅力。可動域を広げるガゼットクロッチ、美シルエットを演出するテーパード型、ストレッチが魅力のツイル素材を用いたクライミングパンツは、カラバリも豊富です。

ブランド5『ザ・ノース・フェイス』アルペンライトパンツ

ZOZOTOWN

『ザ・ノース・フェイス』のミニマルを追求したクライミングパンツは、オールシーズン使えて重宝すること間違いなしの1本。テーパードシルエットで足元をすっきりしたルックスに昇華しています。細すぎず、太すぎずという絶妙なシルエットも大人向き。

ブランド6『コム サ イズム』9分丈クライミングパンツ

ZOZOTOWN

『コム サ イズム』らしくアーバンテイストに仕上げたクライミングパンツは、きれいめ派にぜひおすすめしたい1本。強撚でシャリシャリした素材に光沢感があり、アウトドアイメージを払拭する洗練された表情が魅力です。

ブランド7『マムート』チョークボルダーパンツ

150年以上の歴史を持つスイスのアルパイン・クライミング用品ブランド『マムート』。クライミングをはじめ、トレッキングやボルダリング、ハイキングなどのアウトドアウェアを多数リリースしています。こちらのクライミングパンツは洗いをかけたヘビー・コットンオックス素材を採用。タウンユースしやすい面持ちながらも耐久性に富んでおり、クライミングブランドならではの機能性を実感できる1本です。

ブランド8『アンドワンダー』

山岳を楽しむために特化したアウトドアウェアとギアを提案する『アンドワンダー』。アメリカ・デュポン社のフッ素系耐久撥水加工を施した生地を採用しており、撥水・防汚性も抜群。繰り返し洗濯しても、その効果は長く持続します。ポケット部分に施されたリフレクターステッチなど細部までこだわったデザインが魅力的。

ブランド9『グラミチ』×『リー』

ZOZOTOWN

先述した『グラミチ』は別注やコラボアイテムも見逃せません。『リー』とのダブルネームで作られたこちらは、風合いのいいデニム地で普段使いしやすいアイテム。裾部分を絞ったデザインで、すっきりと見えるシルエットが特徴。1本で他と差がつくデザインが楽しめます。

ブランド10『ワイルドシングス』×『アメリカン ラグ シー』

ZOZOTOWN

4WAYストレッチ素材を採用しているため、なんといってもはき心地の良さが魅力。加えて、クリーンな表情となれば活躍しないわけがありません。 同素材のテーラードジャケット と合わせて、セットアップでの着こなしもおすすめです。

カジュアルもきれいめも。クライミングパンツの街ばきスタイルを紹介

街ばきを楽しみたいクライミングパンツは、カジュアルのみならずきれいめコーデでも取り入れることができます。カジュアル、きれいめの2つのテイスト別におしゃれなコーデサンプルを集めました。

▼クライミングパンツをカジュアルに着こなした好サンプル

本来登山用のパンツなので、カジュアルな装いにはもちろんマッチ。休日のラフなコーデを今っぽく仕上げてくれます。アウトドア感が出すぎないよう、組み合わせるアイテムでタウンユースに落とし込むのがポイントです。

コーデ1

WEAR

白Tシャツとチェックシャツでクライミングパンツをアメカジっぽくスタイリング。スラックスのようにはけるきれいめなデザインをチョイスすることで、大人らしい着こなしに仕上げています。

コーデ2

WEAR

ニットフリースのクライミングパンツは、季節感も演出してくれるので秋冬コーデにうってつけ。スウェット×クライミングパンツのラフな着こなしをレジャージャケットで引き締め、タウンコーデに昇華させています。

コーデ3

WEAR

マウンテンパーカー×クライミングパンツといういかにもアウトドアな組み合わせですが、カラーリングとサイジングで見事タウンコーデに仕上げています。モザイクフラワーのマウンテンパーカー以外は無地でまとめ、パンツは細身を選んでいる点がポイント。

コーデ4

WEAR

クライミングパンツ×シャツの組み合わせは、楽だけどハズレなしの秋冬の定番コーデになりそうです。キャップやメガネなどの小物で自分らしいアクセントを付けると、コーデがグッとこなれて見えます。

▼クライミングパンツをきれいめに着こなした好サンプル

意外にもきれいめコーデともハマるクライミングパンツ。パンツ自体がカジュアルなので、ステンカラーコートやローファーなどきちんと感あるアイテムを合わせて、きれいめ要素をミックスするのがポイントです。

コーデ1

WEAR

ノーカラージャケットのブラウンとクライミングパンツのオリーブが見事にマッチ。シャツとスニーカーを白にすることで、クリーンな雰囲気をブレンドしています。

コーデ2

WEAR

柄をいっさい排除し、ノーカラーシャツや、ローファーなどきれいめアイテムを積極的に取り入れることで、クライミングパンツの土臭さを払拭。品のあるきれいめコーデに仕上げています。

コーデ3

WEAR

ジャケットとのセットアップの着こなしは今季らしさ満点。アウトドアなクライミングパンツをアーバンライクに着こなすのがポイントです。ジャケットのゆたっりとしたサイズ感も今っぽさを上乗せ!

コーデ4

WEAR

クライミングパンツに白シャツとトレンドのつば広ハットを合わせてきれいめに。シンプルなアイテムでまとめているので、ラウンドメガネでアクセントをプラス。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
ボトムス
クライミングパンツ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

黒リュックのおすすめ20選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

リュックの色に迷ったら、黒をセレクトするのが正解。カジュアル、きれいめ、3WAYという3つのテーマからおすすめしたい黒リュックを厳選しました!

Freeamericanidol編集部

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

ワードローブに欠かせないスウェットアイテム。なかでも『ユニクロ』のそれは、シンプルなデザインとコスパの良さで人気です。おしゃれな着こなし術を、実例とともに紹介!

平 格彦