メンズ中折れハット 選び方とかぶり方、コーデを指南

軽装になる春夏の着こなしをブラッシュアップさせるなら、昨季からの流れをくんだハットの利用は賢い選択。そこで、スタイルにどう組み込むべきかを改めてここで徹底解説。

大中 志摩

2016.03.27

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

階級の象徴を経て実用的な道具へと発展

Sun's Market

クラウン中央にクリースの入ったソフトハットの1つが中折れハット。大半はフェルト地が用いられ、コットン地のものはミルキーと呼ばれる。また、欧米では人気舞台の主人公にちなみ、フェドーラと呼ばれることも。イタリアの『ボルサリーノ』はあまりにも有名。

中折れハットの特徴-機能編-

目、頭、肌を強烈な日差しから守ってくれる

ZOZOTOWN

まぶしさで目にストレスを与え、日射病を誘発する原因にもなりえる強烈な日差しは常に我々を悩ませてきた。もっとも注意すべきは紫外線による肌へのダメージ。ただ、クラウンの周囲にブリムを備えたハットなら、日よけとしての効果を十分に担ってくれる。

額から滴る汗を未然に防ぐ内側への配慮

Sun's Market

デザインにばかり目がいきがちだが、内側へも「かぶっていてよかった」と思わせるちょっとした機能的ディテールがある。たとえば汗取りバンド(スベリ)。スウェット地やコットン地であれば額にかいた汗を吸収してくれ、革製ならハットへ染み込むのを未然に防いでくれる。

頭と体の均衡を保つ巧妙なバランサー

帽子屋カブロカムリエ

中折れハットは、ブリム(つば)がついている分幅と奥行きをもたせたることができる。だから、大きさや丸顔など、頭や顔にコンプレックスをもっている人だろうと、選ぶ形や大きさに配慮したアイテムを選べばそのイメージをやわらげ、小顔効果にも期待がもてる。

ヘアスタイルを気にしなくてもOK

ZOZOTOWN

誰もがヘアスタイルを整えられずに家を出た、なんてケースを経験したことがあるだろう。そんな時、サッとかぶるだけで簡易的にケアできる中折れハットの存在が頼もしい。そのうえ、見た目もシュッとするため、まさに一石二鳥!?

中折れハットの特徴-見た目編-

持ち手にもなる気の利いたくぼみ

Sun's Market

前述した逸話から派生したディテールで、高めのクラウン中央へ入ったクリース(つまみ)、クラウンの周囲を取り囲むブリムがデザインされたものを中折れハットという。その名のとおり手でハットがつまみやすく、スタイリッシュさをプラスできるといううれしい利点が。

威厳と機能性を備えたラウンドブリム

Sun's Market

第二次世界大戦前まではジェントルマンのたしなみとして上流階級を中心に広く浸透していたハット。容姿端麗なルックスには気品があふれ、ダンディな印象をもたらしてくれる。それを可能にしているのがエレガントなツバで、日よけや雨よけとしても活躍する意匠。

さり気なく、でも重要なハットの装飾

Sun's Market

身分の格やみずからの威厳を保つ狙いもあり、フェザーをはじめとする装飾が昔は多く見られたが、今はシンプルにリボンを巻くスタイルが主流。微妙な形の差こそあれ、ベースはほぼほぼ変わらないハットにおいて、オリジナリティを打ち出す重要なデザインといえる。

間違えない。中折れハットを選ぶコツ

中折れハット選びで重要なポイントは主に3つ。まずは季節感。夏にもなればやはり涼感は必要で、蒸れを防止するための対策も講じる必要がある。さらには、カラーリングやフォルム(サイズ感)、ツバの広さなどを心得ておけば、選択で失敗することもないはず。

選び方1活用するシーズンにそったマテリアル選びを

ZOZOTOWN

従来、ハットではフェルト地が一般的だ。しかし、それではいざ夏にかぶろうとしても蒸れが気になり不快に思うだろう。これからのシーズンを考えて選ぶなら、コットン製のミルキーかヘンプ混の生地のもの、もしくはわらで編まれたストローハットがいいだろう。

選び方2ツバとクラウンのバランスを考えて

ZOZOTOWN

中折れハットの特徴的なパーツといえば丸みを帯びたクラウンとその周りを囲むようにつけられたブリムだろう。両者のバランスによって印象も変ってくる。クラウンがそこまで深くなく、かつブリムが80年代を思わせるような広いものを選べば今っぽさを演じられる。

選び方3大人びた雰囲気をいかすシックなお色で

ZOZOTOWN

中折れハットは、アイテム自体が持つ品のよさが持ち味。この雰囲気を生かすならば、色みのセレクトにもこだわりたいところ。モノトーンやグレーもいいが、濃紺であればよりトレンド感をアピールすることができる。

これが最旬! 中折れハットのかぶり方

中折れハットはただかぶればいいというわけではない。コーディネート、トレンド、時代性、バリエーションによって、もっとも適したかぶり方というものがある。まずはそれをマスターしたい。浅くかぶればより快活に見え、深くかぶれば大人っぽい。そのバランスが重要だ。

かぶり方1天板にヘッドが当たらない程度が目安

帽子屋カブロカムリエ

深めにかぶると特徴的なくぼみ部分の形が崩れてしまい、そのまま長時間継続すれば変形する危険性も高まる。深くかぶらなければ不安定と感じる場合は、頭囲が大きすぎる可能性が高い。その際は、詰め物をする、またはワンサイズ小さめを買うなどで対応しよう。

かぶり方2中折れハットは水平にかぶればグッと大人っぽくなる

帽子屋カブロカムリエ

前下がり、前上がりのベースとなるフォルムによっても変わってくるが、基本的には前後にふらずフラットにかぶったほうがシックに決まる。後ろへ比重を置いてかぶればややカジュアルな印象になり、若々しく映る。また、逆に前気味にかぶれば艶っぽさが加わる。

かぶり方3左右にずらしてかぶればさらにこなれる

帽子屋カブロカムリエ

前後だけでなく左右にずらしてかぶるのもあり。それによってさらにこなれ感が増す。こちらの場合は、やや浅めにかぶると幼いイメージを助長する場合がある。前傾を意識しながらずらすことでおしゃれ感が増し、全体がグッとシックな趣になるのでお試しあれ。

コーデから考える。中折れハットに好相性なアイテム

大人っぽさ、クラシック感が高まる中折れハット。となれば、やはり合わせるアイテムにも相性というものがある。ハットのよさを損なわず、かつ全体へすんなりなじませることも可能なアザーアイテムをここで厳選。これからのコーディネートの参考にぜひ!

トレンチコート

ZOZOTOWN

大人っぽいアイテム同士なら、引かれ合うのも当然。しかし、シックなロングコートではクラシックなムードが出すぎてしまう場合もある。そこで、元ネタがミリタリーのトレンチコート。特にベージュは、適度なヌケ感と品の良さのバランスが絶妙なためハマりやすい。

ポロシャツ

ZOZOTOWN

夏に活躍するトップスとして真っ先にあがってくるアイテムといえばポロシャツ。カジュアルなアイテムでありながら、襟付きの清楚な一面も見せられる万能アイテムだ。その絶妙なニュアンスは、春夏素材のカジュアルさと紳士な一面を備えた中折れハットと相性ピッタリ。

レザーシューズ

ZOZOTOWN

ハット特有の容姿端麗な趣をキープするうえで、足元は革靴がベストなチョイスといえるだろう。フォーマルよりは外羽根式でブローギングが施されたようなカジュアルなもの。さらには上下で色を合わせれば、お堅い印象にならずすんなりまとまるはずだ。

即実践。中折れハットのコーデ参考集

もはやファッション小物としてお馴染みとなった中折れハット。コーデの格上げを図るうえで取り入れたいキーアイテムだが、コーディネートする際のポイントを知っておけば、より効果的に使用することが可能だ。ここではその好例を披露しながらヒケツを伝授する。

WEAR

ジージャンとジーンズを合わせたデニム・オン・デニム。粗野感が先立ちそうな合わせでも、デニムの色にブラックを選び、内側に白シャツ、さらにハットを加えることですっかりアカ抜ける。

WEAR

クリーンな白とソリッドな黒をハーフ&ハーフで合わせたスタイリッシュなモノトーンスタイル。やや難解な白のワントーンでも、黒を巧妙に使うことで違和感なく合わせられナチュラルに合わせる方法のひとつがる。

WEAR

ミリタリージャケットとジーンズをフィックスし、今っぽさと男らしさを両取り。街着として着るには少々タフかもしれないが、ハットをかぶることでこなれた印象になる。

WEAR

ゆったりめなジャケットとリブパンツの組み合わせがリラックス感たっぷり。そのなかにあってインナーに白シャツ、小物に革靴やハットを選ぶなど“シめ”と“ヌけ”の掛け合いが巧妙。

WEAR

清楚な白パンをナチュラルに合わせる方法の1つが、武骨なアイテムとの併用によるコーディネート。随所に差しこんだシャープなブラックが、モダンさをさらに助長する。

WEAR

セットアップにハットを加えたドレス風。キザになりがちだが、インナーへリラックス感たっぷりのカットソー、そして足元の素足見せによって自然なカジュアルダウンを実践。

WEAR

シャツとチノパンのこの上なくシンプルなスタイリングには、小物の味付けが重要になる。こちらで威力を発揮しているのがハット。それによりグッと渋めなビジュアルへ進化。

WEAR

ロングコートにハイネックニット、さらにスラックス顔のパンツと、選んだアイテムはどれもがドレッシー。それを足元のロールアップやツバ広のハットによる引き算で街っぽくシフト。

WEAR

春先から初夏の休日には、ポロシャツとハットでリラクシングなムードを楽しむのも◎。足元はローファーで大人らしく。

WEAR

ブラックのMA-1やスニーカー、オーバーサイズのインナーに見る80年代ストリートを意識した今風な合わせ。白パンの採用やツバ広のハットによって、大人感がアップした印象。

WEAR

ベージュコートとバイカラーで表現したインナー、そして幅広のブリムが印象的なハットでモードっぽさを演出。それをあえて、色落ちが顕著なジーンズでハズすバランス感が◎。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
帽子
ハット
春の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

平 格彦

スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

1960年代に大流行して以来、定番シューズとして愛されているコインローファー。歴史や使い勝手の良さやからその理由を探りつつ、おすすめブランドを紹介していきます。

近間 恭子

グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

山崎 サトシ

ソックススニーカーの人気が止まらない! 今おすすめの14足と着こなし実例

スポーティかつシャープな独特のフォルムに、ストレスフリーな着用感を備えて人気を集めるソックススニーカー。その定義から注目作、着こなし例までを一挙に解説します。

平 格彦

アディダスのおすすめスニーカー17選。人気モデルから2019年最新の1足まで

『アディダス』の定番スニーカーから2019年の売れ筋&話題作までを網羅。『アディダス』の“今押さえたい”スニーカー17モデルを厳選し、それぞれの特徴を紹介します。

本間 新

ナイロンパンツが着こなしを変える。大人のカジュアルダウンに適した選び方とは

快適な着用感に加え、旬なスポーツ感を併せ持つナイロンパンツ。いつもの着こなしに取り入れれば、即スタイルが見違えます。大人目線での着こなし方を覚えておきましょう。

山崎 サトシ