今年はデニムの当たり年。買い足しデニムは何にする?

今シーズンのビックトレンドとして注目のデニム。ワードローブの必須アイテムとして欠かせないデニムですが、今年らしいものを買い足して、最先端コーデを楽しんでみては?

AI

2015.03.24

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

パンツに限らずアウター、トップスでもデニムを取り入れるのが新鮮!

きれいめにまとめるならインディゴデニムで

Amazon.co.jp

大人の男性なら、デニムはきれいめに履きこなしていただきたいもの。インディゴのほどよいカジュアルさが着こなしをアップデートしてきれます。デニムと言えば『リーバイス』ですが、こちらのデニムは、何度だってリピートしたくなってしまう。手に入れたら、間違いのない一品です。

小慣れたカジュアル感を演出するジャケット

Amazon.co.jp

デニムのアウターと言えばGジャンがまず先に思い浮かびますが、Over30のおしゃれメンズには、ぜひジャケットを試してほしい。インにはハイネックのトップスやシャツを合わせて、あくまで紳士的にコーデするのがおすすめ。トレンチの下に着て、アウター×アウターのレイヤードをするのもアリ。

『アクネ ストゥディオズ』のデニムが旬!

Amazon.co.jp

もともとデニムからスタートしたブランドだけあって、はき心地、シルエットがとにかく美しいということで、定評のある『アクネ ストゥディオズ』のデニムアイテム。モード派からは特に熱いラブコールを受けていて、ファッショニスタから愛されるデニムと言えばアクネは外せない存在。

ホワイトデニムも捨て難い! デニムシャツでクリーンに

Amazon.co.jp

春になると着たくなるホワイトアイテムもデニムで楽しもう。特に今年は、ホワイトがトレンド。かっちりしすぎるシャツも、デニム素材ならカジュアル感も持ち合わせつつ清潔感のあるスタイリングに。インディゴのデニムシャツをすでに持っているなら、2枚目はホワイトデニムを選んで季節感を取り入れてみては?

‘70sの雰囲気を含んだヒッピー風デニム

Amazon.co.jp

今シーズン、各メゾンが‘70sからインスパイアされたコレクションを発表する中、ボヘミアンやヒッピーというキーワードはこの春欠かせないものになりそう。ちょっぴり難易度は高いけれど、フレアシルエットであったり、クラッシュが入っていたり、ブリーチであったり、‘70sらしさのあるデニムはトレンど真ん中!

週5で活躍するチェスターコート

Amazon.co.jp

冬の重たいメルトンコートを脱いで、ライトアウターにチェンジ。チェスターコートは週5で活躍間違いなしの合わせやすさを保証してくれます。色が薄いので、ボトムは濃いめのデニムを履いて、デニムONデニムの着こなしをしてもおしゃれ。まだまだ人気が続くノームコアスタイルにも主役アイテムとしてプラスしてみて!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
ボトムス
ジーンズ
デニムジャケット・Gジャン
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

平 格彦

スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

1960年代に大流行して以来、定番シューズとして愛されているコインローファー。歴史や使い勝手の良さやからその理由を探りつつ、おすすめブランドを紹介していきます。

近間 恭子

目的別に紹介。ザ・ノース・フェイスの人気リュック19選

本格派のアウトドアから街使いまで、種類豊富な『ザ・ノース・フェイス』のリュック。3つの需要別に、適切なシーンにハマる一品をレコメンドします。

Freeamericanidol編集部

着こなし別に提案。雨の日に重宝するレインシューズ

梅雨や台風、突然の天気雨など、雨天対策に機能的でおしゃれなレインシューズは必須。そこでオンとオフの着こなし別にレインシューズを厳選しました。

宮嶋 将良

アディダスのおすすめスニーカー17選。人気モデルから2019年最新の1足まで

『アディダス』の定番スニーカーから2019年の売れ筋&話題作までを網羅。『アディダス』の“今押さえたい”スニーカー17モデルを厳選し、それぞれの特徴を紹介します。

本間 新

ナイロンパンツが着こなしを変える。大人のカジュアルダウンに適した選び方とは

快適な着用感に加え、旬なスポーツ感を併せ持つナイロンパンツ。いつもの着こなしに取り入れれば、即スタイルが見違えます。大人目線での着こなし方を覚えておきましょう。

山崎 サトシ